Lenovo Legion 550Piレビュー リーズナブルな価格で購入できる高性能なゲーミングノートPC


Lenovo Legion 550Piは高性能なゲーミングノートPCで、エントリー、ミドルスペック、ハイエンドまで幅広い性能のモデルがラインナップされています。予算や目的に合った1台が見つけやすいです。

最安モデルでは10万円を切る価格から購入することができます。ディスプレイはIPS液晶を搭載し色域も広く、ゲームプレイや動画もしっかり楽しむことができます。

実際にLenovo Legion 550Piを操作してみましたので、レビューをご紹介します。




現在、直販サイトではキャンペーン実施中で、下のクーポン利用でさらに5,500円割引で購入することができます2020年10月23日(金)~2021年1月15日(金)までクーポンの使い方について


割引クーポン → 限定クーポン (直販サイト


詳細はこちら → Lenovo Legion 550Pi(直販サイト)






NVIDIA GeForce GTX 1650/1660Ti、GeForce RTX 2060を搭載可能で、快適なゲームプレイができる


Lenovo Legion 550Piは高性能なグラフィックスが搭載されていて、NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti、GeForce RTX 2060から選ぶことができます。ゲームを快適にプレイするのに最適です。




性能の高い順に、NVIDIA GeForce RTX 2060 > NVIDIA GeForce GTX 1660Ti > NVIDIA GeForce GTX 1650となっています。

NVIDIA GeForce RTX 2060は価格的には一番高くなりますが、レイトレーシングやDLSSなどの最新機能に対応しています。性能もとても高いので、ゲームをしっかりプレイしたい人や、少しでも良いグラフィックスが欲しい人は良い選択肢になります。

NVIDIA GeForce GTX 1660Tiは性能と価格のバランスがとても良く、コストパフォーマンスがとても良くなります。幅広いゲームを遊んでみたいという人は選択してみてください。

NVIDIA GeForce GTX 1650を搭載したPCは一番安くなります。ゲーム初心者や、趣味でゲームをプレイしたい人、少しでも安くゲーミングノートPCを購入したい人は検討してみてください。


グラフィックスの性能を比較したグラフ。オレンジ色で示したものが、Legion 550Piで選択できるもの。スコアが高いほど性能が高いことを示す。






ゲームのベンチマーク


実際にベンチマークソフトを使って、ゲームがどれくらい快適にプレイできるか性能を評価してみました。以下にその結果をご紹介します。

今回のレビューで使用したLenovo Legion 550Piの仕様は以下の通りです。


OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-10750H
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 1TB
グラフィックス: NVIDIA GeForce RTX 2060
ディスプレイ:フルHD (解像度:1920 x 1080)
リフレッシュレート:144Hz



軽量級のゲーム


まず、ドラゴンクエストです。軽量級のゲームになります。

画質を最高品質で解像度をフルHD(1920×1080)の設定で、21329のスコア(すごく快適)となりました。余裕の快適さです。




グラフィック設定 解像度  スコア   評価
 最高品質 1920 × 1080  21329 すごく快適



続いてファンタシースターオンライン2(FSO 2)です。こちらも軽量級のゲームです。

描画設定を最高に設定しても、平均フレームレートが100fpsを余裕で越えていて、非常に快適に動作します。




簡易描画設定 解像度  スコア  平均フレームレート(fps)
6(最高) 1920 × 1080  495943 194.5



軽量級のゲームは、画質を高めに設定しても快適にプレイできるでしょう。



中程度の重さのゲーム


続いて、ファイナルファンタジーXIV 漆黒のヴィランズです。中程度の重さのゲームになります。


グラフィックス設定を高品質(ノートPC)、解像度を1920×1080にするとスコアは16565(非常に快適)で、平均フレームレートも126.1fpsと高い値となりました。とても快適にプレイすることができるでしょう。

画質を最高品質に設定しても、スコアは14751で平均フレームレートも102.5fpsとなり、100fpsを越えました。

中程度の重さのゲームにおいて、画質や解像度を高めに設定しても快適にプレイできることがわかりました。




グラフィック設定 解像度  スコア   評価 平均フレームレート
(fps)
最高品質 1920 × 1080  14751 非常に快適 102.5
高品質
(ノートPC)
1920 × 1080  16565 非常に快適 126.1
標準品質 1920 × 1080  18560 非常に快適 155.0




重量級のゲーム


最後に、重量級のゲームであるファイナルファンタジーXVです。

解像度を1920×1080で画質を標準品質に設定すると、スコアは8490で「快適」となりました。平均フレームレートは84.8fpsとなり60fpsを越えました。

解像度はそのままで画質を高品質にすると、スコアは6554で「快適」となりました。平均フレームレートは65.0fpsとなりました。

重量級のゲームでも、解像度や画質を高めに設定してもしっかりプレイできるでしょう。




グラフィック設定 解像度  スコア   評価 平均fps
 高品質 1920 × 1080  6554 快適 65.0
 標準品質 1920 × 1080  8490 快適 84.8
 軽量品質 1920 × 1080  10970 とても快適 111.2








ハイスペックなCPUとグラフィックスを搭載し、ゲーム以外にも計算処理やプログラミング、デザインなどの負荷のかかる作業も快適にこなせる


Lenovo Legion 550Piは、CPUにインテル製のCore i5-10300HやCore i7-10750Hを搭載しています。非常に高い性能を示すCPUで、特にCore i7-10750Hは一般的なノートPCに搭載されるCore i7-10510Uなどよりも70%以上も高いパフォーマンスを発揮します。

そして、上述したように高性能なグラフィックスもあわせて搭載しているため、CPUやグラフィックスに高い負荷のかかる作業でも高速に処理することが可能です。


Lenovo Legion 550Piでプログラミングを行っているイメージ。


たとえば、高いCPU性能を活かし、実行完了までに時間のかかる計算処理をより高速に実行したりできます。グラフィックス(GPU)の性能も高いので、GPUを活かしたAIや機械学習などのプログラミング用途にも用いることができます。

また、デザインやイラスト制作などの高いグラフィックス性能を必要とする処理にも活用できます。ディスプレイはsRGBカバー率が99.8%となっていて色域が広いということもあり、正確な色彩に基づいて作業することができます。






ゲーミングPCとしては落ち着いたデザイン


Lenovo Legion 550Piの本体カラーは、グレーとブラックを基調としています。天板にはLegionのロゴがあります。




キーボードについても同様で、手を置く場所(パームレスト)はグレーでキーがブラックとなっています。ゲーミングノートPCというと派手なデザインというイメージを持っている人もいるかと思いますが、Lenovo Legion 550Piは全体的に落ち着いた印象があります。




PCの電源を入れて使用している状態では、天板のLegionのロゴが光ります。




PCがスリープ中は中央のYのようなデザインが数秒おきに点滅を繰り返します。




キーボードのバックライトは白色となっています。赤や青にピカピカ光ることはなく、落ち着いています。




ゲーミングノートPCらしいデザインというと、天板のロゴとそのロゴが光るところです。それ以外は基本的に落ち着きを感じるデザインです。

ゲーミングノートPCの派手なデザインやイルミネーションが苦手な人にとって使いやすいデザインだと思います。





サイズと重さの確認


Lenovo Legion 550Piのサイズと重さを確認しましょう。

サイズは15.6インチになります。下の写真のようにA4ノートよりも大きくなります。




本体の高さは約23.6mmとなっています。




重さは約2.4kgです。ゲーミングノートPCとしてはスタンダードな重さです。




15.6インチで約2.4kgの重さなので、カバンに入れて持ち運ぶのは難しいと思います。自宅で据え置いて使うのがおすすめです。







インターネットにはWi-Fi、またはLANケーブルを挿して接続できる


インターネットにはWi-Fiで接続できるのはもちろんのこと、有線LANポートも搭載されているのでLANケーブルを挿して接続することもできます。




Wi-Fiは普及しているWi-Fi 5(11ac)に対応しているのはもちろんのこと、最新の通信規格であるWi-Fi 6(11ax)にも対応しています。11ax対応ルーターを用いると、非常に高速な通信が可能となります。

有線LANが使えるのも便利です。接続が切れたり、通信の遅延が起きては困るような場合にはLANケーブルを挿して使うと良いでしょう。







Office搭載モデルもラインナップされていて、ゲーム以外にもレポートや書類作成などにも活用できる


Lenovo Legion 550Piは、Officeソフトをセットで購入することが可能です。

Office付きモデルでは、Office Home and Businessが搭載されています。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteが含まれていて、書類文書の作成、表計算やグラフの作成、プレゼン、メールの送受信、デジタルノートの作成ができます。

レポートの作成や書類の作成にすぐに使えて便利です。






広々として快適に使えるキーボード


キーボードは下のようになっています。中央上部に電源ボタン、右側にテンキーが搭載されています。




キーボードの左半分です。問題なく使えるでしょう。




キーボードの右半分です。「¥」キーとBackSpaceキーがくっついていて、「¥」キーが少し小さいです。慣れるまでは目で確認しながら入力すると良いでしょう。

Enterキーと「む」、Shiftキーと「ろ」のキーもくっついていますが、これらのキーはそれぞれの大きさがしっかり確保されているので、特に問題はありません。

矢印キーの位置は少し下にはみ出るようになっていますが、キーの大きさがしっかり確保されているので、とても入力がしやすいです。筆者はキー入力していて、マウスやタッチパッドに手を移さずに、矢印キーでスクロールしたり、カーソルを移動したりすることが多いのですが、これくらい大きいと目視しなくても間違えることなく矢印キーを使うことができます。





キーボードを拡大したところです。キートップが緩やかにカーブしています。指の形にフィットするようにできていて、入力がしやすく感じます。細かな工夫ですがうれしいですね。




タッチパッドです。










高いsRGBカバー率でリフレッシュレート144Hzの高品質IPSディスプレイ


Lenovo Legion 550Piに搭載されているディスプレイは、非常にスリムになっていて画面占有率が高いです。画面への没入感が得られるだけでなく、見た目的にもかっこよくなります。






i1 Display Proを用いて色域を測定すると、sRGBカバー率は99.8%となっています。とても色域の広いディスプレイで、正確な色表現が可能です。画像や動画、ゲームをしっかり楽しむことができます。また、デザインやイラスト制作などの作業をするのにも適しています。

sRGBカバー率 99.8%
 sRGB比 104.2% 
Adobe RGBカバー率  76.4%
Adobe RGB比 77.3%


ディスプレイの解像度は1920×1080のフルHDで、映り込みを抑える効果があるノングレア液晶となっています。そして、IPS液晶が搭載されています。上や横からなど、角度を変えて見ても映り方に変化がなく、とても見やすいです。





リフレッシュレート(1秒間に何回画面を更新することができるか)は、144Hzのものと一般的な60Hzのものの2種類が用意されています。グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1650を選択すると60Hzになります。GeForce GTX 1660Ti、またはRTX 2060を選択すると144Hzとなります。

リフレッシュレートが高いほうが、キャラクターの動きがより滑らかになります。ゲームをより楽しみたいという場合はリフレッシュレートが144Hzのディスプレイを検討してみてください。









排熱処理に優れていて熱くならない


ゲーミングノートPCのようにハイスペックなCPUとグラフィックスを搭載していると、高い負荷がかかる作業をした後はPCが少し熱くなることがあります。

しかし、Lenovo Legion 550Piでゲームなどをした後に本体を触っても、それほどの熱は感じませんでした。本体内部が最適な温度に保たれていることがわかりました。

実際、内部を冷却するための換気口が多く用意されています。まず、側面部と背面部に合計4つの換気口があります。




また、底面部には下の写真のようなメッシュ状の換気口がしっかりと設けられています。空気の流れがよくなっていて、PC内部に熱がこもりにくくなっているのだと思われます。




PC内部に熱がこもらないと、CPUのパフォーマンスにも良い影響を与えるので、パソコンを安定的にしっかり使うことができます。







CPUのパフォーマンスを切り替えることができ、より静かに使えるようにもできる


Lenovo Legion 550PiにはLenovo Vantageというツールがインストールされていて、サーマルモードを設定することによって、PCのパフォーマンスを制御することが可能です。

通常はバランスモードに設定されています。他にも、CPUのパフォーマンスをアップさせるパフォーマンスモードと、パフォーマンスを下げることができる静音モードが用意されています。




静音モードにすると、CPUのパフォーマンスは下がりますが、ファンの回転が抑えられるのでとても静かに使うことができるようになります。パフォーマンスが下がるといっても、一般的なノートパソコンと同程度の性能になりますので、サクサク快適に動作します。ゲームなどの高い負荷を必要としないような作業をするときに使うと良いでしょう。


モードを変えると電源ボタンの色が変わります。「今どのモードだっけ?」ということが視覚的にわかりやすいです。なお、このモードはキーボードから「Fn + Q」を連続して押すことで変えることもできます。









周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器との接続に必要なインターフェースは、本体の背面側に集中して配置されています。ケーブルが邪魔にならないように配慮されています。








USBポートは標準サイズのものが4つ、Type-Cポートが1つ搭載されていて、とても充実しています。複数の機器を同時に接続できるので安心です。


SDカードスロットは搭載されていません。もし、Legion 550Piを使ってデジカメやビデオカメラで撮影した写真や動画の編集作業に使いたいという場合には、別途外付けのSDカードリーダーを用意してください。






HDMIポートを搭載し、プレゼンに使ったり複数モニターで作業することができる


Lenovo Legion 550PiにはHDMIポートが搭載されているので、モニターやプロジェクターとHDMIケーブルでつなぐことによって、簡単にプレゼンを行うことができます。




実際にPCとモニターをHDMIケーブルを使って接続してみました。問題なくPCの画面をモニターに映し出すことができました。










カメラ、スピーカー、マイクの確認


Lenovo Legion 550Piにはカメラは搭載されていません。そのため、ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業に参加するためには、別途外付けのWEBカメラをご用意ください。


マイクとスピーカーはしっかり搭載されています。

スピーカーシステムはHARMAN社製のものが搭載されています。動画を見たりゲームをする際でも、良質なサウンドを聞くことができます。




マイクの調整機能もしっかり搭載されています。キーボードのノイズを抑制したり、エコーのキャンセル機能を利用できます。










静音性の確認


上で紹介したサーマルモードを変えて、Lenovo Legion 550Piの動作音の確認を行いました。

いずれのモードでも、負荷の低い作業をしているときはほとんど動作音もなく、静かに使うことができます。

バランスモードとパフォーマンスモードでは、CPUやグラフィックス(GPU)に負荷がかかる処理をすると動作音は大きくなりました。一般的なノートパソコンと比較すると動作音は大きめですが、ゲーミングノートPCとしては普通の大きさです。

静音モードにすると、CPUに負荷がかかっても静かに使うことができました。何か作業をしていて静かに使いたいと思ったら、静音モードにして使うと良いでしょう。

測定項目  測定値   
 バランス 静音  パフォーマンス 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db  
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db   29~30db
 動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db     29~30db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db    29~30db
CPU 100%使用時 38~43db  30~31db 39~44db
ファイナルファンタジー漆黒のヴィランズベンチマークループ再生
(CPU:20~50%、
GPU:50~90%)
36~43db  31~32db 38~44db






性能と仕様


Lenovo Legion 550Piの仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-10300H
Core i7-10750H
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 512GB / 1TB
 ディスプレイ  IPS液晶 フルHD(解像度:1920×1080)
リフレッシュレート
144Hz: GeForce GTX 1660 Ti / RTX 2060選択時
60Hz: GeForce GTX 1650選択時

 グラフィックス
NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti
NVIDIA GeForce RTX 2060
光学ドライブ -
 サイズ 15.6インチ
SDカード -
有線LAN
無線LAN
指紋認証 -
USBポート USB3.0 × 4
USB Type-C × 1
HDMIポート
 Mini Displayport -
Office 選択可
Microsoft Office Home and Business
 重さ  約2.3kg
 保証 1年(有償で3年) 


今回のレビューで使用したLenovo Legion 550Piの仕様は以下の通りです。


OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-10750H
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 1TB
グラフィックス: NVIDIA GeForce RTX 2060
ディスプレイ:フルHD (解像度:1920 x 1080)
リフレッシュレート:144Hz


CPUはCore i5-10300HまたはCore i7-10750Hが搭載されています。性能的にはCore i5 < Core i7となります。メモリは8GBまたは16GBが搭載されています。

グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti、GeForce RTX 2060から選ぶことができます。数字が大きくなるほど性能が高くなります。GTX 1650 < 1660Ti < RTX 2060です。

価格が一番安くなるのはGeForce GTX 1650です。ゲーム初心者や価格を抑えてゲーミングマシンを購入したい人におすすめです。

GTX 1660Tiは価格とパフォーマンスのバランスがとれています。性能も良く、価格面でも手が届きやすいです。幅広いゲームを快適にプレイできるでしょう。

RTX 2060はとても高い性能を持っています。レイトレーシングなどの最新機能にも対応していて、重量級のゲームにもしっかり対応できます。ゲームを思いっきり楽しみたい人や高性能なグラフィックスを希望する人は選択してみてください。

ディスプレイは解像度が1920×1080のIPS液晶です。リフレッシュレートが60Hzのものと144Hzのものが用意されています。GeForce GTX 1660 Ti / RTX 2060を選択すると144Hzに、GeForce GTX 1650を選択すると60Hzとなります。



以下はCPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUのベンチマーク


CINEBENCH R15とR20の2つのソフトを用いて計測しました。

まず、CINEBENCH R15です。スコアは1306cbとなり、非常に高い値です。通常のノートPCによく搭載されているCore i7-10510Uは750cb前後の値を示すので、約1.7倍の性能を持っていることがわかります。とても高速な動作が可能です。






続いて、CINEBENCH R20です。スコアは3029ptsとなり、こちらも同様に非常に高い値となりました。





CPUのパフォーマンスを制御したときのベンチマークのスコアを表にまとめると、以下のようになります。静音モードにすると、CPUの性能は少し下がりますが、静かに使うことができます。

 モード  スコア 
CINEBENCH
R15
CINEBENCH
R20 
バランスモード  1306 3029
静音モード 737 1588
パフォーマンスモード 1375 3081




ストレージのベンチマーク



CrystalDiskMarkというソフトを用いて、ストレージの速度を測定しました。読み書きともに非常に高速でした。これまで見てきたPCの中でもトップクラスの速さです。とても快適に使うことができます。

[SSDのベンチマーク]






グラフィックスのベンチマーク



グラフィックスの性能を3DMarkというソフトを使って測定しました。とても高いスコアです。ゲームなど、グラフィックス性能を必要とするソフトウェアが快適に動作します。











各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。DirectXを使ったアプリケーションが快適に動くでしょう。

ベンチマーク 評価対象 スコア
Time Spy DirectX 12 6211
Fire Strike DirectX 11 14382
Sky Diver DirectX 11 36931
Cloud Gate DirectX 10 38050





外観の確認


最後にLenovo Legion 550Piの外観を確認してみましょう。


まずは天板部分です。中央にLegionのロゴがあります。




本体を斜めから見たところです。




前から見たところです。












後ろ側から見たところです。








ディスプレイは一番後ろよりも少し手前側から開くようになっています。ディスプレイとキーボードの結合部分にはLegionのロゴがデザインされています。





底面です。




メッシュ状のスリットが入っていて、PC内部の熱を効率的に冷却することが可能です。




ACアダプターです。ハイスペックCPUとグラフィックスを搭載しているため、ACアダプターは大きめです。





本体左側面です。




右側面です。




背面部です。




手前側です。






まとめ


Lenovo Legion 550Piは高性能なCPUとグラフィックスを搭載していて、非常に快適にゲームプレイを楽しむことができます。

GeForce 1650 / 1660Ti / RTX 2060から選べるので、ゲーム初心者から上級者まで幅広く対応できます。

ディスプレイは色域が広いIPS液晶を搭載していて、とても見やすいです。ゲームや動画などをしっかり楽しむことができます。

最安モデルでは10万円を切ります。価格を抑えて購入することも、高性能モデルを購入することもできますので、、ゲーミングノートPCを探している方は是非検討してみてください。


現在、直販サイトではキャンペーン実施中で、下のクーポン利用でさらに5,500円割引で購入することができます2020年10月23日(金)~2021年1月15日(金)までクーポンの使い方について


割引クーポン → 限定クーポン (直販サイト


詳細はこちら → Lenovo Legion 550Pi(直販サイト)




関連記事    

1.大学生が楽しめるゲーミングノートPCの選び方
2.Lenovo直販ストアでノートPCをカスタマイズして購入するコツ
3.大学生が使いやすいLenovoのノートパソコン
4.Lenovo Legion 750iレビュー 高性能なフラッグシップゲーミングノートPC
5.Lenovo Legion Y7000レビュー 10万円台の価格から購入できるゲーミングノートPC
6.Lenovo Legion Y540(15)レビュー 大学生が購入しやすいお手頃価格のゲーミングノートパソコン
7.動画編集や理系の研究用途などの高負荷な処理にも使えるハイスペック・ノートPC
8.プログラミングに最適なノートパソコンの選び方


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る