HP ZBookシリーズのノートPC型ワークステーション概要レビュー


HP ZBookシリーズはハイスペックなCPUと大容量メモリ、そして高性能なグラフィックス(NVIDIA QuadroまたはNVIDIA GeForce)を搭載したモバイル・ワークステーションです。

大学の理学・工学・医学などの研究用途におけるプログラミングやアプリケーションの利用、計算処理だけでなく、CADやAdobe製品などの高いグラフィックス性能を必要とする作業など、プロレベルの要求に応えられる高い性能を持っています。

コンパクトで軽量なノートPCなので、持ち運ぶこともできます。アルミニウムの質感を活かした洗練されたデザインをしているので、どんな場面にもなじみやすく、とても使いやすいです。

また、とても頑丈な作りになっているで、衝撃や振動にも強く、貴重なデータを守ります。

今回、新しい製品が発売されることになったので、その概要をご紹介したいと思います。





詳細はこちら → HP ZBook icon(直販サイト)





ワークステーションHP ZBookシリーズには3つの製品がラインナップ


今回新しく発表されるHP ZBookシリーズには、以下の3つの製品がラインナップされています。

・HP ZBook STUDIO G7
・HP ZBook CREATE G7
・HP ZBook Firefly 14 / 15 G7


いずれも高性能のCPUとNVIDIA QuadroシリーズやGeForceシリーズのグラフィックスを搭載し、非常に高いパフォーマンスを発揮します。プロフェッショナルレベルの用途に使えるこれらの製品について、以下で詳細をご紹介します。





パワフルなCPUと大容量メモリを搭載し、負荷のかかる処理に対応できる


HP ZBookシリーズの各製品について、搭載されるCPUとメモリ容量は以下のようになります。

  ZBook STUDIO G7  ZBook CREATE G7 ZBook Firefly 14 / 15 G7
CPU Core i7-10850H
Core i7-10750H
Core i7-10750H
Core i7-10850H
Core i9-10885H
Core i7-10510U
Core i7-10610U
Core i7-10810U
メモリ 16GB/32GB 16GB/32GB/64GB



CPUの性能をグラフにすると以下のようになります。




この中ではCore i7-10510Uがやや低いのですが、他はいずれも1万以上のスコアとなっていて、非常に高いパフォーマンスを発揮します。一般的なノートパソコンよりも高い性能になります。

Core i9-10885Hを搭載したモデルも発売が予定されています。このCPUが現時点ではどのくらいの性能になるかはわからないのですが、おそらく一番上のCore i7-10750Hを超えるとても高い性能になると考えられます。






グラフィックスにNVIDIA Quadroシリーズ、またはNVIDIA GeForceシリーズを搭載


HP ZBookシリーズは、いずれの製品もNVIDIA QuadroまたはGeForceシリーズのグラフィックスを搭載しています。


  ZBook STUDIO G7  ZBook CREATE G7 ZBook Firefly 14 / 15 G7
グラフィックス NVIDIA Quadro
T1000 / T2000 /
RTX 3000 / RTX 4000
NVIDIA GeForce RTX 2070 /
RTX 2070 Super
NVIDIA Quadro P520


ZBook CREATEシリーズにはNVIDIA GeForce RTX 2070またはRTX 2070 Superが搭載されています。グラフィックスに搭載されているメモリ容量は8GBあります。NVIDIA GeForceシリーズはDirectX性能が高いため、DirectXを推奨するアプリケーションを利用する場合には良い選択肢になります。

ZBook STUDIO シリーズとZBook Firefly 14 /15シリーズにはNVIDIA Quadro製品が搭載されています。QuadroはOpenGLの性能が高いです。OpenGLを推奨する製品を使用する場合には、これらの製品を検討してみてください。





本格的なCADやプログラミング、Adobe製品などのクリエイティブアプリの使用、AIや機械学習といったGPUを用いた計算処理などに利用できる


HP ZBookシリーズはパワフルなCPUと大容量メモリ、そして高性能なグラフィックスカードを搭載しているため、プロフェッショナルな利用に最適です。大学の研究用途などにも活用できます。

また、AutoCADなどのCADソフトやAdobe製品などのクリエイティブアプリを利用した本格的な製作作業ができます。

さらに、GPUを利用したAIや機械学習、計算処理といったデータサイエンスの分野でも活用できます。CPUだけでは長時間かかる演算処理が、GPUを使うと驚くほど短時間で完了します。





美しく洗練されたデザイン


HP ZBookシリーズはアルミニウムでできたシルバーの色合いが美しく、高級感のあるデザインをしています。

いずれの製品も天板にはZBookのZのロゴが刻印されていてカッコいいです。




また、ディスプレイのフレーム幅も細くなって、液晶画面の占める割合が広くなり、より洗練された雰囲気になっています。








持ち運びにも優れた軽さにもかかわらず、強度と耐久性に優れたボディ


ワークステーションと聞くととても大きくてスゴイPCというイメージを持つかもしれませんが、HP ZBookシリーズはそのようなイメージを覆し、持ち運ぶことが簡単にできる、薄くて軽いノートパソコンに仕上がっています。

ZBook STUDIO G7とCREATE G7はともに15.6インチの大きさで、大きさは354×234.6×17.9mm、重さは約1.9kgです。特にZBook CREATEはNVIDIA GeForce RTX 2070 / RTX 2070 Super グラフィックスを搭載した世界で最も小さい15インチノートPCと謳われています。

また、ZBook Firefly 14は14インチのサイズで、大きさは323 x 214.6 x 17.95 mmとなっています。A4ノート程の大きさしかなく、重さは約1.48kgと軽量です。

いずれの製品もハイスペックなノートPCとしてはとても軽量です。持ち運んで使うということも十分に可能な製品です。


また、本体はCNCアルミニウムが採用され、高い強度と耐久性が備わっています。厳しい品質テストとして有名な米軍調達基準(MIL規格)をクリアしていて、丈夫な作りになっています。





排熱性能が強化され、冷却性と静音性が向上


ZBookシリーズは高い性能のCPUとグラフィックスを搭載していますが、排熱性を高める機能が搭載されていてPC内部の温度を適正に保つとともに、静音性も向上しています。




最新製品の発売日


最新のZBookシリーズの製品の発売日は以下のように予定されています。

ZBook CREATEシリーズ:8月下旬頃~
ZBook STUDIOシリーズ:8月下旬頃
ZBook Fireflyシリーズ:8月上旬頃




まとめ


HP ZBookシリーズは、持ち運べる軽量な本体にパワフルなCPUと大容量メモリ、そして高性能なグラフィックスを搭載したワークステーションです。

データサイエンスやプログラミング、建築などで使用するCAD、写真や動画、デザイン、CG制作といったクリエイティブな作業など、高い負荷のかかる処理に対応できます。

プロフェッショナルな用途に活用できるでしょう。価格は高くなりますが、高いレベルで使用できるノートパソコンを探している方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら → HP ZBook icon(直販サイト)


詳細はこちら → HP ZBook Create G7 icon(直販サイト)




関連記事    

1.大学生向けのHPのノートパソコン デザインが良いから若者が使いやすい
2.HP ENVY 15レビュー 洗練されたデザインのハイスペックノートPC
3.HP ENVY 13 x360レビュー 高性能なのにお買い得なノートパソコン
4.持ち運びに便利な薄くて軽量のノートパソコン
5.動画編集や理系の研究用途などの高負荷な処理にも使えるハイスペック・ノートPC
6.プログラミングに最適なノートパソコンの選び方
7.大学生が楽しめるゲーミングノートPCの選び方


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る