dynabook新製品リリース情報2022年3月モデル

2022年3月29日更新

2022年3月18日にdynabookの新製品が発表されました。

今回の発表では、dynabook Rシリーズをはじめ、いくつかの最新モデルが登場しました。

以下に最新情報をご紹介します。


最新モデル


今回の発表では、1kgを切る新製品としてdynabook Rシリーズ(dynabook R9 / R8 / R6)が新たに登場しました。また、これまでの既存モデルについてもアップデートがされ、すべてのモデルでWindows 11が搭載されるようになりました。


1kgを切る14インチのノートPC dynabook Rシリーズ





dynabook Rシリーズが新たに追加されました。以下のような特徴があります。

・Windows 11搭載
・14インチノートパソコン
・1kgを切る軽さ
・最新の第12世代インテルCPUを搭載
・充実のインターフェース
・指紋認証、プライバシーシャッターなどの充実のセキュリティ
・MIL規格をクリアした丈夫なボディ


dynabook Rシリーズは最新のWindows 11を搭載しています。しかも、先日インテルから発表されたばかりの最新の第12世代インテルCore iシリーズをCPUに搭載しています。第11世代のCPUも十分に高い性能でしたが、第12世代のCPUはより高い性能を発揮します。

サイズは14インチですが、重さは1kgを切る超軽量なノートパソコンです。1kgを切るノートパソコンというと13.3インチが主流でしたが、1kg未満の14インチノートPCが発表されたことで、軽くて持ち運びやすさを維持したまま、より広い画面で快適に作業ができるようになります。

周辺機器との接続に必要なインターフェースも充実し、さらに指紋認証やプライバシーシャッターなどのセキュリティ機能もしっかりと搭載することが可能です。

詳細な仕様は以下の通りです。

モデル名 dynabook R9 / R8 / R6
OS Windows 11 Home
CPU  Core i5-1240P
Core i7-1260P
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
有線LAN
無線LAN ○ 
指紋認証  〇
液晶  高輝度・広視野角 TFTカラー LED液晶
1920×1200(WUXGA)
ノングレア
Office Office Home and Business  2021
HDMIポート ○  
重さ  約1.05kg (dynabook R9)
約940g (dynabook R8 / R6)



レビューはこちら → dynabook Rシリーズレビュー





インテル製最新世代のCPUを搭載し、一回りコンパクトになったdynabook T9




dynabook Tシリーズの最新モデルが発表されました。特徴は以下のようになります。


・インテルの最新CPU(Core i7-1260P)を搭載し、パフォーマンスが大きくアップ
・従来の15.6インチモデルよりも約18mm、奥行 約14mmコンパクト化された



今回発表されたのはdynabook T9になります。

従来の15.6インチノートPCよりも約18mm、奥行 約14mmコンパクトになっています。15.6インチの製品はA4ノートよりも大きくなるので、少しでも小さくなるとうれしいですね。

さらに、最新のインテル製CPUであるCore i7-1260Pを搭載しています。性能が大きくアップしていて、作業がより高速化します。

また、ブルーレイドライブが搭載されています。ブルーレイ作品を見ることができるだけでなく、データのバックアップを保存したりすることもできます。

抗菌キーボードが搭載されています。キーボードの各キー樹脂に抗菌剤を練り込んであって効果が持続します。直接手が触れるところなので、清潔に使えるのはうれしいですね。

dynabook Tシリーズは店頭モデルになります。CPUやメモリ容量、ストレージ容量やカラーなどを自由にカスタマイズしたい方はWEBモデルを検討してみてください。

dynabook TシリーズのWEBモデルはdynabook CZになります。WEBモデルでは、第12世代のCPU (Core i7 / Core i5)が搭載されていて、しかも店頭モデルよりも価格がとても安くなりますので検討してみてください。


詳細はこちら  dynabook CZ/HV (直販サイト)





1kgを切る超軽量な13.3インチノート dynabook G9




dynabook Gシリーズについて、最新モデルが発表されました。以下のような特徴があります。

・重さ約875gという超軽量ノートPC
・サイズは13.3インチ
・最新のインテル製第12世代CPUを搭載
・有線LANポートを搭載するなど、充実のインターフェース
・映りの良いIGZO液晶を搭載
・24時間のロングバッテリー


dynabook Gシリーズは13.3インチで重さが約875gという超軽量のノートパソコンです。

今回登場したdynabook G9はインテル製の最新の第12世代のCPUを搭載し、大きく性能アップしています。他のdynabook G8、dynabook G6については、インテルの最新第11世代のCPUを搭載しています。

有線LANポートをはじめ、よく使われるポート類がしっかりと搭載されています。軽くて持ち運びにも便利なうえ、周辺機器との接続にも強いノートパソコンです。

dynabook G9は店頭モデルになります。同じインテル製の最新の第12世代のCPUを搭載したWEBモデルも販売されています。WEBモデルの方がスペックを選べ、しかも価格も安くなるのでおすすめです。


レビューはこちら → dynabook GZシリーズレビュー






2022年1月モデル



既存モデルがすべてWindows 11に対応


以下のモデルが新たに発表されました。これですべての機種で最新のOSであるWindows 11に対応したことになります。

・dynabook G8 / G6 (CPU更新)
・dynabook V8 / V6 (CPU更新)
・dynabook GS5 (CPU更新)
・dynabook X6 / X5 (CPU更新)
・dynabook M7 / M6
・dynabook Y6
・dynabook K1


特に上記製品で(CPU更新)と記載されたモデルは、インテル製第11世代のより性能の高いCPUが搭載されています。






2021年秋冬モデル


タブレットPCとしても使え、1kgを切る軽量コンパクトなノートパソコンdynabook Vシリーズ





dynabook Vシリーズについて、最新モデルであるdynabook V4が発表されました。以下のような特徴があります。

・最新OSのWindows 11搭載
・最新Officeソフト Office Home and Business 2021搭載
・13.3インチノートパソコン
・重さ約979gでとても軽い
・最新の第11世代インテルCPUを搭載
・ディスプレイを360度回転させることでタブレットPCとしても使える
・ワコム製デジタルペンが標準で付属
・映りの良いIGZO液晶を搭載
・ストリートファイターなどのゲームも快適にプレイ可能
・24時間のロングバッテリー
・MIL規格をクリアした丈夫なボディ


最新のOSであるWindows 11 Homeが搭載されたノートパソコンです。いよいよ登場という感じですね。ユーザーインターフェース(見た目)が刷新されて、使いやすくなっています。また、インターネットエクスプローラーが使えなくなりますが、Windows 10で使用できたほとんどの機能は問題なく使えます。

そして、最新のインテル第11世代のCPUを搭載しています。今回登場した店頭モデルのdynabook V4は、CPUにCore i3-1115G4と8GBのメモリ、SSD 256GBを搭載しています。

13.3インチのサイズで1kgを切る979gという超軽量なノートパソコンに仕上がっています。自宅だけでなく、外出先に持ち運んで使えるのでとても使い勝手が良いです。

タブレットとしても使え、デジタルペンも標準で付属しているので、メモやアイデアを書き留めたり、カジュアルにイラストを描いたりするなどのクリエイティブな作業にも使うことができます。

詳細な仕様は以下の通りです。

モデル名 WEBモデル
(VZ/HP, VZ/HR)
 店頭モデル
(V4)
OS Windows 10 Home / Pro  Windows 11 Home 
CPU Core i5-1135G7 / Core i7-1165G7  Core i3-1115G4
メモリ 8GB /16GB   8GB 
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB SSD 256GB
光学ドライブ
有線LAN
無線LAN ○  
顔認証 〇 
液晶  フルHD、高輝度・高色純度・広視野角 IGZO液晶
解像度(1920×1080)
ノングレア  
Office Office Home and Business 2019
(Office搭載の有無を選択可 )
Office Home and Business  2021
HDMIポート ○  
重さ  約979g  
バッテリー 最大24時間  
保証期間  1年(有償:3年/5年)   1年 
価格  14万円台~
(Dynabookダイレクト無料会員価格)
19万円後半~ 




レビューはこちら → dynabook Vシリーズレビュー







1kgを切る超軽量なノートパソコンdynabook GSシリーズ




既存のdynabook Sシリーズを進化させたdynabook GSシリーズが新たに登場しました。以下のような特徴があります。

・Windows 11 Home搭載
・Office Home and Business  2021搭載
・重さ約978gという1kgを切る超軽量ノートPC
・サイズは13.3インチ
・有線LANポートを搭載するなど、充実のインターフェース
・最新の第11世代インテルCPUを搭載
・14時間のロングバッテリー
・MIL規格をクリアした丈夫なボディ


こちらの製品も、最新のOSであるWindows 11 Homeが搭載されたノートパソコンです。

13.3インチで重さが約978gという超軽量のノートパソコンです。dynabook GSシリーズはdynabook Vシリーズとは違って、タブレットPCに変形させることはできません。

インテルの最新第11世代のCPUであるCore i3-1115G4を搭載し、メモリは8GB、SSD 256GBを搭載しています。

有線LANポートをはじめ、よく使われるポート類がしっかりと搭載されています。軽くて持ち運びにも便利なうえ、周辺機器との接続にも強いノートパソコンです。


詳細な仕様は以下の通りです。


モデル名 WEBモデル
(SZ/LP, SZ/HP)
 店頭モデル
(GS)
OS Windows 10 Home / Pro  Windows 10 Home 
CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
Core i3-1115G4
メモリ 8GB /16GB   8GB 
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB SSD 256GB 
光学ドライブ
有線LAN
無線LAN
顔認証
液晶  フルHD
解像度(1920×1080)
ノングレア   
Office Office Home and Business 2019
(Office搭載の有無を選択可 )
Office Home and Business 2021 
HDMIポート ○  
重さ  約888g~  
バッテリー 最大24時間  
保証期間  1年(有償:3年/5年)   1年 
価格  9万円台~
(Dynabookダイレクト無料会員価格)
16万円前後~ 




レビューはこちら → dynabook Sシリーズレビュー








2021年夏モデル



2021年の夏モデルとして、dynabook Mシリーズが新たに登場しました。


ちょうど良い大きさと軽さの使いやすいdynabook Mシリーズ





dynabook Mシリーズの最新モデルが発表されました。特徴は以下のようになります。


・13.3インチノートPCの持ち運びのしやすさと、15.6インチノートPCの作業のしやすさを兼ね備えている
・インテルの最新CPUを搭載
・使用頻度の高いポート類をしっかり搭載
・安心のセキュリティ機能


dynabook Mシリーズ(WEBモデルはdynabook MZシリーズ)は、14インチのサイズで約1.47kgのノートパソコンで、13.3インチと15.6インチのノートパソコンの良いとこどりをした製品です。

見やすくて作業のしやすい画面、ならびに持ち運びしやすい軽さを実現しています。しかも、良く使われるポート類が搭載されていて、周辺機器との接続も安心です。特に有線LANポートも搭載されているので、ネット通信を安定させたい時に便利です。


レビューはこちら → dynabook Mシリーズレビュー







関連記事    

1.大学生が使いやすい東芝dynabookのノートパソコン
2.dynabook Vシリーズ概要レビュー 1kgを切る超軽量なノートパソコン
3.dynabook GZレビュー 1kgを切る軽くて性能も良く大学生が使いやすいノートパソコン
4.dynabook NZレビュー スリムでコンパクトな使いやすい15.6インチノートパソコン
5.dynabook Zシリーズレビュー 持ち歩ける軽量コンパクトな15.6インチノートパソコン
6.大学生におすすめのノートパソコン
7.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る