Macノートパソコンを購入するときに注意すること


Macのノートパソコンは性能が良いことに加えてスタイリッシュなデザインで、薄くて軽く、持ち運びにも便利なのでとても人気があります。みんなが買っているからという理由で気軽に購入してしまうかもしれませんが、実は購入前に知っておいた方がいいことがいくつかあります。



学生や教職員は特別価格でMacを購入できる


一般的にMacの割引はほとんど行われません。というのも、Appleが全くと言っていいほど値下げをしないので、Macを販売するお店も割引をすることができないみたいです。

しかし、あまり知っている人が少ないのですが、学生や学校の教職員に関しては、特別価格が適用されて、通常よりも安く買うことができます。量販店で普通に買うよりも断然お得です。Macのパソコンがほしい人は下のリンクをたどって特別価格でMacを購入してみてください。


詳細はこちら → 学生・教職員向けストア (Apple公式サイト)





2020年11月登場の新型MacはCPUがこれまでとは大きく異なるので、ソフトウェアの動作に注意が必要


これまでMacbook AirとMacbook Proには、CPUとしてインテル製のCore iシリーズが搭載されていました。Core i5やCore i7など、Windows PCにもよく搭載されているものです。

しかし、2020年11月に新しく発表されたMacノート製品(Macbook Air、Macbook Pro)では、CPUが全面刷新され、Appleが自社開発したAppleシリコンと呼ばれるApple M1プロセッサを搭載するようになりました。

これによって、従来製品よりもCPUは最大3.5倍高速になり、性能が大きく向上しています。




一方で、CPUが変わってしまったので、ソフトウェアが正常に動作するかどうかに注意を払う必要があります。

一応、これまでインテル製のCPUで動くように作られていたソフトウェアについては、新型Macに搭載されている「Rosetta 2」と呼ばれる機能によって、自動的にプログラムを変換して動くような仕組みが備わっています。

ただ、変換機能があるとはいえ、CPUが全面的に刷新されたため、これまで動作していたアプリケーションが動かなくなる可能性があります。これまでMacで使っていたソフトを新製品でも続けて使いたい場合には注意が必要です。


2021年3月の時点で、M1プロセッサに正式に対応したメジャーな製品としては主に以下のものがあります。

・Safari、iMovie、Pages、KeynoteなどのApple製アプリ
・Microsoft Office
・Adobe Lightroom
・Zoom
・Chrome
・ウイルスバスター
・ノートン


レポートや書類作成に必要なMicrosoft Office製品や、オンライン授業で使われることが多いビデオ通話ソフトであるZoomが対応しているのはうれしいですね。安心して使うことができます。

当然かもしれませんが、SafariやiMovie、Pages、KeynoteなどのApple製のアプリは問題なく動作します。

ブラウザのChromeも正式に対応しています。ChromeとSafariがM1チップに対応しているので、インターネットは全く問題なく使うことができます。


現在のところ、ソフトウェアメーカー各社は、このApple M1プロセッサ上で正常に動作するように対応中のところが多いです。

例として、Adobe Photoshopは2021年の初めに対応する予定だということです。また、セキュリティソフトは現状ウイルスバスターとノートンがAppleシリコンに対応していることが明記されていますが、それ以外のセキュリティソフトについてはまだ不明です。

メジャーな製品だと比較的対応が早いと思われますが、製品によっては対応が遅れることも考えられます。ただ、遅かれ早かれ、いずれはApple M1プロセッサに対応していくと思いますので、全く問題なく使えるようになるのは時間の問題でしょう。

現状では、パソコンの使用用途として、インターネットやメール、SNS、動画鑑賞、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などの作業が多いのであれば、Apple M1チップに対応した製品を使えるので、新型Macbook AirやMacbook Proを使っても問題ないことが多いでしょう。

それ以外の場合でも、Rosetta2を利用して新型Mac上でも使えるので問題ないことが多いです。もし、新Macbook AirやProが欲しい場合には、使いたいソフトの対応状況を事前に確認しておくのが確実です。






MacでWindowsを動かすことはできなくなった


「MacだからWindowsを動かせないのは当たり前じゃないの?」と思われるかもしれませんが、これまでのMacではBoot Campという機能を使うことでWindowsを実行することができていました。

Macであっても、いざというときにWindowsが使えるという安心感がありました。
また、MacよりもWindowsで動くソフトウェアの方が圧倒的に多いので、Macで使えないソフトを使うためにWindowsを入れているという人が多くいます。

しかし、2020年11月に登場した新型のMacbook AirとMacbook Proでは、上述したようにインテル製のCPUが刷新され、Appleが自社開発したAppleシリコンが搭載されるようになったため、これらの新型MacではWindowsをインストールして実行することができません。

もし、MacでWindowsを使いたいと考えている人にとっては注意が必要です。






後からメモリを増設することはできない


以前であればMacのノートパソコンは後からメモリを増設することができましたが、最近のMacのノートパソコンはそれができなくなっています。

どういうことかというと、パソコンを使っていてなんだか重たくなってきたな、処理が遅くなってきたなと感じたときに、以前なら4GB→8GBというようにメモリを買い足して快適にすることができたのですが、最近Macのノートパソコンはそれができなくなっています。どうやら基盤に直接メモリが固定されているようで、付け外しができません。


MacのノートPCにはMacBook AirとMacBook Proの2種類がありますが、すべてメモリの増設ができません。購入時に先を見越してあらかじめ多めのメモリを積んだものを買っておかないと、長く使い続けることができなくなってしまいます。






Macでもレポートの作成に必要なWordやExcelなどのOffice製品を使うことができる


大学の講義で課されるレポートの作成はWordやExcelで作成します。WordやExcelが入っているOfficeの製品はMicrosoft社製なので、Windowsでしか使えないのではと思われるかもしれませんが、Mac版のOfficeが販売されていますのでMacのノートパソコンでも使うことができます。

Windows版のOfficeとMac版のOfficeの互換性もほとんど問題ありません。よほど凝った機能を使わない限り、両方のパソコンで開いて扱うことができます。

もう実際に10年以上MacユーザーやWindowsユーザーとWordやExcel、PowerPointなどで作成された書類をやりとりしていますが、開けなくて困ったということは一度もありません。Macだからといって、レポート作成に支障が出るということはないので安心してもらえればと思います。

2020年11月に登場した新型Macbook AirとMacbook Proでは、CPUが全面刷新されAppleシリコンが搭載されるようになりましたが、新CPUに対応していて問題なく動作するようです。






DVDドライブ(光学ドライブ)はついていない


2016年10月に最新のMacbook Proが出るまでは、Macbook Proの一部の製品に光学ドライブが搭載されていました。

しかし、2016年10月にMacbook Proの最新モデルが発表されて以降、Macのノートパソコンからは光学ドライブが搭載されなくなりました。MacのノートパソコンのMacBook AirならびにMacBook Proには、CDやDVDを入れるための光学ドライブが搭載されていません。ノートパソコンはどんどん薄型・軽量化される方向で進んでいます。


光学ドライブがないと、CDやDVDからソフトウェアをインストールしたり、CDやDVDに入った音楽や動画をパソコンで楽しもうとするときに不便に感じるかもしれません。逆にiTunesなどで音楽や動画をすべて管理するのであれば、特に不便は感じないと思います。


このため、CDやDVDなどを使用する場合には、別途外付けの光学ドライブを購入する必要があります。


ただ、光学ドライブが搭載されているノートパソコンはいざというときにCDやDVDが使えるという安心感がありますが、実際ノートPCを使い始めると意外と光学ドライブを使う機会というのは少ないものです。ソフトウェアを購入してインストールしたら後は全く光学ドライブを使わない、ということもよくあります。


最近はソフトウェアのダウンロード販売も多く、セキュリティソフトやWordやExcelなどのOffice製品もダウンロードして購入することができます。光学ドライブを使う機会は減って来ていることも事実です。







周辺機器との接続に必要なインターフェースはシンプル 有線LANポートやHDMIポートが必要な場合はアダプターで対応しよう


最近は無線LAN(WiFi)がとても普及しているので、インターネットの接続は無線LANがあれば大丈夫なことが多いです。


AppleのMac製品もその流れに沿っていて、MacBook AirならびにMacBook Pro、Macbookのすべての製品は、インターネットに接続するために無線LANを用います。

LANケーブルを接続するための有線LANポートは搭載されていません。


また、プレゼンなどでノートパソコンを使ってプロジェクターに映す場合に必要なのが、HDMIなどの外部出力機能です。よく使われるのはHDMIポートですが、MacBook Air、MacBook ProともにHDMIポートは搭載されていません。


Macbook AirとMacbook Proでは、周辺機器との接続に必要なインターフェースはとてもシンプルです。下の写真のように、USB Type-Cポートとヘッドフォンジャックがあるだけです。標準サイズのUSBポートもありません。




では、HDMIポートや有線LAN、標準サイズのUSBポートを使いたいというような場合はどうしたらいいのか?と心配になるかもしれませんが、その場合はアダプターと呼ばれるものを接続すれば使うことができるようになります。


以下の写真のように、1つのアダプターにUSBポートや有線LAN、HDMIポートなどが搭載されていて、USB Type-Cポートに接続するだけで使えるようになります。


USB Type-Cポートに接続して、標準サイズのUSBポートや有線LANポート、HDMIポート、SDカードスロットなどが使えるようになるアダプター。


手のひらサイズですので、場所もとりませんし、100g程度の重さでとても軽いです。他にも、HDMIポートだけのアダプターや、有線LANポートだけのアダプターなどもあります。プレゼンだけに使えればいい、LANケーブルが挿せるだけで良いというような方にも最適です。


USB Type-Cポートに接続して、HDMIポートが使えるようになるアダプター(左)。同じく有線LANポートに変換するアダプター(右)。


詳細はこちら   USB Type-Cアダプター



また、Apple公式サイトでも同様の純正アダプターが購入できます。たとえば、下のUSB-C Digital AV Multiportアダプタなどが販売されています。下の写真ではVGAポートが利用できるようになっていますが、HDMIポートを搭載したものも販売されています。




購入する際は、接続するポートの種類に注意してください。USB Type-Cポートに接続するタイプのアダプターを購入すれば大丈夫です。





パワフルな性能で静かに使えるMacbook Air




最新のMacbook Airには、Appleシリコンと呼ばれるApple M1チップが搭載されるようになり、インテル製のCPUを搭載した前モデルよりも大幅に性能がアップしています。

インターネットやメール、レポート作成といった作業だけでなく、幅広い用途に使うことができ、非常に快適に動作するでしょう。

Macbook AirにはPC内部の熱を冷やすファンが搭載されていません。そのため、非常に静かに使うことができます。

Apple M1チップのパフォーマンスは熱の影響を受けやすいです。Macbook Airにはファンが搭載されていないため、長時間高い負荷がかかるような作業をしているとパフォーマンスが落ちてくる場合があります。もし、このような高い負荷がかかる作業をすることを考えている場合には、ファンが搭載されているMacbook Proを選択すると良いでしょう。

それほど高い負荷がかからないような作業をするのであれば、Macbook Airはとても快適に使うことができるでしょう。

Apple公式サイトにおいて、学生や教職員の方は特別価格で購入できます。


詳細はこちら → 学生・教職員向けストア (Apple公式サイト)


詳細はこちら → MacBook Air  (Apple公式サイト)


レビューはこちら → Macbook Airレビュー






Macbook Proは長時間の高い負荷作業に使える





Macbook Proには13インチと16インチのものがラインナップされています。主な仕様は以下のようになっています。


  13インチ 16インチ
OS Mac OSX Big Sur
Touch Bar
Touch ID
CPU M1 Core i7 / Core i9
メモリー 8GB / 16GB  16GB / 32GB / 64GB
ストレージ SSD 256GB
/ 512GB / 1TB / 2TB
SSD 256GB / 512GB /
1TB / 2TB / 4TB / 8TB
グラフィックス Radeon Pro 
 キーボード 日本語 / 英語 / 中国語 / 韓国語 / スペイン語 



Macbook Proの13インチモデルは、新しいプロセッサであるAppleシリコン(Apple M1チップ)を搭載しています。一方で16インチモデルでは、インテル製のCore i7またはCore i9となっています。

新しくなった13インチMacbook ProのCPUは、新モデルのMacbook Airのものと同じです。Macbook Airとの違いは、Macbook Proではパソコン内部の熱を冷やすことができるファンが搭載されているということです。

Appleシリコンは熱の影響を受けやすいため、クリエイティブな作業を長時間行う場合など、負荷がかかる作業を多く行う場合は、CPUのパフォーマンスが維持されるMacbook Proが適しています。


16インチモデルではCPUがCore iシリーズとなりますが高速に動作します。しかも、メモリは最大で64GBまで搭載できますし、ストレージも最大8TBまで搭載できるようになっています。グラフィック性能も高く、非常にスペックが高いのが特徴です。

16インチモデルでは画面が広いので見やすくなり、作業がしやすいというのもメリットです。プログラミングやデザイン・イラスト制作などのクリエイティブな作業を行う人にとっては、作業のしやすい環境になるでしょう。

理系でもより高度な使い方をしたい人であったり、クリエイティブ系の作業をしたい人であれば、Macbook Proを検討してみてください。

Apple公式サイトにおいて、学生や教職員の方は特別価格で購入できます。


詳細はこちら → 学生・教職員向けストア (Apple公式サイト)


詳細はこちら → Macbook Pro (Apple公式サイト)


レビューはこちら → Macbook Proレビュー(前モデル)







関連記事    

1.MacBook Air13インチレビュー
2.MacBook Proのレビュー
3.大学生のノートパソコンはWindowsかMacか?
4.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
5.大学生のノートパソコンに最適なCPUは何?
6.大学生のノートパソコンのメモリ容量の選び方
7.大学生のノートパソコンのサイズは何インチが最適?
8.Macユーザーが多い大学の研究室
9.SSDとハードディスクの違いは何?



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る