[レビュー]DELL Inspiron 14 5000は大学生に必要な機能が搭載され持ち運べる軽量なノートPC


DELLのInspiron 14 5000は14インチのサイズで、見やすくて作業がしやすいノートパソコンです。性能が高く、ネットやレポート作成などの作業がサクサク快適に行えます。

インターネットにはWi-Fiで接続できますし、プレゼンに必要になるHDMIや、周辺機器の接続に必要となるUSBポートも複数搭載しているなど、大学生活で必要となる機能を搭載しています。

また、高級感が感じられるシンプルで落ち着いたデザインのPCなので、飽きが来ることなく長く快適に使えるのも魅力的です。しかも、10万円を大きく切る価格からラインナップされているのもうれしいポイントです。

実際にDELLのInspiron 14 5000を使用してみましたので、レビューをご紹介します。




DELL Inspiron 14 5000は割引価格で購入することができます。以下のリンクにある割引クーポンを是非ご利用ください。

割引クーポンはこちら:割引クーポン


詳細はこちら → DELL Inspiron 14 5000(直販サイト)





大学生に良く似合い、高級感のあるシンプルで飽きの来ないデザイン


Inspiron 14 5000はシルバーで統一されたシンプルなデザインをしています。全体的に高級感のある落ち着いた印象があり、Macbook Airのような雰囲気を持っているようにも感じました。




大学で使うのにも適していますし、自宅でも室内のインテリアにうまく調和しそうです。大学生に良く似合うデザインをしています。シルバーの色というのは、飽きがこなくて良いですね。長く使えそうです。









キーボードの色もシルバーとなっていて、とてもクールな雰囲気に仕上がっています。









作業がしやすいサイズで、大学にも持って行きやすい軽さ


Inspiron 14 5000は自宅で使うことの方が多く、たまに大学に持っていくことがあるという人に適したノートパソコンです。

サイズは14インチとなっています。A4ノートよりも少しだけ大きいサイズとなります。15インチほどの広さはありませんが、画面サイズが広く作業がしやすいです。自宅でじっくりと作業するのに見やすいサイズです。






本体の厚みは抑えられていて、とてもスリムです。持ち運ぶ場合にも、A4サイズの資料やノートと一緒に問題なくカバンに入ります。






重さは約1.4kg(ホームページに掲載された値)で、実測で約1.36kgでした。1kgを切る超軽量タイプのモバイルノートPCと比べるとやや重みがありますが、片手でも十分に持つことができ、持ち運ぶことも問題なくできます。毎日大学にノートパソコン持っていく必要があるという人は、もう少し軽いノートPCを選んだ方が疲れなくて済むかもしれませんが、それでも十分に持ち運びがしやすくなっています。




大学生活でノートPCをあまり持ち運ぶことはないけど、時々は大学に持っていくことがある、という大学生の方におすすめです。








学業やプライベートで困らない充実の性能で、10万円を大きく切る価格から購入できる


Inspiron 14 5000には最新のCPU(Core i5 / Core i7)と8GB / 16GBのメモリ、そして高速に動作するSSDが搭載されています。サクサク動いてとても快適に使うことができます。

実際、インターネットやSNS、メール、写真・動画鑑賞などの作業はとても快適に行うことができます。また、Officeソフトを使ったレポート作成も問題なく行える性能を持っています。プレゼンを行う場合にも、スムーズに発表を行うこともできます。




さらに、グラフィックスはインテルIris Xeとなっています。前世代のものよりも大きくグラフィック機能が強化されていて、カジュアルな画像や動画の編集、軽めのゲームなどを快適に実行できる性能を持っています。


充実した性能を持つノートパソコンなのに、価格は10万円を大きく切る価格から購入できてとてもお得感があります。財布に優しいというのもうれしいポイントです。





レポート作成に必要なOfficeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Excelが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。






インターネットにはWi-Fiで接続


インターネットにはWi-Fiで接続することができます。最近はWi-Fiが普及しているので問題なく使えます。

有線LANポートはないので、LANケーブルを直接挿すことはできません。LANケーブルでのネット接続が必要な場合は、USBポートを有線LANポートに変換するアダプターを別途用意してください。






指紋センサー搭載でワンタッチログイン&高いセキュリティを実現


DELL Inspiron 14 5000はオプションで指紋センサーを搭載することができます。写真のように電源ボタンが指紋センサーを兼ねていて、指をタッチして指紋認証を行うことができます。



パスワードを入力することなく、ワンタッチでログインできるようになり、とても楽にパソコンを使い始めることができます。

また、他人が勝手にパソコンを操作するのを防ぐことができ、セキュリティを高めることが可能になります。

指紋センサーを希望する場合は、パソコンのカスタマイズ画面のパームレストの項目で「指紋認証リーダー付き」を選択してください。







キーボード


キーボードは下の写真のようになっています。

14インチサイズのノートパソコンなので、キー同士の間隔はしっかりとありますし、キーのサイズもそろっていて快適な入力作業ができます。




キーボードの左半分と右半分を拡大したものです。アルファベットキーや数字キー、Shiftキーや半角・全角切り替えキーなどは特に気になるところはありません。スペースキーと無変換、変換キーがくっついていますが、問題なく入力することができました。




Enterキーと「む」、Backspaceキーと「\」、Shiftキーと「ろ」のキーがくっついています。EnterキーやShiftキーは大きさが十分にあるので、これらのキーの周辺は特に問題ありません。

Backspaceキーは問題ないのですが、「\」キーが少し小さいです。最初のうちは見ながら入力するのが確実そうです。




キーを拡大したところです。キーを押したときの深さも問題なく、やわらかなタッチで快適に入力することができます。





タッチパッドです。領域が広く使いやすいです。








ディスプレイ


ディスプレイを取り囲むフレームの幅が細くなっていて、とてもスッキリとしています。フレーム幅が細いと、見た目的にもオシャレ感が出ますし、ディスプレイサイズはそのままで本体のサイズが一回り小さくなるため、本体重量が軽くなるというメリットがあります。






sRGBカバー率は65.6%となっていて色域は広くはありませんが、インターネットやメール、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などの一般的な作業をする分には全く問題ありません。

sRGBカバー率 65.6%
 sRGB比 66.1% 
Adobe RGBカバー率  49.0%
Adobe RGB比 49.0%


視野角は広く、上や横からなど角度を変えて見ても映り方に変化がなく、とても見やすいディスプレイです。





ディスプレイはフルHD表示が可能で、解像度は1920×1080となっています。ノングレア液晶で、画面への映り込みが抑えられていて、目に優しくなっています。









十分な種類のインターフェースが搭載され、周辺機器との接続もほぼ問題ない


Inspiron 14 5000にはmicro SDカードスロットやプレゼンで使えるHDMIポート、標準サイズのUSB3.2ポートが2つ、USB Type-Cポートが1つ搭載されています。

USBに対応した周辺機器とは標準サイズのUSBポートと接続することが多く、これらのポートが2つ搭載されているので安心です。









SDカードスロットはmicro SDカードに対応しています。奥まで入るので、作業をしているときにもひっかける心配がありません。スマホやドライブレコーダーで使っているものを挿入して、パソコンでデータを管理することができるようになります。









HDMIポートを搭載し、ゼミや研究室でのプレゼンに使える


大学の講義やゼミ、研究室ではPowerPointやWordで資料を作って、プレゼン発表を行う機会が多くあります。プレゼンのときにはパソコンとモニター、プロジェクターをHDMIケーブルで接続することが多いです。

Inspiron 14 5000にはHDMIポートが搭載されていて、直接HDMIケーブルを挿すことができます。




実際にモニターにパソコンの画面を問題なく映し出すことができました。ノートPCの性能が高いので、テキパキとプレゼン発表ができます。







カメラとマイク、スピーカーを搭載し、オンライン授業にも対応できる


ディスプレイの上部にはカメラとマイクが搭載されています。




また、スピーカーは本体底面部に左右1つずつ搭載されています。




オンライン授業でZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使う必要がある場合でも、問題なく対応することができます。スピーカーからでもしっかりと音声を聞くことができますが、もし、より確実に聞きとりたい場合は、本体側面にあるヘッドフォン端子にイヤホンやヘッドフォンを接続すると良いでしょう。





CPUのパフォーマンスを制御することが可能


DELL Inspiron 14 5000では、DELL Power Managerというソフトが標準でインストールされていて、その中のサーマル管理という機能を利用すると、CPUのパフォーマンスを制御することが可能になります。

よりCPUのパフォーマンスを上げて高速に実行したり、逆にパフォーマンスを落として静音性を高めるという使い方ができます。




時間のかかる処理や負荷のかかる処理を行う時は、超高パフォーマンス設定で実行するとより早く完了するでしょう。また、図書館やカフェなどで使う場合は、静音モードにするとより静かに使うことができるようになります。






静音性の確認


上述のサーマル管理機能を使って、最適化、静音、超高パフォーマンスの各モードで動作音を計測しました。

まず、標準設定の最適化モードです。動画を見たりするなど負荷のかからない作業の時はとても静かに使うことができました。負荷がかかると動作音は大きくなりましたが、一般的なノートパソコンと同等程度の大きさでした。特に問題はないでしょう。

静音モードでは、最適化モードよりも静かでした。負荷の低い作業のときは静かですし、負荷がかかっても動作音は抑えられました。一般的なノートパソコンと比べても静かでした。静かに使いたい時はこのモードを利用すると良いでしょう。

超高パフォーマンスモードでは、負荷のかからない作業をしているときは他のモードと同様に静かです。負荷がかかる作業をすると、動作音は大きくなりました。一般的なノートパソコンと比べると若干大きめの動作音でした。

普段は標準設定で使うということで全く問題ないでしょう。快適に使用できると思います。もし、より静かに使いたいという場合には、静音モードを利用すれば良いでしょう。

測定項目  測定値   
 最適化 静音  超高パフォーマンス 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db  
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db  
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db  
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db  
YouTube閲覧時 28~29db  
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R20実行)
38~39db 33~34db  44~45db 






性能と仕様


DELL Inspiron 14 5000の仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB / 1TB
 ディスプレイ フルHD(解像度:1920×1080)
広視野角液晶
ノングレア
光学ドライブ -
 グラフィックス インテルIris Xe
SDカード
(micro SDカード)
有線LAN -
無線LAN
指紋認証
(選択可能)
USBポート USB3.2 × 2
USB Type-C × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
 重さ  約1.42kg


今回のレビューで使用したDELL Inspiron 14 5000の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-1165G7
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 512GB


CPUはCore i5またはCore i7から選択することができます。性能はCore i7 > Core i5となります。

現在流通している最新のノートパソコンには、Core i5-10210Uなどの第10世代のCPUと、Core i5-1135G7などの第11世代のCPUがよく搭載されています。今回のDELL Inspiron 14 5000に搭載されている第11世代のCPUは、第10世代のものに比べて、性能が大きくアップしています。高速で快適に使うことができます。

メモリは8GBまたは16GBとなっています。ストレージは高速に動作するSSDが搭載されています。

グラフィックスはインテルIris Xeとなっています。一つ前のグラフィックスであるインテルUHDグラフィックスよりも大きく性能がアップしています。軽めのゲームや画像・動画編集など、グラフィックス性能を必要とする作業をする場合に効果を発揮します。

ただ、そのグラフィックスの性能をフルに活用するには、メモリが8GB(4GB×2)や16GB(8GB×2)のものを選択する必要があります。8GB×1では最大限の性能が発揮できませんのでご注意ください。もし画像・動画編集やゲームなどをしないのであれば、8GB×1のメモリでも問題ありません。


文系も理系も、CPUにCore i5、メモリ8GBを選択すればスタンダードな性能になります。とても快適に使えるでしょう。もし、画像・動画編集やゲームなどグラフィックス性能を使う作業をする予定があれば、CPUにCore i7のモデルを選択してください。Core i7のモデルはすべて4GB×2や8GB×2のメモリが搭載されています。


レポート作成に必要なOfficeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPointが必要であればOffice Home and Businessを、Word、ExcelだけでよければOffice Personalを選択してください。Office ProfessionalはOffice Home and BusinessにデータベースソフトとDTPソフトを加えたものになります。


以下はCPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUのベンチマーク


CPUの性能を計測しました。今回、上述したサーマル管理機能を用いて、最適化モード、超高パフォーマンスモード、静音モードの各モードで計測しています。

最適化モードにおいて、前世代のCPUよりも20%以上高いスコアとなりました。とても快適に使える性能です。高パフォーマンスモードに設定すると、最適化モードよりも8%程度性能がアップしました。また、静音モードにすると、最適化モードよりも20%程度性能が下がりますが、その分静音性が高まります。







ストレージのベンチマーク


ストレージの速度を測定しました。高速に動作することがわかりました。パソコンの起動やアプリの動作、データの読み書きが高速化されます。





グラフィックスのベンチマーク


グラフィックスの性能を計測しました。

インターネットやメール、SNS、動画鑑賞やOfficeソフトを使った作業など、全く問題なく使える性能です。また、カジュアルな画像や動画編集、イラスト制作などにも使えます。










ベンチマーク 評価対象 スコア
Time Spy DirectX 12 1351
Fire Strike DirectX 11 3557
Night Raid DirectX 12 11684




ゲームのベンチマーク


ゲームがどれくらい快適にできるかをベンチマークソフトを使って計測しました。軽量級~中程度の重さのゲームであれば、設定を低くすればカジュアルにゲームプレイを楽しむことができます。重量級のゲームは厳しいでしょう。

軽量級のゲーム


軽量級のゲームとしてファンタシースターオンライン2を試しました。設定を下げる必要はありますが、快適にプレイできるでしょう。



簡易描画設定 解像度  スコア  フレームレート(fps)
3 1920 × 1080  8311 86.5



中程度の重さのゲーム


中程度の重さのゲームとして、ファイナルファンタジー14漆黒のヴィランズを試しました。画質設定や解像度を下げれば、まずまず快適にプレイできるでしょう。



グラフィック設定 解像度  スコア   評価 フレームレート(fps)
標準品質 1920 × 1080  4338 快適 30.6
標準品質 1280 × 720  7241 非常に快適 56.2



重量級のゲーム


重量級のゲームとしてファイナルファンタジー15を試しました。画質設定や解像度を下げても厳しいでしょう。




グラフィック設定 解像度  スコア   評価 フレームレート(fps)
軽量品質 1280 × 720  2929 やや重い 28.3






外観の確認


DELL Inspiron 14 5000の外観を確認してみましょう。

ディスプレイを閉じたところです。シルバーの天板となっていて、落ち着いた印象があります。中央にDELLのロゴが刻印されています。同系色の色になっていて、綺麗に調和しています。




横から見たところです。薄い作りになっています。




ディスプレイを開いて前から見たところです。








キーボードです。キー自体もジルバーで統一されていて、高級感が感じられます。





真横から見たところです。




後ろ側から見たところです。









底面です。中央にInspironの文字が刻印されています。




ACアダプターです。




本体左側面です。電源コネクタ、HDMIポート、USB3.2ポート、USB Type-Cポートが搭載されています。




本体右側面です。micro SDカードスロット、USB3.2ポート、マイク・ヘッドフォンジャックが搭載されています。




手前側です。




後ろ側です。






まとめ


DELL Inspiron 14 5000は14インチのちょうど良い画面サイズで作業ができます。約1.40kgの重さで、毎日大学に持ち運んで使うというよりは、自宅で使うことが多く、たまに大学の授業やゼミに持っていくというような使い方をするのに、ちょうど良いノートパソコンです。

性能も高くて快適に使うことができますし、大学生活で必要な機能もしっかり搭載されています。また、シンプルで飽きの来ないデザインとなっていて、大学生にピッタリです。

10万円を大きく切る価格からラインナップされているので、購入しやすいのもうれしいですね。

DELL Inspiron 14 5000は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


一般向け割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → DELL Inspiron 14 5000(直販サイト)




関連記事    

1.大学生に最適なDELLのノートパソコン 性能が良くて割安に購入できる
2.DELL Inspiron 13 7000レビュー 大学生活に必要な性能と機能を持つ1kg未満の軽量ノートPC
1.DELL New Inspiron 13 7000 2in1レビュー 大学生が使いやすい軽量ノートPC
2.DELL New XPS 13レビュー 大学生がかっこよく使えるフレームレス・ノートパソコン
3.大学生におすすめのノートパソコン
4.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン
5.10万円以内で購入できる高性能ノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る