Lenovo ThinkBook 14 Gen2レビュー 作業がしやすく大学生に似合うデザインのノートパソコン


Lenovo ThinkBook 14 Gen2は、14インチの少し広めのディスプレイを搭載した作業がしやすいノートパソコンです。普段は自宅に据え置いて使うのがおすすめですが、持ち運ぶこともできる軽さなので、大学で必要になった場合でも簡単に持って行くことができます。

爽やかなシルバーのカラーとシンプルなデザインで大学生によく似合います。自宅や大学など、様々な場面にうまくなじみますので使いやすいです。

抑えめの性能のモデルから高い性能のモデルまで広くランナップされていて、周辺機器との接続に必要なインターフェースもしっかりと搭載され、しっかりと使うことができます。

しかも、6万円台の価格から購入することができ、コストパフォーマンスに優れています。

今回、Lenovo ThinkBook 14 Gen2を実際に操作してみましたので、レビューをご紹介します。





詳細はこちら → Lenovo ThinkBook 14 Gen2(直販サイト)






シンプルでさわやかなデザインで使いやすい


Lenovo ThinkBook 14 Gen2はシルバーのカラーがさわやかで、様々な場面になじみやすいノートパソコンです。自宅で使うのはもちろんのこと、大学のゼミや研究室に持って行っても、違和感なく使うことができます。

ディスプレイを開くと右下に製品名であるThinkBookのロゴがあり、左上にはLenovoのロゴが小さく刻印されています。前モデルではThinkBookのロゴが一番下にあったのですが、少し上側に移動しました。




ディスプレイ側から見ると、パームレスト(手を置く部分)はシルバー、ディスプレイのフレームはブラックとなっています。細いフレームなので、見た目がスッキリしています。




キーボードです。キーはグレーとなっていて、シルバーのパームレストとうまく調和しています。







高性能ノートPCにも関わらずリーズナブルな価格設定


Lenovo ThinkBook 14 Gen2インテル製の最新のCPUを搭載しています。Core i3 / Core i5 / Core i7から選択することができ、メモリは8GBまたは16GB、そして非常に高速に動作するSSDを搭載しています。抑えめの性能のモデルから高い性能のモデルまで、幅広く揃っていて、目的に合った一台が見つかりやすいです。




実際、パソコンの起動や終了は速いですし、インターネットやSNS、動画鑑賞などサクサク動きますし、Officeソフトを用いたレポートや書類作成も快適に動作する性能です。

性能が良いノートPCにも関わらず、6万円台の価格のモデルからラインナップされていて、購入しやすいのがうれしいポイントです。コストパフォーマンスにとても優れています。






普段は自宅で使い、必要に応じて持ち運べる軽さのノートパソコン


Lenovo ThinkBook 14 Gen2は製品名が示す通り、14インチのノートパソコンです。少し広めのディスプレイなので見やすくて作業がしやすいです。

本体の大きさはA4ノートよりも一回り大きくなります。重さは約1.5kgとなっています。どちらかというと自宅に置いて使うのが良いでしょう。ただ、十分に持ち運べる重さになっていますので、大学のゼミや研究室で使うなど、必要に応じて持って行くことができます。




重さを計測してみたところ約1.53kgでした。




本体も厚みが抑えられていてスッキリしています。カバンの中に入れてもあまりかさばることはないでしょう。自宅で使う場合でも、圧迫感がないので爽やかに使うことができます。




実際にリュックに入れてみたところです。スッキリと入り問題なく背負うことができました。







WordやExcel、PowerPointなどのレポート作成に必要なOfficeソフトを搭載したモデルもラインナップ


大学ではWordやExcelを使って講義のレポートを作成する機会が非常に多くあります。また、卒論やゼミの発表ではPowerPointを使ってプレゼン資料を作成する必要もあります。

ThinkBook 14を購入する際には、Word、Excel、PowerPointが含まれたMicrosoft Office Home and Businessを搭載したモデルを選択することができます。購入してすぐにレポート作成やプレゼン資料の作成ができます。

Office Home and Businessには、これら以外にもメールソフトであるOutlookと、デジタルノートをとることができるOneNoteが含まれています。

また、構成をカスタマイズできるモデルでは、Office Personalも選択することができます。Office PersonalにはWord、Excel、Outlookが含まれています。PowerPointは含まれていません。もし、PowerPointが不要であればカスタマイズできるモデルを選択してみてください。





インターネットにはWi-Fiだけでなく、LANケーブルを挿しても接続できる


インターネットにはWi-Fi(無線LAN)で接続することができます。最近はWi-Fiルーターが普及していますので、特に問題はないでしょう。

さらに、ThinkBook 14 Gen2には有線LANポートが搭載されています。Wi-Fiだけでなく、LANケーブルを挿してもインターネットに接続することができます。




LANケーブルを使った方が高速にネット接続できる場合があります。速いレスポンス(応答)が必要なときなどは、LANケーブルを使った接続が便利です。オンライン授業を受ける場合など、安定した接続が必要な時にはとても有用です。

また、大学の研究室やゼミなどで使う場合には、Wi-Fi環境が整備されていないこともあります。有線LANが使えると、追加で機器を用意することなく対応できるので便利です。






入力しやすいキーボード


キーボードは下の写真のようになっています。右上に電源ボタン兼指紋センサーが搭載されています。テンキーは搭載されていません。




キーボードの左半分です。キーの大きさや間隔など、気になるところは特に見当たりません。スペースキーと両隣のキーがくっついていますが、スペースキーに十分な大きさがあるので、問題なく入力できます。




キーボードの右側です。Backspaceキー、Enterキー、Shiftキーとその左隣のキーがくっついていますが、それぞれのキーの大きさが十分にあるので、問題なく使うことができます。実際に試してみましたが、押し間違えることもなく入力できました。




キーボードを拡大したところです。キーを押したときの深さは特に問題ありません。レノボ製のノートパソコンのキーボードはタイピングしやすいものが多く、実際適度な打鍵感があって入力しやすいです。




タッチパッドです。広くて使いやすいです。








映りの良いディスプレイ


Lenovo ThinkBook 14 Gen2は狭額ディスプレイとなっていて、フレーム部分が細くてスリムです。見た目がスッキリとしていて洗練された印象があります。

ディスプレイの解像度は1920×1080(フルHD)で、非光沢のIPS液晶が搭載されています。






sRGBカバー率は67.9%となっていて一般的なディスプレイです。インターネットやメール、SNS、Officeソフトを使ったレポート作成など、特に問題なく使えるでしょう。

なお、構成のカスタマイズが可能なモデルでは、sRGBカバー率が100%となっているようです。色域の広いディスプレイを希望する場合はカスタマイズ可能なモデルを選択してみてください。

sRGBカバー率 67.9%
Adobe RGBカバー率  51.1%


IPS液晶が搭載されているため、視野角が広いです。上や横からなど、角度を変えて見ても綺麗に表示され、見やすいディスプレイです。




タッチパネルは搭載されていませんので、画面を指で触って操作することはできません。









指紋センサーを搭載し、セキュリティを高めながら簡単ログインを実現


ThinkBook 14 Gen2に搭載されている電源ボタンは、指紋センサーを兼ねています。電源ボタンを押す際に、指紋認証もあわせて行われるようになっているので、ログイン画面で再度指をかざす必要がありません。ボタンを1回押すだけでログインが完了します。パスワードを入力する必要がなくてとても便利ですね。




指紋センサーがあると、他人が勝手にパソコンを使うのを防ぐことができます。大事なデータや人に見られたくないデータを守ることができます。





カメラを搭載しオンライン授業も受けられる しかも、プライバシーを守るカメラフィルターも搭載


ディスプレイ上部にはカメラとマイクが搭載されています。大学のオンライン授業では、カメラ機能を使って顔を見せながら受講することもありますが、安心して使うことができます。

そのほかにも、オンライン英会話を受講して語学のスキルアップをしたり、友達とテレビ電話をしたりすることもできます。




また、カメラレンズのすぐ上にあるスライドレバーを動かすと、カメラ自体に蓋をすることができます(ThinkShutter)。カメラで撮影しようと思っても、蓋がある状態なので映すことができません。

最近はカメラを乗っ取って、パソコンを操作している人を覗き見るというウィルスが発見されていて、カメラに対するセキュリティが重要視されています。カメラを使わないときは、このスライドレバーを動かして蓋をしておくとプライバシーを守ることができ、万が一のときでもパソコンを操作している人の情報を盗み見られる心配がありません。

また、ZoomやTeamsなどのアプリを使っていて、気がつかないうちにカメラに映っていたという事態を防ぐこともできます。カメラに映りたくないときや、使わないときは蓋をしておくと良いでしょう。





サウンドとスピーカー


スピーカーは底面部の手前側、左右に1つずつ配置されています。音質は良かったです。音楽や動画を楽しむことができるでしょう。




また、Dolby Atmos Systemが利用でき、音質の細かなカスタマイズが可能です。







光学ドライブはないが、周辺機器との接続に必要なポート類はしっかり搭載


ThinkBook 14 Gen2には光学ドライブはありませんが、周辺機器との接続に必要なインターフェースがしっかりと搭載されています。

まず、プレゼンに必要なHDMIポートがあります。デジカメやスマホ、ドライブレコーダーのSDカード(micro SDカード)に対応できるSDカードリーダーも搭載しています。

そして、USBポートがとても充実しています。標準サイズのUSB3.1ポートが2つ、USB Type-Cポートが2つ搭載されています。複数のUSB機器を同時に接続することが可能なので、安心して使うことができます。













HDMIポート搭載でプレゼンをしたり、別モニターで作業したりすることもできる


大学ではゼミや研究室でプレゼン発表の機会が多くあります。Lenovo ThinkBook 14 Gen2にはHDMIポートが搭載されているので、モニターやプロジェクターとThinkBook 14 Gen2をHDMIケーブルで接続すれば、パソコンの画面を簡単に映し出すことができます。




実際に、HDMIケーブルを使ってモニターと接続してみました。問題なくPCの画面を映し出すことができました。




また、ノートパソコンの画面を拡張して、別モニターでも作業ができるようにすることもできます。ノートPCの画面だけでなく、もう一つ新しい作業領域を確保できるので、同時並行で複数の作業を進めることができます。


モニターに映し出すためには、USB Type-Cポートを使うこともできます。USB Type-Cポートはディスプレイ出力に対応しています。





SDカードスロットを搭載し、デジカメのデータなどを管理できる


SDカードスロットが搭載されていて、フルサイズのSDカードに対応しています。デジカメやビデオカメラのデータを管理することができます。もちろん、micro SDカードもアダプターを接続することで読み書きすることができます。




SDカードは途中までしか入りません。作業するときはひっかけないようにだけ注意しましょう。






パソコンの性能をコントロールできる機能を搭載


Lenovo ThinkBook Gen2には、Lenovo Vantageというアプリが標準でインストールされていて、その中にあるインテリジェントクーリング機能を使うと、パソコンのパフォーマンスを制御することが可能になります。




標準の設定はインテリジェントクーリングになっていて、バランスのとれたモードになります。

エクストリーム・パフォーマンスモードにすると、より性能を少しアップして使うことができます。

バッテリー省電力モードにすると、CPU性能は約2/3に低下しますが、動作音を抑えて使うことが可能になります。さらに静かに使いたい時にはこのモードにすると良いでしょう。





静音性の確認


上述のインテリジェントクーリング機能を使って、インテリジェントクーリング(標準)、エクストリーム・パフォーマンス、バッテリー省電力(静音)の各モードで動作音を計測しました。

いずれのモードでも、動画やネットなど、パソコンに負荷があまりかからないときは、静かに使うことができます。

インテリジェントクーリング(標準)、エクストリーム・パフォーマンスモードでは、CPUに負荷がかかったときの動作音は大きくなりますが、他のノートパソコンよりも比較的静か~同程度の大きさでした。通常は標準のインテリジェントクーリングモードで問題なく使えます。

バッテリー省電力モードにすると、CPUに負荷がかかっても静かに使うことができました。外出先で使うなど、静かな状態で使いたい場合にはこのモードにしてみると良いでしょう。


測定項目  測定値   
 インテリジェントクーリング
(標準)
エクストリーム・パフォーマンス  バッテリー省電力
(静音) 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db  
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db 28~30db 
YouTube閲覧時 28~30db  
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~30db
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R20実行)
36~37db 39~40db  28~31db 






ThinkBook 14 Gen2の性能と仕様を確認


ThinkBook 14 Gen2の仕様は以下のようになっています。

 OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7 
メモリー 8GB / 16GB / 24GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
ハードディスク: 500GB / 1TB
カスタマイズ可能モデルでは
SSD + ハードディスクの構成にカスタマイズ
することも可能
グラフィックス インテルIris Xe (Core i5 / Core i7選択時)
インテルUHD (Core i3選択時)
無線LAN   ○
有線LAN
光学ドライブ -
SDカードスロット
 HDMI
USBポート USB3.1 × 2
USB Type-C × 2 
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
光沢なし
サイズ 14インチ
 Officeソフト Office Home and Business 
Office Personal
重さ 1.5kg
 保証 1年(有償で2~5年まで延長可) 
価格  7万円台~


今回のレビューで使用したLenovo ThinkBook 14 Gen2の主な仕様は以下の通りです(メーカー貸出機)。

OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i5-1135G7
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
グラフィックス:インテルIris Xe


CPUはCore i3 / Core i5 / Core i7から選択することができます。CPUはいずれも最新世代のものです。性能はCore i3 < Core i5 < Core i7となります。


メモリは8GBまたは16GBから選択できます。多くのモデルは構成が固定されたモデルですが、構成をカスタマイズ可能なモデルもラインナップされています。カスタマイズ可能なモデルでは、最大24GBのメモリにしたり、Core i5で8GB×2の構成にしたりすることができます。


構成をカスタマイズ可能なモデルには、このようなマークならびにボタンがついている。


ストレージはSSDとなっています。多くのモデルでは、SSD 256GB / 512GBとなっています。カスタマイズできるモデルではSSDの容量を増やしたり、SSD + ハードディスクというダブルストレージにすることも可能です。SSDの高速な動作とハードディスクの大容量を兼ね備えることができます。


文系の場合は、インターネットやメール、動画鑑賞、Officeソフトを使ったレポート作成などのライトな作業が中心になるので、CPUはCore i3、メモリ8GBのモデルでも問題ないことが多いです。ただ、CPUをCore i5にしておくと、性能がとても良くなるので、より長く快適に使い続けられるでしょう。


理系の場合は負荷のかかる処理をすることも多いので、CPUはCore i5、メモリ8GBの構成にしておくと快適に使えるでしょう。余裕があれば、CPUをCore i7にしたりメモリを16GBにしたりすると、さらにしっかり使うことができます。


レポート作成に必要なMicorosoft Officeが搭載されたモデルも選択することができます。Office Home and Businessが搭載されていますので、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを利用することができます。

WordとExcel、Outlookが使えるOffice Personalも選択することができます。カスタマイズモデルを選択し、Microsoftソフトウェアの項目からOffice Personalを選ぶことができます。

以下はCPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。




CPUの性能


Core i5-1135G7の性能を測定すると、同じCPUを搭載した他のノートパソコンよりも高いスコアが得られました。とても快適に使うことができるでしょう。








上述のパソコンのパフォーマンスを制御する機能を使って、各モードでCPUの性能を計測しました。ご参考までにご覧ください。

静音モードにすると、約60%程度に性能は下がりますが、とても静かに使うことができます。パフォーマンスモードで計測してみると性能が少しアップしました。


設定  スコア
(CINEBENCH R20) 
スコア
(CINEBENCH R23)  
マルチコア シングルコア  マルチコア  シングルコア 
標準 2155 429 5548 1101
静音 1305 494 3347 1202
パフォーマンス 2227 516 5710 1294



ストレージの性能


ストレージの速度を測定しました。データの読み込みも書き込みも、非常に高速に動作します。





グラフィックスの性能


インテルIris Xeを搭載したモデルですが、メモリが8GB×1のシングルチャネルのため、本来の性能の半分程度のスコアとなりました。ただ、ネットや動画鑑賞、Officeソフトを使ったレポート作成などの一般的な用途には全く問題ない性能です。

もし、ライトなゲームプレイなど、高めのグラフィックス性能を必要とする作業を予定しているのであれば、16GBメモリ(8GB×2)を搭載したモデルを選択すると良いです。








各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。

ベンチマーク 評価対象 スコア
Nigh Raid DirectX 12 7584
Fire Strike DirectX 11 1741






外観の確認


それでは、ThinkBook 14 Gen2の外観を確認してみましょう。

まず、天板です。左上にLenovoのロゴ、右下に製品名であるThinkBookのロゴがあります。天板の途中で色のトーンが少しだけ変わっていて、スタイリッシュな感じがします。




ThinkBookのロゴを拡大したものです。前モデルでは一番下に位置していましたが、最新モデルでは少し上側へ移動されました。




本体の厚みは抑えられていてスリムです。





ディスプレイを開いたところです。












キーボードです。上質な雰囲気があります。





後ろ側から見たところです。ThinkBookのロゴが右下に見えます。













底面です。






ACアダプターです。





本体右側面です。




本体左側面です。




手前側です。




背面部です。







まとめ


Lenovo ThinkBook 14 Gen2は14インチの少し広めのディスプレイで、作業がしやすいノートパソコンです。必要に応じて持ち運べるので、大学で必要になった場合でもカバンに入れて持って行きやすいです。

デザインも爽やかで、大学生に良く似合います。

また、性能を抑えたモデルから高い性能のものまでラインナップされています。価格も7万円台からラインナップされていますので、とてもコストパフォーマンスが良いです。


詳細はこちら → Lenovo ThinkBook 14 Gen2(直販サイト)





関連記事    

1.Lenovo直販ストアでノートPCをカスタマイズして購入するコツ
2.大学生が使いやすいLenovoのノートパソコン
3.Lenovo Ideapad Slim 550 14型(AMD)レビュー 最新Ryzenを搭載しコスパに優れたノートパソコン
4.Lenovo Ideapad Flex 550 / 550i (14) レビュー 高性能でコスパ抜群のノートPC
5.Lenovo Yoga Slim 750i Carbonレビュー 1kg未満でスタイリッシュな高性能ノートパソコン
6.自宅用に最適なスタンダード・ホームノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る