Lenovo V15 Gen 2 (AMD)レビュー 最新のRyzenを搭載し10万以下で購入できるノートパソコン


Lenovo V15 Gen 2 (AMD)は、最新のRyzen 5000シリーズのCPUを搭載したノートパソコンです。とても高速な動作が可能で、サクサク快適に使うことができます。

15.6インチで約1.7kgの軽量な筐体なので、広い画面で作業ができるうえに、宅内モバイルなど、気軽に移動して使いやすいです。

今回、Lenovo V15 Gen 2 (AMD)を実際に操作してみましたので、レビューをご紹介します。







最新のRyzenを搭載し、購入しやすい価格帯


Lenovo V15 Gen 2 (AMD)はAMD製の最新のCPUであるRyzen 5000シリーズを搭載したノートパソコンです。このCPUはとても性能が高く、サクサク高速に動作します。




実際、パソコンの起動や終了は速いですし、ソフトウェアの動作やデータの読み書きも高速です。インターネットやメールの送受信、動画の視聴などはもちろんのこと、Officeソフトを使ったレポートや書類作成もとても快適に動作します。

しかも、価格は6万円台からとなっていて、とても購入しやすい価格帯です。安くて高性能なノートパソコンを探している方には、とても良い選択肢になるでしょう。




軽量な15.6インチのノートPC


Lenovo V15 Gen 2 (AMD)は15.6インチのサイズがあります。下の写真はPCの上にA4ノートを置いてみたところです。本体のサイズはA4ノートよりも大きいです。




重さは実測で約1.68kgでした。15.6インチのノートPCとしては軽量です。自宅で気軽に場所を変えて使ったり、必要であればカバンに入れて外出先に持って行くこともできます。




厚みが抑えられているので、カバンに入れてもスッキリと入ります。ただ、A4ノートよりも大きいものがしっかり入るカバンが必要になります。また、約1.68kgあるので、長時間持ち歩くと少し疲れるかもしれません。持ち歩く場合は比較的短時間が良いでしょう。







WordやExcel、PowerPointなどのレポート作成に必要なOfficeソフトを搭載したモデルもラインナップ


大学ではWordやExcelを使って講義のレポートを作成する機会が非常に多くあります。また、卒論やゼミの発表ではPowerPointを使ってプレゼン資料を作成する必要もあります。

Lenovo V15 Gen 2 (AMD)を購入する際には、Microsoft Office Home and Business、またはOffice Personalを搭載したモデルを選択することができます。

それぞれのバージョンに含まれるアプリは以下の表のようになっています。

 Office Personal Word、Excel、Outlook
 Office Home and Business Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote


Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。書類やレポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはPowerPointはありませんが、Word、Excelが含まれています。




インターネットにはWi-Fiだけでなく、LANケーブルを挿しても接続できる


インターネットにはWi-Fi (無線LAN)で接続することが可能です。対応している通信規格は、IEEE 802.11 ac/a/b/g/nとなっています。最新の通信規格である11axに対応していないのは少し残念ですが、通常使う分には11acや11nで全く問題ありません。




また、有線LANポートも搭載されているので、LANケーブルを挿してネット接続することも可能です。LANケーブルを使うと通信が安定します。オンライン授業を受ける時など、接続が切れては困るような場合にLANケーブルを使うと良いでしょう。



キーボード


テンキーが搭載され、スタンダードな日本語配列のキーボードです。




キーの下側が丸みを帯びていて、ソフトな印象があります。キーの大きさも問題なく、しっかりとにゅうりょくできます。




テンキーが搭載されていて、数字データを連続して入力するときに便利です。実験データを入力したり、家計簿をつけたりするときに役立つでしょう。

「\」キーが他のキーに比べて半分程度の大きさになっています。ブラインドタッチだと慣れるまでは少し入力しづらいかもしれません。最初は目で確認しながら入力した方が良いでしょう。




タッチパッドです。




パームレスト(手を置く場所)を拡大したものです。小さな格子状のデザインとなっています。






ディスプレイ


ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080(フルHD)です。





正面から見る分には問題ないですが、視野角が狭いので角度を変えて見ると映り方が変わります。





sRGBカバー率は65.1%となっていて、一般的なディスプレイです。インターネットやメール、Officeソフトを用いたレポートや書類作成などの一般的な用途であれば問題ありません。

sRGBカバー率 65.1%
Adobe RGBカバー率  48.7%


タッチパネルではないので、指で画面を触って操作することはできません。







セキュリティ


セキュリティ機能としては、カメラレンズにカバーをかけることができる機能が搭載されています。レンズのすぐ上側にあるレバーを左右に動かすだけで、簡単にカメラレンズにカバーをかけられます。見た目にもカバーがかかっているかどうかがわかりやすいです。

ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使っていて、気がつかないうちにカメラに映っていたというようなことを防ぐことができます。




また、指紋センサーや顔認証機能は搭載されていません。





周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器との接続に必要なインターフェースは以下のようになっています。






USBポートは標準サイズ(Type-A)のものが2つ、USB Type-Cポートが1つ搭載されています。USB3.2とUSB2.0がありますが、USB3.2の方が高速にデータを転送できます。USBメモリや外付けハードディスクなどをつなぐときはUSB3.2を利用し、マウスなどの機器を取り付けるときはUSB2.0を利用すると良いでしょう。

USB Type-Cポートは通常のUSB機能が利用できます。ディスプレイ出力やPower Deliveryなどの機能は利用できません。

また、SDカードスロットは非搭載となっています。





HDMIポート搭載でプレゼンもOK


HDMIポートが搭載されているので、プレゼンを行ったりディスプレイをつないでマルチモニターで作業したりすることができます。




実際に、HDMIケーブルでPCとモニターをつないでみました。PCの画面を問題なく映し出すことができました。







カメラとマイク、スピーカー


カメラとマイクはディスプレイの上部に搭載されています。上述したように、カメラレンズにカバーをかけることができます。




また、スピーカーは本体の底面に左右1つずつ搭載されています。サウンドは普通です。動画を見たり、人の声を聞いたりするのは問題ないでしょう。




このようにカメラ、マイク、スピーカーが搭載されているので、ZoomやTeamsなどを使ったオンライン授業を受けることも問題ありません。

CPUの性能も高く、メモリも8GB搭載されているので、授業を受けながら課題をこなすことも問題ありません。





CPUの性能をコントロールできる機能を搭載


インテリジェントクーリング機能というものが搭載されていて、パソコンのパフォーマンスを制御することが可能です。




標準の設定はインテリジェントクーリングになっていて、バランスのとれたモードになります。

エクストリーム・パフォーマンスモードにすると、CPUの性能を5%程度高めることが可能になります。より高速に使いたい場合はこのモードにすると良いでしょう。

バッテリー省電力モードにすると、CPU性能は12%程度ダウンしますが、動作音を抑えて使うことが可能になります。さらに静かに使いたい時にはこのモードにすると良いでしょう。






静音性の確認


上述のCPUの性能をコントロールできる機能を使って、各モードでの動作音の大きさを計測しました。

各モードで、インターネットや動画閲覧など、負荷の低い作業をしているときはとても静かです。

CPUに大きな負荷がかかると動作音は大きくなりますが、標準のインテリジェントクーリングモードでの動作音の大きさは、他のノートパソコンと同程度でした。エクストリームパフォーマンスモードでは少し大きめ、バッテリー省電力モードだと、動作音を抑えて使うことができました。

通常は標準のインテリジェントクーリングモードで問題ないでしょう。より静かに使いたい場合は、バッテリー省電力モードにすれば大丈夫です。


測定項目  測定値   
 インテリジェントクーリング
(標準)
エクストリーム・パフォーマンス  バッテリー省電力 
(静音)
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db  
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db  
YouTube閲覧時 28~29db  
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db 
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R20実行)
41~42db 43~44db  33~34db 






Lenovo V15 Gen2 (AMD)の仕様と性能を確認


Lenovo V15 Gen2 (AMD)の仕様は以下のようになっています。

 OS Windows 10 Home / Pro
Windows 11 Home / Pro
CPU Ryzen 3 5400U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリー 4GB / 8GB
追加で4GB / 8GBのメモリを搭載可能
(メモリ2枚構成が可能)
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB
無線LAN
有線LAN
光学ドライブ -
SDカードスロット -
 HDMI
USBポート USB3.2 × 1
USB2.0 × 1
USB Type-C × 1 
ディスプレイ Full HD(1920x1080)
光沢なし
サイズ 15.6インチ
 Officeソフト Office Home and Business 
Office Personal
重さ 1.7kg
バッテリー持続時間 約14.1時間


今回のレビューで使用したLenovo V15 Gen2 (AMD)の主な仕様は以下の通りです(メーカー貸出機)。

OS: Windows 10 Home
CPU: Ryzen 5 5500U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB


Lenovo V15 Gen2 (AMD)には構成が固定されたモデルと、構成をカスタマイズできるモデルが用意されています。構成が固定されたモデルに希望する者が見つからなければ、構成をカスタマイズしてみてください。

 構成が固定されたモデル

カスタマイズ可能モデル
 


OSはWindows 11またはWindows 10から選択できます。Windows 11へは無償でアップグレードすることができるので、Windows 10でも問題ありません。アップグレードするのが面倒に感じるのであれば、最初からWindows 11を選択しておくのが良いでしょう。

CPUはRyzen 3、Ryzen 5、Ryzen 7から選択できます。性能はRyzen 3 < Ryzen 5 < Ryzen 7となります。Ryzen 3でもインテルCore i5-1135G7と同等の性能を持っていて、とても快適に使うことができます。


CPUの性能比較
Core i7-10870H
3454
Ryzen 7 5700U
3390
Core i7-10750H
2902
Core i7-9750H
2767
Ryzen 5 5500U
2707
Ryzen 7 4700U
2643
Core i7-1165G7
2231
Core i5-10300H
2152
Ryzen 3 5300U
2053
Core i5-1135G7
1998
Ryzen 5 4500U
1995
Core i5-9300H
1696
Core i7-1065G7
1668
Core i7-10510U
1520
Ryzen 3 4300U
1403
Core i5-1035G4
1345
Celeron N4120
405
スコア(CINEBENCH R20)
黄色:Lenovo V15 Gen2 (AMD)で選択できるCPU


メモリは4GBまたは8GBとなっています。また、メモリを2枚搭載することも可能です。8GBのメモリ1枚でも一般的な用途で全く問題なく使うことが可能です。メモリを2枚搭載すると、グラフィックスの性能をしっかり発揮することができます。

レポート作成に必要なMicorosoft Officeが搭載されたモデルも選択することができます。Office Home and Businessを搭載したモデルを選択すると、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを利用することができます。

Office PersonalにはWord、Excel、Outlookが含まれています。PowerPointは搭載されていませんのでご注意ください。


以下はCPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。




CPUのベンチマーク

CPUの性能をCINEBENCH R20とCINEBENCH R23という2つのソフトで計測しました。

両方ともとても高いスコアとなりました。とても快適に使うことができるでしょう。







上述のパソコンのパフォーマンスを制御する機能を使って、各モードでCPUの性能を計測しました。ご参考までにご覧ください。

静音モードにするとスコアは12%程度低下しますが、動作音を抑えて使うことができました。標準設定でも十分静かに使えますが、より確実に静かに使いたい場合はこちらの設定を利用してみてください。


設定  スコア
(CINEBENCH R20) 
スコア
(CINEBENCH R23)  
マルチコア シングルコア  マルチコア  シングルコア 
標準 2707 452 6924 1178
静音 2390 458 6204 1178
パフォーマンス 2855 458 7404 1178





ストレージのベンチマーク


ストレージの速度を測定しました。データの読み込みも書き込みも高速に動作します。





グラフィックスのベンチマーク


グラフィックスの性能を計測しました。メモリが1枚のモデルなので、本来の性能は発揮されていませんが、一般的な用途に問題なく使うことができます。グラフィックスの性能をしっかり引き出したい場合は、メモリを2枚搭載したモデルを選択してみてください。








各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。


ベンチマーク 評価対象 スコア
Fire Strike DirectX 11 2172
Sky Diver DirectX 11 9416







外観の確認


それでは、Lenovo V15 Gen2 (AMD)の外観を確認してみましょう。

まず、天板です。Lenovoのロゴが隅に小さく刻印されています。




天板は下の写真のように、細かなメッシュのデザインが施されています。




本体は比較的スリムです。












視野角はそれほど広くないので、斜めから見ると映り方が変わります。




15.6インチのサイズがあるので、キーボードにはゆとりがあります。








後ろ側から見たところです。








ACアダプターです。小型なので使いやすいと思います。




底面です。





本体右側面です。





本体左側面です。




手前側です。




背面部です。







まとめ


Lenovo V15 Gen 2 (AMD)は、15.6インチの広い画面で快適に作業ができるノートパソコンです。

ディスプレイの視野角が少し狭いので、斜めから見ると見え方が変わりますが、CPUに最新のRyzen 5000シリーズを搭載していて、とても高速に動作します。

しかも、価格が6万円台からととてもリーズナブルなので、安くて性能の良いノートパソコンを探している方は是非検討してみてください。


詳細はこちら → Lenovo V15 Gen 2 (AMD)(直販サイト)





関連記事    

1.Lenovo直販ストアでノートPCをカスタマイズして購入するコツ
2.大学生が使いやすいLenovoのノートパソコン
3.Lenovo Ideapad Flex 550i (15)レビュー 10万円以内で購入できる快適な性能のノートパソコン
4.Lenovo Ideapad Slim 550i 15.6型レビュー 軽量で使いやすく10万以内で購入できるノートパソコン
5.Lenovo Legion 760レビュー 本格的なゲームプレイを楽しめるハイエンドゲーミングノートPC
6.自宅用に最適なスタンダード・ホームノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る