dynabook Cシリーズ特徴レビュー 高性能なCPUを搭載した15.6インチのホームノートPC


dynabook Cシリーズは、とても性能の高いCPUを搭載した15.6インチのホームノートPCです。

広い画面とゆったり使えるキーボードで、快適にサクサクと作業を進めることができます。

周辺機器との接続に必要なインターフェースも充実しています。USBポートを4つ搭載し、HDMIや有線LANポート、フルサイズのSDカードスロットも搭載されています。

以下にdynabook Cシリーズの特徴をご紹介します。






最新の高性能CPUを搭載し、とても快適に使える


dynabook Cシリーズはインテルの最新CPUを搭載しています。

特に、dynabook C8 / C7はCPUにCore i7-1195G7を搭載し、一般的なノートパソコンに搭載されることが多いcore i7-1165G7よりも15%程度性能がアップしています。とても高速で快適に使うことができるでしょう。

また、dynabook C6はCPUにCore i5-1155G7を搭載しています。こちらのCPUの性能はまだ不明なのですが、最新のCPUなので一般的なCore i5-1135G7よりも高速に動作すると思われます。

Core i7、Core i5ともに高速に動作するCPUなので、幅広い作業を快適に実行することができるでしょう。





自宅で据え置いて使うのに最適


dynabook Cシリーズは15.6インチのサイズで、重さが約1.84kg (dynabook C8、C6)、または約1.94kg (dynabook C7)となっています。



広い画面で快適に作業できますが少し重さがあるので、頻繁に外に持ち運んで使うというよりは、自宅に据え置いてじっくり使うのに向いています。

もちろん、自宅内で使う場所を変えて使うというのは問題なくできますので、自室で使ったりリビングで使ったりという使い方ができます。






キーボード


キーボードはスタンダードな日本語配列のものになっています。とても使いやすいでしょう。キーの大きさも揃っていて好感が持てます。また、テンキーが搭載されているので、数字の入力もやりやすいです。








ディスプレイ


ディスプレイは広視野角液晶が搭載されていますので、角度を変えて見ても見やすいでしょう。解像度は1920×1080 (フルHD)で、非光沢液晶を搭載しています。







Wi-Fi 6に対応し、インターネットにはWi-Fiでも有線LANでも接続できる


インターネットにはWi-Fiで接続することができます。11ac(Wi-Fi 5)に対応しているのはもちろんのこと、最新の規格であるWi-Fi 6にも対応しています。非常に高速な無線通信が可能です。

また、有線LANポートを搭載しているので、LANケーブルを挿してネットに接続することも可能です。Wi-Fiだと通信が途切れる心配がありますが、LANケーブルだとそのようなことも少ないので安心してネットに接続することができます。




レポートや書類作成などに使えるOfficeソフトを搭載


dynabook CシリーズにはOffice Home and Businessが搭載されています。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteを標準で使うことができます。

レポートや書類の作成などにすぐに活用することが可能です。





光学ドライブは搭載されていないが、周辺機器との接続が安心の充実のインターフェース


周辺機器との接続に必要なインターフェースは充実しています。






USBポートが2種類で合計4つも搭載されていて、複数のUSB機器との同時接続も安心です。また、LANケーブルを挿す有線LANポートや、プレゼンに使えるHDMIポート、フルサイズのSDカードスロットも搭載されています。

光学ドライブは搭載されていませんが、周辺機器との接続に必要なインターフェースはほぼ問題ないでしょう。






顔認証ができるカメラを搭載 (dynabook C8 / C7)


dynabook C8とC7には顔認証が可能なカメラが搭載されています。パスワード不要で顔パスでログインできるので、パソコンを楽に使い始めることができます。

また、セキュリティを高める効果もあるので、大事なデータを安心して保存することができます。



dynabook C6には顔認証カメラは搭載されていませんのでご注意ください。





dynabook Cシリーズの仕様と性能


dynabook Cシリーズの仕様は以下のようになっています。

 モデル dynabook
C8 
dynabook
C7 
dynabook
C6 
OS Windows 11 Home  
CPU Core i7-1195G7  Core i5-1155G7  
メモリ 16GB(8GB×2) 8GB (4GB×2)
ストレージ SSD 512GB SSD 256GB + ハードディスク 1TB   SSD 256GB
 グラフィックス インテルIris Xe
顔認証 〇   -
サイズ 15.6インチ   
ディスプレイ  フルHD (1920×1080)
(広視野角・ノングレア)  
有線LAN 〇   
SDカードスロット 〇   
HDMIポート ○   
バッテリー 最大10時間   
カラー スタイリッシュブルー
サテンゴールド
スタイリッシュブルー
サテンゴールド 
リュクスホワイト
スタイリッシュブルー
サテンゴールド 
 重さ  約1.84kg  約1.94kg    約1.84kg


OSは最新のWindows 11 Homeが搭載されています。

CPUの性能はCore i7 > Core i5となります。Core i5でも十分に性能が高いので、問題なく使えるでしょう。予算に余裕があればCore i7を搭載したモデルを検討するので良いと思います。ただ、Core i5を搭載したdynabook C6には顔認証対応のカメラはありませんので、顔認証が必要な方はご注意ください。

メモリは8GB×2、4GB×2のデュアルチャンネルとなっています。グラフィックスの性能をしっかり引き出せるようになっています。

構成のカスタマイズはできませんが、dynabook CシリーズのWEBモデルはCPUやメモリ、ストレージの容量などを変更できます。


詳細はこちら  dynabook CZシリーズ(直販サイト)



カラーモデルはブルーとホワイト、ゴールドの3種類がラインナップされています。






外観の確認


最後にdynabook Cシリーズの外観を確認してみましょう。カラーは3色あります。

サテンゴールドのカラーモデルです。







本体の側面です。










スタイリッシュブルーのカラーモデルです。






リュクスホワイトです。





まとめ


dynabook Cシリーズは15.6インチの広い画面で、じっくりと快適に作業できるノートパソコンです。性能も高く、快適に使えるでしょう。

自宅に据え置いてしっかり使えるノートパソコンを探している方は検討してみてください。


詳細はこちら → dynabook Cシリーズ (公式サイト)


dynabook CシリーズのWEBモデルはこちらになります。CPUやメモリ容量、SSD容量などをカスタマイズすることが可能です。


詳細はこちら  dynabook CZシリーズ(直販サイト)




関連記事    

1.大学生が使いやすい東芝dynabookのノートパソコン
2.dynabook AZ65レビュー 快適に使える15.6インチのハイスペックノートPC
3.dynabook AZ66レビュー 大画面で快適に作業ができる16.1インチノートパソコン
4.dynabook Zシリーズレビュー 持ち歩ける軽量コンパクトな15.6インチノートパソコン
5.dynabook GZ/HPレビュー 1kgを切る軽くて性能も高く大学生が使いやすいノートパソコン
6.大学生におすすめのノートパソコン
7.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る