富士通LIFEBOOK WU2/C2のレビュー 大学生活に便利 軽くて丈夫なノートPC


富士通LIFEBOOK WU2/C2は高性能で、非常に軽量なノートパソコンです。そして、非常に頑丈な作りをしていて、且つ有線LANや指紋認証機能も搭載しているなど、インターフェースやセキュリティにも配慮が行き届いています。ここでは、LIFEBOOK WU2/C2のレビューをご紹介します。





当サイト特別クーポンです。下のリンクから購入する際、このクーポンコードを入力すると23% OFFになります。

特別クーポンコード: GRM117LSJ

詳細はこちら → LIFEBOOK WU2/C3(直販サイト)





高性能なうえに、1kgを切るとても軽いノートPC


富士通のLIFEBOOK WU2/C2は、非常に高性能なノートパソコンです。CPUはCore i3 / i5 / i7から選ぶことができ、メモリは4GB/8GB/12GB/20GBを選択することができます。メモリを最大で20GB積むことができ、非常に高速に動作させることが可能になります。


ストレージがSSDを搭載していることもあり、パソコン本体の起動時間は非常に速いですし、アプリケーションの起動や読み込みも軽快です。高速な処理速度があるので、ストレスを感じません。インターネットでホームページを見たり画像や動画を楽しむことはもちろんのこと、メールの送受信や大学の講義で必要となるレポートを作成するのもサクサク動きます。大学生活を送るうえで必要となる性能を十分に満たしたノートパソコンです。



そして、もう一つの大きな特徴が、その軽さになります。LIFEBOOK WU2/C2を実際に触ってみると、びっくりするぐらい軽いです。下の写真のように、片手でも軽々持ち上げられます。





大きさは13.3インチで、A4ノートとほぼ同じサイズです。ノートや教科書と一緒に持ち運んでも違和感がありません。






カバンの中に入れて出かけても、一瞬忘れたと思って焦りそうなくらいの軽さです。重さはタッチパネルの有無とバッテリーの組み合わせによって変わりますが、790g~となっていて非常に軽量です。女子大学生がカバンに入れて持ち運ぶことがあっても楽々運べそうです。






薄くて軽くても、とても丈夫


軽くて薄いと気になるのは丈夫さです。しかし、持ち運び時の衝撃や振動から守るために、約200kgfの天板全面加圧試験や、机の上から落ちた場合を想定した約76cmの落下試験を実施しているようで、非常に丈夫な作りになっています。


実際に、下の写真のようにパソコンの上に乗っても問題なく動作していました。とても丈夫にできています。





実際の品質評価試験の模様を動画でご紹介します。このような衝撃を加えても大丈夫なように作られています。

  




インターネットには有線LANでも無線LANでも接続できる


持ち運びに便利なノートパソコンは軽量化のために機能が犠牲になる場合が多いのですが、LIFEBOOK WU2/C2は充実したインターフェースを搭載しています。


特にうれしいのが、有線LANを搭載していることです。無線LANが普及しているとはいえ、有線LANが使える方が格段に利便性があります。普段は下の写真のようにパソコンの側面にすっきりと位置していますが、実際に使用する場合には、下の写真のように、このポートを引き出してLANケーブルを挿入する形になります。





有線LANポートを使用しているところです。手前に引き出すことで使用できるようになります。有線LANポートがうまく折りたたまれているため、薄いボディでありつつも有線LANが使える利便性を実現できています。




もちろん、無線LANでもインターネットに接続できますので、環境に応じて使い分けることができます。自宅では有線LANでインターネットをして、大学やカフェではWiFiで接続するというような使い方ができます。






レポートや卒論作成に便利なOfficeを選択可能


大学生になったときにパソコンを必ず使わなければいけない場面として大きいのが、講義のレポートと卒論の作成です。これらの作成に必要になるのが、Officeと呼ばれるソフトです。特にOfficeの中に含まれているWord、Excel、PowerPointは必須になります。

Wordはレポート本文の作成や表・グラフの貼り付けに、Excelは数値データの入力と計算、グラフの作成に使われます。そして、PowerPointはプレゼン資料の作成に用いられます。

Office製品にはいくつか種類がありますが、レポートや卒論作成に必要となるWordやExcel、PowerPointが入ったOffice Home and Business Premiumを選択することができますので、購入後すぐに使い始められます。




打ちやすいキーボード


LIFEBOOK WU2/C2は、通常の日本語配列かな表記ありキーボードと、日本語配列かな表記なしキーボードを選択することが可能です。日本語配列かな表記あり/なしの違いは、下で説明しているように、日本語の仮名が表示されているかどうかの違いだけです。それ以外は全く同じように使用することが可能です。


日本語表記ありのキーボードでは、下の写真のようにアルファベットキーや数字キーに日本語の仮名が表示されています。





キーボードを拡大したところです。





日本語表記なしのキーボードは、アルファベットや数字キーに日本語の仮名文字がありません。少しだけ違和感を感じそうですが、普段ローマ字入力をしている人であれば問題なく使えます。





アルファベットキーなどには日本語表記はされていませんが、もちろん日本語を入力することが可能です。全角と半角の切り替えの部分は日本語表記がされていてわかりやすいです。





他には変換・無変換ボタン、カタカナ・ひらがな・ローマ字ボタンに日本語表記がされています。この辺りは一般的なキーボードと同じです。





キーボードの拡大写真です。キーとキーの間隔(キーピッチ)は約19mmで、キーを押したときの深さ(キーストローク)は1.5mmで標準的です。前モデルよりもキーの打ちやすさが改善したように思います。





タッチパッドです。1本指で操作すると、マウスカーソルが移動できます。二本指で操作するとページのスクロールができます。スマホの操作のように二本指でピンチ操作をすると拡大・縮小ができます。マウスがなくても、これ1つでとても便利に操作できます。








プレゼンに便利なHDMIポート搭載


大学生になるとゼミや研究室で発表することも増えます。プレゼンテーションを行うためにはパソコンからプロジェクターやモニターに出力する必要があります。


LIFEBOOK WU2/C2にはHDMIポートが搭載されているので、プレゼンにも問題なく対応できます。LIFEBOOK WU2/C2を使って自宅でワードやパワーポイントの資料を作り、大学に持って行ってプロジェクターにつなげばすぐにプレゼンができます。





また、最近の液晶テレビはHDMIポートが搭載されていますので、パソコンの画面を自宅のTVにつないで見ることもできます。ネット上の動画を大画面で見たいような場合などに役に立ちます。






レポートの作成や学習に役立つ電子辞書を搭載


大学の講義ではいろいろなレポートを提出する必要があります。専門科目だけでなく、一般教養や英語などのレポートもあります。4年生の時には卒業論文をまとめる必要があります。


わからない言葉やうまい表現が見つからない場合には、広辞苑や国語辞典、英語辞書などの辞書があると便利です。レポートの中身をより良いものに昇華してくれます。


LIFEBOOK WU2/C2には下の写真のように、広辞苑や国語・漢字辞典、英和・和英、和英中辞典が標準で搭載されています。辞書を1冊買うだけでも結構かさばって場所をとりますが、パソコンの中に入っているので置き場所にも困りません。











セキュリティと利便性を高めてくれる指紋センサー搭載


LIFEBOOK WU2/C2には指紋センサーも搭載されています。外に持ち出した時には他人によって勝手に使用されたり、盗難にあう危険性がありますが、指紋認証機能が使えることで自分だけしか使えないようになり、パソコンを守ることができます。


自宅に置いている場合でも家族に勝手に見られたり、友達が遊びに来たときに見られることも防ぐことができます。


また、パスワードを入力する代わりに指紋認証で代用できますので、操作が簡単になるのもメリットです。








3年のメーカー保証とセキュリティソフト搭載で安心


パソコンのメーカー保証は通常1年のことが多いですが、LIFEBOOK WU2/C2は標準で3年もあります。この間に万が一何か起こったとしても、保証が効くので安心です。


また、パソコンを使う場合はウィルスなどセキュリティにも気をつけなければなりませんが、標準で3年版のマカフィーのセキュリティソフトがインストールされています。


大学生活の4分の3をカバーしてくれる内容で安心できます。




性能と仕様


LIFEBOOK WU2/C2の性能と仕様は以下のようになっています。赤字は特徴的な部分です。

OS  Windows 10 Home / Pro 
CPU Core i3-7130U
Core i5-8250U
Core i7-8550U
メモリー  4GB / 8GB / 12GB / 20GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB
 ディスプレイ フルHD ノングレア液晶(タッチ非対応)/
フルHD スーパーファイン液晶(タッチ対応)
サイズ 13.3インチ
重さ 約790g~
バッテリー持続時間 約8.3時間(25Whバッテリー)
約17時間(50Whバッテリー)
無線LAN
有線LAN
光学ドライブ
SDカードスロット  ○
USBポート 3つ 
HDMI端子
 セキュリティ
ソフト
マカフィー リブセーフ3年版
 保証期間 3年
有償で5年まで延長可 
 カラー サテンレッド
ピクトブラック 
アーバンホワイト


PCの重さはバッテリーの組み合わせによって変わります。 25Whバッテリーだと790g、50Whバッテリーだと916gになります。大容量バッテリーにすると重さが910g程度まで増えますが、それでも1kgを切る軽さです。大容量バッテリーにすると、その分バッテリー持続時間が長くなります。外出先でACアダプタを使わずに、長くパソコンを使いたい場合には大容量バッテリーを検討してみてください。

文系の方はインターネット、メール、レポート作成が中心となることが多いので、Core i3、メモリ4GB、SSD 128GBもしくは256GBがおすすめです。色々なデータを保存する場合に備えてSSDの容量を多くしておくと、データが増えたときにも安心です。メモリを8GB以上にしておくと、より長く快適に使い続けられます。


理系の方はインターネット、メール、レポート作成に加えて、実験や実習、卒業研究などでノートパソコンを使う機会があります。負荷のかかる処理や複数の処理を同時に行うこともあるため、Core i5、メモリ8GBの組み合わせがおすすめです。余裕があればCore i7でメモリ8GBの組み合わせにすると確実です。高性能な構成になって重い処理でも高速に実行できるようになります。ストレージは256GBあれば大丈夫でしょう。


セキュリティソフトが標準で3年版のものがインストールされていることに加え、メーカー保証が標準で3年もあるので安心です。




外観の確認


LIFEBOOK WU2/C2の外観をチェックしてみましょう。ここでは、カラーがピクトブラックのものとサテンレッドの2種類についてご紹介します。

まず、天板を閉じたところです。





斜めから見たところです。薄くてスッキリしています。













天板を開いた際、顔の正面に位置する場所にWEBカメラも搭載されています。











ディスプレイは下の写真の角度まで開きます。




キーボードです(日本語かな表記なしのキーボード)。






右側面部です。有線LANポート、USB3ポート×1、フルサイズのSDカードスロットが搭載されています。




左側面部です。電源、HDMIポート、USB3ポート×1、USB-Cポート×1、ヘッドフォンジャックが搭載されています。通常のUSB3ポートに加えて、USB-Cポートもあるので、いろいろな周辺機器に対応できます。




手前部分です。




背面部分です。






続いてサテンレッドのものをご紹介します。

















キーボードです(この場合は日本かな表記ありキーボード)。
















まとめ


LIFEBOOK WU2/C2は非常に軽量なノートパソコンです。軽いのにもかかわらず、ボディはとても丈夫で、安心して使うことができます。気軽に持ち運べるので、部屋の中で移動して使ったり、自宅内の色々な場所で使えて便利そうです。大学に持っていくのも気軽にできそうです。


光学ドライブは搭載されていませんが、有線LANもHDMIポートもあり、またUSBポートが3つもあるので、困ることはなさそうです。性能も高く、大学での授業や4年生進級時の卒論準備にも使えますし、自宅でのプライベート使用でも快適に使えます。


メーカーの保証期間は1年のところが多いですが、LIFEBOOK WU2/C2は標準でメーカーの保証期間が3年もあるので安心です。


当サイト特別クーポンです。下のリンクから購入する際、このクーポンコードを入力すると23% OFFになります。

特別クーポンコード: GRM117LSJ


詳細はこちら → LIFEBOOK WU2/C3(直販サイト)



Officeセットで通常価格より24%割引(255,224円 → 192,980円)になるお得な限定モデルはこちら

■大学生の世界最軽量高速処理モデル(理系・文系)
 Office (Word, Excel, PowerPoint)、セキュリティソフト3年、保証3年

詳細はこちらLIFEBOOK WU2/C3(世界最軽量モデル) (直販サイト)





富士通 LIFEBOOK WS1/C2

性能の高いCPUを搭載し、持ち運びにも便利な軽さのノートパソコン。光学ドライブや有線・無線LANなど必要な機能がすべて搭載されているので幅広い使い方ができます。

レビュー → LIFEBOOK WS1/C2レビュー



富士通 LIFEBOOK WA3/B3, WA2/B3

15.6インチの大きさで、性能の良いCPUとメモリを搭載したホームノートPCです。

レビュー → LIFEBOOK WA3/B3, WA2/B3レビュー





関連記事    

1.大学生のおすすめのノートパソコン
2.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン
3.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
4.富士通LIFEBOOKは大学生に最適なノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る