dynabook Tシリーズ特徴レビュー 大学生が自宅で使いやすい16.1インチノートPC


dynabook Tシリーズ(dynabook T8 / T7 / T6)が発表されました。今回特に注目したいのは、dynabook T8 / T7です。15.6インチのノートパソコンと全く同じサイズ、重さにもかかわらず、16.1インチのサイズのディスプレイを搭載していて、広い画面で快適に作業をしたり、ブルーレイやネット動画、ゲームなどのコンテンツを楽しむことができます。

性能も高く、快適なパフォーマンスを発揮でき、美しいディスプレイも搭載しています。

今回dynabook Tシリーズのレビューをご紹介します。






詳細はこちら → Dynabook Direct (直販サイト)





15インチサイズのボディに16インチの大画面ディスプレイが搭載されているから、文字が見やすく作業がしやすい


今回新しく登場したdynabook T8 / T7というモデルは16.1インチのノートパソコンです。ノートパソコンでは、15.6インチ以上の製品は少ないです。

16.1インチのディスプレイを搭載しているのですが、本体サイズは15.6インチサイズのものと全く同じです。重さも両者で同じなので、使い勝手はそのままで、画面がより広く使えるようになります。




ディスプレイが16.1インチになると何がうれしいかというと、同じ解像度であっても文字がより大きく表示されるようになって見やすくなります。文字が大きくなると、表示倍率を下げても文字がより見やすくなりますし、また複数のウィンドウを並べて作業しても広く快適に使えるようになります。

また、YouTubeなどの動画を見る場合でも、大画面の方がより迫力を感じやすいという効果もあります。文字が大きく見やすい方が良い、複数のウィンドウを並べて効率的に作業をしたい、ネット動画を大きな画面で見たいというような人におすすめのモデルです。


ただし、同じdynabook Tシリーズの中で、dynabook T6については15.6インチのディスプレイとなりますのでご注意ください。




高いパフォーマンスを発揮し、快適に作業できる


dynabook Tシリーズは、インテル製の最新CPUであるCore i7-1195G7、メモリは16GB (8GB×2)、または8GB(4GB×2)となっています。

Core i7-1195G7は一般的なノートパソコンに搭載されるCore i7-1165G7よりも15%程度性能がアップしています。とても高速で快適に使うことができるでしょう。

また、メモリも4GB×2のようにデュアルチャンネルとなっていますので、グラフィックスの性能もしっかりと発揮することができます。






映りの良い液晶ディスプレイ


dynabook T8 / T7の各モデルは、高輝度・高色純度・広視野角液晶を搭載しています。色域も広いと思われます。

一方で、dynabook T6モデルは広視野角液晶となっています。







光学ドライブを搭載


最近は光学ドライブを搭載したノートパソコンが減っていますが、dynabook Tシリーズにはブルーレイドライブがしっかり搭載されています。非常に貴重な製品です。




大学生の場合は、英語などの語学学習でCDやDVDを使って勉強を進めることが多いので、ブルーレイドライブがあるととても勉強がしやすくなります。

また、光学ドライブがあると、CDやDVDの再生だけでなく、ソフトウェアのインストールや、データのバックアップなどにも使えて便利です。





顔認証に対応


dynabook T8 / T7の各モデルに搭載されているカメラは顔認証に対応しています。顔パスでログインできるので、パスワードの入力をする手間も省けます。また、セキュリティを高めることになり、大事なデータを守ることができます。





dynabook T6モデルのカメラは顔認証に対応していません。顔認証機能が必要な方はご注意ください。






テンキー付きで使いやすいキーボード


キーボードはスタンダードな日本語配列となっています。文字はキーの中心に刻印されていてわかりやすいです。テンキーが搭載されていて、家計簿をつけたり、数値データを入力するのに便利です。




キーボードは抗菌仕様になっています。とても清潔に使い続けることができます。





プレゼン発表や周辺機器との接続も安心


周辺機器との接続に必要なインターフェースは、HDMIポート、有線LANポート、USB3.1ポート×3、USB Type-Cポート、光学ドライブ、SDカードスロットとなっています。SDカードスロットはフルサイズのものに対応しています。








プレゼン発表にはHDMIポートが使えます。HDMIケーブルを挿せば、すぐにノートPCの画面をモニターやプロジェクターに映し出すことができます。HDMIに対応した機器は非常に多いので、HDMIがあれば安心です。


標準サイズのUSBポートが3つとUSB Type-Cポートが1つあるので、USB機器を接続するのも問題ありません。





インターネットにはWi-FiまたはLANケーブルを用いて接続できる


dynabook Tシリーズには有線LANポートが搭載されています。そのため、インターネットにはWi-FiまたはLANケーブルを使って接続することができます。


LANケーブルを挿すところ。使用しているPCは、dynabook TシリーズのWEBモデルであるdynabook AZシリーズ。


Wi-Fiだけでなく有線LANが使えるはとても便利です。LANケーブルを挿してネットが使えると、ネット接続が高速で安定するのでオンライン授業を受ける場合などに便利です。







dynabook Tシリーズ(T8 / T7 / T6)の仕様


dynabook Tシリーズのスペックをご紹介します。今回の製品発表では、dynabook T89 / T8 / T6モデルが発表されました。各モデルの違いについて紹介します。

モデル名  T8 T7 T6 
OS Windows 11 Home
CPU Core i7-1195G7
メモリ  16GB (8GB×2)  8GB (4GB×2)
ストレージ SSD 512GB SSD 256GB 
光学ドライブ ブルーレイドライブ
有線LAN 〇  
無線LAN ○  
顔認証 -  
サイズ 16.1インチ   15.6インチ  
液晶  フルHD、高輝度・高色純度・広視野角液晶
解像度:1920×1080
ノングレア 
 フルHD
解像度(1920×1080)
広視野角液晶
Office Office Home and Business 2021
HDMIポート
重さ  約2.4kg   
バッテリー 最大7.5時間   
カラー サテンゴールド
スタイリッシュブルー
サテンゴールド
保証期間 2年 1年 


OSは最新のWindows 11 Homeが搭載されています。

各モデルで、CPUはCore i7-1195G7が共通して搭載されています。また、メモリはdynabook T8が16GB (8GB×2)、dynabook T7 / T6の各モデルが8GB (4GB×2)となっています。

デュアルチャンネルのメモリなので、グラフィックスの性能もしっかり発揮することが可能です。

dynabook Tシリーズで大きく違うのは、ディスプレイのサイズです。dynabook T8 / T7が16.1インチ、T6は15.6インチとなります。また、顔認証センサーもT8 / T7モデルにはありますが、T6モデルにはありません。





外観の確認


最後にdynabook Tシリーズの外観を確認しましょう。

まず、空バリエーションとしてサテンゴールドになります。サテンゴールドのカラーは、すべてのモデルで選択することが可能です。












続いてスタイリッシュブルーです。








まとめ


dynabook Tシリーズに16.1インチのモデルがラインナップされました。大画面で見やすく、そしてより使いやすくなっています。性能面でも高いパフォーマンスを発揮してくれそうです。

画面サイズは15.6インチで良いという場合には、dynabook T6モデルを選択してみても良いでしょう。

Dynabookの直販サイトでは、dynabook TシリーズのWEBモデルであるdynabook AZシリーズという製品があり、構成をカスタマイズできたり、より安く購入することができてお得感があります。


詳細はこちら → dynabook AZシリーズ (直販サイト)


詳細はこちら → dynabook Tシリーズ (公式サイト)




関連記事    

1.大学生が使いやすい東芝dynabookのノートパソコン
2.dynabook AZ65レビュー 快適に使える15.6インチのハイスペックノートPC
3.dynabook AZ66レビュー 大画面で快適に作業ができる16.1インチノートパソコン
4.dynabook Zシリーズレビュー 持ち歩ける軽量コンパクトな15.6インチノートパソコン
5.大学生におすすめのノートパソコン
6.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る