大学生のノートPCにDVDドライブ(光学ドライブ)は必要か?




ノートパソコンの基本的な装置としてDVDドライブ(光学ドライブ)があります。DVDやCDの読み書きができる便利なものなのですが、最近のノートパソコンには光学ドライブを内蔵していないものが増えています。このパソコンいいな!と思っても、光学ドライブがついていないと本当に大丈夫かな?と思ってしまうかもしれませんよね。


だからと言ってあきらめてしまうのはもったいないです。というのも、DVDドライブは人によっては良く使うのですが、使わない人は全くといっていいほど使いません。パソコンを持っている人であれば、「そういえば長いこと光学ドライブを触ってない」、という人もいるかもしれませんね。事前にどの程度DVDドライブを使うことになるかをイメージしておくと、購入するノートパソコンに光学ドライブが必要になるかどうかを判断することができます。


では、大学生にとってDVDドライブが必要になる場面というのはどういったときでしょうか?また、DVDドライブがついていないノートパソコンでも本当に大丈夫なのでしょうか?このページでは、これらの疑問について解説したいと思います。また、CD・DVDドライブ(光学ドライブ)を搭載したおすすめのノートパソコンについてもご紹介しています。



このページで紹介している内容






ソフトウェアやドライバーのインストール、語学学習やDVDを見るために必要


まずはじめに最近のパソコンに内蔵されているDVDドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)というのは、DVDを見ることができるだけでなく、DVD-R(RW)などへの書き込みやCDを聞いたり、CD-R(CD-RW)への書き込みへも対応しています。このことを覚えておいてください。


DVDスーパーマルチドライブなどの光学ドライブが必要になる場合というのは、いろいろあります。いくつか例をご紹介します。



ソフトウェアのインストール


まず第一に必要なのが、ソフトウェアのインストールです。最近はダウンロードしてインストールすることも増えましたが、まだまだCDやDVDの形態で販売しているものも多いです。何か欲しいソフトがあったときに、DVDドライブがついていないとインストールすることができません。






ドライバーのインストール


プリンターなどの周辺機器を使う場合にも、パソコンから当該機器を操作するために必要なドライバーと呼ばれるソフトウェアをインストールしなければならないことがあります。周辺機器を購入するとCDの形式で付属しています。

ドライバーはインターネットからもダウンロードすることができるようになっていますが、上手く探し出すことができないこともあるので、CDから直接インストールできる方がスムーズです。



語学学習


英語などの語学を勉強する際、CD付きの書籍を購入することが多いです。CDを再生する機器としてパソコンが使えると、パソコンで学習ができたり、スマホにCD音声を移して移動中に聞いたりすることができるようになります。効率的な語学学習に役立ちます。





音楽を聴く


趣味で音楽を聴く場合にも必要になります。音楽は専用のステレオセットを持っている人もいると思いますが、スマホやiPodなどの携帯型プレーヤーにCDの楽曲を取り込む場合にはパソコンが必要になります。このときにDVDマルチドライブがないとどうすることもできません。



DVDを見る


お店でレンタルしてきたDVDや友達に借りたDVDを見る場合も必要です。最近では、ビデオカメラで撮影した動画をDVDに保存することも増えました。友達と旅行に行ったときに撮った写真や、サークル活動を通して撮影した動画をDVDやCDに焼いて仲間に配るということもあります。自ら編集する立場にあれば絶対に必要になりますし、逆に受け取る側であっても、見ようと思ったときに光学ドライブがないと見れなくて悲しい思いをしてしまいます。



データのバックアップ


大事なデータをバックアップしておきたい、という場合にも光学ドライブがあると便利です。DVDやCDにデータを焼いておくことでバックアップを取ることができます。パソコンが故障して使えなくなってしまうと、データを取り出すことができなくなってしまいます。万が一パソコンが壊れてしまった時は、バックアップしたDVDやCDからデータを復元することができます。






このようにDVDやCDを使うことはよくありますので、大学生にとってDVDドライブはあった方が便利だと思います。DVDスーパーマルチドライブ内蔵型のノートパソコンは多く売られていますので、それを購入すれば普通に使うことができます。


しかし、最近のノートパソコンでは、光学ドライブが内蔵されていないものも増えてきています。





DVDドライブがないノートパソコンは軽くて持ち運びに便利




光学ドライブが内蔵されていないとノートパソコンは軽くなります。光学ドライブというパーツがなくなるのですから、当然ですよね。そして、パソコンの厚みも薄くなります。上の写真のように片手でも簡単に持てます。


薄くて軽くなるとどうなるかというと、持ち運びに便利になります。DVDドライブが内蔵されているノートパソコンの重さは2.0kg前後のものが多いですが、DVDドライブがないノートパソコンだと1.5kgを切るものが増え、中には1kgや1kgを切るものもあります。このサイトでも持ち運びに便利な薄くて軽いノートパソコンを紹介しています。


もちろん、DVDドライブがついて1.5kgよりも軽い持ち運びに便利なノートパソコンというのもありますので、持ち運びにも使いたい、DVDドライブもほしいという場合には、これが良い選択肢になると思います。おすすめの光学ドライブ付きノートパソコンにもいくつか紹介していますので、ご参考にしてみてください。


1.0kg前後のノートパソコンだと、リュックに入れても全然重くないですし、かさばらなくなります。とても便利ですよね。ノートパソコンを持ち運びしたいと思う人には、とても良い状態だと思います。実際、持ち運びに便利だということを売りにしているノートパソコンは、光学ドライブを内蔵していないものが多いです。


ただ、持ち運びに便利な薄くて軽いノートPCを購入しようと思っても、DVDドライブがついていないとなると、趣味で使えなさそう、したいことができなそう、と思ってしまうかもしれませんよね。でも、安心してください。ちゃんと解決法があります。





必要なときだけ外付けDVDドライブで対応すると便利


使い方にもよりますが、実は光学ドライブを使う頻度は少ないです。ソフトのインストールにしても最初の1回だけCDからインストールしてしまえば、壊れたりパソコンを買い替えたりしない限り同じCDは使いません。音楽の編集にしてもそうです。直接ネットから音楽をダウンロードするというような場合には、CDは必要ありません。


また、友達といった旅行で撮影した写真や動画を配る際に、CDやDVDに焼くという方法ではなく、インターネット上のストレージサービスに保存して配布するという方法を使えば、光学ドライブがなくても大丈夫です。ネット上のサイトにアクセスして写真や動画をダウンロードすれば、直接パソコンやスマホに取り込むことができます。


このように上手に活用すると、人によってはほとんど光学ドライブを使わないということもあります。


ただ、新しいソフトを買った場合だとか、大学の授業や研究で使うデータをCDやDVDに保存しなければならない、といった場合も出てくることは事実です。DVDやCDを使う頻度は少なくても、どうしてもDVDドライブが必要になるいう場面は出てくるでしょう。


そのような場合に備えて、外付けのDVDドライブを購入しておくと良いです。外付けのDVDドライブというのは、USBでパソコンとつなげれば使うことができるのでとても簡単です。使わない時は引き出しの中にでもしまっておけばいいので、邪魔になりません。




普段は薄くて軽いノートパソコンをすっきりと使って、必要な時だけ外付けドライブで対応するという使い方ができます。


でも、外付けDVDドライブって高いんじゃないの?と思うかもしれませんね。ノートパソコンと外付けDVDドライブを別々に買ったらかえって高くなるんじゃないの?という疑問が出てくると思います。では、外付けDVDドライブはどれくらいの価格で購入できるのでしょうか?






外付けDVDドライブの価格は高くないが、ブルーレイ対応にすると少しだけ高くなる


アマゾンなどで「外付けDVD」といったキーワードで検索してもらうとわかりますが、2,000~3,000円前後で購入することができます。


詳細はこちら → 外付けDVDドライブ (Amazon)


パソコン本体の価格と比べて、とても安いのではないかと思います。パソコンと別々に買ったとしても、それほど影響がないのではないかと思いますがいかがでしょうか?


ただ、ブルーレイに対応したものを買おうと思うと少し値段が上がります。安いもので7,000円くらいからとなっています。7,000円を高いと見るか安いと見るかは難しいところだと思います。


ブルーレイだと保存できるデータ容量が格段に上がりますし、高画質の映像作品を見ることができます。パソコンでブルーレイ作品を見るような場合や、大容量のデータをブルーレイディスクに保存するというような使い方をするのであれば、ブルーレイ対応ドライブを選択すると良いでしょう。もし、このような使い方をしなければ外付けDVDドライブで充分でしょう。







光学ドライブ内蔵型、もしくは光学ドライブなしの薄くて軽いノートPCのどちらがいいか?




ノートパソコンを購入するときに迷うのは、DVDドライブがついているけども少し重たいものにするか、それともDVDドライブついていないけども薄くて軽い持ち運びに便利なものにするか、という点があります。


どちらにしても長所・短所を感じるかと思いますが、もし家に置いておくことが多くて持ち運びすることはあまりないだろうなというような場合であれば、光学ドライブが内蔵されたものを購入してもいいと思います。また、外付けDVDドライブを別に買うのも面倒くさい、なくしてしまうかもしれない、というような人も内蔵型の方が便利かもしれませんね。


逆に、持ち運びを考えている人や、薄くて軽い方がなんだかすっきりしていいなと感じるようであれば、光学ドライブがついていない薄くて軽いノートパソコンを購入して、DVDやCDについては必要に応じて外付けで対応すると、無駄を省いてとてもすっきりと使えます。


どうしても両者を併せ持った良いとこどりのノートパソコンがほしい、という場合には、この下で紹介しているように、DVDドライブがついて1.1kg~1.4kg前後の持ち運びに便利なノートパソコンというのもありますので、それを選んでみてください。









CD/DVDドライブ付きのノートパソコン


CD/DVDの読み書きができる光学ドライブ搭載のノートパソコンをご紹介します。最近のノートパソコンでは光学ドライブ搭載のノートパソコンが少なくなっていますので、こちらを参考にしていただければと思います。


[光学ドライブ付きノートパソコンの特徴]

1.持ち運びしやすい1.5kg以下の製品は1モデルのみ

2.15.6インチのノートPCに光学ドライブ付きのものが多い

3.CD/DVDドライブ以外にもブルーレイドライブを搭載できるモデルがある

4.ハイレゾ音源に対応したモデルがある





dynabook AZ / BZシリーズ


ブルーレイまたはDVDスーパーマルチドライブが選べる
無料会員になると大きく割引
バランスがとれたホームノートPC
OS : Windows 11 Home / Windows 10 Home
CPU:Celeron / Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ:4GB / 8GB / 16GB
ストレージ:SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
       SSD + ハードディスクの組み合わせも可能
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ(dynabook BZ) / ブルーレイドライブ(dynabook AZ)
インターフェース:HDMI / 有線LAN / USB 3.0 ×3  / SDカードスロット / VGA(対応モデルあり) / USB Type-C
サイズ:15.6インチ(dynabook AZ / BZ) / 16.1インチ (dynabook AZ)
Office:Microsoft Office Home and Business /
重さ:1.9kg
カラー: ブラック
保証期間:1年(有償で5年まで延長可)
価格:8万円台~(税込) [dynabook無料会員価格]
Dynabookは、2019年1月から東芝(東芝クライアントソリューション)から社名が変更されてできた企業です。

dynabook AZシリーズにはブルーレイドライブが、dynabook BZシリーズにはDVDスーパーマルチドライブが搭載されています。音楽鑑賞やDVD鑑賞などの趣味用途にも問題なく使えます。また、dynabok AZシリーズは16インチ、dynabook BZシリーズは15.6インチとなります。

スペックと価格のバランスがとても良いノートパソコンです。

最大16GBのメモリを搭載することができ、周辺機器との接続も問題ありません。プレゼンに使えるHDMIポートや、SDカードスロット、複数のUSBポートを搭載しています。インターネットにはWi-FiでもLANケーブルを挿しても接続することができます。

重さは約1.9kgありますので持ち運びするにはあまり適していません。家に置いて使うのが良いでしょう。


Dynabookの直販サイトであるDynabookダイレクトの無料会員(COCORO MEMBERS)に登録すると会員価格で購入できるようになり、表示されている価格より大きく値段が下がります。

ただいま期間限定で、会員価格よりもさらに最大で19,800円安く購入できます(詳しい解説)。



詳細はこちら  dynabook AZシリーズ(直販サイト)


詳細はこちら  dynabook BZシリーズ(直販サイト)


レビューはこちら → dynabook AZ65レビュー






富士通 LIFEBOOK AHシリーズ


4色のカラーから選べる
追加料金なしで3年のメーカー保証

当サイト特別クーポンあり
OS : Windows 11 Home / Pro
CPU:Core i3 / Core i7
メモリ:4GB / 8GB / 16GB / 32GB / 64GB
ストレージ:SSD 256GB / 512GB / 1TB
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ/ブルーレイドライブ
インターフェース:HDMI / 有線LAN / USB 3.2 ×2 / USB 2.0 × 1 / USB Type-C × 1 / SDカードスロット
サイズ:15.6インチ  
重さ:2.0kg
カラー: ブライトブラック  メタリックブルー  プレミアムホワイト  ガーネットレッド
保証期間:3年 (有償で5年まで延長可)
価格:114,224円~(税込) [下の特別クーポンでさらに割引]

スーパーマルチドライブまたはブルーレイドライブを選択することができます。

CPUをCore i3にすると抑えめの性能、Core i7にすると高い性能になります。メモリは4GB~64GBとなっていて、幅広く選択できます。通常は8GBを選択すれば大丈夫です。余裕があれば16GBを選択してみてください。

4色のカラーモデルがラインナップされていて、自分の好きなカラーが選びやすいです。また、自宅の部屋の雰囲気にあったものを選ぶことができます。

通常メーカー保証が1年のところを、無料で3年間の保証期間となっています


以下に記載した当サイト特別クーポンを利用すると、キャンペーン価格からさらに5% OFFで購入できます。使い方はこちら)。

特別クーポンコード: SPLSJ


詳細はこちら → LIFEBOOK WA3/G2 (直販サイト)


レビューはこちらLIFEBOOK AHシリーズレビュー


CPUにAMD製のRyzenシリーズを搭載したモデル(LIFEBOOK WAB/G2)もあります。価格的にはLIFEBOOK WAB/G2の方が少し安くなります。上記クーポンも使えます。


詳細はこちら → LIFEBOOK WAB/G2(直販サイト)





NEC Lavie Direct N15 / N15(R)


高い性能で快適に使える
最大32GBメモリを搭載できる
人気のRyzen搭載モデルあり
OS : Windows 10 Home / Pro
CPU:Core i3 / Core i5 / Core i7
   Ryzen 5 / Ryzen 7
メモリ:4GB / 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ:ハードディスク 500GB / 1TB / 2TB
      SSD 256GB / 512GB / 1TB
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ / ブルーレイディスク
インターフェース:HDMI / 有線LAN / USB 3.0 ×2 / USB Type-C × 1 / SDカードスロット /
サイズ:15.6インチ  
Office:Microsoft Office Personal / Microsoft Office Home and Business /
重さ:2.2kg
カラー: ネイビーブルー カームホワイト  カームレッド
保証期間:1年(有償で5年まで延長可)
価格:129,800円~(税込) [下の割引クーポンでさらに割引]
光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイドライブを選択することができます。

CPUにインテル製のCore iシリーズを搭載したLavie Direct N15と、AMD製のRyzenシリーズを搭載したLavie Direct N15(R)がラインナップしています。

2021年春モデルのLavie Direct N15、ならびに2020年夏モデルのLavie Direct N15(R)が最新モデルになります。両者とも、最新のCPUを搭載していて、とても性能が高く、快適に使えるでしょう。CPUにCore i5、またはRyzen 5を選択するとスタンダードな性能になります。

Lavie Direct N15、N15(R)は割引価格で購入することができます。以下の限定クーポンをご利用ください。クーポンの使い方)。学割キャンペーンでは、無料会員登録すると、より割引率の大きい学割クーポンが利用できるようになります。

限定クーポン限定優待クーポン (直販サイト)

学割キャンペーン → 学生優待キャンペーン(直販サイト)


詳細はこちら → Lavie Direct N15(R)(直販サイト)


レビューはこちらLavie Direct N15(R)レビュー


インテル製のCPUを搭載したモデルであるLavie Direct N15は、2021春モデルと2020夏モデルの2つがラインナップされています。2020夏モデルの方が価格が下がって購入しやすいです。

詳細はこちら → Lavie Direct N15 2021春モデル(直販サイト)


詳細はこちら → Lavie Direct N15 2020夏モデル(直販サイト)








パナソニック レッツノートSV


軽くてコンパクトだから持ち運びに便利
追加料金なしで4年のメーカー保証

必要な機能が全部入り
OS : Windows 10 Pro 
CPU:Core i5 / Core i7
メモリ:8GB / 16GB
ストレージ:SSD 256GB / 512GB / 1TB
      SSD128GB+HDD1TB
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ/ブルーレイドライブ
インターフェース:HDMI / VGA / 有線LAN / USB 3.0 ×3 / USB Type-C / SDカードスロット
サイズ:12.1インチ  
重さ:1.01kg
カラー: シルバーダイヤモンド  ジェットブラック 
保証期間:4年 (直販サイト購入時のみ)
価格:259,600円~(税込)

スーパーマルチドライブまたはブルーレイドライブを選択することができます。

コンパクトで軽く、しかもとても丈夫なノートパソコンです。周辺機器との接続に必要なインターフェースもしっかりと搭載されていて、どのような場面でもしっかりと対応することができます。価格が高いのが厳しいのですが、その分性能面や拡張性、堅牢性など、とてもしっかりとした作りになっています。Panasonic製というのも安心です。

ビジネスパーソンに特に人気がありますが、大学生でも持っている人は多く、持ち運びが多い人は安心して使うことができます。

直販サイトで購入するとメーカー保証期間が4年となります。


詳細はこちら → レッツノートSV(直販サイト)


レビューはこちらレッツノートSVレビュー





関連記事    

1.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
2.大学生のノートパソコンのメモリ容量の選び方
3.大学生のノートパソコンのサイズは何インチが最適?
4.ノートパソコンの寿命~パソコンは何年使える?
5.大学生におすすめのノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る