DELL G5 15レビュー 大学生が購入しやすい価格帯のハイスペック・ゲーミングノートPC


DELLのG5シリーズは、手ごろな価格で購入できるハイスペックなゲーミングノートPCです。デスクトップPC並みに性能の良いCPU、強化されたグラフィックスが搭載されていて、NVIDIA GeForce RTX 2060を搭載したモデルもラインナップされています。ゲーミングノートPCが欲しいけど高くて手が出ないというような場合には、DELL G5シリーズが良い選択肢になります。


実際にDELLのG5シリーズを使用してみましたので、レビューをご紹介します。




DELL G5 15の割引クーポンが利用できます。以下のリンクよりクーポンをご利用ください。

割引クーポン:割引クーポン



詳細はこちら → New Dell G5 15(直販サイト)





リーズナブルな価格で購入できるゲーミングノートPC


ゲーミングノートPCは高い性能が要求されるため、どうしても20万円前後の価格帯になってしまいますが、DELL G5シリーズは手ごろな価格でゲームプレイが楽しめるように開発されたという経緯があります。

そのためクーポン(このページの最初または最後に掲載)を使って購入すれば、11万円台から購入できるようになっています。一般的なホームノートPCやモバイルノートを購入できる予算で、ゲーミングノートPCが手に入ります。

アルバイトでお金を貯めて買う大学生も多いと思いますが、少しでも安くゲーミングPCが購入できるのはありがたいですね。






理系の研究など、重い処理も楽々こなせるハイスペックPC


DELL G5シリーズはゲーミングPCとあって、負荷がかかる処理も楽々こなせるようにとても高い性能となっています。選択できるCPUとメモリは以下のようになっています。

CPU Core i7-8750H /
Core i5-9300H / Core i7-9750H
メモリ 8GB / 16GB


ハイスペックノートパソコンに搭載されることが多いCore i7-8750Hだけでなく、Core i5-9300HやCore i7-9750Hなどの最新世代のCPUを選択できるようになっています。


今後はCore i7-9750Hが主流になっていくと思います。CPUの性能はCore i7-8750Hと比較して約7%程度の性能アップになっているようです。


どのCPUもデスクトップPC並みに性能が高いです。Core i7-8750Hでも十分に性能が高いので、価格を抑えたければCore i7-8750HでもOKでしょう。先を見越してということであれば、Core i7-9750Hを検討してみてください。


これだけ性能が高いとゲームで遊べるだけでなく、時間のかかる計算処理や、動画・画像の編集、グラフィックスの処理、プログラミングなどの負荷のかかる処理も快適にこなすことができるようになります。


大学の理系学部の学生で、完了まで時間のかかる処理を実行したい、重いプログラミング作業で使いたいなど、研究活動で使用するという場合にも良い選択肢になるでしょう。


また、この下で説明しているように、NVIDIA GeForce10シリーズ、20シリーズを搭載していてグラフィックスが強化されています。2D/3D CADやCG制作、グラフィックスやデザインなどの作業など、グラフィックス性能が必要とされる処理を行うのにも最適です。







最新のグラフィックスNVIDIA GeForce RTX 2060も搭載可能


DELL G5シリーズはゲーミングPCなので、グラフィックス(GPU)が強化されています。選択できるのは、NVIDIA GeForce GTX 1050Ti / 1650 / 1660Ti、NVIDIA GeForce RTX 2060となっています。




最新のGeForce RTX 2060が選択できるようになっています。リアルタイムレイトレーシングやDLSSなどの新機能が搭載されているだけでなく、性能面でも以下のグラフのように、GeForce GTX 1060に対して63%、GTX 1070に対して16%の性能アップとなっていて、性能面でも大きく強化されています。







リフレッシュレート144Hzでヌルヌルなゲーミング体験ができる


DELL G5シリーズは144Hzのリフレッシュレートに対応したディスプレイを搭載したモデルもラインナップされています。1秒間に144回画面を更新することができるため、非常に細かな動きも表現できます。


いわゆる「ヌルヌルとした画面」でゲームプレイを楽しむことができます。敵の動きをいち早く察知したりできるなど、素早い対応が可能となります。


なお、DELL G5シリーズのすべてのモデルが144Hzに対応しているわけではありませんのでご注意ください。高リフレッシュレートのものには、144Hzディスプレイと表示されています。





シャープなデザイン


DELL G5シリーズのデザインを確認しておきましょう。今回のレビューでは、DELL G5スペシャルエディションのものをご紹介します。


薄型モバイル系のノートパソコンと比べると本体の厚みはややありますが、すっきりとしています。スペシャルエディションの天板はホワイトです。通常のG5はブラックになります。





一般的なノートパソコンと違い、DELL G5シリーズではヒンジフォワードという方式を採用しています。キーボードの一番奥からディスプレイが開くのではなく、5cmほど手前からディスプレイが開くようになっています。この方式にすると、パソコン後部に大型の冷却ユニットを搭載できるようになり、パソコン内部の熱をうまく冷やすことができるとメリットがあります。












キーボードやディスプレイ周囲のフレーム(ベゼル)はブラックで統一されています。




サイズは15.6インチで、A4ノートよりも大きいです。重さは約2.7kgありますので、気軽に外に持ち運んで使うということは厳しそうです。







通常モデルとスペシャルエディションの違い


DELL G5の通常モデルとスペシャルエディションの一番大きな違いは、カラーです。天板ならびに底面の部分について、スペシャルエディションはホワイト、通常モデルはブラックとなっています。キーボードの部分については、どちらもブラックとなっています。また、タッチパッドの部分が多少違いがあるようですが、ほとんど目立ちません。


選択できるCPUやメモリ、グラフィックスなどのパーツの種類は両者で同じです。


価格の差が若干ありますが、大きくは違いません。好みのカラーで選べば良いでしょう。





ネットにはWi-FiまたはLANケーブルで接続でき、通信の安定化を確保できる


インターネットにはWi-FiまたはLANケーブルを用いて接続します。




ユーティリティソフト「Killer Control Center」がインストールされています。このソフトはネットワーク接続をモニタリングし、CPU負荷を低減させ、ネットワークの遅延を抑えることができます。オンラインゲームでは、通信のわずかな遅れで結果に大きな違いが生じることがあるので、通信が安定化されるのはありがたいです。







キーボード


キーボードの全体は以下のようになっています。ゲーミングPCというような雰囲気はあまり感じられない落ち着いたデザインです。ゲームをプレイするだけでなく、大学での勉強やその他の作業に使いたい時には、このようなシンプルなデザインの方が集中できて良いかもしれません。







BacksSpaceキーと「\」キー、Enterキーと「む」キー、Shiftキーと「ろ」キーがくっついています。くっついているのは大丈夫なのですが、どちらかというと「\」キーが小さいのが気になりました。最初はキーを見ながら入力して慣れていけば大丈夫でしょう。




キーボードの拡大写真です。キーとキーの間隔、キーを押したときの深さなど、特に気になる点はありません。問題なく作業できるでしょう。




タッチパッドです。周りが青くなっているのがアクセントになっていて良いです。







映りの良いIPSディスプレイ


ディスプレイはIPS液晶が搭載されています。解像度は1920×1080となっています。非光沢液晶で映り込みが抑えられていて見やすいです。








IPS液晶なので、角度を変えて見ても見え方が変化せずに見やすいです。







周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器を接続するためのインターフェースは、よく使われるものがしっかりと搭載されています。

通常サイズのUSB3.1ポートが3個、USB Type-Cポートが1つ、有線LANポート、SDカードスロット、HDMIポート、Mini Displayportが搭載されています。光学ドライブは搭載されていません。


[左側面]


[本体背面部]

有線LANやHDMIなどのケーブル接続が必要なポートが本体背面部に集まっているので、配線がすっきりして使いやすい。


[右側面]



ディスプレイ上部にカメラも搭載されています。








フルサイズのSDカードスロット搭載


SDカードはフルサイズのものに対応しています。デジカメやビデオで撮影した写真や動画を取り込んで編集するのもやりやすいです。

SDカードは途中までしか入りません。







豊富な出力ポート プレゼンにも対応できる


HDMIポートとMini Displayportが搭載されていて、PCの画面をモニターやプロジェクターに映し出したり、モニターをつないで作業画面を増やすのも簡単です。

USB Type-Cポートに対応するモニターを使えば、最大で4画面に出力が可能です。


[HDMIポート]



[Mini Displayポート]



HDMIを使って別モニターにパソコンの画面を出力しました。ケーブルをつなげばすぐにモニターに表示されますので、プレゼンをするのもとても簡単です。




モニターを新しい作業領域として使うこともできます。







Officeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Excelが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。



指紋センサーに対応


キーボード上部にある電源ボタンは指紋センサーを兼ねています。指紋認証を使えばログインが簡単になりますし、他人がPCを使うのを防ぐことができ、セキュリティも高まります。








静音性の確認


アイドル状態でも若干動作音がしますが、気になる大きさではありません。ネットや動画鑑賞など、負荷がかからない処理をしているときも静かです。

CPUに負荷がかかる処理をすると動作音は大きくなりました。ノートパソコンの動作音としてはやや大きめかなと思いました。ただ、デスクトップPC並みの性能を持つCPUやグラフィックボード(GPU)を搭載する他のノートパソコンでも同程度の動作音になります。


測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
30~31db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
30~31db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
30~31db
CPU 80%使用時 45db~
ファイナルファンタジー紅蓮の解放者 ループ再生時
CPU 40~60%
GPU 30~50%
36~45db






性能と仕様


DELL G5シリーズの仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i7-8750H /
Core i5-9300H / Core i7-9750H
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB + ハードディスク 1TB
SSD 256GB + ハードディスク 1TB
SSD 512GB
 ディスプレイ  IPS液晶 フルHD(解像度:1920×1080)
 グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1050Ti / 1650 / 1660Ti
NVIDIA GeForce RTX 2060 
光学ドライブ -
SDカード SDカードスロット
有線LAN
無線LAN
指紋認証
USBポート USB3.1 × 3
USB Type-C × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
 重さ  約2.68kg~


今回のレビューで使用したDELL G5の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8750H
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 256GB + ハードディスク 1TB
グラフィックス: NVIDIA GeForce RTX 2060


CPUは今現在普及しているCore i7-8750H、または最新の第9世代CPUであるCore i5-9300H / Core i7-9750Hを選択することができます。どれもデスクトップPC並みに高性能なCPUです。第9世代のCore i7-9750Hが一番性能が高くなります。


メモリは最大16GBまで搭載できます。CPUの性能を活かすためにも、メモリは16GBを搭載しておくのが良いでしょう。


SSDはPCIe NVMe接続のものが搭載されているので、非常に高速に読み書きができます。とても快適に使うことができるでしょう。


グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1050 / 1050Ti / 1660Ti / RTX 2060から選択できます。RTX 2060が一番最新のグラフィックスです。


レポート作成に必要なOfficeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPointが必要であればOffice Home and Businessを、Word、ExcelだけでよければOffice Personalを選択してください。Office ProfessionalはOffice Home and BusinessにデータベースソフトとDTPソフトを加えたものになります。


以下はCPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



[CPUのベンチマーク:CINEBENCH R15で測定]

CPUの性能は1064cbとなりました。通常のノートPCによく搭載されているCore i7-8565Uは550cb前後の値を示すので、倍近い性能を持っていることがわかります。非常に高い性能のノートパソコンであると言えます。





[ストレージのベンチマーク:CrystalDiskMarkで測定]

SSDとハードディスクのデュアル構成となっていますので、それぞれのストレージの速度を測定しました。

まず、SSDです。PCIe NVMe接続となっているので、データの読み込みも書き込みも、非常に高速に動作します。





続いてハードディスクです。SSDと比べると読み書きともに遅くなりますが、ハードディスクとしては高速です。






グラフィックスの性能を測定するために、ゲームのベンチマークソフト(ドラゴンクエスト)を用いました。スコアは13,500で「すごく快適」となりました。ドラゴンクエストは軽量なゲームです。軽いゲームは問題なく快適にプレイできるでしょう。






続いてファイナルファンタジー14 紅蓮の解放者を用いました。スコアは12281で「非常に快適」となりました。ファイナルファンタジー14 紅蓮の解放者は中程度の重さのゲームです。





最後にファイナルファンタジー15で試してみました。スコアは6529で「快適」となりました。ファイナルファンタジー15は重量級のゲームです。まずまずプレイできますが、やや重たいかもしれません。





グラフィックスの性能を別のソフト(3DMark)を使って測定しました。とても高い値となっています。DirectXを使ったソフトウェアが軽快に動作するでしょう。




各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。DirectXを使ったアプリケーションが快適に動くでしょう。

ベンチマーク 評価対象 スコア
Time Spy DirectX 12 5665
Fire Strike DirectX 11 12898
Sky Diver DirectX 11 29120
Cloud Gate DirectX 10 27968





外観の確認


DELL G5の外観を確認してみましょう。今回のレビューではG5スペシャルエディションの外観をご紹介します。

ディスプレイを閉じたところです。天板はホワイトです。




ディスプレイを開いたところです。キーボードとディスプレイ周囲のフレームはブラックです。










後ろ側から見たところです。











キーボードです。





排気口は本体後方部の左右に2か所ずつ、合計4か所あります。




スピーカーは本体の手前部分にあります。




底面です。スペシャルエディションの底面もホワイトになっていて、内部のパーツが少しだけ見えるようになっています。





ACアダプターをつけたところです。ゲーミングPCなどのハイスペックパソコンにはよくあることなのですが、ACアダプターは大きいです。重さを計測したところ685gありました。





本体右側面です。




背面部分です。




左側面です。




手前側です。






まとめ


DELL G5シリーズは手ごろな価格で購入できるゲーミングノートパソコンです。

CPUはデスクトップPC並みに高性能ですし、NVIDIA GeForceを搭載しグラフィックスも強化されています。ゲームだけでなく、プログラミングや計算処理、2D/3D CADやCG制作、デザインなどの負荷のかかる作業にも使えます。

安くてハイスペックなノートパソコンが欲しい方には良い選択肢になりますので、是非検討してみてください。


DELL G5シリーズを購入の際は以下の割引クーポンご利用ください

一般向け割引クーポン:割引クーポン


また、DELL G5シリーズは学割価格でも購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト



詳細はこちら → New Dell G5 15(直販サイト)





関連記事    

1.DELL New XPS 15レビュー 大学の研究やプログラミング、グラフィック処理に使える
2.[レビュー]HP Spectre x360 15は高負荷な作業が多い大学生に最適なノートパソコン
3.[レビュー]DELL ALIENWARE M15はスッキリ使える薄型軽量のゲーミングノートPC
4.大学生におすすめのノートパソコン
5.動画編集や理系の研究用途などの高負荷な処理にも使えるハイスペック・ノートPC



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る