Microsoft Surface製品は大学生が使いやすいノートPC


MicrosoftのSurfaceシリーズは、持ち運びがしやすいノートPCで大学生が使いやすい製品です。


タブレットとしてもノートパソコンとしても使えるSurface ProやSurface Go、高性能なノートパソコンであるSurface Laptop、そしてグラフィックス機能が強化されたSurface Bookがラインナップされています。


また、Microsoftの直販サイトでは学生やその親、教師を対象に特別価格で購入できるという点も大きな魅力です。


このページでは、大学生にとって使いやすいおすすめのMicrosoft社のSurface製品をご紹介したいと思います。


目次





  

使いやすい大きさでタブレットにもなる人気のSurface Pro 6




Surface Pro 6は12.3インチの大きさがあり、タブレットとして使うこともできますし、専用のキーボードを取りつけるとノートパソコンとしても使うことができる便利なパソコンです。キーボードはマグネット式になっていて、ディスプレイに近づけるだけで簡単に結合でき、また、引っ張るだけで簡単に取り外すことができます。


高い性能を持っていて、ネットやメール、レポート作成はもちろんのこと、幅広い作業に使うことができます。文系でも理系でも十分な性能を持っています。標準でMicrosoft Office Home and Businessがインストールされているため、WordやExcel、PowerPointなどを使って、書類・レポートを作成することができます。


文系も理系もCPUにCore i5、メモリ8GBを選択するとスタンダードな構成になり、快適に使うことができます。理系は負荷のかかる処理が多いので、余裕があればCPUをCore i7やメモリを16GBにしてみると安心です。


USBポートなどのインターフェースはやや不足気味です。USBポートは1つしかありません。プレゼンに使えるHDMIポートはなく、かわりにmini Displayportが搭載されています。必要であればUSBポートに挿して、追加のUSBポートやHDMIポートなどが使えるようになるアダプターをAmazonなどで購入すると良いでしょう。2,000~3,000円程度で購入することができます。


専用のキーボードはタイプカバーと呼ばれ、別売りになっています。4色から選ぶことができます。素敵なカラーが用意されているので、若者らしいノートパソコンとして使うことができるでしょう。


Microsoftの直販サイトでは学生や親、教師を対象に、特別価格で購入することができます。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home  / Pro
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
 インターフェース フルサイズUSBポート × 1
microSDカードスロット × 1
Mini DisplayPort × 1
Surface Connect × 1 
 サイズ 12.3インチ 
重さ 本体:約 770グラム(CPUにCore i5選択時)
本体:約 784グラム(CPUにCore i7選択時)
タイプカバー: 310グラム
 タイプカバーのカラー プラチナ / バーカンディ / ブラック / コバルトブルー


詳細はこちら → Surface Pro 6 icon(直販サイト)


詳細はこちら → Surface Pro 6 (Amazon)


レビューはこちら → Surface Proレビュー



前モデル(第5世代)のSurface ProはSIMカードを挿すことができ、LTEで通信することができます。いつでもどこでもインターネットに接続したいという方は検討してみてください。

レビューはこちら → Surface Pro第5世代レビュー





  

キーボードつきで1kgを切る小型軽量タブレットPCのSurface Go




Suface Goは10インチの大きさで、Surface Pro 6をさらに軽量・小型化したものになります。ちょうどiPadのWindows版といってもいいです。タブレットとして使うことができるだけでなく、キーボードを取り付ければノートパソコンとしても使うことができます。


ノートパソコンとして使いたい人以外にも、Windowsタブレットが欲しい方にも良い選択肢になると思います。


タブレットだけだと重さは522グラム、キーボードを取り付けても765グラム程度になり、とても軽くて持ち運びしやすいです。


ただ、性能的にはそれほど高くはありません。インターネットやSNS、メール送受信、レポート作成などの軽い作業であれば軽快に動作します。重い処理には向いていません。


また、データを保存するためのストレージ容量もそれほど多くはありません。最大で128GBまでとなっています。


どちらかというとライトな使い方が中心となる文系向きのPCといえます。10インチの大きさはやや小型ですので、ノートパソコンとして使う場合、手が大きい男性にはやや窮屈に感じるかもしれません。


ただ、Windowsタブレットとして見ると非常に使い勝手が良いです。iPadと同等の大きさですので、タブレットとして使いたいという希望を満たしてくれると思います。


Microsoftの直販サイトでは学生や親、教師を対象に、特別価格で購入することができます。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home 
 CPU Intel Pentium Gold 4415Y
メモリ 4GB   8GB
ストレージ eMMC 64GB SSD 128GB 
 インターフェース USB Type-Cポート × 1
microSDカードスロット × 1
Surface Connect × 1 
 サイズ 10インチ 
 重さ タブレット:522グラム
タイプカバー:243グラム 
 タイプカバーのカラー プラチナ / バーカンディ / ブラック / コバルトブルー


詳細はこちら →  Surface Go icon(直販サイト)


詳細はこちら →  Surface Go (Amazon)


レビューはこちら → Surface Goレビュー







  

ノートPCとして普通に使いたいならSurface Laptop2





Surface Pro 6やSurface Goはキーボードとディスプレイが分離するタイプのパソコンでしたが、タブレットとして使う必要はなく、普通にノートパソコンとして使いたいという人も多いでしょう。そのような方に最適なのがSurface Laptop2です。


性能はとても高く、幅広い作業を軽快にこなしてくれます。文系であっても理系であっても、サクサクと動作する環境が手に入ります。


重さは約1.2kg程度で、薄くて軽く持ち運びに便利です。13.5インチの大きさがあり、見やすくて作業もしやすいでしょう。


標準でMicrosoft Office Home and Businessがインストールされているため、WordやExcel、PowerPointなどを使って、書類・レポートを作成することができます。


ただ、USBポートなどのインターフェースはやや不足気味です。USBポートは1つしかありません。プレゼンに使えるHDMIポートはなく、かわりにmini Displayportが搭載されています。必要であればUSBポートに挿して、追加のUSBポートやHDMIポート、SDカードスロットなどが使えるようになるアダプターをAmazonなどで購入すると良いでしょう。2,000~3,000円程度で購入することができます。


文系も理系もCPUにCore i5、メモリ8GBを選択するとスタンダードな構成になり、快適に使うことができます。理系は負荷のかかる処理が多いので、余裕があればCPUをCore i7やメモリを16GBにしてみると安心です。


Microsoftの直販サイトでは学生や親、教師を対象に、特別価格で購入することができます。


[主な仕様]
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
 インターフェース フルサイズUSBポート × 1
Mini DisplayPort × 1
Surface Connect × 1 
 サイズ 13.5インチ 
 重さ CPUにCore i5選択時:約1.25kg
CPUにCore i7選択時:約1.28kg
 カラー プラチナ / バーカンディ / ブラック / コバルトブルー



詳細はこちら →  Surface Laptop2 (Amazon)


詳細はこちら →  Surface Laptop2(直販サイト)


レビューはこちら → Surface Laptopレビュー







  

デザインやグラフィック処理、CADなどの作業に使いたいならSurface Book 2




Surface Book2は、Surface製品の中で最も強力な性能を持ったノートパソコンです。


高い性能を持つCPUにくわえて、グラフィックス機能が強化されています。そのため、GPUの性能を使った作業が多いデザインやグラフィック系の学生、またはCADなどのソフトを使用する工学系の学生に向いているといえます。


13.5インチと15インチの2モデルが用意されています。13インチのモデルにはNVIDIA GeForce GTX 1050が搭載され、15インチのモデルにはNVIDIA GeForce GTX 1060が搭載されます。ただし、両モデルとも、CPUにCore i7を選択したときのみGeForceが搭載されますのでご注意ください。


Microsoftの直販サイトでは学生や親、教師を対象に、特別価格で購入することができます。



[主な仕様]
 OS Windows 10 Pro
 CPU Core i5 / Core i7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
 グラフィックス Intel HD Graphics 620 (13.5インチでCore i5選択時)
 NVIDIA GeForce GTX 1050(13.5インチでCore i7選択時)
 NVIDIA GeForce GTX 1060(15インチでCore i7選択時)
 インターフェース フルサイズUSBポート × 2
USB Type-Cポート × 1
フルサイズSDカードスロット × 1
Surface Connect × 1 
 サイズ 13.5インチ / 15インチ
 重さ 13.5インチでCPUにCore i5選択時:約1.53kg
13.5インチでCPUにCore i7選択時:約1.64kg
15インチでCPUにCore i7選択時:約1.90kg
 カラー シルバー



詳細はこちら →  Microsoft Surface Book 2 (直販サイト)


詳細はこちら → Microsoft Surface Book 2 (Amazon)


レビューはこちら → Surface Bookレビュー





関連記事    

1.大学生のおすすめのノートパソコン
2.薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン
3.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能





過去の製品    

1.Surface Pro 第5世代
2.Surface Pro 4
3.Surface Pro 3



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る