富士通LIFEBOOK WU2/C3レビュー 大学生が持ち運ぶのに最適な軽いノートパソコン


富士通のLIFEBOOK UHシリーズのWEBモデルであるLIFEBOOK WU2/C3は、最軽量のモデルで698グラムからという非常に軽いノートパソコンです。

外に持ち運ぶのが楽になるだけではなく、自宅でも気軽に使えます。男性だけでなく女性にも優しいノートパソコンと言えます。

性能面でも十分に快適に使える性能を備えていて、しかも周辺機器との接続も困りません。インターネットにはWi-Fiで接続できるだけなく、ケーブル接続でも大丈夫なので安心です。

しかも、メーカー保証が標準で3年、セキュリティソフトも3年版が搭載されていて、安心して使うことができます。もちろん、レポートや書類作成に使えるMicrosoft Officeソフトも選択することができます。

それでは、LIFEBOOK WU2/C3のレビューをご紹介します。





当サイト特別クーポンです。下のリンクから購入する際、このクーポンコードを入力すると27% OFFになります。

特別クーポンコード: GRM117LSJ

詳細はこちら → LIFEBOOK WU2/C3(直販サイト)





とにかく軽い!13.3インチの超軽量ノートPCだから大学に持っていくのも簡単


LIFEBOOK WU2/C3は1kgを切るノートパソコンで、片手でヒョイと簡単に持ち上げられるくらい非常に軽いです。




LIFEBOOK WU2/C3には「軽量モデル」と「世界最軽量モデル」の2つがあります。重さに関しての両者の違いは以下のようになっています。


モデル 重さ 利用素材
軽量モデル 約747グラム~ マグネシウム合金
世界最軽量モデル 約698グラム~ マグネシウムリチウム合金 


「軽量モデル」と「世界軽量モデル」とでは利用素材の違いがあるため、CPUやストレージなどの構成を全く同じにしても、重さが変わってくるようです。


ちなみに、今回のレビューでは「軽量モデル」と「最軽量モデル」の両方を使ってみました。軽量モデルは重さは859グラムで、最軽量モデルは710グラムでした。

大げさな言い方かもしれませんが、最軽量モデルはまるで羽を持つかのように軽かったです。いろいろなノートパソコンを触っていますが、頭一つ抜けた軽さとなっています。

また、世界最軽量のモデルよりも重くはなりますが、軽量モデルも十分に軽いです。価格的にはこちらの方が安くなるので、コストを抑えたい方は軽量モデルがおすすめです。


実際、女の人にも持ってもらったところ、「軽~い!」と驚きの声を上げていました。男性はもちろんのこと、女子大学生など女性にも優しいノートパソコンだなと思います。


このくらい軽いとカバンに入れても本当に楽々運べそうです。


軽量化されたノートパソコンなので、PC本体も薄くできています。横から見るとその薄さがよくわかります。





大きさは13.3インチで、A4ノートとほぼ同じ大きさです。







大学の講義で使う教科書やノートと一緒にカバンにスッキリ収まります。


大学ではノートパソコンを持ち込んで受ける講義もあるので、大学にノートパソコンを持っていって使うことが多い人にとっては、これくらい軽いと持ち運ぶのもとても楽に感じると思います。カバンが軽くなり、体が疲れにくくなって良さそうです。


自宅で使う場合でも、パソコンを持って部屋を移動したり、パソコンを収納したりするのが楽になります。パソコンが重いと使うのがなんとなく億劫になることもありますが、これだけ軽いと毎日使いたくなります。





とても丈夫に作られているから持ち運びが多くても安心


軽くて薄いと気になるのは丈夫さです。しかし、持ち運び時の衝撃や振動から守るために、約200kgfの天板全面加圧試験や、机の上から落ちた場合を想定した約76cmの落下試験を実施しているようで、非常に丈夫な作りになっています。


実際の品質評価試験の模様を動画でご紹介します。このような衝撃を加えても大丈夫なように作られています。

  







高速に動作する性能で快適に使える


LIFEBOOK WU2/C3には最新のCPUが搭載されています。メモリは4GB/8GB/16GBから選ぶことができ、ストレージはSSDが搭載されています。




Officeソフトを使ったレポートや卒論・修論の作成やプレゼン発表、インターネットやSNSなども楽々こなせる性能です。ちょっとした画像や動画の編集作業もできます。学業からプライベートまで幅広く活用できるでしょう。






大学の講義のレポート作成に必要なMicrosoft Officeソフトを選択可能


大学で課される講義レポートの作成に必要なMicrosoft Officeソフトを選択することができます。

Office Home and Businessを選択することができ、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteが含まれていますので、レポート作成にすぐに使うことができます。

Officeソフト単体で購入するよりもお得なので、必要な場合は一緒に購入すると良いでしょう。






講義やゼミ、研究室でのプレゼン発表に使えるHDMIポートを搭載


大学では講義やゼミ、研究室においてパソコンを使ったプレゼンをする機会があります。特にゼミや研究室に所属すると、プレゼンをする機会が増えるでしょう。

LIFEBOOK WU2/C3にはHDMIポートが搭載されていて、パソコンで作成したPowerPointのプレゼン資料をモニターやプロジェクターに映すことが簡単にできます。




モニターやプロジェクターの多くがHDMIに対応しているので、ケーブルをつなげるだけで簡単にプレゼンが行えます。








インターネットにはWi-FiでもLANケーブルでも接続可能


インターネットには無線LAN(Wi-Fi)で接続できることはもちろんのこと、有線LANでも接続できます。

有線LANはコンパクトになっていて、使用するときには下の写真のように引き出して使います。有線LANポートを収納できるので、使用しないときはとてもスッキリしています。




大学の共用スペースやカフェなどではWi-Fiが利用できるところが多いのですが、大学の研究室などでは有線LANしか使えないところもまだまだ多くあります。有線・無線のどちらであっても、すぐにネットが使えるようになっているととても便利です。






見やすくて映りの良い液晶ディスプレイ


ディスプレイは鮮やかで映りの良いものが搭載されています。どの角度から見ても映りが良く、視野角が広いです。解像度は1920×1080(フルHD)となっています。

液晶はノングレア(光沢がない)なので、映り込みが少なく目に優しいです。













スタンダードで使いやすいキーボード


キーボードはキーの配置に変則的なところがなく、アルファベット、数字、記号キーの大きさがすべてそろっていて、非常に使いやすいです。特に、Enterキーが大きくて打ちやすかったです。矢印キーの大きさがすべてそろっているのも個人的にうれしかったです。

パームレストにしっかりと手が乗りますし、キーとキーの間隔(キーピッチ)は19mmでゆったりとキー入力ができます。キーを押したときの深さ(キーストローク)は1.5mmとなっていて、ちょうど良い打鍵感です。


日本語かな表記ありとなしのキーボードが用意されています。両者の違いは、キーに日本語の「かな」がふってあるかどうかだけです。キーの配列や大きさ等に違いはありません。

ここでは両方のキーボードをご紹介しています。

まずは「日本語かな表記なし」のキーボードです。カラーはピクトブラックで「かな表記なし」の構成ですが、同じカラーで「かな表記あり」の構成も可能です。













続いて日本語かな表記ありのキーボードです。同じカラーで「かな表記なし」の構成も可能です。


















スマホやデジカメで使用するSDカードの管理が可能


SDカードスロットはフルサイズのものが搭載されています。スマホやデジカメのSDカードをパソコンで操作できるようになるので、撮影した写真や動画を取り込んで編集したりといったことが簡単にできるようになります。




友達と旅行に行ったときの写真や動画を編集したりといったことが、パソコンを使ってササッとできるので便利です。





薄型ノートなのにインターフェースもしっかり搭載されていて、周辺機器との接続もOK


HDMIポートや有線LANポート、SDカードスロットが搭載されていることは上でも紹介しました。軽くて薄型のノートPCにこれだけのポートが搭載されていることはとても貴重です。

そしてLIFEBOOK WU2/C3にはUSBポートが2種類(USB3.0×2、USB Type-C×2)、合計4つ搭載されています。








薄型のノートPCにはUSB Type-Cポートしか搭載されていないものも多いのですが、フルサイズのUSB3.0ポートが2つ搭載されているのはとてもうれしいポイントです。USBメモリなどの外付けの周辺機器を同時に接続することができます。


USB Type-Cポートは4K出力が可能です。もしUSB Type-Cポートで接続できるディスプレイを利用するようなときには、このポートを使うのも良いでしょう。





カメラを使ったオンライン学習が可能




ディスプレイ上部にはカメラが搭載されています。Skypeというテレビ電話をするためのソフトを使えば、オンライン英会話などを受講することができるようになります。


大学4年間のうちに英語などの語学を学んでおくと、就職などで有利になりますし、海外旅行や短期留学などもできて有意義な経験ができそうです。






3年のメーカー保証とセキュリティソフト搭載で安心


パソコンのメーカー保証は通常1年のことが多いですが、LIFEBOOK WU2/C2は標準で3年もあります。この間に万が一何か起こったとしても、保証が効くので安心です。


また、パソコンを使う場合はウィルスなどセキュリティにも気をつけなければなりませんが、標準で3年版のマカフィーのセキュリティソフトがインストールされています。


大学生活の4分の3をカバーしてくれる内容で安心できます。






静音性の確認


比較的静かなノートパソコンだと思います。

ネットや動画閲覧など、負荷のかからない作業をしているときはほぼ無音です。負荷をかけるとファンの音がし始めますが、他のノートパソコンと比較すると静かでした。快適に使えるのではないかと思います。

測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
29~30db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
29~30db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
29~30db
CPU 80%使用時 35~36db






性能と仕様


LIFEBOOK WU2/C3の性能と仕様は以下のようになっています。

  軽量モデル 世界最軽量モデル 
OS  Windows 10 Home / Pro  
CPU Core i3-8145U
Core i5-8265U
Core i7-8565U
Core i5-8265U
Core i7-8565U
メモリー  4GB / 8GB / 16GB 8GB / 16GB  
ストレージ SSD
128GB
256GB
512GB(PCIe接続)
1TB (PCIe接続)
SSD
256GB
512GB(PCIe接続)
1TB (PCIe接続)
 ディスプレイ 高輝度・高色純度・
広視野角液晶
1920×1080 フルHD 
ノングレア液晶
(タッチ対応/タッチ非対応)
高輝度・高色純度・
広視野角液晶 
1920×1080 フルHD 
ノングレア液晶
(タッチ非対応)
サイズ 13.3インチ 
重さ 約747g~ 約698g~ 
バッテリー持続時間 約11.5時間(25Whバッテリー)
約24.0時間(50Whバッテリー)
約11.5時間 
無線LAN
有線LAN
光学ドライブ -  
SDカードスロット  ○ 
USBポート USB3.0×2
USB Type-C×2
HDMI端子 ○ 
 セキュリティ
ソフト
マカフィー リブセーフ3年版 
 保証期間 3年
有償で5年まで延長可  
 カラー ガーネットレッド
ピクトブラック 
アーバンホワイト
 ピクトブラック

LIFEBOOK WU2/C3には軽量モデルと最軽量モデルの2つがラインナップされています。


両者の間では選択できるCPUの種類やメモリ容量、SSDの容量、タッチディスプレイの有無、カラー、重さが少しずつ異なっています。


上でも説明した通り、両者の間で使われている素材が異なるため、CPUの種類やSSDの容量を全く同じに揃えても重さが変わります。少しでも軽いほうがよければ世界最軽量モデルを選択してみてください。ただし、世界最軽量モデルの方が価格は高くなります。どっちのモデルでも軽いことに変わらないと思うのであれば、軽量モデルの方が安価で購入しやすいと思います。


なお、今回のレビューで使用したPCの主な仕様は以下のようになっています。

モデル:軽量モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 16GB
SSD: 1TB
重さ: 859グラム


モデル:最軽量モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
重さ: 710グラム



「軽量モデル」を選択し、一番性能が高い構成で約859グラムの重さになっています。今回使用した「最軽量モデル」は710グラムとなっていました。PCごとに重さに多少の違いはあると思います。このPCは700グラムを切ってはいませんでしたが、十分に軽かったです。


CPUは最新の第8世代のものを選択できます。メモリは最大16GBまで搭載できます。


文系の方はライトな使い方が多いので、軽量モデルを選択しCPUはCore i3、メモリ4GBでも大丈夫なことが多いですが、メモリを8GBにしておくと長く快適に使い続けられるでしょう。最軽量モデルを選択する場合には、Core i5、メモリ8GBを選択してみてください。


理系の場合は、同時に複数の処理を並行し実行することも多く、負荷のかかる処理が増えます。両モデルともに、CPUはCore i5、メモリ8GBにしておくとスタンダードな構成になって使いやすいでしょう。


余裕があればCPUをCore i7にしたり、メモリを16GBにしておくとより高速で安定した動作になります。負荷のかかる処理をたくさんするかもしれない、余裕を持っておきたいという場合には、これらの構成も検討してみてください。


SSDは最大1TBまでの容量のものを選択できます。SSDなので元々高速に動作するのですが、512GB以上のものはPCIe接続のものとなり、さらに高速に動作します。その分価格は上がりますが、少しでも高速なものが良いということであれば検討してみてください。


セキュリティソフトが標準で3年版のものがインストールされていることに加え、メーカー保証が標準で3年もあるので安心です。





ベンチマーク


CPUの性能とストレージの速度を計測しました。計測に用いた主な仕様は以下の通りです。

モデル:軽量モデル
OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 16GB
SSD: 1TB (PCIe接続)


CPUの性能を計測しました。513cbとなり、高い数値となっています。十分快適に使える性能です。




ストレージ(SSD)の速度を計測しました。PCIe接続なので非常に高速な値となりました。とても快適に使えるでしょう。








外観の確認


LIFEBOOK WU2/C3の外観をチェックしてみましょう。ここでは、カラーがピクトブラックのものとガーネットレッドのものについてご紹介します。

まずはピクトブラックのものです。

ディスプレイを閉じたところです。




横から見ると薄くできているのがよくわかります。




前から見たところです。








キーボードです。






ディスプレイは180度開きます。





後ろから見たところです。








ACアダプターを接続したところです。手のひらに収まる小型サイズで軽いです。ノートパソコン本体とACアダプターをあわせても約1.0kgを切り、ACアダプターを一緒に持ち運んでもとても軽いです。





本体左側面です。電源コネクタ、USB Type-Cポート×2、HDMIポート、USB3.0ポート、マイク・ヘッドフォンジャックが搭載されています。





右側面です。SDカードスロット、USB3.0ポート、有線LANポート、盗難防止用ロック穴が搭載されています。





手前側です。




背面です。







次にガーネットレッドのものをご紹介します。




















































まとめ


今回LIFEBOOK WU2/C3を使ってみて、その軽さにとても驚きました。片手で軽々と持ち上げられるのには本当にびっくりです。ノートパソコンの進化もすごいものだと思いました。

大学にノートパソコンを持ち込んで使う講義があっても、これくらい軽いと持っていくのが楽そうです。丈夫にできているというのも安心ですね。

性能も高いので、学業でもプライベートでも快適に使えるのではないかと思います。

メーカーの保証期間は1年のところが多いですが、LIFEBOOK WU2/C3は標準でメーカーの保証期間が3年もあるので万が一の時でも安心です。


当サイト特別クーポンです。下のリンクから購入する際、このクーポンコードを入力すると27% OFFになります。

特別クーポンコード: GRM117LSJ


詳細はこちら → LIFEBOOK WU2/C3(直販サイト)



Officeセットで通常価格より26%割引(219,024円 → 159,980円)になるお得な限定モデルはこちら

■大学生のキャンパスライフ充実モデル
 Office (Word, Excel, PowerPoint)、セキュリティソフト3年、保証3年

詳細はこちらLIFEBOOK WU2/C3(限定モデル) (直販サイト)




富士通 LIFEBOOK WS1/C2

性能の高いCPUを搭載し、持ち運びにも便利な軽さのノートパソコン。光学ドライブや有線・無線LANなど必要な機能がすべて搭載されているので幅広い使い方ができます。

レビュー → LIFEBOOK WS1/C2レビュー



富士通 LIFEBOOK WA3/B3, WA2/B3

15.6インチの大きさで、性能の良いCPUとメモリを搭載したホームノートPCです。

レビュー → LIFEBOOK WA3/B3, WA2/B3レビュー





関連記事    

1.大学生におすすめのノートパソコン
2.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン
3.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
4.富士通LIFEBOOKは大学生に最適なノートパソコン
5.富士通直販サイトでノートパソコンをカスタマイズして購入する方法


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る