大学生が楽しめるゲーミングノートPCの選び方


ゲーミングノートパソコンを購入しようと思った時に、何を基準に選んで、どれを購入したらいいか迷うことはないでしょうか?

ゲーミングノートPCは価格が高いものもありますが、大学生にとっては予算も限られているので選ぶのが難しいこともあるでしょう。

このページでは、ゲーミングノートパソコンを購入するときに、どのような点を参考にすればよいのかといったことや、人気ゲームの推奨スペック、おすすめのゲーミングノートPCなどをご紹介しています。



このページで紹介している内容




ゲーミングノートパソコンを選ぶために必要な5つのポイント


まず最初に知っておきたいのは、ゲームはパソコンに負荷がかかるということです。そのため、パソコンの性能が低いと快適にプレイすることができなくなります。

ゲーミングノートPCを選ぶには、以下に紹介する5つのポイントが重要になってきます。


CPU


パソコンの心臓部にあたります。いろいろな種類があり、それぞれ性能が変わってきます。一般的なノートパソコンでは、Core i7-10510Uというように、末尾に「U」がつくものが多いです(UシリーズのCPU)。しかし、ゲーミングノートPCではCore i7-10750Hのように「H」がついているものが一般的です(HシリーズのCPU)。


HシリーズのCPUはUシリーズのCPUに比べて処理性能が1.5~2倍以上高くなっていて、負荷がかかりやすいゲームが快適にプレイできるようになります。ゲーミングノートPCを選ぶ際には、HシリーズのCPUを選ぶのがおすすめです。中でも、現在の主流はCore i7-10750HやCore i7-9750Hとなっています。


CPUの性能比較
Ryzen 7 4800H
3843
Core i9-9980HK
3592
Core i7-10750H
2902
Core i7-9750H
2767
Ryzen 7 4700U
2643
Core i7-10710U
2404
Core i7-8750H
2335
Core i7-1165G7
2231
Core i5-10300H
2152
Core i5-1135G7
1998
Ryzen 5 4500U
1995
Core i5-9300H
1696
Core i7-1065G7
1668
Core i7-10510U
1520
Ryzen 7 3700U
1491
Ryzen 5 3500U
1471
Core i5-10210U
1430
Ryzen 3 4300U
1403
Ryzen 5 3500U
1365
スコア(CINEBENCH R20)
オレンジ色:HシリーズのCPU




メモリ


販売されているゲーミングノートPCのメモリ容量は、8GB / 16GB / 32GBとなっています。


メモリ容量が少ないと、ゲームがカクカクしてしまい快適にプレイすることができません。だからといって32GBもあると良いかというと、そこまでメモリを使わないゲームもたくさんあります。


一番良いのは、実際に自分がプレイしてみたいゲームの推奨環境を確認して、必要なメモリ容量を決めることです。


「よくわからない」という方には、16GBのメモリ容量があるとバランスがとれておすすめです。






グラフィックス


ゲームでは美しい映像を滑らかに表示する必要があるため、快適にプレイするためにはグラフィックスの性能がとても重要になります。


軽いゲームであればそれほど高いグラフィックス性能を求められることはないのですが、中程度~重量級のゲームをプレイするためには、より高性能なグラフィックスが必要となります。


たとえば、ホームノートPCやモバイル向けノートPCなどの一般的なノートパソコンには、下の性能比較グラフにあるIntel UHDというようなグラフィックスが搭載されています。このグラフィックスは、ゲームをプレイするには性能不足のため、快適に遊ぶことはできません。


グラフィックスの性能比較
GeForce RTX 2080 Super MaxQ
18458
GeForce RTX 2070 Super MaxQ
17440
GeForce RTX 2080 MaxQ
17216
GeForce RTX 2070 MaxQ
15143
GeForce RTX 2060
14428
GeForce GTX 1660Ti
12867
GeForce GTX 1650
8294
GeForce MX450
6792
Intel Iris Xe
4449
GeForce MX350
3503
GeForce MX250
3184
Intel Iris Plus
2746
Intel UHD
1428
スコア(3DMark FireStrike)
オレンジ色:ゲーミングノートPCに搭載されるグラフィックス
グラフィックスの性能を比較したグラフ。ホームノートPCやモバイルノートPCなどの一般的なノートパソコンに搭載されるIntel UHDシリーズのものよりも、NVIDIA GeForce GTX / RTXシリーズの方がゲームに向いている。



一方で、ゲーミングノートPCにはNVIDIA GeForce GTX 1650やGeForce RTX 2070といった高性能なグラフィックスが搭載されていて、快適なゲームプレイを楽しむことができます。


一般的にグラフィックス性能が高くなるほど価格は高くなる傾向にあります。上のグラフで言うと、エントリー向けのGeForce GTX 1650を搭載したゲーミングPCは価格は安価で購入しやすいです。一方で、高性能なGeForce RTX 2070や2080を搭載したものは価格が高くなる傾向にありますが、その分重たいゲームでも遊べるようになっています。


これからパソコンでゲームを始めてみようかなという初心者の方は、GeForce GTX 1650を選択すると良いでしょう。


バランスをとりたいというような方は、GeForce GTX 1660Tiを選択してみると良いでしょう。


また、今後の性能アップのことを考えたり、最新の機能を搭載した高性能なものが良い場合であれば、GeForce RTX 2060 / 2070 / 2080などを検討すると良いです。ただ、価格は高くなります。






ストレージ


ゲームをプレイするためには、高速に動作することとデータを保存することの両方が必要となります。


ストレージにはSSDとハードディスクがありますが、それぞれ特徴があります。


SSDは高速で故障しにくいという特徴があります。高速な動作をするので非常に快適です。ただ、同じ容量のハードディスクと比べると価格は高くなります。


ハードディスクは安価で大容量というのが特徴です。1TBの容量で大きなデータでもしっかりと保存ができ、しかも同じ容量のSSDと比較しても安くなります。ただし、動作はSSDよりも遅く、カリカリと動作音がします。




SSDとハードディスクの速度を比較したもの。この例では、SSDはハードディスクに対して、読み込みは約10倍以上高速、書き込みは約6倍以上高速であることを示している。



では、ゲーミングノートPCではどちらを選べばよいかというと、以下の順で検討してみてください。


1.SSD
2.ハードディスク(Optaneメモリ)
3.SSD + ハードディスク


SSDを搭載したPCはハードディスクを搭載したものよりも若干高くはなりますが、それでもゲームを快適にプレイするためには高速に動作するSSDはとても有効です。ゲームの起動時間や、ロード時間が劇的に短縮されます。一度SSDを搭載したパソコンを使ってゲームを楽しめば、もう二度とハードディスクには戻ることはできないでしょう。


ゲーミングノートPCは価格が高めになるものが多いです。そのため、予算の関係で、ストレージをハードディスクにして購入価格を安くすることもあるかもしれません。ハードディスクでも問題ないことが多いのですが、最近はハードディスクを高速化する技術であるOptaneメモリというものを搭載したノートパソコンが増えてきました。もし、予算の関係でSSDではなく、ハードディスクを選ぶという場合には、できればOptaneメモリを搭載したものを選択してみてください。SSD並みに高速化され、非常に快適になります。しかも、価格はSSDよりも安くなるので、お得感があります。


最後はSSD + ハードディスクの組み合わせです。SSDの高速性とハードディスクの大容量を同時に実現することができます。最近のゲームは50GBや100GBもの容量を必要とするものが増えていて、すぐにストレージがいっぱいになってしまう心配があります。そのため、ハードディスクの容量を利用して、ゲームのデータ部分だけをハードディスクに移動したり、あまり遊ばなくなったゲームや起動にあまり時間がかならないようなゲームを移動・保存することで対応することができるようになります。







ディスプレイ


ディスプレイは通常1秒間に60回画面を更新しています。これを「リフレッシュレートが60Hzである」と言います。


一般的には60Hzのリフレッシュレートで問題ないのですが、ゲームをプレイする場合、リフレッシュレートが高いと非常に滑らかに画面が表示され、キャラクターの動きが見やすくなることがあります。シューティングゲームやアクションゲームをプレイしていて、敵キャラの出現や攻撃をより的確に判断できるようになり、ゲームに勝つ確率が高くなるという効果があります。


現在販売されているゲーミングノートPCでは、一般的な60Hzのものに加えて、120Hzや144Hzのリフレッシュレートを持つディスプレイを搭載したものがあります。


高いリフレッシュレートは必ずしもゲームに必要というわけではありませんが、よりゲームを楽しめる要素になりますので、必要な人は検討してみてください。






パソコンゲームには軽いものから重いものまである


パソコンでプレイできるゲームには様々なものがあり、軽いゲームもあれば重量級のゲームもあります。これは、クリアが難しいという意味ではなく、パソコンへの負荷という意味です。軽いゲームは必要となるパソコンの性能が低くても動作し、重いゲームは高い性能が必要となります。


パソコンの性能が高い分には問題ないのですが、PCの性能が低い場合には重いゲームをパソコンにインストールしても、快適にプレイすることができません。


そのため、まずは遊んでみたいゲームで必要となる性能を確認してからゲーミングPCを購入するのが良い方法です。このページでも、人気ゲームの推奨スペックとしてまとめていますので、参考にしてみてください。

参考 → 人気ゲームの推奨スペック


とはいっても、どんなゲームをプレイするかまだ決まっていない人や、これからどんどんいろんなゲームをプレイしてみたいから、なるべく幅広く対応できるゲーミングPCが欲しいという人もいるでしょう。そのような方は、次に紹介するおすすめゲーミングノートPCを参考にしてみてください。







おすすめのゲーミングノートPC



おすすめのゲーミングノートPCをご紹介します。エントリー向けの製品から、ハイレベルの製品までご紹介しています。






Lenovo Legion 550Pi


9万円台の価格からラインナップ

OS : Windows 10 Home
CPU:Core i5-10300H / Core i7-10750H
メモリ:8GB / 16GB
ストレージ:SSD 512GB / 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti
        NVIDIA GeForce RTX 2060
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ  
重さ:約2.3kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長可)
価格:9万円台~(税込) [キャンペーン実施中]
インテル製の第10世代のHシリーズのCPUを搭載し、非常に高い性能を発揮します。グラフィックスはGeForceシリーズから選択でき、エントリー、ミドルスペック、ハイエンドの性能のものが選択できます。

一つ前の世代のCPUですが、その分安く購入することができるのがメリットです。

ゲーム初心者や価格重視の方はGeForce GTX 1650、ゲームをとことん楽しみたい人や高性能なグラフィックスが良い人はRTX 2060、性能と価格のバランスがとれ、コストパフォーマンス重視の方はGTX 1660Tiがおすすめです。

ディスプレイは色域の広いIPS液晶が搭載されていて、ゲームプレイや動画をしっかり楽しむことができます。また、144Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載したモデルもあります。

最安で10万円を切る価格のモデルがラインナップされていて、とてもリーズナブルに購入することができます。


詳細はこちら → Lenovo Legion 550Pi(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Legion 550Piレビュー








Lenovo Legion Y540(15)


バランスのとれた性能で価格も良心的
シンプルなデザイン


OS : Windows 10 Home / Pro
CPU:Core i5-9300H / Core i7-9750H
メモリ:8GB / 16GB
ストレージ:SSD 256GB / 512GB / 1TB
      ハードディスク 1TB / 2TB
      SSD + ハードディスクの構成も可能
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti、GeForce RTX 2060
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ  
重さ:約2.3kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長可)
価格:11万円台~(税込)
第9世代CPUである、Core i5-9300HまたはCore i7-9750Hを搭載することができます。そして、メモリは最大で16GBまで搭載できます。

グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1650 / 1660Ti、GeForce RTX 2060が選択できます。GeForce GTX 1650は価格を抑えながらも高性能のグラフィックスが欲しい場合には、良い選択肢になります。また、GTX 1660Tiはミドルクラスのグラフィックスになり、快適にプレイできるゲームの数が増えますのでおすすめです。

GTX 1660Tiであれば、マインクラフト、フォートナイト、ドラゴンクエストなどの軽いゲームはもちろんのこと、PUBGやファイナルファンタジー紅蓮のリベレーターなど中程度のゲームやシャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダーなどの重い部類のゲームもプレイすることができます。

また、GTX 1660Tiよりも高性能なGeForce RTX 2060も選択することができます。RTX 2060を搭載しながらも、12万円台という価格で購入することができ、お得感があります。

ディスプレイは144Hzのリフレッシュレートに対応したものもあります。滑らかな表示で、ゲームプレイを楽しむことができます。

シンプルなデザインとなっていて落ち着いています。


詳細はこちら → Lenovo Legion Y540(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Legion Y540レビュー



より高性能なグラフィックスを選択したい場合は、NVIDIA GeForce RTX 20XXシリーズを搭載した上位モデルLegion Y740シリーズを検討してみてください。

詳細はこちら → Lenovo Legion Y740(15)(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Legion Y740(15)レビュー





DELL G15


GeForce RTX 3000シリーズ搭載
パワフルなRyzen搭載モデルもあり

OS : Windows 10 Home / Pro   
CPU:Core i5-11400H / Core i7-11800H
   Ryzen 5 5600H / Ryzen 7 5800H
メモリ:8GB / 16GB
ストレージ:SSD 512GB / 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 3050 / 3050Ti / 3060
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ   
重さ:約2.5kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長)
価格:14万円台~(税込) [割引クーポンあり]
最新の第11世代のCore i5-11400H / Core i7-11800Hを搭載したモデルと、Ryzen 5000 HシリーズのRyzen 5 5600H / Ryzen 7 5800Hを搭載したモデルの2種類がラインナップされています。

強化されたグラフィックスが搭載されていて、最新のNVIDIA GeForce RTX 3000シリーズを搭載しています。

ディスプレイは広視野角の液晶が搭載され、120Hzのリフレッシュレートに対応しています。ヌルヌルとした滑らかな動きでゲームプレイを楽しむこともできます。

DELL G15シリーズを安く購入することができますので、以下の割引クーポンをご利用ください。

割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → DELL G15 Ryzen Edition(直販サイト)


詳細はこちら → DELL G15  (直販サイト)







Lenovo Legion 750i


CPU、グラフィックスが非常に高性能
フラッグシップモデル

240Hzのリフレッシュレート、sRGB比100%のディスプレイ

OS : Windows 10 Home
CPU:Core i7-10750H
メモリ:16GB / 32GB
ストレージ:SSD 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 2060 /
2070 Super Max-Q Design / 2080 Super Max-Q Design
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ  
重さ:約2.25kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長可)
価格:20万円台~(税込) [キャンペーン実施中]
CPUはCore i7-10750Hを搭載しています。Hシリーズの最新世代のCPUで、性能がとても高いです。メモリは最大で32GBまで搭載できます。

グラフィックスは最新のものであるNVIDIA GeForce RTX 2060 / 2070 Super Max-Q Design / 2080 Super Max-Q Designが選択できます。レイトレーシングなどの最新の機能にも対応していて、奥深いゲーム体験ができます。非常に高性能なグラフィックスなので、軽量級のゲームから重量級のゲームまでプレイできますので、数多くのゲームを楽しむことができます。

ディスプレイの品質はとても高く、IPS液晶でsRGB比が100%の非常に映りの良いディスプレイです。しかも、リフレッシュレートは240Hzとなっていて、とても滑らかな表示で繊細なキャラクターの動きを楽しむことができます。

最高のゲーム環境で快適にプレイしたい人や、軽いものから重いゲームまでたくさんのゲームをプレイしたい人向けのゲーミングマシンです。


詳細はこちら → Lenovo Legion 750i(直販サイト)


レビューはこちら → Lenovo Legion 750iレビュー








DELL ALIENWARE m15


最高峰のゲーミングノートPC
薄くて軽量化されたゲーミングノートPC
リフレッシュレート144Hz、G-Syncに対応


OS : Windows 10 Home / Pro   
CPU:Core i7-10870H / Core i9-10980HK
メモリ:16GB / 32GB
ストレージ:SSD 256GB / 512GB / 1TB / 2TB / 4TB
SSD + SSDの構成も可能
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 3070 / 3080
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ   
重さ:約2.11kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長)
価格:26万円台~(税込) [割引クーポンあり]
デスクトップPC並みの性能を持つCPUを搭載し、16GBまたは32GBのメモリ、グラフィックスはNVIDIA GeForce RTX 3070 / 3080から選ぶことができる、非常にハイスペックなゲーミングノートPCです。とても高速な処理が可能です。

ゲーミングノートPCというと分厚くて重いものが多いのですが、ALIENWARE m15はとても薄くてスッキリしているうえに、重さは最小でわずか2.11kgと軽量化されています。

ディスプレイは144Hzのリフレッシュレートでの表示が可能で、さらにG-Syncにも対応しているので、カクつきやちらつき、ティアリングなどを防いで滑らかな表示が可能です。

ストレージはSSDだけでなく、SSD+SSD(デュアルやトリプル)の組み合わせも可能です。パソコンやソフトの動作を高速に、そしてたっぷりデータを保存できます。

DELL Alienwareは割引クーポンを利用することができます。以下のリンクにある割引クーポンを是非ご利用ください。

割引クーポンはこちら:割引クーポン


詳細はこちら → ALIENWARE M15 R4(直販サイト)


レビューはこちら → NEW ALIENWARE M15レビュー








HP OMEN 15


滑らかな表示が可能なリフレッシュレート300Hzのディスプレイ
薄いボディだからすっきり使える

当サイト限定クーポンあり

OS : Windows 10 Pro
CPU:Core i5-10300H / Core i7-10750H / Core i9-10885H
メモリ:16GB / 32GB
ストレージ:SSD 512GB + 1TB ハードディスク
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 2060 / 2070 Super Max-Q / 2080 Super Max-Q
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ  
重さ:約3.26kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長可)
価格:241,780円~(税込) [当サイト限定クーポンで割引]
CPUにCore i5-10300H / Core i7-10750H / Core i9-10885H、メモリ16GBまたは32GB、ストレージはSSD 512GB+ハードディスク1TBのダブル構成になったゲーミングノートPCです。高性能なCPUを搭載し、メモリ容量も多く、SSDなので高速なアクセスが可能となり、非常に軽快に動作します。

NVIDIA GeForce RTX 2060 / 2070 Super Max-Q Design / 2080 Super Max-Q Designを搭載し、グラフィックス性能も高いです。GeForce RTX 2060が搭載されたゲーミングノートPCでは最安の部類に入ります。

ディスプレイは300Hzのリフレッシュレートに対応し、非常に滑らかな動画表示が可能になっています。細かな動作を確認することができるようになるので、アクションゲームなど反応性の高いゲームをするのにも適しています。

ゲーミングノートPCとしては薄いボディで、特徴のあるデザインもかっこいいです。


当サイト限定割引クーポンを利用すると、価格が132,000円(税込)以上で7%OFFとなります(2021/10/31まで)。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン


詳細はこちら → OMEN by HP 15(直販サイト)


レビューはこちら → OMEN by HP 15レビュー






人気ゲームの推奨スペック


プレイしたいゲームの推奨スペックを見てゲーミングPCを購入したいという人もいるでしょう。以下では、人気ゲームの推奨スペックをまとめていますので、参考にしてみてください。


PUBG


公式に発表されている推奨スペックは以下の通りです。負荷のかかるゲームです。GeForce GTX 1050Tiでも画質を落とせばプレイできますが、GeForce GTX 1060以上のグラフィックスを搭載しておきたいです。

OS Windows 7・8.1・10 64bit
CPU Intel i5-6600K / AMD Ryzen 5 1600
メモリ 16GB以上
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1060 3GB
AMD Radeon RX 580 4GB
ストレージ 30GB以上




League Of Legends


推奨スペックは以下の通りです。現在のゲーミングノートPCの性能からすると低いです。実際、とても軽いゲームなのでNVIDIA GeForce GTX 1050クラスでも問題なくプレイできます。

OS Windows 7・8.1・10 64bit
CPU Intel Core i3以上
メモリ 4GB以上
グラフィックス NVIDIA GeForce 8600
Radeon HD2600
ストレージ 10GB以上




フォートナイト


現在のゲーミングノートPCの性能からすると低いです。軽いゲームなのでNVIDIA GeForce GTX 1050クラスでも問題なくプレイできます。

OS Windows 7・8.1・10 64bit
CPU Intel Core i5 2.8GHz以上
メモリ 8GB以上
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 660
Radeon HD2600
ストレージ 20GB以上





Counter-Strike: Global Offensive (CS:GO)


OSの記述はありませんでしたが、Windows 10で問題なく動きます。現在のゲーミングノートPCの性能からするとかなり低い性能となっています。軽いゲームなのでNVIDIA GeForce GTX 1050クラスでも問題なくプレイできます。

CPU Core 2 Duo E6600
メモリ 1GB(XP) 2GB(Vista/7)以上
グラフィックス 256MBの DirectX 9及び
Pixel Shader 3.0対応ビデオカード
ストレージ 8GB以上




マインクラフト


現在のゲーミングノートPCの性能からするとかなり低い性能となっています。軽いゲームなのでNVIDIA GeForce GTX 1050クラスでも問題なくプレイできます。

 OS Windows 10 
CPU Intel Core i5-4690 3.5GHz / AMD A10-7800 APU 3.5 GHz
メモリ 8GB以上
グラフィックス GeForce 700 Series
AMD Radeon Rx 200 Series (excluding integrated chipsets) with OpenGL 4.5
ストレージ 4GB以上
 Java Java 8の最新版




モンスターハンターワールド


GeForce GTX 1060以上が推奨となっています。比較的負荷のかかるゲームです。

 OS  Windows 7・8.1・10 64bit
CPU Intel Core i7-3770 3.4GHz
Intel Core i3-8350 4GHz
AMD Ryzen 5 1500X
メモリ 8GB以上
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1060(VRAM 3GB)
AMD Radeon RX 570 (VRAM 4GB)
ストレージ 20GB以上






シャドー・オブ・トゥームレイダー


メモリ16GB以上、GeForce GTX 1060以上が推奨となっています。比較的負荷のかかるゲームです。

 OS  Windows 10 64bit
CPU Intel Core i7 4770K, 3.40 GHz
AMD Ryzen 5 1600, 3.20 GHz
メモリ 16GB以上
グラフィックス Nvidia GTX 1060 6GB
AMD Radeon RX 480, 8GB
ストレージ 40GB以上






ドラゴンクエストX


推奨スペックは以下の通りです。軽いゲームです。GeForce GTX 1050で問題なく動作します。

 OS  Windows 7・8.1・10 64bit
CPU Intel Core i3 2.0GHz
Intel Core m 2.0GHz
メモリ 3GB以上
グラフィックス NVIDIA Geforce GT 230M VRAM 256MB 以上
ATI Mobility Radeon HD 5650 VRAM 256MB 以上
Intel HD Graphics 4000 VRAM 256MB 以上
ストレージ 24GB以上





ファイナルファンタジーXIV 紅蓮のリベレーター


中程度の重さのゲームです。GeForce GTX 1050Ti以上のグラフィックスがあると良いでしょう。

 OS  Windows 7・8.1・10 64bit
CPU Intel Core i7 3GHz
メモリ 8GB以上
グラフィックス NVIDIA Geforce GTX 970 以上
Radeon RX480 以上
ストレージ 60GB以上





ファイナルファンタジーXV


重いゲームです。GeForce GTX 1060以上のグラフィックスがあることが推奨されていますが、とても快適な環境でプレイするにはGeForce GTX 1070以上あると良いです。

 OS  Windows 7 SPI / 8.1 / 10 64bit
CPU Intel Core i7-3730 (3.4GHz以上)
AMD FX-8350(4.0GHz以上)
メモリ 16GB以上
グラフィックス NVIDIA Geforce GTX 1060 6GB VRAM
Radeon RX480
ストレージ 100GB以上





Battle Field V


重いゲームです。GeForce GTX 1060以上のグラフィックスがあることが推奨されています。

 OS  Windows 10 64bit
CPU Intel Core i7-4790
AMD Ryzen 3 1300X
メモリ 12GB以上
グラフィックス NVIDIA Geforce GTX 1060 6GB VRAM
Radeon RX 580 8GB
ストレージ 50GB以上












▲ このページの上部へ戻る