LIFEBOOK AHシリーズWA3/F3レビュー 初心者に優しくバランスのとれたノートPC


富士通のLIFEBOOK AHシリーズは、15.6インチの広い画面で快適に作業ができ、大学生活に幅広く対応できる性能を持つノートパソコンです。

最近のノートパソコンとしては貴重な光学ドライブを搭載したモデルで、CDやDVDを使った語学学習、データのバックアップ、DVDの鑑賞などにも使うことができます。

また、3年のメーカー保証が標準でつき、しかもセキュリティソフトとして、3年間使用可能なマカフィーリブセーフもインストールされているので、安心して使うことができます。

実際にLIFEBOOK AHシリーズのフルHD液晶搭載モデルであるLIFEBOOK WA3/F3を使ってみましたので、レビューをご紹介します。






以下に記載した当サイト特別クーポンを利用すると、一般割引からさらに割引された価格で購入することができます使い方はこちら)。


対象モデル 割引率
LIFEBOOK WA3/F3
(フルHD液晶モデル)
一般割引(21% OFF)からさらに4% OFF
LIFEBOOK WA2/F3
(HD液晶モデル)
一般割引(19% OFF)からさらに4% OFF
LIFEBOOK WA-X/F1
(4K有機EL液晶モデル)
一般割引(25% OFF)からさらに5% OFF
LIFEBOOK WAB/F3
(AMD CPU搭載、フルHD液晶)
一般割引(17% OFF)からさらに4% OFF



特別クーポンコード: SPLSJ


詳細はこちら → 富士通 LIFEBOOK AHシリーズ icon (直販サイト)






抑えめの性能から高い性能のものまで幅広く揃っているから、自分に合う1台が見つけやすい


LIFEBOOK AHシリーズは、性能が抑えめのモデルから高い性能のものまで幅広くそろっているので、用途や予算に応じて目的の1台が選びやすいノートパソコンです。




ディスプレイやCPUの違いによって、以下のようなモデルがラインナップされています。

モデル 説明
フルHD液晶モデル
LIFEBOOK WA3/E3、WA3/F3
スタンダードな構成。フルHD液晶を搭載。
最新のインテル製CPU、4GB~32GBメモリを搭載可能
HD液晶モデル
LIFEBOOK WA2/F3、 WA1/E2、WA1/E1
抑えめの価格帯。HD液晶を搭載。
性能は抑えめ。
4K有機EL液晶モデル
LIFEBOOK WA-X/F1
高精細で美しい有機ELディスプレイを搭載。
最新のインテル製CPUを搭載。
AMD CPU搭載モデル
LIFEBOOK WAB/F3、WAB/F1
スタンダードな構成。フルHD液晶を搭載。
最新のAMD製CPUを搭載。



スタンダードな構成が良ければフルHD液晶搭載モデルやAMD CPU搭載モデル、高精細なディスプレイなら4K有機ELディスプレイ搭載モデル、ディスプレイの解像度は低くても予算をなるべく抑えたいならHD液晶搭載モデルを選択すると良いでしょう。

それぞれのモデルについて、CPUやメモリの容量、ストレージ、Officeソフトの有無などをカスタマイズして購入することが可能です。予算や用途に応じて構成を選ぶことができます。





美しいカラーバリエーション


LIFEBOOK AHシリーズのフルHD液晶搭載モデルであるLIFEBOOK WA3/F3には、メタリックブルー、ブライトブラック、プレミアムホワイト、ガーネットレッドの4色のカラーモデルがラインナップされています。いずれもとても爽やかな色合いです。

自分の好きなカラーが選びやすいですし、自宅の部屋の雰囲気にあったものを選ぶことができるのでうれしいですね。




今回のレビューでは、LIFEBOOK WA3/F3(フルHD液晶搭載モデル)のメタリックブルーのカラーモデルを使用しています。

メタリックブルーはとても透明感のある美しい色合いになっています。




天板は光沢感があり、映り込みがあります。中央にあるのは富士通のロゴで、無限大を意味するインフィニティ(∞)をデザインしたものです。




天板もキーボードも同じ色で統一されていて、とても爽やかな印象です。




選択できるカラーは4色あるのですが、「プレミアムホワイト」「ガーネットレッド」「メタリックブルー」を選ぶには、CPUでCore i7を選択する必要がありますのでご注意ください。ブライトブラックはどの構成でも選択することができます。





DVDドライブまたはブルーレイドライブを搭載


最近のノートパソコンからは光学ドライブが消えつつありますが、LIFEBOOK WA3/F3を含め、LIFEBOOK AHシリーズには光学ドライブがしっかりと搭載されています。とても貴重な製品です。光学ドライブとして、DVDドライブまたはブルーレイドライブを選択することができます。





大学生は英語やフランス語などの語学を頑張っている人も多いと思います。語学学習本を買うと、音声が入ったCDがついていることが多いですが、パソコンに光学ドライブが搭載されていると、パソコンを使って音声を再生し勉強することができるようになります。

また、大事なデータをバックアップするときにCDやDVDが使えると便利ですし、友達に写真などのデータをコピーしてあげることも簡単にできます。





15.6インチの広い画面で作業がしやすい


LIFEBOOK AHシリーズは15.6インチのディスプレイを搭載していて、広い画面で快適に作業ができます。




PCの上にA4ノートを置いて筐体の大きさをA4ノートと比較してみました。写真の通り、本体のサイズはA4ノートより大きくなります。




15.6インチの大きさはとても見やすくて作業がしやすいのですが、パソコン自体の重さは少々重くなります。




たまに持っていく分には大丈夫だと思いますが、A4ノートよりも大きく重さも2.0kgなので、カバンに入れて長い距離を持ち運ぶというよりも、自宅に置いて使うのがおすすめです。


もちろん、家の中の移動など短い距離は楽々持ち運べます。いつもは自分の部屋でパソコンを使うけど、たまにはリビングでパソコンしたいなというときにもサッと持ち運んで使うことができます。





安心の3年間のメーカー保証とセキュリティソフト


一般的に、パソコンを購入するとメーカー保証は通常は1年間で、この間に故障した場合は無償でのサポートとなります。しかし、LIFEBOOK AHシリーズの場合は富士通の直販サイトWEB MARTで購入すると3年間のメーカー保証となり、サポート期間が長くなります。


また、セキュリティソフトも最初から3年間使い続けられるマカフィーリブセーフがインストールされています


大学生活は4年間ありますので、その内の3年間を追加料金なしでメーカー保証が受けられるのはとても安心できます。






レポートや書類の作成に使えるOfficeソフトを選択可能


富士通の直販サイトWEB MARTでは、大学の講義レポートの作成に使えるOfficeソフトをセットで購入することが可能です。Officeソフト単品で購入するよりも安くなります。

選択できるOfficeソフトは、Office PersonalとOffice Home and Businessの2種類があります。それぞれに含まれるソフトは以下のようになっています。

Officeの種類 含まれるソフト 
Office Personal Word、Excel、Outlook
Office Home and Buisness Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote


レポートの本文はWordで、表計算やグラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointを使うことが多いです。そのため、多くの場合、Office Home and Businessを選択すると、レポート作成やプレゼンにしっかりと対応できるでしょう。





インターネットにはWi-Fi、またはLANケーブルを挿して接続できる


インターネットにはWi-Fi、またはLANケーブルを挿して接続することができます。




Wi-Fiは最新の通信規格であるWi-Fi 6 (11ax)に対応しています。もちろん、従来の規格である11acや11nなどにもしっかり対応していますので、ルーターを買い替えることなく使うことが可能です。

有線・無線のどちらでもネットが使えるので、とても安心です。





パソコン初心者に優しい機能


パソコンでこんなことがしたいんだけど、どのソフトを使えばいいかわからない、というようなことがあると思います。LIFEBOOK AHシリーズにはキーボード上部に下の写真のようなMENUボタンがあり、これを押すとメニュー画面が開いて、目的別に探せるようになります。





ネットを使いたいときにはこのソフト、写真を取り込んだり編集したいときはこれ、といったように目的別に探せるようになっていて、初心者でも使いやすい設計になっています。


アプリ・サービスを探す画面。写真や動画の取り込み、CDの作成など目的別に探すことができるようになっています。


また、パソコンを使っていると、時々ネットにつながらなくなったりといったトラブルが起こることがあります。

パソコンに詳しい人であれば、原因を1つずつ調べて解決することができるのですが、そうでない場合には困ってしまうことも多々あります。

こんなときも、MENUボタンを押せばパソコンやネットワークの状態を診断してくれる項目がありますので、何が悪いのかを簡単に知ることができます。夜中にレポートを書いていてネットにつながらなくなっても、自力で解決できそうです。


トラブル診断メニューの画面。ネットワークの状態を確認してくれたり、パソコンの状態を診断してくれたりします。







キーボード


キーボードは下の写真のようになっています。スタンダードな日本語配列のキーボードです。テンキーも搭載されていてとても使いやすいです。




キーの大きさや並び方などに癖もなく、とても使いやすいと思います。




EnterキーやBackspaceキーもしっかりと大きさが確保されています。Enterキー周りにも余裕があり、とても入力しやすいです。テンキーも搭載されていて、実験データを入力するときや家計簿をつけるときなど、数字を連続して入力するのがとても便利です。





CPUにCore i7を選択すると、「プリズムクリア」という仕様になっているようです。表面に光沢感があり、美しい仕上がりです。

キー同士の間隔は約18.4mmです。キーを押したときの深さは約2.5mmとなっていて、最近のノートパソコンとしては深めです。その分、しっかりとした打鍵感があります。




タッチパッドです。




パームレスト(手を置く場所)はヘアライン仕上げとなっていて、より高級感のあるデザインとなっています。








ディスプレイ


ディスプレイのフレームがスリムになっていて、スッキリとした外観です。




視野角は広いです。正面からだけでなく、横や上からなど角度を変えて見ても綺麗に表示されるディスプレイです。とても見やすいでしょう。




sRGBカバー率は68.7%となっていて一般的なディスプレイです。色域はそれほど広くはありませんが、インターネットやメール、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などの一般的な作業をする分には全く問題ありません。

sRGBカバー率 68.7%
Adobe RGBカバー率  51.1%


タッチパネルではないので、指で画面を触って操作することはできません。




今回のレビューではフルHD液晶モデルを使用しているので、解像度は1920×1080(フルHD)となります。より解像度の高い4K有機ELディスプレイモデルや、解像度の低いHD液晶モデルもラインナップされているので、用途や予算などに応じて選択してみてください。





周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器との接続に必要なインターフェースは非常に充実しています。特に、有線LANポートが搭載されていたり、最近のノートパソコンでは珍しい光学ドライブが搭載されています。






USBポートは合計4つ(USB3.2×2、USB2.0×1、USB Type-C×1)あります。USB機器との接続は問題ないでしょう。

USB2.0よりもUSB3.2の方が高速です。USBメモリや外付けハードディスクを接続してデータのコピーを行う時などは、USB3.2ポートを使うと早く完了します。USB2.0ポートはマウスなどを接続すると良いでしょう。


USB Type-Cはディスプレイ出力機能やPower Delivery機能はありません。純粋にUSB接続のみとなります。


SDカードスロットはフルサイズのものに対応しています。micro SDカードもアダプターを使うことで対応することができます。カードは途中までしか入りませんので、作業中にひっかけないようにだけ気をつけましょう。








HDMIポートを搭載し、プレゼンをしたりマルチディスプレイで作業できる


HDMIポートが搭載されているので、大学でプレゼンを行ったり、もう一台ディスプレイをつないでマルチモニターで作業したりすることが可能です。




実際に、HDMIケーブルを使って、PCとモニターを接続してみました。PCのディスプレイを問題なくモニターに映し出すことができました。







カメラとマイク、スピーカー


カメラとマイクはディスプレイ上部に搭載されています。





スピーカーはキーボードの上部に搭載されています。キーボードの幅いっぱいに広がっていることもあり、音質は良いです。音楽を聴いたり、動画を楽しむのも問題ないでしょう。







オンライン授業の受講が可能


上述のように、カメラとマイク、スピーカーが搭載されているので、ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業を受けるのも問題ありません。

CPUの性能も高いですし、8GB以上のメモリを搭載していればオンライン授業を受けながら、授業中に出される課題をPC上でこなすこともしっかり対応することが可能です。





静音性の確認


PCを起動して何もしていない状態でも、PC内部のファンが回っていて動作音が聞こえます。

CPUに大きな負荷がかかると動作音は大きくなります。

測定項目  測定値   
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
31~32db
YouTube鑑賞時 31~32db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
31~35db
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R20実行)
45~46db





LIFEBOOK AHシリーズの仕様と性能


LIFEBOOK AHシリーズの仕様は以下のようになっています。


 モデル名 フルHD液晶モデル 4K有機EL液晶モデル HD液晶モデル  AMD CPUモデル 
 OS Windows 10 Home / Pro
Windows 11 Home / Pro
 CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
Core i7-1195G7
Core i7-1165G7
Celeron 6305
Core i7-10510U
Ryzen3-5300U
Ryzen7-5700U
Athlon Gold-3150U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB / 32GB  4GB / 8GB / 16GB  
 ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB

ハードディスク 1TB / 2TB

SSD + ハードディスクの構成も可能 
SSD 256GB / 512GB

ハードディスク 1TB

SSD + ハードディスクの構成も可能 
 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ブルーレイドライブ    
ディスプレイ フルHD
(1920×1080) 
4K有機EL
(3840×2160) 
HD
(1366×768) 
 フルHD
(1920×1080) 
 有線LAN 〇   
 無線LAN 〇   
 HDMI 〇   
 USB USB 3.2 × 2
USB 2.0 × 1
USB Type-C × 1    
 SDカード 〇    
 サイズ 15.6インチ    
Oficeソフト  Office Personal
Office Home and Business 
 セキュリティ マカフィーリブセーフ 3年    
 カラー ブライトブラック
プレミアムホワイト
ガーネットレッド
メタリックブルー
ブライトブラック ブライトブラック
プレミアムホワイト
 ブライトブラック
メタリックブルー
 保証期間 3年


今回のレビューで使用したLIFEBOOK AHシリーズの仕様は以下の通りです。

モデル名:フルHD搭載モデル(LIFEBOOK WA3/F3)
OS: Windows 11 Home
CPU: Core i7-1195G7
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 512GB


LIFEBOOK AHシリーズには、4つのモデルがラインナップされています。

まず、搭載しているディスプレイの違いによって3つのモデルがあります。それぞれ、フルHD搭載モデル(解像度:1920×1080)、4K有機ELディスプレイ搭載モデル(解像度:3840×2160)、HD液晶搭載モデル(解像度:1366×768)がラインナップされています。 これらのモデルには、いずれもインテル製のCPUが搭載されています。

また、ディスプレイはフルHD(解像度:1920×1080)で、CPUがAMD製のRyzenを搭載したAMD CPUモデルもあります。


ディスプレイはフルHDが広く普及しています。見やすくて作業もしやすいので、まずはフルHD搭載モデルやAMD CPUモデルを中心に考えれば良いと思います。

HD液晶は解像度が下がり、性能も抑えめになりますが、その分価格も下がるので購入しやすいでしょう。また、解像度が高く、高精細な表示が良ければ4K有機ELディスプレイ搭載モデルを検討してみてください。


OSはWindows 10を搭載したモデルとWindows 11を搭載したモデルがあります。

CPUはいくつか選べますが、性能は以下のようになっています。黄色で示したものが、LIFEBOOK AHシリーズで選択できるCPUになります。スコアが高いほど性能が良くなります。CeleronやAthlon Goldの性能はとても抑えめです。

CPUの性能比較
Core i7-10870H
3454
Ryzen 7 5700U
3390
Core i7-10750H
2902
Core i7-9750H
2767
Ryzen 5 5500U
2707
Ryzen 7 4700U
2643
Core i7-1195G7
2206
Core i7-1165G7
2131
Core i5-10300H
2152
Ryzen 3 5300U
2053
Core i5-1135G7
1998
Ryzen 5 4500U
1995
Core i5-9300H
1696
Core i7-1065G7
1668
Core i7-10510U
1520
Ryzen 3 4300U
1403
Core i5-1035G4
1345
Core i3-1115G4
1028
Celeron N4120
405
スコア(CINEBENCH R20)
黄色:富士通LIFEBOOK AHシリーズで選択できるCPU


Core i5-1135G7以上のCPUを選べば、とても快適に使うことができるでしょう。最近のノートパソコンによく搭載されているCPUで、高い性能を発揮します。

Core i7-10510Uは一世代前のCPUですが、インターネットやOfficeソフトを使ったレポートや書類作成など、一般的な用途で使う分には問題なく使うことが可能です。

メモリは4GB~32GBまで選ぶことができます。8GB以上のメモリを選ぶとデュアルチャネルとなっていて、とてもしっかりと性能を発揮することができます。複数の作業を同時に行うためにも、メモリは8GB以上がおすすめです。

ストレージはSSDを搭載しています。また、ハードディスクも同時に搭載することができ、SSD + ハードディスクというデュアルストレージ構成にすることが可能です。データをたっぷり保存したい方は、この構成を検討してみてください。

光学ドライブはすべてのモデルに搭載されています。DVDドライブ、またはブルーレイドライブを選択することが可能です。


文系はネットやメール、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などのライトな作業が中心になることが多いので、Core i3-1115G4やCore i7-10510UなどのCPUでメモリ8GBを選択するので大丈夫でしょう。できれば、CPUはCore i5-1135G7やRyzen 3 5300U以上を選択しておくと、長く快適に使い続けられます。

理系の場合は、負荷のかかる処理を行うことが多いので、CPUはCore i5-1135G7やRyzen 3 5300U以上、メモリ8GB以上を選択しておくのが良いです。


以下はCPUとストレージ、グラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


CPUのベンチマーク


CINEBENCH R15とR20という2つのソフトを用いて、CPUの性能を計測しました。それぞれ、2206 pts、5339 ptsという高いスコアが得られました。とても高い性能です。高速な動作が可能です。問題なく使えるでしょう。







ストレージのベンチマーク


SSDの速度を測定しました。十分な速度が出ています。快適に使えるでしょう。





グラフィックスのベンチマーク


8GBのメモリですがデュアルチャネルとなっているので、グラフィックスの性能がしっかりと発揮されています。良いパフォーマンスです。








各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。


ベンチマーク 評価対象 スコア
Fire Strike DirectX 11 3591
Sky Diver DirectX 11 14104




外観


LIFEBOOK AHシリーズの外観を確認してみましょう。今回は、フルHD液晶搭載モデルであるLIFEBOOK WA3/F3を使用していますが、各モデルでカラー以外の外観はほぼ同じですので、参考にしてみてください。

カラーはメタリックブルーになります。

まず、天板を閉じたところです。落ち着いた感じのブルーです。ツヤツヤと光沢感があります。







ディスプレイのフレームがスリムになっていて、スッキリとしたデザインです。












幅いっぱいにキーボードが広がっていて、各キーに十分な大きさがあります。色合いも良い感じです。
















底面です。




ACアダプターです。コンパクトな形状で使いやすいです。




本体左側面です。




右側面です。




手前側です。




背面側です。





まとめ


LIFEBOOK AHシリーズは15.6インチのゆったり広い画面で快適に作業ができるノートパソコンです。頻繁に持ち運びはせず、自宅など1か所でじっくり使うことを考えている人におすすめです。性能も十分ですので、しっかり使うことができます。

インターネットをしたり動画を見るなども快適にゆったりとした気分でできると思います。メーカー保証期間も3年あります。さらに初心者にも安心の機能が搭載されているので、困ったときに役立つでしょう。


当サイト特別クーポンを利用すると、一般割引からさらに割引された価格で購入することができます使い方はこちら)。


特別クーポンコード: SPLSJ


LIFEBOOK WA3/F3(フルHD液晶)

割引率:一般割引(21% OFF)からさらに4% OFF

詳細はこちら → LIFEBOOK WA3/F3 (直販サイト)



LIFEBOOK WAB/F3 (AMD CPU搭載モデル)

割引率:一般割引(17% OFF)からさらに4% OFF

詳細はこちら → LIFEBOOK WAB/F3(直販サイト)



LIFEBOOK WA2/F3 (HD液晶モデル)

割引率:一般割引(19% OFF)からさらに4% OFF

詳細はこちら → LIFEBOOK WA2/F3 (直販サイト)



LIFEBOOK WA-X/F1 (4K有機EL液晶モデル)

割引率:一般割引(25% OFF)からさらに5% OFF

詳細はこちら → LIFEBOOK WA-X/F1 (直販サイト)





富士通 LIFEBOOK WU2/E3

1kgを切る超軽量ノートPC。CPUやメモリの性能も高く、スッキリと快適に使えます。

レビュー → LIFEBOOK WU2/E3レビュー



富士通 LIFEBOOK CHシリーズ

性能の高いCPUを搭載し、持ち運びにも便利な軽さのノートパソコン。スタイリッシュなデザインで学生に人気のモデルです。

レビュー → LIFEBOOK CHレビュー



富士通 FMV Chromebookシリーズ

2台目のPCや大学への持ち運び専用PCとして最適なパソコン。

レビュー → FMV Chromebookレビュー





関連記事    

1.大学生におすすめのノートパソコン
2.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
3.富士通LIFEBOOKは大学生に最適なノートパソコン







▲ このページの上部へ戻る