大学生が使いやすいLenovoのノートパソコン


コンピューターメーカーであるLenovoには、大学生が使いやすいもの様々な種類のノートパソコンがラインナップされています。

ここでは、大学生にとって使いやすいおすすめのLenovoのノートパソコンをご紹介します。




10万円を大きく切る価格で購入できるコスパ抜群のノートパソコンIdeapad S540




15.6インチのノートパソコンですが、本体はとてもスリムで約1.77kgと軽くなっています。アルミニウム製のボディでシンプルなデザインとなっていて、洗練された印象があります。

性能を抑えたモデルから高い性能のものまでラインナップされています。映りの良いIPS液晶を搭載し、指紋センサーやカメラシャッターなどのセキュリティ機能もしっかりと搭載されています。

光学ドライブは搭載されていないのですが、周辺機器との接続も問題なく、複数のUSBポートやHDMIポート、SDカードスロットが搭載されています。

高い品質を持ったノートパソコンで10万円を大きく切る価格で購入できるので、コストパフォーマンスが非常に高いです。

[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ 4GB / 8GB / 12GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
グラフィックス  Intel UHD 620 / NVIDIA GeForce GTX 1650 
 サイズ 15.6インチ 
 重さ 約1.77kg



詳細はこちら → Lenovo Ideapad S540(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Ideapad S540レビュー







デザイン性も良く、高性能で軽量なのに10万円以下で購入可能なIdeapad S540(14, AMD)




14インチの大きさの軽量なノートパソコンです。自宅で使うのも、大学やカフェなどに持ち運んで使うこともできます。シンプルで上質なデザインで、さわやかに使えます。

ディスプレイは映りの良いIPS液晶が搭載され、周辺機器との接続に必要なインターフェースはHDMIポート、標準サイズのUSBポート(USB3.0)×2、USB Type-C、SDカードスロットとなっていて問題ありません。

CPUにAMD製のRyzenを搭載しています。Intel製のCPUよりも性能が少し高いです。それでいて価格面で割安になるというメリットがあり、本体価格も10万円を大きく切る価格となっていて、非常にお買い得です。

指紋センサーやカメラの撮影を防ぐことができるカメラシャッターが搭載されていて、セキュリティにも配慮が行き届いています。



[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Ryzen 5 / Ryzen 7
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
 サイズ 14インチ 
 重さ 約1.5kg



詳細はこちら → Lenovo IdeaPad S540 (14, AMD)(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Ideapad S540 (14, AMD)レビュー








シンプルなデザインで、大学に持ち運んで使うのにも便利なThinkBook 13s




スタイリッシュなフォルムをしていて、性能も高く、とても使いやすいノートパソコンです。薄くて軽いので、大学に持ち運んで使うのにも便利です。A4ノートとほぼ同じ大きさで、カバンにも入りやすいです。

CPUは最新のCore i5またはCore i7を選択できます。メモリは8GBもしくは16GBとなっていて、文系も理系も問題なく使えるスタンダードな性能となっています。

IPS液晶が搭載されていて、ディスプレイも高い品質です。

シルバーのボディでアルミニウムの質感も良く、シンプルなデザインに仕上がっています。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB /512GB
 サイズ 13.3インチ 
 重さ 約1.3kg



詳細はこちら → Lenovo ThinkBook 13s(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo ThinkBook 13sレビュー






スタイリッシュなデザインで軽量なIdeapad S530




とてもシンプルで且つスタイリッシュなデザインのノートパソコンです。飽きが来ずに長く使い続けられるでしょう。

13.3インチの大きさで、重さは約1.19kgとなっていて軽くて使いやすいです。自宅内で場所を移動して使うことも簡単にできますし、大学に持っていくのも楽々です。

CPUはCore i5またはCore i7を選ぶことができます。メモリは8GB、ストレージはSSD 256GBとなっています。メモリやストレージの容量を変更することはできないのですが、ノートパソコンで人気の構成なので安心して使うことができます。



[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB
ストレージ SSD:256GB
 サイズ 13.3インチ 
 重さ 約1.19kg


詳細はこちら → Lenovo Ideapad S530(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Ideapad S530レビュー








コンパクトでも作業がしやすい軽量ノートパソコンThinkPad X390





13.3インチの大きさで重さが約1.18kgと、コンパクトで軽量なノートパソコンです。屋内で移動するのはもちろんのこと、大学の授業に持って行くのも簡単です。

性能を抑えたモデルから高いモデルまでラインナップされていて、目的に応じて選びやすいです。メモリは4GBから最大で32GBまで搭載することが可能です。

ThinkPadシリーズのキーボードは定評があり、作業がしやすいのが特徴です。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i3 /Core i5 / Core i7
メモリ 4GB / 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB / 512GB / 1TB
 サイズ 13.3インチ 
 重さ 約1.18kg


詳細はこちら →  Lenovo ThinkPad X390(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo ThinkPad X390レビュー







自宅で使うことが多く、たまに大学に持ち運んで使うのに便利なIdeapad 330S(14)




Ideapad 330s(14)は、性能を抑えたモデルから高い性能を持つモデルまでそろったノートパソコンです。光学ドライブは搭載されていませんが、HDMIやSDカードスロット、フルサイズのUSBポートが2つとUSB Type-Cポートが1つあり、周辺機器との接続も問題ありません。

Ideapad 330s(14)は14インチのサイズで、重さが約1.5kgのノートパソコンです。大学に毎日持ち運んで使うのには少し不向きな重さですが、それでも十分に持ち運ぶことができます。

普段は自宅で使うことが多く、たまに大学に持ち運んで授業やゼミで活用するという使い方をするのに最適です。画面が広いので作業がしやすく、レポート作成やネットでの調べ物がはかどります。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Pentium / Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ SSD:128GB / 256GB
 サイズ 14インチ 
 重さ 約1.58kg


詳細はこちら → Lenovo Ideapad 330s(14)(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Ideapad 330S(14)レビュー







シンプルでスタイリッシュなデザインをした薄型・軽量のYOGA S730





YOGA S730はアルミニウムの質感が美しく、薄型でとてもシンプルなデザインのノートパソコンです。

性能も高く、学業からプライベートまで幅広く使うことができます。

13.3インチの大きさで重さは約1.1kgと軽量で、カバンに入れて持ち運ぶのも楽ちんです。

周辺機器との接続に必要なインターフェースはUSB Type-Cだけですので、必要であればアダプターがあると便利でしょう。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB
ストレージ SSD:256GB / 512GB
 サイズ 13.3インチ 
 重さ 約1.1kg


詳細はこちら →  Lenovo YOGA S730(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo YOGA S730レビュー







大学生が購入しやすい価格帯のゲーミングノートPC Legion Y540



ゲーミングノートPCというと20万円前後の価格帯のものが多いのですが、Legion Y540は12万円台から購入できるようになっていて、お手頃価格になっています。

性能はとても高く、デスクトップPC並みの性能を持つCPUと最大16GBのメモリを搭載し、グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti、GeForce RTX 2060(カスタマイズで選択可)を選択できるようになっています。

ゲームをするのには申し分のない性能です。もちろん、ゲームだけではなく画像や動画編集作業、プログラミング、CADやCG・イラスト制作など、CPUやグラフィックスに高い性能が要求されるような作業をするのにも使うことができます。
理系の研究やデータ解析、デザイン系の作業などに高いパフォーマンスを発揮します。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i5-9300H / Core i7-9750H
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
ハードディスク 1TB / 2TB
SSD + ハードディスクの構成も可能
 グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti
NVIDIA GeForce RTX 2060
 サイズ 15.6インチ 
 重さ 約2.3kg


詳細はこちら → Lenovo Legion Y540(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Legion Y540レビュー



よりパワフルで高性能なグラフィックスを搭載した上位モデルである、Legion Y740(15)という製品も販売されています。NVIDIA GeForce RTX 2060 / 2070 / 2080 Max-Q Designを選択することができます。


詳細はこちら → Lenovo Legion Y740(15)(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Legion Y740(15)レビュー









低価格なのに高性能・高品質のノートパソコンでタブレット変形も可能なIdeapad C340(15)




ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える便利な2in1 PCです。ディスプレイを360度回転させることで、タブレットに変形させることが可能です。15.6インチで2.0kgあるので、両手で持って長時間使うのは疲れるかもしれません。どちらかというと、机の上に置いて使うのがおすすめです。

高い性能から抑えめの性能のものまで、幅広くラインナップされています。アルミニウムのカラーと質感が美しく、デザイン性にも優れています。

デジタルペンが標準で付属し、手書きで直接書き込むことができます。

10万円を大きく切る価格で購入することができ、コストパフォーマンスが非常に高いです。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
 サイズ 15.6インチ 
 重さ 約2.0kg


詳細はこちら → Lenovo Ideapad C340(15)(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Ideapad C340レビュー







高い性能と持ち持ち運びのしやすさを兼ね備えたLenovoの人気ノートパソコンThinkPad X1 Carbon




ThinkPad X1 CarbonはLenovoの製品の中で最も人気のあるノートパソコンです。薄くて約1.1kgという軽量なボディに高い性能が凝縮されています。自宅でも大学でも、サクサクと作業をこなすことができます。しかも、強度のある堅牢な作りとなっているので振動や衝撃が加わっても安心です。大学やカフェに持ち運んで使うことも大丈夫です。

指紋や顔認証に対応しているだけでなく、オンラインサービスを利用するときのセキュリティが強化されています。

また、LTE通信でのネット接続を選択することもできます。自宅に固定ネット回線を引かない学生さんや、外出先で頻繁にネットにアクセスしたい人にとってとても便利になります。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
 サイズ 14インチ 
 重さ 約1.13kg


詳細はこちら → Lenovo ThinkPad X1 Carbon(直販サイト)


レビューはこちら → ThinkPad X1 Carbonレビュー(旧モデル)









光学ドライブ搭載で使いやすい14インチノートパソコンIdeapad 330(14)




光学ドライブが搭載されたノートパソコンです。14インチのサイズとなっていて、画面が広く作業がしやすいです。

光学ドライブに加えて、有線LANポートやHDMIポート、SDカードスロット、フルサイズのUSBポートが2つ搭載されています。

性能を抑えたモデルから、高い性能のモデルまで幅広くラインナップされています。ハードディスクを搭載しているモデルが多く、SSDを搭載した製品よりは、速度面では少し遅いかなと思います。一番安いものでは3万円台の価格から購入でき、一番高いものでも10万円ちょうどくらいの価格帯となっています。

価格を抑えて全部入りのノートパソコンが欲しいという場合には、良い選択肢になるでしょう。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Pentium / Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ ハードディスク: 500GB / 1TB
SSD:128GB + ハードディスク 1TB
 サイズ 14インチ 
 重さ 約2.1kg


詳細はこちら → Lenovo Ideapad 330(14)(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Ideapad 330(14)レビュー









CPUにRyzenを搭載し、高い性能で割安に購入できるThinkPad E595



CPUにAMD製のRyzenシリーズを搭載しています。Intel製のCPUよりも性能は高めで、しかも価格が割安になるのがうれしいポイントです。実際、5万円台から購入できるモデルがラインナップされていて、とてもリーズナブルです。

大きさは15.6インチで重さは約2.1kgなので、持ち運んで使うよりは自宅に据え置いて使うのに適しています。

最大32GBのメモリを搭載することができます。性能を抑えたモデルからハイスペックなモデルまで選択できます。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Ryzen 3 3200U / Ryzen 5 3500U / Ryzen 7 3700U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB
ハードディスク 500GB / 1TB / 2TB
SSD + ハードディスクの組み合わせも可能
 サイズ 15.6インチ 
 重さ 約2.1kg



詳細はこちら →  Lenovo ThinkPad E595(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo ThinkPad E595レビュー










10万円台から購入できるリーズナブルなゲーミングノートPC Legion Y7000




ゲーミングノートPCは20万円前後近くになるものも多い中で、Legion Y7000は10万円台から購入できるとてもリーズナブルなゲーミングノートPCです。

最安の構成はCore i5-9300H、メモリ8GB、NVIDIA GeForce GTX 1650となりますが、気軽にゲームをプレイするのには申し分のない性能です。もちろん、CPUやグラフィックスの性能が高いので、ゲーム以外の用途にも活用することができます。

ゲーミングノートPCとしては薄型で軽量になっています。自宅で場所を変えて使用することも簡単にできます。

[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Core i5-9300H / Core i7-9750H
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
ハードディスク 1TB
SSD + ハードディスクの構成も可能
 グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti
NVIDIA GeForce RTX 2060
 サイズ 15.6インチ 
 重さ 約2.3kg


詳細はこちら → Lenovo Legion Y7400(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Legion Y7000レビュー








ハイスペックな性能で負荷のかかる処理も楽々こなせる ThinkPad X1 Extreme




非常に高性能なノートパソコンです。デスクトップPCに迫る性能を持つCPUを搭載し、グラフィックスも大幅に強化されています。

理系の研究や動画・画像処理など、負荷のかかる処理を実行するのに最適です。

ノートパソコンとしてはとても珍しく、メモリは最大で64GBまで搭載できます。

ハイスペックなノートパソコンは一般的に重たくなる傾向があるのですが、15.6インチの大きさにもかかわらず、重さは約1.84kgしかありません。このサイズ・性能のノートパソコンとしては非常に軽いです。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i5-8300H / Core i5-8400H
Core i7-8750H / Core i7-8850H
メモリ 16GB/32GB/64GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
SSD + SSDの組み合わせも可能
 グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1050Ti Max-Q Design 
 サイズ 15.6インチ 
 重さ 約1.84kg


詳細はこちら →  Lenovo ThinkPad X1 Extreme(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo ThinkPad X1 Extremeレビュー







タブレットにも変形し、大学の授業のノートをとることができるスタイリッシュなYOGA 920




ディスプレイを360度回転させることでタブレットとしても使うことができます。13.9インチの大きさがあるので、タブレットモードで電子書籍を読んだり動画を見たりするのが便利になります。また、標準で電子ペンが付属しているので、大学の授業ノートをとったり、イラストを描いたりということもできます。

デザインがとても美しく、スタイリッシュなフォルムです。大学生が使っていると、若者らしさが伝わってきます。

周辺機器との接続に必要なインターフェースはUSB Type-Cが2つとフルサイズのUSBポートが1つだけですので、やや心細いです。プレゼンに使う場合には、USB Type-CポートをHDMIに変換するアダプターがあると安心です。



[主な仕様]
 OS Windows 10 Home
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
 サイズ 13.9インチ 
 重さ 約1.37kg


詳細はこちら → Lenovo YOGA 920(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo YOGA 920レビュー







本体に収納可能なデジタルペンを搭載し、タブレット変形するThinkPad X1 Yoga




14インチの大きさで、ディスプレイを回転させてタブレットとしても使うことができるノートパソコンです。

デジタルペンが標準で付属していて、本体内部に収納することができます。置き忘れたりなくすことがなくなるので安心です。

重さは1.4kgなので、タブレットとして使う場合には両手で持つとやや疲れます。もテーブルや机の上に置いて使う方が良いでしょう。

指紋センサーが搭載されていたり、カメラからプライバシーやセキュリティを守ることができるThinkShutterが搭載されているなど、高いセキュリティ機能が搭載されているのも魅力です。また、LTEが使える構成を選択できるなど、柔軟なカスタマイズができます。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
 サイズ 14インチ 
 重さ 約1.42kg


詳細はこちら → Lenovo ThinkPad X1 Yoga(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo ThinkPad X1 Yogaレビュー





関連記事    

1.初心者でも迷わないメーカー直販サイトでのノートパソコンの買い方




過去の製品    

1.ThinkPad X1 Tabletレビュー
2.ThinkPad X280レビュー
3.Ideapad 520レビュー
4.ThinkPad X250レビュー
5.ThinkPad E560レビュー
6.ThinkPad X1 Carbon 2015レビュー
7.Lenovo Ideapad 720Sレビュー




このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る