Lenovo ThinkBook 15レビュー コストパフォーマンスに優れた15.6インチノートパソコン


Lenovo ThinkBook 15は、最新のCPUを搭載し、15.6インチの広い画面で快適に作業ができる性能の良いノートパソコンです。

映りの良いIPS液晶を搭載し、周辺機器との接続に必要なポート類も充実しています。また、指紋センサーやカメラのフィルターが搭載されているなど、プライバシーをしっかり守ることができ、セキュリティ機能も充実しています。

お手頃な価格設定になっていて、6万円台の価格から購入できるようになっています。コストパフォーマンスがとても良いノートパソコンです。

今回、Lenovo ThinkBook 15を実際に操作してみましたので、レビューをご紹介します。





詳細はこちら → Lenovo ThinkBook 15(直販サイト)







最新のCPUを搭載し、高い性能を持ちながらもお手頃価格で購入できる


Lenovo ThinkBook 15には、最新世代のインテル製のCPUが搭載されています。実際にCPUの性能を計測してみると、1世代前のCPUよりも20%近く性能がアップしていて、とても高速に動作しました。




インターネットやメール、SNSや動画・画像鑑賞といった用途や、Officeソフトを使ったレポートや書類作成など、とても快適に使うことができます。

しかも、この下で紹介しているように、セキュリティ機能やインターフェース(周辺機器との接続に必要なポート類)もしっかり搭載しながら、10万円を大きく切る価格(6万円台)から購入することができます。非常にコストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。






シンプルなデザイン


本体のカラーはミネラルグレーという色が採用されています。素材の質感を活かしたさわやかな色合いに仕上がっています。いろいろな場面に合わせやすい色だと思います。

天板には製品名のThinkBookとメーカー名のLenovoのロゴが、対角線上に配置されています。天板の中央には何もなく、シンプルなデザインです。




天板を開くとThinkBookのロゴが右下に、Lenovoのロゴが左上に来るようになっています。




ThinkBookのロゴを拡大したものです。




キーボードのカラーもグレーになっていて、ディスプレイを取り囲むフレームのカラーはブラックとなっています。落ち着いた感じがして、しっかりと作業できそうです。









15.6インチのサイズだから広々と快適に使える


Lenovo ThinkBook 15は製品名からも推測できる通り、15.6インチのサイズのノートパソコンです。画面が広くて見やすく、またキーボードにも余裕があるので作業がしやすいです。しっかりと使えます。




どれくらいの大きさかというと、A4ノートよりも大きくなります。13.3インチのノートパソコンだとA4ノートとほぼ同じ大きさになるので、ThinkBook 15は二まわり程大きいです。




重さは約1.84kgとなっていて、一般的な15.6インチノートパソコンよりも軽くできています。外に持って行こうと思えば、持ち運ぶこともできます。

ただ、頻繁に持ち運ぶのは少し厳しいかなと思います。どちらかというと、自宅に据え置いてじっくりと使う方が適しています。






WordやExcel、PowerPointなどのレポート作成に必要なOfficeソフトを搭載したモデルもラインナップ


大学ではWordやExcelを使って講義のレポートを作成する機会が非常に多くあります。また、卒論やゼミの発表ではPowerPointを使ってプレゼン資料を作成する必要もあります。

ThinkBook 15を購入する際には、Word、Excel、PowerPointが含まれたMicrosoft Office Home and Businessを搭載したモデルを選択することができます。購入してすぐにレポート作成やプレゼン資料の作成ができます。

Office Home and Businessには、これら以外にもメールソフトであるOutlookと、デジタルノートをとることができるOneNoteが含まれています。






インターネットにはWi-Fiだけでなく、LANケーブルを挿しても接続できる


インターネットにはWi-Fi(無線LAN)で接続することができます。最近はWi-Fiルーターが普及していますので、特に問題はないでしょう。

さらに、ThinkBook 15には有線LANポートが搭載されています。Wi-Fiだけでなく、LANケーブルを挿してもインターネットに接続することができます。




LANケーブルを使った方が高速にネット接続できる場合があります。速いレスポンス(応答)が必要なときなどは、LANケーブルを使った接続が便利です。

また、大学の研究室やゼミなどで使う場合には、Wi-Fi環境が整備されていないこともあります。有線LANが使えると、追加で機器を用意することなく対応できるので便利です。






広く使えるキーボード


キーボードは下の写真のようになっています。右上に電源ボタン兼指紋センサーが搭載されています。

15.6インチの大きさがあるのでスペースにも余裕があり、ゆったり使えます。パームレスト(手を置く場所)も広いです。




キーボードの左側です。数字やアルファベット、半角全角切り替え、Shiftキーなど、よく使われるキーの大きさが十分に確保されていて使いやすいです。キーの間隔も特に問題ありません。スペースキーと両隣のキーがくっついていますが、スペースキーが十分な大きさがあるので、打ち間違えることなく使えます。




キーボードの右側です。Enterキー、Shiftキー、Backspaceキーとその左隣のキーがくっついているのがわかります。EnterキーとShiftキーに関しては特に問題ないです。実際に試したところ打ち間違えることはありませんでした。ただ、Backspaceキーとその隣の「¥」キーについては、「¥」キーがだいぶ小さくなっているので、慣れるまでは見ながら入力した方が良さそうです。おそらく使用頻度が低いため、このようになっているのだとは思います。

テンキーが搭載されていて、数字の入力がやりやすいです。実験データの入力や、家計簿をつける、またサークル活動などで会計データを記載したり、数字のワンタイムパスワードを入力したりするときに、速く入力できて便利です。




キーボードを拡大したところです。打鍵感が良く、快適に入力できました。




タッチパッドです。十分な広さがあり、使いやすいです。








映りが良く、見た目もスッキリしているディスプレイ


ディスプレイを取り囲むフレームがスリムになっています。見た目的にもスッキリしています。

IPS液晶が搭載されています。上から見ても横からなど角度を変えて見ても、色調やコントラストの変化がなく、映りがとても良いです。鮮やかに表示されます。レポートや書類作成はもちろん、画像や動画を見るときも見やすいでしょう。

解像度は1920×1080(フルHD)で、画面は非光沢液晶となっています。映り込みが少なくて目に優しいです。




上や横からなど、角度を変えて見ても色合いが変化することなく見やすい。














指紋センサーとシャッター付きカメラ搭載でセキュリティ対策もOK


ThinkBook 15に搭載されている電源ボタンは、指紋センサーを兼ねています。電源ボタンを押す際に、指紋認証もあわせて行われるようになっているので、ログイン画面で再度指をかざす必要がありません。ボタンを1回押すだけでログインが完了します。パスワードを入力する必要がなくてとても便利ですね。




この指紋センサーは、すべてのモデルに搭載されているわけではないのでご注意ください。指紋センサーが搭載されていないモデルでも、カスタマイズによって搭載することができます。

指紋センサーがあると、他人が勝手にパソコンを使うのを防ぐことができます。大事なデータや人に見られたくないデータを守ることができます。


また、ディスプレイの上部にはカメラが搭載されています。カメラレンズのすぐ上にあるスライドレバーを動かすと、カメラ自体に蓋をすることができます(ThinkShutter)。カメラで撮影しようと思っても、蓋がある状態なので映すことができません。

最近はカメラを乗っ取って、パソコンを操作している人を覗き見るというウィルスが発見されていて、カメラに対するセキュリティが重要視されています。カメラを使わないときは、このスライドレバーを動かして蓋をしておくとプライバシーを守ることができ、万が一のときでもパソコンを操作している人の情報を盗み見られる心配がありません。









周辺機器との接続に必要なポート類は十分に搭載されている


Lenovo ThinkBook 15に搭載されているインターフェース(ポート類)は、以下の写真のようになっています。光学ドライブは搭載されていないのですが、よく使われるものが十分に搭載されています。

プレゼンに使われるHDMIポートやLANケーブルを接続できる有線LANポート、フルサイズのSDカードに対応したSDカードスロットがあります。

また、USBポートは全部で3種類、合計5つも搭載されています。USB機器との複数同時接続にも対応でき、安心して使うことができます。








USB Type-Cポートは2つあります。1つはPowered USBという規格に対応したもので、供給される電力が大きく、普通のUSBよりも早く充電できます。

もう一つは電源に対応したものです。今回のレビューで使用したThinkBook 15の電源ケーブルはUSB Type-Cとなっていました。ケーブルを接続するときは、2つあるUSB Type-Cのうち、電源に対応した方に接続する必要があります。


電源ケーブルをUSB Type-Cポートに接続するところ。ACアダプターを使う場合は、必ず電源に対応したUSB Type-Cに接続する必要がある。


本体の右側面にも電源コネクタが1つ搭載されていましたが、今回は使用しませんでした。



USB2.0ポートは通常はカバーがされていて、外からは見えなくなっています。このポートを使うためには本体を裏返し、底面部にあるカバーを開きます。


USB2.0ポート。通常はカバーで隠れている。使うためには本体底面部にあるカバーを開く。



USB2.0ポートのカバーを開くと、下の写真のようにUSBポートが使えるようになります。このポートには、ワイヤレスで使うマウスの受信器を接続しておくととても便利です。普段はカバーをしておけば隠れて綺麗に見えなくなって見た目もスッキリしますし、受信機がPC本体に埋め込まれるような形になるので、ひっかけて壊してしまったり邪魔になったりすることがありません。とても良く考えて作られているなと思いました。


USB2.0ポートを開いたところ。






HDMIポート搭載でプレゼンもOK


大学ではゼミや研究室でプレゼン発表の機会が多くあります。Lenovo ThinkBook 15にはHDMIポートが搭載されているので、モニターやプロジェクターとThinkBook 15をHDMIケーブルで接続すれば、パソコンの画面を簡単に映し出すことができます。




実際に、HDMIケーブルを使ってモニターと接続してみました。問題なくPCの画面を映し出すことができました。








SDカードスロットを搭載し、デジカメのデータなどを管理できる


SDカードスロットが搭載されていて、フルサイズのSDカードに対応しています。デジカメやビデオカメラのデータを管理することができます。もちろん、micro SDカードもアダプターを接続することで読み書きすることができます。




SDカードは途中までしか入りません。作業するときはひっかけないようにだけ注意しましょう。






静音性の確認


アイドル時でも時々ファンが回って動作音がすることがありました。インターネットをしているときに画像が多いページなどを開くと、ファンが回って動作音がし始めることがありました。いずれも大きな音ではないのですが、気になる人がいるかもしれません。

CPUに負荷がかかったときの動作音は、一般的なノートパソコンと同程度の大きさでした。


測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~31db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~33db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db
CPU 80%使用時 39~40db






ThinkBook 15の性能と仕様を確認


ThinkBook 15の仕様は以下のようになっています。

 OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i3-10110U / Core i5-10210U
Core i3-1005G1 / Core i5-1035G1 / Core i7-1065G7 
メモリー 4GB / 8GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
ハードディスク: 500GB / 1TB / 2TB
SSD + ハードディスクの構成にカスタマイズすることも可能
無線LAN
有線LAN
光学ドライブ -
SDカードスロット
 HDMI
USBポート USB3.1 × 2
USB Type-C × 2 
USB2.0×1
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
光沢なし
サイズ 15.6インチ
 Officeソフト Office Home and Business 
重さ 1.84kg
バッテリー持続時間 約11.3時間
価格  6万円台~


今回のレビューで使用したLenovo ThinkBook 15の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i5-10210U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB


CPUはCore i3 / Core i5 / Core i7から選択することができます。CPUはいずれも最新世代のものですが、末尾がUで終わるものとGで終わるものの2種類が用意されています。それぞれの性能を比較すると、以下のグラフのようになります。オレンジ色になっているのが、ThinkBook 15で選択できるCPUになります。スコアが大きいほど性能が高くなります。



CPUの性能を比較したもの。スコアが大きいほど高い性能を示す。オレンジ色はThinkBook 15で選択できるものを示す。


Core i5-10210UやCore i5-1035G1がスタンダードな性能で使いやすいのではないかと思います。

メモリは4GBまたは8GBを選択できます。8GBを選択しておくと安心です。

ストレージはSSDとなっていますが、カスタマイズできるモデルではSSDの容量を増やしたり、SSD + ハードディスクというダブルストレージにすることも可能です。SSDの高速な動作とハードディスクの大容量を兼ね備えることができます。


レポート作成に必要なMicorosoft Officeが搭載されたモデルも選択することができます。Office Home and Businessが搭載されていますので、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを利用することができます。



以下はCPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。




CPUのベンチマーク

CPUの性能をCINEBENCH R15とCINEBENCH R20という2つのソフトで計測しました。

両方とも高いスコアとなりました。Core i5-10210Uを搭載した他のノートパソコンよりも高いスコアとなっています。また、前世代のCore i7-8565Uのスコアよりも20%程度高くなっていて、大きく性能がアップしていることがわかります。









ストレージのベンチマーク


ストレージの速度を測定しました。データの読み込みも書き込みも、非常に高速に動作します。










外観の確認


それでは、ThinkBook 15の外観を確認してみましょう。

まず、天板です。左上にLenovoのロゴ、右下に製品名であるThinkBookのロゴがあります。




高さは18.9mmとなっていてスリムです。圧迫感が抑えられて快適に使うことができます。




ディスプレイを開いて前から見たところです。










ディスプレイは180度開くことができます。




後ろ側から見たところです。












底面部です。




スピーカーは底面部の手前側、左右に1つずつ配置されています。サウンドのクオリティは良いと感じました。Dolby Atmos Systemが搭載されていて、自分好みのサウンドにカスタマイズすることが可能です。





ACアダプターです。コンパクトになっていて、手のひらにスッキリと収まる小型サイズです。







本体右側面です。





本体左側面です。




手前側です。




背面部です。







まとめ


Lenovo ThinkBook 15は、15.6インチの広い画面で快適に作業ができるノートパソコンです。

最新のCPUを搭載しているうえに、映りの良いIPS液晶や使い勝手の良いインターフェースを搭載しています。しかも、指紋センサーやプライバシーを守るカメラシャッター(ThinkShutter)も搭載しているなど、セキュリティ機能も充実しています。

このような高いクオリティを持っていて6万円台の価格からラインナップされているので、コストパフォーマンスにとても優れています。購入しやすい価格帯になっていますので、興味を持たれた方は是非検討してみてください。



詳細はこちら → Lenovo ThinkBook 15(直販サイト)





関連記事    

1.Lenovo直販ストアでノートPCをカスタマイズして購入するコツ
2.大学生が使いやすいLenovoのノートパソコン
3.Lenovo Ideapad S540(15)レビュー 10万以内で購入できるコスパ抜群のノートパソコン
4.Lenovo Ideapad S540(14, AMD)レビュー 持ち運べる高コスパなノートパソコン
5.DELL New Inspiron 13 7000レビュー 大学生活に必要な性能と機能を持つノートパソコン
6.自宅用に最適なスタンダード・ホームノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る