[レビュー]DELL Inspiron 14 5000は大学生に必要な機能が搭載され持ち運べる軽量なノートPC


DELLのInspiron 14 5000は14インチのサイズで、見やすく作業がしやすいノートパソコンです。性能が高く、ネットやレポート作成などの作業がサクサク快適に行えます。

インターネットにはWi-FiでもLANケーブルを挿しても接続できますし、プレゼンに必要になるHDMIや、周辺機器の接続に必要となるUSBポートも複数搭載しているなど、大学生活で必要となる機能を搭載しています。

また、シンプルで落ち着いたデザインのPCなので、飽きが来ることなく長く快適に使えるのも魅力的です。

実際にDELLのInspiron 14 5000を使用してみましたので、レビューをご紹介します。




DELL Inspiron 14 5000は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


詳細はこちら → New Inspiron 14 5000(直販サイト)




大学生に良く似合い、シンプルで飽きの来ないデザイン


Inspiron 14 5000はシルバーで統一されたシンプルなデザインをしています。全体的に落ち着いた印象があり、Macbook Airのような雰囲気を持っているようにも感じました。

大学で使うのにも適していますし、自宅でも室内のインテリアにうまく調和しそうです。大学生に良く似合うデザインをしています。




シルバーの色というのは、飽きがこなくて良いですね。長く使えそうです。





キーボードの色はブラックとなっていて、まわりの色とうまく調和しています。







作業がしやすいサイズで、大学にも持って行きやすい軽さ


Inspiron 14 5000は自宅で使うことの方が多く、たまに大学に持っていくことがあるという人に適したノートパソコンです。

サイズは14インチとなっています。A4ノートよりも少しだけ大きいサイズとなります。15インチほどの広さはありませんが、画面サイズが広く作業がしやすいです。自宅でじっくりと作業するのに見やすいサイズです。







持ち運ぶ場合にも、A4サイズの資料やノートと一緒に問題なくカバンに入ります。


重さは約1.48kgとなっていて、片手でも簡単に持ち上げることができます。毎日大学にノートパソコン持っていく必要があるという人は、もう少し軽いノートPCを選んだ方が疲れなくて済むかもしれませんが、それでも十分に持ち運びがしやすくなっています。


大学生活でノートPCをあまり持ち運ぶことはないんだけど、何回かは大学に持っていくことがある、という大学生の方におすすめです。








学業やプライベートで困らない充実の性能


Inspiron 14 5000には最新のCPU(Core i5またはCore i7)と8GBのメモリ、そして高速に動作するSSDが搭載されています。サクサク動いてとても快適に使うことができます。

実際、インターネットやSNS、メール、写真・動画鑑賞などの作業はとても快適に行うことができます。また、Officeソフトを使ったレポート作成も問題なく行える性能を持っています。プレゼンを行う場合にも、スムーズに発表を行うこともできます。




さらに、モデルによっては、NVIDIA GeForce MX 150を搭載しているものもあります。グラフィック機能が強化されていて、画像や動画の編集、軽めのゲームなどを快適に実行できる性能を持っています。





レポート作成に必要なOfficeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Exceが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。





インターネットにはWi-Fiだけでなく、LANケーブルでも接続できる


インターネットにはWi-Fiで接続できるのはもちろんのこと、LANケーブルを挿して接続することもできます。




大学によってはまだ無線LAN化していないゼミや研究室もあるので、LANケーブルが直接挿せるようになっているととても便利です。




HDMIポートを搭載し、ゼミや研究室でのプレゼンに使える


大学の講義やゼミ、研究室ではPowerPointやWordで資料を作って、プレゼン発表を行う機会が多くあります。プレゼンのときにはパソコンとモニター、プロジェクターをHDMIケーブルで接続することが多いです。

Inspiron 14 5000にはHDMIポートが搭載されていて、直接HDMIケーブルを挿すことができます。




実際にモニターにパソコンの画面を問題なく映し出すことができました。ノートPCの性能が高いので、テキパキとプレゼン発表ができます。







スマホやデジカメのSDカードを管理できる


スマホやデジカメで使うSDカードをパソコンに挿すことができます。撮影した写真や動画が増えてくると、スマホやデジカメで操作するのは面倒くさくなりますが、パソコンからSDカードを直接操作すると非常に管理が楽になります。







キーボード


14インチサイズのノートパソコンなので、キー同士の間隔はしっかりとありますし、キーのサイズもそろっています。キーを押したときの深さも問題ありません。打鍵感があり、快適な入力作業ができるでしょう。

ただ、一部のキー同士がくっついているところがあります。実際試してみたところ、打ち間違えることはありませんでした。Enterキーやスペースキーの隣など、大きなキーと隣り合うキーがくっついているので、入力には問題ないと思います。




キーボードの左半分と右半分を拡大したものです。アルファベットキーや数字キー、Shiftキーや半角・全角切り替えキーなどは特に気になるところはありません。一方で、スペースキーと無変換、変換キーがくっついています。




Enterキーと「む」、Backspaceキーと「\」、Shiftキーと「ろ」のキーがくっついています。Backspaceキーが小さいのが少し気になりますが、打ち間違えることはありませんでした。




タッチパッドです。領域が広く使いやすいです。







ディスプレイ


ディスプレイを取り囲むフレームの幅が細くなっていて、見た目がスッキリとしています。フレーム幅が細いと、ディスプレイサイズはそのままで本体のサイズが一回り小さくなります。小さくて軽くなるというメリットもあります。

ディスプレイはIPS液晶が搭載され、鮮やかな表示が可能となっています。どの角度から見ても映り方の変化が少なく、綺麗に表示されます。











十分な種類のインターフェースが搭載され、周辺機器との接続もほぼ問題ない


HDMIポートやフルサイズのSDカードスロット、有線LANポートが搭載されていることは上でも紹介しました。


Inspiron 14 5000にはほかにもフルサイズのUSB3.1ポートが2つ、USB2.0ポートが1つ、USB Type-Cポートが1つ搭載されています。周辺機器とはフルサイズのUSBポートと接続することが多く、これらのポートが合計で3つも搭載されているので安心です。同時に3つのUSB機器を接続できます。USB3.1とUSB2.0ではデータの転送速度が異なります。USB3.1の方が速くなりますが、大量のデータや大きな容量のデータをやり取りする必要がなければ、特に問題なく使うことができます。








ディスプレイ上部にはカメラも搭載されています。





DVDドライブ(光学ドライブ)は搭載されていません。必要であれば、外付けの光学ドライブをご用意ください。USBに接続すれば使えるものがAmazonなどで2,000~3,000円程度で販売されています。








静音性の確認


ネットや動画鑑賞など、負荷がかからない処理をしているときはとても静かで、負荷がかかった処理をするときも他のノートパソコンと同程度の大きさの動作音でした。問題なく使えます。


測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
29~30db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
29~30db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
29~30db
CPU 80%使用時 38~40db






性能と仕様


DELL New XPS 15の仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
SSD 128GB + ハードディスク 1TB
 ディスプレイ  IPS液晶 フルHD(解像度:1920×1080)
光学ドライブ -
 グラフィックス Intel UHD
または
NVIDIA GeForce MX150 
SDカード
有線LAN
無線LAN
指紋認証 -
USBポート USB3.1 × 2
USB2.0 × 1
USB Type-C × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
 重さ  約1.48kg


今回のレビューで使用したDELL New XPS 15の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 128GB + ハードディスク 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce MX150

CPUはCore i5またはCore i7を搭載することができます。両者とも最新のCPUで性能が高く、快適に使うことができます。

メモリは8GBとなっています。16GBメモリなどを選択することはできません。

SSDはPCIe NVMe接続のものが搭載されているので、非常に高速に読み書きができます。とても快適に使うことができるでしょう。SSDのみのものと、SSD+ハードディスクのダブルストレージ構成になっているモデルがあります。

SSD+ハードディスクの構成にすると、パソコン自体の動作も速く、しかも大量のデータを保存できる余裕があります。SSDのみのモデルであれば、価格が安くなるというメリットがあります。

グラフィックスは一般的なインテル製のものが搭載されているモデルと、NVIDIA GeForce MX150が搭載されているモデルがあります。画像や動画編集、軽めのゲーム、イラスト作成などグラフィック機能を使用することを考えている場合は、GeForce搭載モデルを選択してみてください。

レポート作成に必要なOfficeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPointが必要であればOffice Home and Businessを、Word、ExcelだけでよければOffice Personalを選択してください。Office ProfessionalはOffice Home and BusinessにデータベースソフトとDTPソフトを加えたものになります。


理系も文系も、CPUにCore i5、メモリ8GBを選択するとスタンダードな構成になります。理系の場合は高い処理性能が必要となることもあるので、余裕があればCore i7を選択してみても良いでしょう。



以下はCPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


[CPUのベンチマーク:CINEBENCH R15で測定]

CPUの性能は609cbとなりました。高い性能を持っていて、問題なく使えます。





[ストレージのベンチマーク:CrystalDiskMarkで測定]

ストレージの速度を測定しました。SSDとハードディスクの両方の速度を測定しています。

まずはSSD側です。高速に動作することがわかりました。パソコンの起動や動作が高速化されます。




ハードディスク側です。SSDと比べると遅いです。しかし、パソコンの起動ドライブではなく、データの保存領域として使えますので特に問題はありません。





グラフィックスの性能を測定するために、ゲームのベンチマークソフト(ファイナルファンタジー紅蓮の解放者)を用いました。

スコアは5954で「とても快適」となりました。ファイナルファンタジーの場合は、途中でカクツクことが何回かありました。ファイルファンタジーは中程度の重さのゲームですので、しっかりゲームをやりたい場合には、グラフィック性能はやや足らないでしょう。




ドラゴンクエストのベンチマークを測定しました。スコアは11965で「すごく快適」となりました。ドラゴンクエストは軽めのゲームですので、ライトなゲームプレイを楽しむのに最適ですね。




グラフィックスの性能を別のソフト(3DMark)を使って測定しました。GeForceを搭載していない一般のノートパソコンよりも高い値が出ました。軽めのグラフィックス作業であれば、快適に動作します。




各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。DirectXを使ったアプリケーションが快適に動くでしょう。

ベンチマーク 評価対象 スコア
Time Spy DirectX 12 1057
Fire Strike DirectX 11 2769
Sky Diver DirectX 11 8489
Cloud Gate DirectX 10 13660





外観の確認


DELL Inspiron 14 5000の外観を確認してみましょう。

ディスプレイを閉じたところです。シルバーの天板となっていて、落ち着いた印象があります。中央にDELLのロゴが刻印されています。同系色の色になっているので、抑制が効いています。




横から見たところです。薄い作りになっています。




ディスプレイを開いて前から見たところです。





後ろ側から見たところです。








キーボードです。





本体左側面です。電源コネクタ、USB Type-C、HDMIポート、USB3.1ポート×2、マイク・ヘッドフォンジャックが搭載されています。




本体右側面です。SDカードスロット、USB2.0ポート、有線LANポート、セキュリティワイヤーロックスロットが搭載されています。




手前側です。




後ろ側です。






まとめ


DELL Inspiron 14 5000は14インチのちょうど良い画面サイズで作業ができます。1.48kgの重さで、毎日大学に持ち運んで使うというよりは、自宅で使うことが多く、たまに大学の授業やゼミに持っていくというような使い方をするのに、ちょうど良いノートパソコンです。

性能も高くて快適に使うことができますし、大学生活で必要な機能もほぼすべて搭載されています。また、シンプルで飽きの来ないデザインとなっていて、大学生にピッタリです。

DELL Inspiron 14 5000は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


一般向け割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → New Inspiron 14 5000(直販サイト)



関連記事    

1.DELL New Inspiron 13 7000 2in1レビュー 大学生が使いやすい軽量ノートPC
2.DELL New XPS 13レビュー 大学生がかっこよく使えるフレームレス・ノートパソコン
3.大学生におすすめのノートパソコン
4.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン
5.10万円以内で購入できる高性能ノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る