Lenovo Ideapad Flex 550 / 550i (14) レビュー 高性能でコスパ抜群のノートPC


Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルと、Ideapad Flex 550i(14) インテルモデルは、最新のCPUを搭載した14インチのノートパソコンです。

性能を抑えたモデルから高い性能のモデルまで豊富なラインナップで、自分に合った1台を見つけやすいです。しかも、高い性能のモデルでも10万円以内の予算で購入することができ、とてもコストパフォーマンスに優れています。

タブレットに変形して使ったり、デジタルペンでの入力もできたり、指紋認証やプライバシーを守るカメラもしっかり搭載されています。周辺機器との接続も問題ありません。

今回Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルを実際に使用してみましたので、その内容をレビューしてみたいと思います。






詳細はこちら → Ideapad Flex 550i(14) インテル(直販サイト)


詳細はこちら → Ideapad Flex 550(14) AMD(直販サイト)
 




爽やかに使えるシンプルなデザイン


Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルは、本体カラーがシルバーとなっていて、とても爽やかなデザインのノートパソコンです。天板は下の写真のようになっていて、Lenovoのロゴが左上に小さく刻印されているだけで、とてもシンプルです。

自宅の部屋の雰囲気にも合わせやすく、爽やかに使うことができるでしょう。




キーボードのキーはブラックで、それ以外の部分がライトグレーとなっています。天板のカラーと綺麗に調和しています。








Ryzenシリーズ、またはCore iシリーズを搭載し、10万円を大きく切る価格で購入できる


CPUにはAMD製のRyzenシリーズを搭載したモデルであるIdeapad Flex 550(14) AMDモデルと、インテル製のCore iシリーズを搭載したIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルの2種類がラインナップされています。

Ideapad Flex 550(14) AMDモデルは、CPUとしてRyzen 3 4300U / Ryzen 5 4500U / Ryzen 7 4700Uから選ぶことができます。Ryzenシリーズはとても高い性能でしっかり使うことができます。




今回のレビューではこのIdeapad Flex 550(14) AMDモデルを使ってみました。パソコンの動作は高速で、ネットをしたり動画鑑賞やSNSなどの作業もとても快適に使うことができます。もちろん、Officeソフトを使ったレポートや書類の作成も全く問題なく使える性能です。

このような高い性能を持ったノートPCですが、Ideapad Flex 550(14) AMDモデルは、10万円を大きく切る価格で購入できます。とても高い性能のノートパソコンが手頃な価格で購入できるので、とてもコストパフォーマンスが高いです。

実際、とても人気のある製品でよく売れているようです。在庫がないことも多いため、もし購入が可能な状態になっていればなるべく早く行動するのが良いでしょう。

また、Ideapad Flex 550(14) AMDモデルと同じ外観と機能を持っていて、CPUがインテル製のCore iシリーズを搭載したモデル(Ideapad Flex 550i(14) インテルモデル)もラインナップされています。こちらも同様に高い性能を持っていて快適に使うことができ、価格もIdeapad Flex 550(14) AMDモデルと同じくらい安く購入できますので、急いでいる場合はこちらのモデルも検討すると良いでしょう。





タブレット変形+ペン入力に対応し、イラストを描いたり大学の講義ノートの作成などに使える


Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルは、下の写真のようにディスプレイを360度回転させることができ、ノートパソコン以外の使い方もできます。

2in1 PCと呼ばれるもので、ノートパソコンとしてだけでなくタブレットとしても使うことが可能です。




そして、デジタルペンも標準で付属しています。




ディスプレイはタッチパネルとなっていますので、指で操作したりデジタルペンでの入力が可能になります。

下の写真のように、イラストを描くことができるようになります。手書きで描けるので便利ですね。趣味でイラストを描いたり、マンガを描く人はとても使いやすいと思います。




また、文字も書き込むことができますので、ちょっとしたアイデアをパソコンでまとめたり、大学の講義ノートをPCでとるということもできるようになります。

科目ごとにノートを用意する必要もなく、PCにすべてまとめることができます。色を変えたり、線を引くのも簡単にできます。関連する写真や画像をネットからコピーして貼り付けることも簡単です。








スッキリ使えて持ち運ぶこともできる


Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルは、両者ともに14インチのサイズがあります。

どれくらいの大きさかというと、下の写真のようにA4ノートよりも横幅が少し大きいくらいです。奥行きはA4ノートとほぼ同じです。比較的広めのディスプレイで快適に作業ができるでしょう。




重さは約1.54kgです。モバイル向けの超軽量ノートPCと比較すると重く感じるかもしれませんが、十分に持ち運ぶこともできます。普段は自宅で使いながら、時々大学に持って行くというような使い方ができます。








インターネットへの接続はWi-Fiで行う


インターネットへの接続は無線LAN(Wi-Fi)で行います。最近はWi-Fiが普及していてルータが手ごろな価格で手に入りますので、問題なく接続できると思います。






講義のレポート作成に必要なOfficeソフトを選択可能


講義の作成にはMicrosoft Officeソフトを使用します。Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルを購入する際には、Microsoft Office Home and Businessを搭載したモデルを選択することができます。

Office Home and BusinessにはWord、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが含まれていて、レポート本文の作成や数値計算、グラフ作成、プレゼン資料の作成、講義ノートの作成などが行えるようになります。

Office単体で購入するよりもセットのほうが安く購入することができます。





キーボード


キーボードは下の写真のようになっています。スタンダードな日本語配列のキーボードです。各キーの下側が丸みを帯びていて、ソフトな印象があります。

キーボードの左右の両端にはスピーカーが搭載されています。スピーカーについては後述します。また、矢印キーの下側に指紋センサーが搭載されています。




キーボードの左側です。特に気になる点はありません。




キーボードの右側です。BackSpaceキー、Enterキー、Shiftキーの各キーとその左隣のキーがくっついていますが、個々のキーに十分なと大きさがありますので、打ち間違えるということはありませんでした。問題なく入力できるでしょう。




タッチパッドです。








指紋センサーで簡単ログインと高いセキュリティ実現


指紋センサーが搭載されているので、パスワードを入力することなくワンタッチでログインすることができるようになります。パソコンを使い始めるのがとても楽になります。

また、指紋認証によって他人が勝手にPCを操作することを防止できるようになります。パソコンには大事なデータや秘密にしておきたい情報が増えていきますので、セキュリティが高まって安心して使うことができるようになります。








IPS液晶を搭載したディスプレイ


ディスプレイはIPS液晶を搭載していています。フレームがスリムになっていて、外観的にも良いです。





sRGBカバー率は58.7%となっていて色域は広くはありませんが、インターネットやメール、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などの一般的な作業をする分には問題ありません。

sRGBカバー率 58.7%
 sRGB比 58.9% 
Adobe RGBカバー率  43.7%
Adobe RGB比 43.7%


IPS液晶を搭載しているので、上や横など、角度を変えて見ても映り方に変化はなく、綺麗に表示されます。見やすいディスプレイです。





解像度は1920×1080(フルHD)で、光沢ありの液晶となっています。










周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器との接続に必要なインターフェースは、良く使われるものが搭載されています。プレゼンに使えるHDMIポートや、標準サイズのUSBポートが2つとUSB Type-Cポートが1つ搭載されていますので、周辺機器を接続するうえで特に困ることはないでしょう。







SDカードスロットはフルサイズのものに対応しています。micro SDカードはアダプターをかぶせてあげれば読み書きできるようになります。フルサイズとmicro SDカードの両方に対応できるので便利です。

SDカードを挿すときは途中までしか入りません。作業中にひっかけないように気をつけましょう。






HDMIポートを搭載し、プレゼンにも対応できる


大学の授業ではプレゼンを行う機会があります。演習などでプレゼンを行うことも多いでしょう。特に、ゼミや研究室に所属するようになるとプレゼンをすることが増えます。

モニターやプロジェクターのほとんどがHDMIに対応しています。Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルにはHDMIポートが搭載されていますので、HDMIケーブルをつなぐだけで簡単にモニターやプロジェクターに映し出してプレゼンを行うことができます。




実際にHDMIケーブルでPCとモニターをつないでみたところ、問題なくPCの画面を映し出すことができました。







DOLBYサウンドシステムを採用


スピーカーはキーボードの面に搭載されていて、左右に1つずつあります。大きいスピーカーがサウンドのクオリティも良かったです。音楽を聞いたり、動画を楽しむことができるでしょう。




サウンドシステムとしてDOLBY AUDIOが採用されています。









プライバシーを守ることができるカメラを搭載


カメラはディスプレイの上部に搭載されています。

このカメラにはレンズカバーが搭載されていますので、レンズのすぐ上にあるレバーを左右に動かしてカバーをかけることができるようになっています。

レンズが常にオープンの状態だと、誰かに見られているような気がしたり、ビデオ通話ソフトを使っていて設定を間違得ていることに気がつかずカメラに映ってしまっていた、というようなことが起こりえますが、カバーをかけておくことで絶対に撮影されないという安心感が得られます。




寝癖のついたボサボサの頭や散らかった部屋を見られたくない、メイクをしていない顔を見られたくないというような場合など、プライバシーをしっかり守ることができます。





オンライン授業にもしっかり対応できる


上述したように、Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルには、カメラとスピーカー、そしてマイクが搭載されていますので、ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業にも対応することができます。





パソコンの性能をコントロールでき、パワフルに使ったり静音性を高めたりできる


インテリジェントクーリング機能というものが搭載されていて、パソコンのパフォーマンスを制御することが可能です。




標準の設定はインテリジェントクーリングになっていて、バランスのとれたモードになります。

エクストリーム・パフォーマンスモードにすると、CPUの性能を10%程度高めることが可能になります。より高速に使いたい場合はこのモードにすると良いでしょう。

バッテリー省電力モードにすると、CPU性能は20%程度ダウンしますが、動作音を抑えて使うことが可能になります。さらに静かに使いたい時にはこのモードにすると良いでしょう。




静音性の確認


問題なく使えるノートパソコンだと思います。

上述のインテリジェントクーリング機能を使って、インテリジェントクーリング、エクストリーム・パフォーマンス、バッテリー省電力の各モードで動作音を計測しました。

まず、標準設定のインテリジェントクーリング・モードとエクストリーム・パフォーマンスモードです。動画を見たりするなど負荷のかからない作業の時はとても静かに使うことができました。負荷がかかると動作音は大きくなりましたが、一般的なノートパソコンと同等程度の大きさでした。特に問題はないと思います。

バッテリー省電力モードでは、より静かに使うことができます。ネットをしたり動画を見るというような軽作業の時はほとんど動作音がしませんでした。また、負荷をかけると動作音はしましたが、標準設定のインテリジェントクーリングモードやエクストリームパフォーマンスモードよりも静かでした。

通常は標準設定のインテリジェントクーリング・モードで使うということで全く問題ないでしょう。快適に使用できると思います。もし、より静かに使いたいという場合には、静音モードを利用すれば良いでしょう。


測定項目  測定値   
 インテリジェントクーリング エクストリーム・パフォーマンス  バッテリー省電力 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db  
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db  
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db  
YouTube閲覧時 28~29db  
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~30db 28~29db 
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R20実行)
40~41db 41~42db  35~36db 







性能と仕様


Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルとのスペックを確認してみましょう。


モデル名  Ideapad Flex 550(14) AMD  Ideapad Flex 550i(14) インテル 
 OS Windows 10 Home   
 CPU Ryzen 3 4300U
Ryzen 5 4500U
Ryzen 7 4700U
Core i3-1005G1
Core i5-1035G1
Core i7-1065G7

Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 4GB / 8GB / 16GB 
ストレージ
SSD 
SSD 128GB / 256GB / 512GB  
 光学ドライブ -  
 サイズ 14インチ     
液晶 1920 ×1080(解像度) IPS液晶 フルHD
光沢あり  
グラフィックス  AMD Radeonグラフィックス インテルUHD / インテルIris Plus  
HDMI  〇  
 USBポート USB3.0 × 2
USB Type-C × 1 
Office 選択可
Office Home and Business  
有線LAN なし  
 無線LAN Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac  
重さ 約1.5kg  
 保証 1年(有償で3年)  



今回レビューに使用したモデルの仕様は以下のようになっています(メーカー貸出機)。

モデル:Ideapad Flex 550(14) AMD 
OS: Windows 10 Home
CPU: Ryzen 7 4700U
メモリ: 16GB
ストレージ:SSD 512GB
グラフィックス:AMD Radeonグラフィックス


CPUにAMD製のRyzenシリーズを搭載したモデルのIdeapad Flex 550(14) AMD と、インテル製のCore iシリーズを搭載したIdeapad Flex 550i(14) インテルの2種類がラインナップされています。

CPUとCPUに内蔵されるグラフィックス以外の仕様については、両モデルで違いはありません。メモリは最大で16GB、ストレージはSSDを搭載することができます。

どちらも高い性能を持っていますが、CPUの性能はAMDモデルの方が比較的良いです。

ただ、AMDモデルはとても人気があるため、在庫なしの状態ということも多いです。そのため、もしデザインや周辺機器との接続に必要なインターフェース、機能などが問題なければ、インテルモデルを選択するというのも良いと思います。下のグラフにもあるように、インテルモデルでも十分に高い性能を発揮することができます。

インテルモデルを選択する場合は、CPUに Core i3-1115G4 / Core i5-1135G7 / Core i7-1165G7が一番最新のCPUで性能が高くなります。特に、Core i5またはCore i7を選択するとグラフィックスがインテルIris Xeとなり、性能が良くなりますのでおすすめです。

AMDモデル、インテルモデルで搭載されるCPUの性能をまとめたグラフをご紹介します。オレンジ色のものが両モデルで選択できるCPUになります。CPU選びの参考にしてみてください。

CPUの性能比較
Ryzen 7 4700U
2902
Core i7-1165G7
2231
Core i5-1135G7
1998
Ryzen 5 4500U
1995
Core i7-1065G7
1668
Core i7-10510U
1520
Core i5-1035G1
1456
Core i5-10210U
1430
Ryzen 3 4300U
1403
Core i3-1115G4
1360
Core i3-1005G1
946
Core i3-10110U
751
Celeron N4120
405
スコア(CINEBENCH R20)
オレンジ色:Ideapad Flex 550i (14)インテル、Ideapad Flex 550 (14) AMDで選択できるCPU



文系の場合はネットやメール、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などのライトな使い方が中心になるので、CPUがCore i3やRyzen 3を搭載したモデルでも大丈夫なことが多いです。ただ、CPUをCore i5やRyzen 5でメモリを8GBのモデルにしておくと、より長く快適に使うことができます。

理系の場合は負荷のかかる処理が多いので、Core i5またはRyzen 5でメモリ8GBの構成がおすすめです。余裕があればCore i7やRyzen 7搭載のモデルにしておくと良いでしょう。


レポート作成に必要なOfficeソフトが搭載されたモデルも選択できます。Office Home and Businessが用意されていて、Word、Excel、PowerPointが含まれています。


以下はCPUとストレージ、グラフィックスの性能やゲームプレイの快適さを専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUのベンチマーク


CPUのパフォーマンスを制御する機能を使い、各モードでのCPUの性能を測定しました。

通常の状態で2902 ptsというとても高いスコアが出ています。非常に快適に使うことができるでしょう。

エクストリームパフォーマンスにすると、CPUの性能が約8%程度アップしました。また、バッテリー省電力にすると約20%ほどCPUのパフォーマンスは低下しますが、より静かに使うことができます。







ストレージのベンチマーク


SSDのアクセス速度を測定しました。読み書きともに高速です。パソコンを快適に使うことができるでしょう。






グラフィックスのベンチマーク


AMD Radeonグラフィックスの性能を測定しました。インターネットやメール、SNS、動画鑑賞やOfficeソフトを使った作業など、全く問題なく使うことができます。






各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。


ベンチマーク 評価対象 スコア
Time Spy DirectX 12 1239
Fire Strike DirectX 11 3227




ゲームのベンチマーク


ゲームがどれくらい快適にプレイできるかを調べてみました。

結論としては、画質や解像度などの設定を下げる必要がありますが、軽量級~中程度の重さのゲームであればカジュアルにプレイできるでしょう。一方で、重いゲームは厳しいと思います。


軽量級のゲーム


ファンタシースターオンライン2です。軽めのゲームです。画質を比較的軽めに設定する必要はありますが、軽量級のゲームは快適にプレイできるでしょう。




簡易描画設定 解像度  スコア  フレームレート(fps)
3(標準設定) 1920 × 1080 13950 109.2



中程度の重さのゲーム


ファイナルファンタジー漆黒のヴィランズです。中程度の重さのゲームは画面がカクつく場合があるかもしれませんが、画質と画面解像度の設定を低くすると、まずまずプレイできるでしょう。




グラフィック設定 解像度  スコア   評価 フレームレート(fps)
標準品質 1920 × 1080  5258 とても快適 35.8
標準品質 1280 × 720  7892 非常に快適 58.6



重量級のゲーム


ファイナルファンタジー15です。重量級のゲームは設定を低くしても厳しいでしょう。



グラフィック設定 解像度  スコア   評価 フレームレート(fps)
軽量品質  1920 × 1080 2295 重い 21.2
軽量品質 1280 × 720  3630 普通 35.8






外観チェック


Lenovo Ideapad Flex 550 (14) の外観をチェックしてみましょう。ここで紹介しているのはAMDモデルですが、インテルモデルでも同じ外観ですのでご参考にしていただければと思います。

まず、天板です。左隅にLenovoのロゴが小さくあるだけで、とてもシンプルです。シルバーの色合いが爽やかです。




本体はスリムにできています。




ディスプレイとキーボードをつなぐヒンジです。




前から見たところです。












後ろ側から見たところです。












底面です。




ACアダプターです。




本体右側面です。電源ボタン、SDカードスロット、USB3.0ポート×2が搭載されています。





左側面です。電源コネクタ、HDMIポート、USB Type-Cポート、マイク・ヘッドフォンジャックが搭載されています。




本体手前側です。




本体背面部です。






まとめ


Lenovo Ideapad Flex 550(14) AMDモデルとIdeapad Flex 550i(14) インテルモデルは、14インチのサイズで性能が良いとても使いやすいノートパソコンです。

シンプルで爽やかなデザインなので使う場所を選びませんし、A4サイズの大きさで持ち運ぶこともできます。タブレットに変形して使うこともでき、使い方の幅が広がります。

高い性能を持っていて、10万円を大きく切る価格で購入できるのも魅力的です。

手頃な価格で高性能なノートパソコンを探している方は、是非検討してみてください。


詳細はこちら → Ideapad Flex 550i(14) インテル(直販サイト)


詳細はこちら → Ideapad Flex 550(14) AMD(直販サイト)
 





関連記事    

1.大学生が使いやすいLenovoのノートパソコン
2.Lenovo Yoga Slim 750i (14)レビュー 高性能で軽量な14インチノートパソコン
3.Lenovo YOGA C740(14)レビュー 大学生が幅広く使えて上質なデザインの高性能ノートパソコン
4.Lenovo Ideapad Flex 550i (15)レビュー 10万円以内で購入できる快適な性能のノートパソコン
5.Lenovo直販ストアでノートPCをカスタマイズして購入するコツ
6.大学生におすすめのノートパソコン
7.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能









▲ このページの上部へ戻る