HP直販サイトHP DirectplusでノートPCをカスタマイズして購入する方法


HPの直販サイトであるHP Directplusでは、CPUやメモリ、ストレージ容量、Officeの有無など、ノートパソコンをカスタマイズして購入することができます。無駄のない必要な構成にすることができ、さらに価格も安くなるので、自分好みのパソコンがお得な値段で手に入ります。



HP Directplusでのカスタマイズの概要


HP Directplusでのノートパソコンの購入画面は下の画像のようになっています。

まず、1つの製品に対して各モデルの一覧が表示される画面[1]になります。この中から購入したいモデルを選ぶと、下の[2]のような画面に変わります。[2]の画面では、選択したモデルについて、一部の構成を変更することが可能になります。

[1]






[2]




画面上部にパソコンの画像とモデル名が表示されています。価格は右側に表示されています。パソコンのモデル名の下では、CPUやメモリ、ストレージなどの構成が表示されています。


CPUの種類やメモリ容量などは、[2]の画面では基本的には変更することができないようになっています。あらかじめ[1]の画面で希望するCPUやメモリを搭載したモデルを選択してから、[2]の画面でOfficeの種類や本体のカラーなどを選択する流れになります。


ただし、下の画像のように、[1]の画面で「カスタマイズ可」の表示があるものについては、[2]の画面で個別にカスタマイズすることが可能です。








ノートPCの構成をカスタマイズするときに知っておきたいこと


以下ではカスタマイズできる主な項目について解説したいと思います。

HPの直販サイトでは、CPUやメモリなどの項目は、基本的にはまず下のようなモデル一覧画面から希望するものを選択する形になります。購入したい製品の中で、希望する構成を持つモデルを探してみてください。





[CPU]



HPの直販サイトでは、CPUはプロセッサーと表示されています。モデル一覧が表示される画面で希望するCPUを持つものを探し、「カスタマイズ・お見積」ボタンを押します。このボタンを押した後で表示されるカスタマイズ画面では、基本的にはCPUの変更はできないことが多いです。

CPUはCore i3 / Core i5 / Core i7などのCore iシリーズから選択できるモデルが多いです。性能が高いほうから順にCore i7 > Core i5 > Core i3となります。

費用と性能のバランスが一番良いのはCore i5です。高い処理性能が欲しい場合にはCore i7を選択してみてください。ネットやOfficeソフトの使用くらいでライトな使い方をするのであればCore i3で十分なことも多いです。詳しくはCPUの選び方(以下のリンク)で詳しく解説していますのでご参考にしてみてください。

最適なCPUの選び方




[メモリ]



選択できるメモリはモデルによって違いますが、4GB / 8GB / 16GB / 32GBなどから選べるようになっています。

モデル一覧画面で「カスタマイズ可」という表示があるものについては、カスタマイズ画面でメモリ容量を変更することができます。表示のないものについては、メモリ容量のカスタマイズはできません。

メモリ容量が少ないほど価格は下がりますが、その分多くの作業を同時に処理することは難しくなります。ライトな使い方であれば4GBで大丈夫ですが、しっかり使いたいということであれば8GB以上がおすすめです。

メモリ容量はどれくらいがおすすめ?



[ストレージ]



SSDやハードディスクを選ぶことができます。ハードディスクを搭載したPCの方がSSDを搭載したものよりも価格は安いですが、速度面ではSSDの方が速いです。

また、SSDの方が振動や衝撃に強く、持ち運びを考えている場合にはSSDが良い選択肢になります。

どれくらいの容量が必要か、SSDとハードディスクの違いは何か?などは、以下のページにまとめていますのでご参照ください。

SSDとハードディスクの違いは何?

大学生に必要なハードディスクの容量は?



[OS] 



Windows 10 Homeしか選べない製品と、Windows 10 HomeもしくはWindows 10 Proのどちらかを選べる製品があります。

大学生や一般の方などはWindows 10 Homeで全く問題ありません。Windows Proにすると価格が上がります。ビジネスで使用したり、セキュリティを強化したい場合はWindows 10 Proを選択すると良いです。





[ディスプレイ]



ディスプレイの種類を選択することができます。HPのノートパソコンは、フルHD、IPSディスプレイを搭載しているモデルが多く、とても画質が良いです。

価格を抑えたモデルでは、IPSディスプレイではなかったり、HD画質であったりします。




[光学ドライブ]

光学ドライブが搭載できるモデルと搭載していないモデルがあります。

光学ドライブを搭載しないモデルでは、外付けの光学ドライブを選択することができます。ただ、外付けの光学ドライブはAmazonなどで2,000~3,000円程度で購入できるので、価格を抑えたければ別途購入するのが良いと思います。



[Office]



Officeソフトが選択できるモデルが多いです。値段だけを見ると高いなと感じるかもしれませんが、Officeソフトを単独で買うよりも安くすみますので、Officeが必要であればセットで購入するのがお得です。

OfficeにはOffice Home and BusinessやOffice Personalなどのバージョンがありますが、各バージョンに含まれるソフトウェアの種類などは以下のページにまとめておりますのでご参照ください。

Officeソフトの違いについて



[その他オプション]

マウスやアダプター、バッグ、スピーカーなどのオプションがありますが、必要であれば選択してみてください。初期状態では「なし」の状態になっています。





入荷待ちや取り寄せの場合


構成を選択する場合に、通常は背景が白色になっています。しかし、パーツが入荷待ちの状態や取り寄せが必要な場合には、背景の色が変わります。




たとえば、下のように本体のカラーを選択する箇所では、アッシュブラックのものが入荷待ちとなっています。この場合では、アッシュブラックのものを選択して注文することができます。ただ、納期が未確定となり、納品まで時間がかかる場合があります。





特に年末シーズンや新年度への切り替わり時期などの需要期や人気機種などは、入荷待ちとなることがあります。







保証期間と延長保証について





HPの場合は、メーカー保証は標準で1年となります。
カスタマイズ画面では、保証期間を2年または3年間まで延長することができます。






購入確認画面


カスタマイズ画面で構成の選択が終わったら、金額を確認し「カートに入れる」ボタンを押します。




内容の確認画面が出ますので、問題ないかどうかをチェックしてください。カスタマイズの構成内容や金額、納品予定日などが記載されています。




問題なければ、「見積もり保存・注文へ」というボタンをクリックして、注文に進みます。





詳細はこちら → HP Directplus -HP公式オンラインストア-




お得な割引クーポン


当サイトではHPのオンラインストアで使えるお得な割引クーポンを提供しています。個人モデルが7%割引、法人モデルが4%の割引となりますので、是非ご利用ください。

使い方などの詳細は、以下のページにまとめていますのでご確認ください。


詳細はこちら → [当サイト限定]HPパソコン特別割引クーポン





関連記事    

1.大学生向けのHPのノートパソコン デザインが良いから若者が使いやすい
2.【当サイト限定】HP製パソコン特別割引クーポン
3.大学生におすすめのノートパソコン
4.薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン






このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る