HP ENVY 14-eb-ebレビュー 高いグラフィックス性能を持ち自宅でも大学でも使える軽量な高性能ノートパソコン


HP ENVY 14-ebは高いグラフィックス性能(NVIDIA GeForce GTX 1650 / 1650Ti Max-Q搭載)を持っていて、約1.52kgというとても軽量なノートパソコンです。

自宅で使うのはもちろんのこと大学にも簡単に持ち運ぶことができ、とても携帯性に優れたハイスペックノートPCです。理系の学部や美術・デザイン系の学部など、高いグラフィックス性能を必要とする作業を行う大学生にとって、とても使いやすいノートパソコンです。

美しくスタイリッシュなデザインで、大学生にとても良く似合うのもポイントです。

実際にHP ENVY 14-ebを使ってみましたので、レビューをご紹介します。





当サイト限定割引クーポンを利用すると、合計価格が12万円以上で7%OFFとなります(2021/05/31まで)。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン


詳細はこちら → HP ENVY 14-eb icon (直販サイト)





工学部などの理系学部やデザイン系の学部など、高い性能のグラフィックスを搭載し持ち運べるものが必要な人に最適なノートPC


HP ENVY 14-ebはグラフィックス性能が強化されたノートパソコンです。グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q Designまたは、GeForce GTX 1650Ti Max-Q Designを選ぶことができます。

CPUはインテルの最新のCore i7-1165G7が搭載されています。Core i7-1165G7は一般向けのCPUで、Core i7-10750HなどのハイスペックCPUとまではいきませんが、とても高い性能です。実際、CPUの性能を測定してみたところ、しっかりと使える性能を示しました(下記ベンチマークの項参照)。




インターネットやメール、動画鑑賞、Officeソフトを使ったレポート作成などはもちろんのこと、プログラミングや解析、計算処理などの負荷のかかる処理にも使えます。

また、画像や動画の解析、CADやCG、デザインなどの高いグラフィックス性能を必要とする作業にも使うことができます。


(左)プログラミングを行っているイメージ。
(右)デザインを行っているイメージ。



工学部などの理系学部やデザイン系の大学生の場合は、CADや画像解析ソフト、クリエイティブ系のソフトを使って作業をすることも多いです。そのような場合でもHP ENVY 14-ebはノートパソコンとして快適に使える性能を持っています。

また、HP ENVY 14-ebは高い性能を持ちながらも、コンパクトで軽いノートパソコンになっています。

実際にENVY 14-ebとA4ノートの大きさを比較してみたところ、A4ノートよりも少しだけ大きなサイズになっていて、コンパクトな作りです。




重さは約1.52kgです。NVIDIA GeForce GTXなどのグラフィックス性能が強化されたノートパソコンとしては、非常に軽いです。これくらい軽いと、十分に持ち運ぶことが可能になります。




大学生の場合は自宅で使うことが多いと思いますが、大学の講義で使用したり、ゼミや研究室で使ったりすることもよくあります。ノートパソコンを持って行き来することになっても、HP ENVY 14-ebであれば十分に持ち運ぶことができます。

特に、NVIDIA GeForce GTXなどのグラフィックス性能が強化されたノートパソコンで、これほどまでに軽いものはなかなかありませんので、とても良い選択肢になるでしょう。


実際にHP ENVY 14-ebをリュックに入れてみてもスッキリと入ります。








高級感のあるスタイリッシュなデザインで大学生に良く似合う


HPのノートパソコンはとてもスタイリッシュなデザインの製品が揃っていて、HP ENVY 14-ebもとても高級感のあるデザインのノートパソコンです。

素材にはアルミニウムが使われていてとても爽やかでスタイリッシュなので、大学生にとても良く似合います。指紋もつきにくく、ついても目立ちにくいです。




本体のカラーはシルバーとなっていて、とても爽やかです。




キーボードもシルバーで統一されています。







IPS液晶を搭載し映りの良いディスプレイ


ディスプレイの解像度は1920×1200(WUXGA)となっています。一般的なノートパソコンのディスプレイは1920×1080(フルHD)となっているので、より縦方向に多く情報が表示されるようになります。一画面で表示できる情報量が多くなるのでスクロールする回数が減り、作業効率が上がります。




sRGBカバー率は99.7%となっていて色域はとても広いです。正確な色を表示することができ、綺麗に表示されるディスプレイです。インターネットやメール、SNS、Officeソフトを使ったレポート作成などはもちろんのこと、色彩表現が重要になる作業にもしっかり使うことができます。

sRGBカバー率 99.7%
 sRGB比 101.1% 
Adobe RGBカバー率  74.7%
Adobe RGB比 74.9%


また、IPS液晶が搭載されているので、視野角も広く、上や横など角度を変えて見ても綺麗に表示されます。とても見やすいディスプレイです。今回のレビューではデモ機のため液晶がノングレア(非光沢)となっていますが、実際の製品ではグレア(光沢)液晶となっています。





リフレッシュレート(1秒間に何回画面を更新できるか)は60Hzです。ゲーミングPCのような高いリフレッシュレートではなく、一般的なものになっています。

また、タッチパネルとなっていて、指で触って操作することが可能です。









キーボード


キーボードは下の写真のようになっています。スタンダードな日本語配列のキーボードで使いやすいです。




アルファベットや数字キーは十分な大きさがあります。半角全角切り替えキーやタブキーなど、左端に位置するキーが通常よりも若干大きめで、とても入力しやすいです。小指で操作することが多いキーなので、打ち間違えることなく確実に入力できそうです。




EnterキーやBackspaceキーの周りもスッキリしていて使いやすいです。Enterキーも大きく作られていて確実に入力できます。




タッチパッドです。








レポート作成に必要なOfficeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

OfficeはOffice Home and Businessを選ぶことができます。このソフトの中には、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが含まれています。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。







インターネットにはWi-Fiで接続できる


インターネットにはWi-Fiで接続することができます。

Wi-Fiはとても普及していて、ルーターも手ごろな値段で購入できますので問題なく使うことができるでしょう。





指紋センサーを搭載し、パソコンが簡単に使えてセキュリティも高まる


キーボードに指紋センサーが搭載されています。指紋のマークがあるのでわかりやすいです。パスワードが不要で、ワンタッチでログインが可能になるのでパソコンを簡単に使い始めることができます。しかも、他人がPCを操作することを防止できるので、セキュリティを高めることができます。大事なデータや人に見られたくないデータが保存されていても安心です。







周辺機器の接続に必要なインターフェース


周辺機器との接続に必要なインターフェースは以下のものが搭載されています。






プレゼンなどに使用するHDMIポート、USB機器を接続するためのUSBポートが3つ(USB Type-Aポート×2、USB Type-Cポート×1)、micro SDカードスロットが搭載されています。良く使われるものが搭載されているので問題ないでしょう。


USB Type-CポートはThunderbolt 4となっていて、ディスプレイ出力にも対応し、またこの下で解説しているようにPower Deliveryにも対応しています。





HDMIポートを搭載し、プレゼンにも対応可能


大学ではゼミや研究室に所属すると、プレゼンを行う機会があります。HP ENVY 14-ebにはHDMIポートが搭載されていて、モニターやプロジェクターとつなぐことで、パソコンの画面を映し出すことができます。

大学の授業やゼミ、研究室などでプレゼンを行うときでも、ノートパソコンの画面に表示した資料を、モニターやプロジェクターに映し出して発表することができます。




実際にノートパソコンの画面をモニターに映し出すことができました。HDMIケーブルを接続するだけですぐに表示されます。








モバイルバッテリーを使って充電できる


USB Type-CポートはPower Deliveryにも対応しています。

Power Delivery対応のモバイルバッテリーを使用することで、PCに充電することができます。




今回は最大20Wの出力のものを使用してみたところ、電源OFFの状態で充電することができました。実際に充電できたモバイルバッテリーは以下のものになります。


詳細はこちら → PD対応モバイルバッテリー






スピーカー


スピーカーは北欧製のサウンドメーカーであるBANG & OLUFSEN社製のものが搭載されています。




本体の底面部の左右に1つずつ搭載されています。綺麗な音質で、しっかりと聞くことができます。







プライバシーを守るカメラを搭載


ディスプレイの上部にはカメラとマイクが搭載されています。必要ない時やカメラに映りたくないときは、カメラの機能を強制的にOFFにすることができます。このため、万が一カメラを使うようなソフトが立ち上がったとしても、撮影することができなくなります。プライバシーを守ることができるので安心です。




カメラ機能をOFFにする場合はキーボードから行います。下の写真のようなキーがありますので、このキーを押すことでONとOFFを切り替えることができます。ONとOFFの状態では、上の写真のようにカメラの見た目が変わります。また、OFFの状態ではキーに赤いランプが点灯しますので、直感的にわかりやすいです。








オンライン授業にもしっかり対応できる


上述のように、HP ENVY 14-ebにはカメラとスピーカー、そしてマイクが搭載されていますので、ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業を受けることが可能です。追加で機器を購入する必要がないので便利です。

また、ビデオ通話ソフトを使っていると、画面をよく見るために明るさやボリュームを調整することがよくあります。キーボードの上部にはこれらの設定が行えるようにキーが配置されていますので、簡単に対応することができます。







パフォーマンスを調整できる機能を搭載


標準でインストールされているHP Command Centerという機能を使うと、パソコンのパフォーマンスをコントロールすることができます。通常は最適モードで動いていて、パソコンのパフォーマンスをアップしたい時はパフォーマンスモード、静かに使いたい時は静音モードを選択することができます。






静音性の確認


上述のパフォーマンスをコントロールする機能を使って、最適、静音、パフォーマンスの各モードで動作音を計測しました。

いずれのモードでもネットをしたり動画を見たりするなど、負荷のかからない作業をするときはとても静かに使うことができました。

CPUに負荷がかかると動作音は大きくなりますが、最適モードや静音モードでは一般的なノートパソコンよりも静かでした。パフォーマンスモードにすると、動作音はやや大きめでした。

グラフィックス(GPU)に負荷がかかるときも動作音は大きくなりました。最適モード一般的なノートパソコンと同程度の大きさで、静音モードでは比較的静かでした。パフォーマンスモードにすると動作音はより大きくなります。

普段は最適モードで使うということで全く問題ないでしょう。もし、より静かに使いたいという場合には、静音モードを利用すれば良いでしょう。

測定項目  測定値   
 最適 静音  パフォーマンス 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db
YouTube閲覧時 28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R23実行)
 36~37db 28~35db   47~48db
ファイナルファンタジー漆黒のヴィランズループ再生
CPU:10~50%
GPU:50~80%
40~41db 35~36db  45~48db





HP ENVY 14-ebの性能と仕様


HP ENVY 14-ebのスペックをご紹介します。

  パフォーマンスモデル パフォーマンスプラスモデル 
 OS Windows 10 Pro
 CPU Core i7-1165G7
メモリ 16GB
ストレージ SSD 512GB SSD 1TB 
 グラフィックス  インテルIris Xe NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q
NVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Q 
 光学ドライブ  なし  
 SDカードスロット micro SDカードスロット
 有線LAN -   
無線LAN  -
 サイズ 14インチ     
 液晶 1920×1200(WUXGA)
IPS液晶
タッチパネル
光沢
 Office 選択可 
Office Home and Business Premium
 重量 約1.52kg  
 保証期間 1年(有償:3年)  


今回のレビューで使用したHP ENVY 14-ebの主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i7-1165G7
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Q Design


CPUはインテル製のCore i7-1165G7が搭載されています。ハイスペックなノートパソコンに搭載されることが多いCore i7-10750HなどのHシリーズのCPUよりは性能は抑えめなのですが、一般的なノートパソコンの中では高い性能を持っています。

CPUの性能比較
Core i7-10750H
2902
Ryzen 7 4700U
2643
Core i7-1165G7
2227
Core i5-10300H
2152
Core i5-1135G7
1998
Ryzen 5 4500U
1995
Core i7-1065G7
1668
Core i7-10510U
1520
Core i5-10210U
1430
Ryzen 3 4300U
1403
Core i5-1035G4
1345
Core i3-1005G1
946
Core i3-10110U
751
Celeron N4120
405
スコア(CINEBENCH R20)
オレンジ色:HP ENVY 14-ebで搭載されているCPU



メモリは16GB搭載されています。

グラフィックスはインテルIris Xeを搭載したパフォーマンスモデルと、NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q Design、またはGeForce GTX 1650Ti Max-Q Designを搭載したパフォーマンスプラスモデルから選ぶことができます。

インテルIris Xeは従来のグラフィックスよりも高い性能を持っているのですが、NVIDIA GeForceを搭載したモデルはさらに高い性能を持っています。グラフィックス性能を必要とする作業を行うのであれば、パフォーマンスプラスモデルを選択するのが良いと思います。


グラフィックスの性能比較
GeForce RTX 2080 MaxQ
17216
GeForce RTX 2070 MaxQ
15143
GeForce RTX 2060
14428
GeForce GTX 1660Ti Max-Q
12867
GeForce GTX 1650Ti Max-Q
7718
GeForce GTX 1650 Max-Q
7005
GeForce MX450
6792
Intel Iris Xe
4251
GeForce MX350
3503
GeForce MX250
3184
Intel Iris Plus
2746
Intel UHD
1428
スコア(3DMark FireStrike)
オレンジ色:HP ENVY 14-ebに搭載されるグラフィックス




レポートや卒論作成に必要になるOfficeも選択できます。Word、Excel、PowerPointが入ったMicorosoft Office Home and Businessが選択できますので、レポート作成にもすぐに使うことができます。



以下は、CPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUのベンチマーク


上述したサーマル管理機能を用いて、最適化モードとパフォーマンスモードで計測しています。

標準設定である最適化モードで2227ptsという高いスコアになりました。とても高速な動作で快適に使えるでしょう。パフォーマンスモードにすると、より性能がアップします。






ストレージのベンチマーク


ストレージ(SSD)の速度です。読み書きともにとても高速に動作することがわかりました。パソコンの起動や動作が高速化されます。





グラフィックスのベンチマーク


グラフィックスの性能を測定しました。NVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Q Designを搭載しているため、とても高いスコアとなっています。高いグラフィックス性能を必要とする作業が快適に動作するでしょう。










各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。


ベンチマーク 評価対象 スコア
Time Spy DirectX 12 3284
Fire Strike DirectX 11 7718
Night Raid DirectX 12 25384






ゲームのベンチマーク


HP ENVY 14-ebはゲーミングPCではありませんが、ゲームも快適にプレイできる性能を持っています。実際にゲームがどれくらい快適にプレイできるかを確認しました。グラフィックス性能の目安としても参考にしていただければと思います。


軽量級のゲーム


ファイタシースターオンライン2です。軽めのゲームです。画質を一番高くしても軽量級のゲームは余裕でプレイできるでしょう。




簡易描画設定 解像度  スコア  フレームレート(fps)
6(最高) 1920 × 1080 19552 128.4




中程度の重さのゲーム


ファイナルファンタジー漆黒のヴィランズです。中程度の重さのゲームも非常に快適にプレイできます。




グラフィック設定 解像度  スコア   評価 フレームレート(fps)
高品質 1920 × 1080 14965 非常に快適 117.6



重量級のゲーム


ファイナルファンタジー15です。重量級のゲームは設定を少し下げる必要がありますが、快適にプレイすることができます。




グラフィック設定 解像度  スコア   評価 フレームレート(fps)
軽量品質 1920 × 1080  6265 快適 62.1






外観の確認


HP ENVY 14-ebの外観をチェックしてみましょう。

天板を閉じたところです。中央にHPのロゴが刻印されています。メタリックなシルバーがとても上品で美しいです。




本体はスリムにできています。




背面にはENVYの文字が刻印されていて、上品な雰囲気が感じられます。




前から見たところです。












キーボードです。




後ろ側から見たところです。












底面です。




換気口は背面と底面にあります。




ACアダプターです。アダプターは少し大きめです。コンセントプラグを直付けするタイプと、ケーブルの2種類が用意されています。




ACアダプターを持ち運ぶ際は、コンセントプラグタイプのものを持って行くと荷物がスッキリします。





右側面です。micro SDカードスロット、USB Type-Aポート、電源コネクタが搭載されています。




左側面です。マイク・ヘッドフォンジャック、USB Type-Aポート、HDMIポート、USB-Type Cポートが搭載されています。




手前部分です。




背面部分です。






まとめ


HP ENVY 14-ebは高性能なグラフィックスを搭載した軽量なノートパソコンです。

理系の学部やデザイン系の大学生の場合は、高いグラフィックス性能を必要とする作業を行う場合もあるので、このPCのようにグラフィックス性能が高く、自宅でも大学でも使える携帯性が良いノートパソコンがあると非常に便利です。

大学生活で高いグラフィックス性能を必要とする作業を行う場合には、是非検討してみてください。

当サイト限定割引クーポンを利用すると、合計価格が12万円以上で7%OFFとなります(2021/05/31まで)。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン


詳細はこちら → HP ENVY 14-eb icon (直販サイト)






関連記事    

1.大学生向けのHPのノートパソコン デザインが良いから若者が使いやすい
2.HP直販サイトHP DirectplusでノートPCをカスタマイズして購入する方法
3.HP ENVY 15 2020年モデルレビュー 洗練されたデザインでRTX Studio対応のハイスペックノートPC
4.HP Spectre x360 13レビュー 大学生にぴったりの高性能でおしゃれなノートパソコン
5.HP Spectre x360 15レビュー クリエイティブな作業をする大学生に最適なハイスペックノートPC
6.動画編集や理系の研究用途などの高負荷な処理にも使えるハイスペック・ノートPC
7.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る