DELL New Inspiron 13 7000 2in1レビュー 大学生が使いやすい軽量ノートPC


DELL New Inspiron 13 7000 2in1は、大学での学業やプライベートで使用するために必要な機能と高い性能を合わせ持ったノートパソコンです。

サクサクと快適に動作し、授業で大学に持っていく必要があっても簡単に持ち運ぶことができます。

しかも、タブレットにも変形し、タッチペンによる入力にも対応しています。講義ノートをパソコンでとる、という使い方も可能です。

実際にDELLのDELL New Inspiron 13 7000 2in1を使用してみましたので、レビューをご紹介します。




DELL New Inspiron 13 7000 2in1は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


詳細はこちら → New Inspiron 13 7000 2-in-1(直販サイト)





学業やプライベートで快適に使える高い性能




DELL New Inspiron 13 7000 2-in-1は大学の授業からプライベートに至るまで、幅広い用途に活用できる性能を持っています。

CPUは最新のものが搭載され、高速な処理が可能です。メモリは最大で16GBまで搭載することができ、データを保存するためのストレージは高速に動作するSSDが搭載されています。


理系も文系もとても快適に作業をすることができるでしょう。





大学の授業にも持って行きやすい軽くてコンパクトな設計


本体の重さは約1.45kgです。下の写真のように片手でも持ち上げることができました。




サイズは13.3インチで、A4ノートとほぼ同じサイズです。






厚みも抑えられていて薄いボディです。大学の授業に持っていく場合でも、教科書やノートと一緒にスッキリと持っていくことができます。







タブレットとしても使え、専用のペンを使って講義ノートもとれる


DELL New Inspiron 13 7000 2-in-1はディスプレイを360度回転させると、下の写真のようにタブレットとしても使うことができます。




アクティブペンを使ってディスプレイに直接手書きで文字を入力することができます。


Officeソフトに含まれるOneNoteを使うと、大学の講義ノートを書くこともできます。科目ごとにノートを用意する必要がなくなり、しかもパソコンに直接講義メモがとれるので、パソコンを使ってレポートを作成する際にもとても便利です。





講義レポートや卒論の作成に必要なOfficeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPoint、OneNoteが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。OneNoteを使うと、大学の授業ノートをパソコンで作れるようになります。手書き文字にも対応しています。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Exceが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。





ネットにはWi-Fiで接続する


インターネットにはWi-Fiを用いて接続します。最近のノートパソコンはすべてWi-Fiで接続できるようになっているので、特に問題はないでしょう。





大学のゼミや研究発表などのプレゼンに使えるHDMIポートを搭載


HDMIポートを搭載していて、講義やゼミ、研究発表の際のプレゼンに使うことができます。




実際、HDMIケーブルをパソコンとモニターに接続してパソコンの画面を映し出すことができました。直接ケーブルをつなぐことができるので便利です。







micro SDカードスロットを搭載し、スマホのSDカードの管理ができる


スマホや携帯電話で使うmicro SDカードをパソコンから操作することができます。



スマホに撮りためた画像や動画をパソコンに取り込んで、アルバムを作成したり、バックアップをとるなど、効率的な管理ができるようになります。





キーボード


キーボードは、アルファベットや数字キーなど、キー同士の間隔や押したときの深さなどは問題ないといっていいと思います。狭いという感じもなく、キータッチも良いです。


ただ、気になる点としてはキーボードの右側のBackSpaceキーやEnterキー、Shiftキーと、そのすぐ左隣のキーがくっついていることです。慣れれば問題なく使えると思いますが、最初のうちはキーを見ながら入力することになるかもしれません。










キーボードを拡大したところです。




タッチパッドです。反応は良好です。








綺麗で見やすいディスプレイ


ディスプレイを取り囲むフレームは細くてスッキリとしています。ディスプレイ周りのフレームが細いと、ボディサイズが小さくなってコンパクトになりますし、しかも洗練されたPCに見えます。




液晶画面はIPSディスプレイが搭載されています。どの角度から見ても映りが良く、とても鮮やかに表示されるのが特徴です。動画や画像をより一層楽しむことができそうです。










他人に勝手にPCを操作されないようにする指紋センサー搭載


指紋センサーも搭載されています。電源ボタンと兼ねていて、軽くタッチすることで指紋で認証が可能となります。

大事なデータがパソコンの中にはたくさん保存されていきますが、勝手にパソコンを操作されてデータを見られてしまうと困りますよね。指紋センサーがあれば、他人が勝手に操作することができなくなるので安心です。







周辺機器との接続に必要なインターフェース


DELL Inspiron 13 7000 2-in-1のインターフェースは使いやすい物がそろっています。

上でも紹介したように、プレゼンに使えるHDMIポート、スマホのSDカードを操作できるmicro SDカードスロットが搭載されています。

そして、USBポートは2種類(USB3.1とUSB Type-C)で合計2つ搭載されています。フルサイズのUSB3.1ポートが搭載されているので、使いやすくなっていると思います。できればこのポートがもう一つあるとより便利だったかなと思うのですが、バランスの良い組み合わせになっていると思います。








静音性の確認


負荷がかからない処理をしているときは、ほぼ無音です。とても静かです。

CPUに負荷がかかる処理をすると動作音は大きくなりますが、他のノートパソコンと比較しても同等の大きさです。問題なく使えると思います。

測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db
CPU 80%使用時 36~38db






性能と仕様


DELL New Inspiron 13 7000 2in1の仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
 ディスプレイ  IPS液晶 フルHD(解像度:1920×1080)
タッチパネル
 サイズ 13.3インチ 
 タブレット変形 〇 
光学ドライブ -
SDカード micro SDカードスロット
有線LAN -
無線LAN
指紋認証
USBポート USB3.1×1
USB Type-C × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
 重さ  約1.45kg


今回のレビューで使用したDELL New Inspiron 13 7000 2in1の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 512GB


CPUは最新のCore i5とCore i7が選択できます。メモリは8GBまたは16GBとなっていて、快適に動作する性能です。

ストレージはSSDとなっていて、しかもPCIe M.2接続のものなので高速な読み書きが可能です。パソコンがサクサク動いて使いやすいでしょう。

文系の学生も理系の学生も、CPUはCore i5、メモリは8GBを選択するとスタンダードな性能となります。

理系の場合は負荷のかかる処理も行うことがあるので、余裕があればメモリを16GBにあげてみたり、CPUをCore i7にしてみたりしてください。

Officeソフトも選択可能です。レポート作成にはMicrosoft Office Home and Businessがおすすめです。Word、Excel、PowerPoint、OneNoteを利用することができます。

アクティブペンを使った入力も可能です。手書きで文字を書き込んだり、イラストを描いたりすることが可能です。


以下はCPUとストレージの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。
専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


[CPUのベンチマーク:CINEBENCH R15で測定]

CPUの性能は561cbとなりました。高い性能で、問題なく使えると思います。





[ストレージのベンチマーク:CrystalDiskMarkで測定]

ストレージの速度を測定しました。高速な読み書きが可能です。






外観の確認


DELL New Inspiron 13 7000 2in1の外観を確認してみましょう。


シルバーで統一されたボディとなっていて、シンプルな仕上がりになっています。飽きの来ないデザインになっているので、長く使い続けられそうです。




ボディは薄くできていてスリムです。




前から見たところです。












ディスプレイは360度回転しますので、下のようにペタッと開くことも可能です。




後ろから見たところです。








ディスプレイとキーボードをつなぐヒンジ部分です。





タブレット変形もできます。ディスプレイの回転角度を調整することで、テント形にしたり、スタンドモードにしたりといった使い方ができます。












本体左側です。電源コネクタ、HDMIポート、USB Type-Cポートが搭載されています。




micro SDカードスロット、マイク・ヘッドフォンジャック、USB3.1ポートが搭載されています。




本体手前側です。




本体後ろ側です。






まとめ


DELL New Inspiron 13 7000 2in1は高い性能を持っていて、しかも周辺機器との接続に必要なインターフェースも、実践的なものがそろっています。シンプルなデザインで飽きが来ないのも良いですね。

大学の授業で必要になったときにも持っていきやすいですし、プレゼンがある場合でもすぐに対応できます。

とても使いやすいノートパソコンだと思います。

DELL New Inspiron 13 7000 2in1は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


一般向け割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → New Inspiron 13 7000 2-in-1(直販サイト)





関連記事    

1.DELL New XPS 13レビュー 大学生がかっこよく使えるフレームレス・ノートパソコン
2.大学生向けの最新の2in1 PC ノートPCにもタブレットにもなる便利なパソコン
3.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る