HP ENVY 13-ah0000レビュー 洗練されたデザインで持ち運べる高性能ノートPC


HP ENVY 13は非常に上質なデザインの、サクサク高速に動作する高性能なノートパソコンです。

薄くて軽量で持ち運びにも便利です。自宅でも大学でも使えます。搭載されているディスプレイやスピーカーのクオリティも高く、動画や画像を楽しむのも問題ありません。

実際にHP ENVY 13を使ってみましたので、レビューをご紹介します。






PCの詳細はこちら → HP ENVY 13 icon(直販サイト)





気品あるシルクゴールドのボディと細部まで作りこまれたデザイン


HP ENVY 13はアルミニウムでできていて、シルクゴールドのカラーがとても美しいボディをしています。ゴールドといってもピカピカとした感じはまったくなく、落ち着きがあって気品を感じさせる仕上がりになっています。男性でも女性でも使いやすいカラーだと感じました。




手に触れる部分には梨地処理がされているそうで、滑らかな感触がするようになっています。


背面部にはENVYのロゴが刻印されています。主張しすぎない感じがとても良く、しかもフォントが美しいです。





また、高級包丁やナイフによく使われるダマスカス鋼の模様が施されています。高級感を感じさせる仕上がりになっていますね。





ディスプレイを開いたときには、キーボードの部分が自然と持ち上がるような作りになっています。キーボードに角度がついて入力しやすくなるだけでなく、パソコン内部の熱を効率的に排出できるようになります。パフォーマンスが向上することにくわえて、パソコンの寿命も長くなりそうです。








軽くてスッキリと薄いから、大学や図書館などに持ち運ぶのも簡単


HP ENVY 13は13.3インチの大きさのノートパソコンで、重さは約1.27kgです。下の写真のように片手で持ち上げることができます。




ボディは非常にスッキリとしています。下の写真のようにとても薄くなっていて、一番厚い部分でもわずか16.5mmしかありません。USB(Type-A)ポートを搭載していて、これくらい薄いのはとてもすごいと思いました。




ディスプレイを開いて真横から見たところです。薄いのがよくわかるのではないかと思います。





サイズはA4ノートとほぼ同じサイズです。下の写真のようにノートを重ねても、ほぼ同等といっていいです。








カバンに入れても重くなく、A4ノートや資料、教科書と一緒にスッキリと大学やカフェ、図書館に持ち運べるのがうれしいですね。






ネットやメール、レポート作成、動画鑑賞などの軽めの処理はもちろんのこと、幅広い用途に使える性能を持つ


HP ENVY 13の主な仕様は以下のようになっています。

 モデル名 ベーシック
モデル 
スタンダード
モデル 
 OS Windows 10 Home   
 CPU Core i3-8130U  Core i5-8250U
メモリ 4GB 8GB  
ストレージ
SSD 
SSD 256GB (PCIe NVMe M.2) 


スタンダードモデルを選択するとCPUがCore i3で4GBメモリの組み合わせとなって性能が低いのではと感じるかもしれませんが、ストレージがPCIe NVMe M.2接続のSSDのために、CPUとメモリの性能を補うくらいサクサクと高速に動作します。


実際、今回のレビューで使用したのは、CPUがCore i3で4GBメモリの組み合わせのベーシックモデルです。


パソコン本体やアプリの起動はとても速かったですし、インターネットはサクサク快適に表示されました。動画鑑賞や写真を見るのも全く問題ありませんでした。WordやExcelを使ったレポートや書類作成も問題なさそうです。とても快適に使うことができました。


ベーシックモデルでこれだけ快適なので、スタンダードモデルだと非常に高速に動作して快適に使えると思います。


ただ高速で快適に動作するのですが、多くの処理を同時に走らせたり、メモリを多く使うような処理をするような場合には、動作が重いと感じるようになると思います。


ネットやレポート・論文・書類作成など、使う用途が限られている場合にはベーシックモデルで、それ以外にも幅広い用途に使いたい場合にはメモリが8GBあるスタンダードモデルが良いでしょう。






狭額ベゼルでスッキリ!動画や画像も美しく見える映りの良いディスプレイ搭載


ディスプレイは枠の部分が細くなっていて(狭額ベゼル)、とてもスッキリとした感じがします。13.3インチの大きさはそのままで、ボディサイズが小さくなるので、同じ13.3インチの大きさのノートPCよりも小型化されます。





枠の部分を拡大すると下の写真のようになっています。枠の横幅は4.95mm、縦幅は9.53mmです。とても細くてスッキリしています。




ディスプレイはIPS液晶でフルHD(解像度は1920×1080)となっています。非常に映りの良いディスプレイで、どの角度から見ても鮮やかに映ります。


[真正面から見たところ]




[上から見たところ]




[斜めから見たところ]



YouTubeなどの動画を楽しんだり、鮮やかな映りの写真を見るのも全く問題ありません。とても楽しく活用できるでしょう。






上質なサウンドが楽しめる北欧メーカーのスピーカー搭載


搭載されているスピーカーは、北欧のサウンドメーカーBANG & OLUFSEN社製のものです。非常にクリアな音質です。音楽を聴くのも問題ないですし、動画のサウンドも楽しめます。








使いやすい日本語キーボード


キーボードの全体は下の写真のようになっています。スタンダードな日本語キーボードで、非常に使いやすいです。




キーボードを拡大したところです。文字の色が少し薄いかなとも思いましたが、大きな問題ではないと思います。むしろ、PC本体のデザインを引き立てる役割があって良いのではと思いました。




キーボードの左半分を拡大したものです。キーの大きさや形、配置に特に気になるところはありません。キーボードの左上には電源ボタン、その上の幾何学模様のようなものはスピーカーです。




キーボードの右半分を拡大したものです。EnterキーやBackSpaceキーも問題のない大きさです。Enterキーのすぐ左隣の記号キーもアルファベットキーと同じ大きさになっていて使いやすいです。





タッチパッドです。広いので使いやすかったです。問題なく使えると思います。






インターネットはWiFi接続で


インターネットへの接続は無線LAN(Wi-Fi)で接続します。LANケーブルを挿すための有線LANポートは搭載されていません。





Microsoft Officeも選べるからレポート作成に使える


大学の講義でレポートを作成する場合、Microsoft Officeが必要となります。

HP ENVY 13はパソコン本体と同時にMicrosoft Officeも選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookが必要であれば、Microsoft Office Home and Business、WordとExcel、OutlookだけでよければMicrosoft Office Personalを選択すれば大丈夫です。






セキュリティと使い勝手が向上する指紋センサー搭載


HP ENVY 13には右側面に指紋センサーが搭載されています。

使う時は下の写真のように、指紋センサーに指をあてるだけです。




指紋センサーを使えば、ログインの時にパスワードを入力する必要がなくなるので操作が簡単になるだけでなく、他人が勝手にパソコンを使用することを防ぐことができるようになります。






スマホのデータを管理できるmicro SDカードスロット搭載


micro SDカードスロットが搭載されています。スマホで撮影した写真や動画などのデータを、パソコンで管理したいような場合にとても役に立ちます。




ただ、フルサイズのSDカードスロットではないので、デジカメやビデオカメラで撮影したデータを管理したいような場合には、別途アダプターを用意する必要があります。






USBポートは2種類で合計3つあり、使い勝手が良い


HP ENVY 13に搭載されているインターフェースをご紹介します。左右の側面に、以下のものが搭載されています。








USBポートは2種類で、全部で3つ搭載されています。広く普及しているUSB3.1 (Type-A)ポートが左右両側に1つずつ、そしてUSB Type-Cポートが左側に1つ搭載されています。


USB3.1(Type-A)ポートは設計が工夫されていて、コンパクト化されています。ノートPCのボディを薄型化するための努力なんだろうなと思いました。

下の写真のように、何も挿さっていないときは入口が狭くなっていますが、指で触ると口の部分が開きます。





実際にUSBメモリを使ってみたところ、特に何も考えなくても直感的に挿すことができました。指で広げる必要もなく、少し上側から軽く広げるイメージでスッと挿すことができました。とても使いやすいです。





現状ではUSB Type-Cを利用する周辺機器も増えてきましたが、USB Type-A型のものと比べると数も少ないですし、価格も少し高いかなという印象です。


ノートパソコン本体が薄型化されつつも、このような形でUSB Type-Aが2つも使えると、USBメモリや外付けハードディスクなどの周辺機器が自由に接続できて、非常に便利です。







プレゼンをするための出力ポートはないので、必要であればアダプターを用意しよう


HP ENVY 13は性能面でも、デザイン面でもとても良いのですが、プレゼンのためのポートが用意されていません。それだけが残念に思いました。


ただ、HDMIポートがないからといって諦めてしまうにはもったいなさすぎるのも事実です。


HP ENVY 13をプレゼンにも利用するためには、USBポートをHDMIポートに変換できるアダプターを利用すると良いでしょう。


たとえば、下の写真のように、USB Type-Cポートに挿せば、HDMIポートが利用できたり、フルサイズのSDカードの読み込みなどが行えるアダプターが販売されています。










動作音の確認


動作音の大きさを確認してみました。負荷があまりかからない作業をしているときはとても静かに使え、負荷がかかると普通の大きさの動作音となりました。他のパソコンと比べても問題ない大きさの動作音です。

快適に使えると思います。

測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
30~31db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
30~31db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
30~31db
CPU 80%使用時 38~39db






性能と仕様


HP ENVY 13のスペックをご紹介します。

 モデル名 ベーシックモデル  スタンダードモデル 
 OS Windows 10 Home   
 CPU Core i3-8130U  Core i5-8250U
メモリ 4GB 8GB  
ストレージ
SSD 
SSD 256GB (PCIe NVMe M.2) 
 光学ドライブ  なし 
有線LAN
無線LAN ○ 
 HDMI
 SDカード  micro SD 
 USB USB3.1 × 2
USB Type-C × 1 
 サイズ 13.3インチ      
 液晶 Full HD
IPS液晶
1920×1080
光沢 
 タッチパネル+
タブレット変形
タッチパネルあり
タブレット変形なし  
 Office Microsoft Office Personal 2016
Microsoft Office Home and Business 2016 
 カラー シルクゴールド 
 重量 約1.27kg 
 保証期間 1年(有償:3年)   
  


HP ENVY 13にはベーシックモデルとスタンダードモデルの2種類が用意されています。


ベーシックモデルはCPUがCore i3でメモリ4GB、スタンダードモデルはそれぞれCore i5と8GBとなっています。ベーシックモデルよりもスタンダードモデルの方が性能は高いです。


両者ともストレージがPCIe NVMe M.2接続のSSDとなっているので、非常に高速なアクセスが可能です。パソコンやアプリの起動はとても高速ですし、データの読み書きも快適です。


格安ノートパソコンでCore i3、4GBメモリ、ハードディスクというような仕様のノートパソコンでは、動作が遅く感じることがありますが、HP ENVY 13ではそのような感覚はありません。非常にキビキビと動作するので、快適に使うことができるでしょう。


そのため、ネットやメール、レポート・論文作成やSNS、動画鑑賞といった軽めの処理が中心になるような文系の人はベーシックモデルでも問題ないと思います。もちろん、これ以外にも幅広い用途で使ってみたいという方はスタンダードモデルにしておくと良いです。8GBのメモリがあれば、長く快適に使い続けられるでしょう。


スタンダードモデルはメモリ容量も多く、CPUも1つ上のグレードなので、より多くの処理を行えますし、動作もより高速になります。


理系の人は、講義や卒業研究などで負荷のかかる処理を行う場合があったり、多くの処理を同時に行うことがありますので、スタンダードモデルが良いと思います。


ただ、高速に動作するとはいってもメモリは8GBまでしか搭載できません。理系でもプログラミングやシミュレーション、数値計算といったような場合にはもっと多くのメモリが必要になる場合があります。その場合には、残念ながらこのノートパソコンでは物足りなく感じてしまうと思いますので、より多くのメモリを搭載できるHP Spectre x360HP Spectre 13などを選択してみてください。


レポートや卒論作成に必要になるOfficeも選択できます。Word、Excel、PowerPointが入ったMicorosoft Office Home and Businessを選択することができます。PowerPointが必要なければ、Micorosoft Office Personalを選択してください。





ベンチマーク


測定したPCのスペックは以下のものです。

モデル名:ベーシックモデル
CPU: Core i3-8130U
メモリ:4GB
ストレージ:SSD 256GB (PCIe NMVe M.2)


CPUの性能を測定しました。324cbとなり、1世代前のノートパソコンによく搭載されていたCore i7-7700Uと比べると同じ程度の性能です。別のノートパソコンで計測したものですが、Core i5-8250Uだと520cb程度になります。Core i3とCore i5とで約1.6倍ほどの性能差があります。





ストレージの速度を測定しました。PCIe NMVe M.2接続のSSDのため、非常に高速な結果が得られました。Core i3を選択したとしてもSSDの方で補ってくれるので、サクサク動作すると感じると思います。










外観の確認


HP ENVY 13の外観を確認してみましょう。


まずは天板部分です。落ち着いたシルクゴールドのボディがエレガントさを感じさせます。





横から見るととても薄い作りになっています。





前側から見たところです。













真横から見たところです。ディスプレイを開くとキーボードの奥側が持ち上がり、キーボードに軽い傾斜がついて入力しやすくなります。




後ろ側から見たところです。









ACアダプターをつけたところです。ACアダプターは小型ですので、とても使いやすいでしょう。





右側面です。指紋センサー、USB3.1ポート、電源アダプターが搭載されています。





左側面です。マイク・ヘッドフォン端子、USB3.1ポート、USB Type-Cポート、micro SDカードスロットが搭載されています。





本体手前部分です。





本体背面部分です。ダマスカス鋼の模様が施されています。







まとめ


今回実際にHP ENVY 13を使ってみて、性能面でも申し分なく、しかもデザイン面でも優れていてとても良いノートパソコンだなと感じました。


Core i3、メモリ4GBのベーシックモデルとCore i5、メモリ8GBのスタンダードモデルがありますが、両者とも高速なアクセスが可能なPCIe NMVe M.2接続のSSDとなっています。今回のレビューで実際に使用したのは性能が控えめなベーシックモデルの方ですが、とても高速に動作するように感じました。


文系の方はベーシックモデル、理系の方はスタンダードモデルというような使い方でも問題なさそうですが、文系の方でもメモリを8GBにしたスタンダードモデルを選んでおくと長く使い続けられそうです。


当サイト限定クーポンを利用すると7%OFFとなります(2019/1/31まで)。12万円以上の製品が対象となります。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン



PCの詳細はこちら → HP ENVY 13 icon(直販サイト)






関連記事    

1.NEC Lavie Direct HZ(Hybrid Zero)13.3インチレビュー:1kg以下のノートパソコン
3.Lavie Direct NMレビュー~小型で軽く、性能のバランスもとれたノートPC
4.富士通LIFEBOOK WU2/B1のレビュー 大学生活に便利 軽くて丈夫なノートPC
5.大学生のおすすめのノートパソコン
6.薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン
7.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る