DELL New XPS 13レビュー 大学生がかっこよく使えるフレームレス・ノートパソコン


DELLのNew XPS 13は、液晶画面を囲むフレームがとても細くてスッキリしたフレームレス・ディスプレイを搭載したノートパソコンです。全体的に薄くコンパクトに作られていて、とてもかっこいいノートパソコンです。大学生など若者が使うのにぴったりです。


性能が高いため、文系も理系も快適に使えます。自宅で使うのはもちろんOKですし、軽くて持ち運びにも便利なので大学に持って行って使うのも問題ありません。


実際にDELLのNew XPS 13を使用してみましたので、レビューをご紹介します。




DELL New XPS 13は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


詳細はこちら → New XPS 13(直販サイト)





大学生にぴったり合う、とても洗練されたノートパソコン


DELL New XPS 13は、ディスプレイを取り囲むフレームがとても細くて、非常にすっきりしたノートパソコンです。いわゆるフレームレス・ディスプレイといわれるものになります。





フレームが太いとやぼったく感じられることがありますが、これくらい細いと、とても洗練された印象があります。






本体は薄くてスタイリッシュです。若者が持つのにぴったりだなと思いました。私もこんなかっこいいノートパソコンを持って勉強してみたかったと思ってしまいました。







13.3インチなのにコンパクトで軽量 大学やカフェにもっていく場合でも楽に持ち運べる


New XPS 13のディスプレイ・サイズは13.3インチです。ノートパソコンとA4ノートとを比較してみたところ、パソコンの横幅はA4ノートよりも少しだけ大きく、縦幅はA4ノートよりも小さくなっています。ぱっと見ると、A4ノートよりも小さくできているように見えました。


これまでいろいろなノートパソコンをレビューしてきましたが、だいたい13.3インチのノートパソコンというのは、縦も横もA4ノートより少しだけ大きいというものがほとんどでした。一般的な13.3インチノートPCと比べると、コンパクトな作りになっているといえます。







DELL New XPS 13のディスプレイのフレームが極限まで細くなっているので、本体のサイズを小さくできたのだと思います。


ディスプレイは13インチの大きさが確保されていて、しかもサイズはコンパクト化されているということになります。つまり、作業領域はしっかりとした広さがあり、それでいてサイズがスリムになっているのでカバンに入れて運ぶ場合もかさばりません。


また、本体の厚さは下の写真のようにとても薄くてスッキリしています。片手でも簡単に持ち上げることができるくらい軽く、講義やゼミ、研究活動などで大学に持っていく必要がある場合でも、楽に持ち運ぶことができそうです。









文系も理系も快適に使える高い性能を持つ


CPUは最新のものが搭載されていて、メモリは4GB / 8GB / 16GBから選択して搭載することができます。SSDは高速に動作するものが搭載されています。実際に試してみたところ、パソコンの起動は高速でしたし、ソフトウェアを使ってもサクサクと快適に動作しました。

文系の学生はもちろんのこと、負荷のかかる処理が多い理系の大学生にとっても、快適に使えるノートパソコンです。






非常に美しいフレームレス・ディスプレイ 4Kに対応したモデルもあり


上でも紹介しましたが、New XPS 13のディスプレイはフレーム部分がとても細くなっていて、非常にスッキリとしています。

IPSディスプレイが搭載されていて、どの角度から見ても鮮やかで見やすいです。










ディスプレイは一般的なフルHD(解像度:1920×1080)のものと、4K(解像度:3840×2160)のものがラインナップされています。


今回のレビューでは4Kに対応したディスプレイを搭載したものを使用していて、実際に映像や写真を見てみたところ、びっくりするくらい美しく鮮やかに映し出されました。

sRGBカバー率100%ということなので、フルHDのものでも十分に美しい画面になっていると思いますが、画質が良いものが欲しい人は4Kディスプレイを選択してみるのも良いと思います。


また、画面にタッチして操作することもできます。








Officeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Exceが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。





ネットにはWi-Fiで接続する


インターネットにはWi-Fiを用いて接続します。最近のノートパソコンはすべてWi-Fiで接続できるようになっているので、特に問題はないでしょう。





男性も女性も使いやすいキーボード


上でも紹介した通り、New XPS 13の本体サイズは一般的な13.3インチのノートPCよりも小さいです。コンパクトにできているので、キーボードの入力感はどうだろう?と思ったのですが、実際試してみると問題なく入力できました。

キーとキーの間隔は19mmで、13.3~15インチの一般的なノートパソコンに搭載されているキーボードと同じになっています。狭いという感じはまったくありませんでした。

筆者は手の大きさが約19cmで、一般的な手をした男性ですが、パームレストの部分にもしっかりと手を乗せられました。手が大きな男性だとわからないのですが、普通の大きさの手を持つ男性であれば、ちゃんと手を乗せて作業できると思います。女性であればさらに大丈夫でしょう。





キーボードの左半分と右半分を拡大して見たところです。画面の明るさを変更するキーは、F1やF2といったファンクション・キーに割り当てられていることが多いのですが、New XPS 13では矢印キーになっています。Fnキーを押しながら上下の矢印キーを押すことで明るさを調整することができます。









キーボードを拡大したところです。キーには、経年による黄ばみや汚れを防ぐための加工とコーティングがされているそうです。汚れにくくなっているのはうれしいことですね。





パームレスト部分には、デル独自開発の「編み込み」のグラスファイバー素材が使用されているそうです。見た目的にも良く、肌触りも良好です。









オンライン英会話を受講したり、顔認証ができるカメラ搭載


パソコンでカメラが使えると、オンラインで英会話の勉強をすることができたり、友達とテレビ電話ができたりします。

XPS 13の前モデルまでは、カメラはディスプレイの下側に搭載されていましたが、最新モデルからは一般的なノートパソコンと同じで、ディスプレイの上部に搭載されるようになりました。ひとつ前のモデルと最新モデルとでは、カメラの位置が変わりますので、気にされる方はご注意ください。


[最新モデル:ディスプレイ上部に搭載]



[前モデル:ディスプレイ下部に搭載]







プレゼンにも使えるがアダプターが必要


DELL New XPS 13を使って、別のモニターにパソコンの画面を映し出すことができました。プレゼンに使うことができます。




ただ、実際にモニターに映し出すことができたのですが、New XPS 13にはHDMIなどの出力ポートがないので、下の写真のようなUSBポートをHDMIに変換するアダプターを使用する必要がありました。


この点が少し残念ではあるのですが、文系も理系も大学ではパソコンを使ってプレゼンをする機会がありますので、小型で軽量なNew XPS 13は大学に気軽に持って行けて便利だと思います。






スマホのmicro SDカードを管理できる


micro SDカードスロットが搭載されています。micro SDカードは一番奥まで差し込むことができます。

スマホで撮りためた写真や動画をパソコンに気軽に取り込むことができるようになります。パソコンで加工や編集などが簡単にできて便利です。







指紋センサーを搭載し、セキュリティを高められる


DELL New XPSの電源ボタンは、指紋センサーを兼ねています。

指紋認証を使ってログインするようにしておくと、他人が勝手にパソコンを操作することを防ぐことができます。人に見られたくないデータがパソコンの中に保存されていても安心です。

大学のゼミや研究室でノートPCを使う場合、離席したときに誰かが勝手に触るということも起こるかもしれません。万が一のためにも、指紋認証でログインしておくようにするとPCを守ることができます。

また、ワンタッチでログインできるようになるので、パスワードを毎回入力する手間が省けます。







周辺機器との接続はUSB Type-Cポートのみだから、アダプターがあると安心


周辺機器との接続に必要なポート類は、micro SDカードスロットとUSB Type-Cポートが3つとなっています。できればフルサイズのUSBポートとHDMIポートがあればよかったのですが、その点は少し残念に思いました。

ただ、USB Type-CポートをフルサイズのUSBポートに変換するアダプターが標準で付属しています。必要な場合はこのアダプターを挿せば、フルサイズのUSB機器でも接続できるので安心です。









[標準で付属しているフルサイズのUSBポートに変換するアダプター]



もし必要であれば、USB Type-Cポートに接続して、フルサイズのUSBポートやHDMIポート、フルサイズのSDカードスロットが使えるようになるアダプターも販売されています。手のひらサイズで2,000円程度で購入することができますので、持っておくと便利かもしれません。









静音性の確認


負荷がかからない処理をしているときは、ほぼ無音です。とても静かです。

CPUに負荷がかかる処理をすると動作音は大きくなりますが、他のノートパソコンと比較しても静かでした。特にCPU使用率が80%と高い場合の動作音は、前モデルよりも静かになっていました。快適に使えると思います。

測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db
CPU 80%使用時 35~37db






性能と仕様


DELL New XPS 13の仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB
 ディスプレイ  IPS液晶 フルHD(解像度:1920×1080)
IPS液晶 4K(解像度:3840×2160)
タッチパネル
光学ドライブ -
SDカード micro SDカードスロット
有線LAN -
無線LAN
指紋認証
USBポート USB Type-C × 3 
HDMIポート -
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
カラー アークティックホワイト
プラチナシルバー
ローズゴールド
 重さ  約1.21kg


今回のレビューで使用したDELL New XPS 13の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 512GB
ディスプレイ: 4K(解像度:3840×2160)


CPUは最新のCore i3 / Core i5 / Core i7から選択することができます。メモリは4GB / 8GB / 16GBを搭載することができます。

ストレージはSSDとなっていて、SSDの中でも高速に動作するPCIe接続のものなので、とても快適に使うことができます。

文系の場合は軽めの処理が中心になるので、CPUはCore i3、メモリ4GBで大丈夫なことが多いです。価格を抑えて購入することができます。余裕があれば、Core i5、メモリ8GBを選択するとより長く快適に使うことができるようになります。

理系はCPUはCore i5、メモリ8GBを選択すれば、スタンダードな構成になります。ただ、理系の場合は負荷がかかる処理が増える傾向にあるので、余裕があればCPUをCore i7にしたり、メモリを16GBに増やしてみても良いでしょう。とても快適に使うことができます。

ディスプレイはフルHD(解像度:1920×1080)のもので十分でしょう。価格が安くなって購入しやすくなります。少しでも良い画質のものが良ければ、4K対応のものを選んでみてください。

レポート作成に必要なOfficeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPointが必要であればOffice Home and Businessを、Word、ExcelだけでよければOffice Personalを選択してください。Office ProfessionalはOffice Home and BusinessにデータベースソフトとDTPソフトを加えたものになります。

カラーはアークティックホワイトとプラチナシルバー、ローズゴールドの3色があります。アークティックホワイトは天板部分、ならびにキーボードがホワイトになっています。プラチナシルバーは天板部分がシルバーでキーボードがブラックになっています。ローズゴールドは天板部分が淡いゴールド色でキーボードがホワイトとなっています。以下に外観をご紹介していますのでご参照ください。



以下はCPUとストレージの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。
専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


[CPUのベンチマーク:CINEBENCH R15で測定]

CPUの性能は718cbとなりました。Core i7-8565Uを搭載している他のノートパソコンでは600cb前後なので、かなり高い値となりました。CPUの性能をフルに発揮できる高い性能のノートパソコンだと思います。





[ストレージのベンチマーク:CrystalDiskMarkで測定]

ストレージの速度を測定しました。読み込み書き込みとも非常に高速でした。とても快適に使えると思います。






外観の確認


DELL New XPS 13の外観を確認してみましょう。アークティックホワイト、ローズゴールドとプラチナシルバーの各カラーバリエーションをご紹介します。

まずはアークティックホワイトのものになります。

天板部分です。落ち着いたホワイトの色合いが美しく、DELLのロゴが中央に刻印されています。




薄くてスッキリしています。










前から見たところです。フレームレスディスプレイなので、とてもかっこよく見えます。








キーボードです。



後ろ側から見たところです。







ACアダプターを接続したところです。USB Type-Cポートに接続して使用します。















次にプラチナシルバーのタイプのものです。

天板部分です。




前から見たところです。



















パームレストです。




本体右側面です。





本体左側面です。





最後にローズゴールドのものになります。
























まとめ


DELL New XPS 13はしっかりと使える高い性能を持ったノートパソコンです。文系であっても理系であってもとても快適に使えるでしょう。

特にデザイン面ではフレームレスディスプレイを搭載し、洗練されたフォルムをしているので、大学生によく似合います。キャンパスライフにぴったりとマッチし、自宅で使うのも大学に持って行って使うのも良いでしょう。レポート作成やプレゼンだけでなく、幅広い用途に活用できます。


DELL New XPS 13は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


一般向け割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → New XPS 13(直販サイト)





関連記事    

1.LIFEBOOK WS1/C2レビュー:大学4年間と就職してからも使えるノートパソコン
2.HP Spectre x360 13レビュー 大学生にぴったりの高性能でおしゃれなノートパソコン
3.大学生におすすめのノートパソコン
4.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る