VAIO SX14レビュー 大学生が持ち運びしやすく作業もはかどる高性能ノートパソコン


VAIO SX14は14インチのサイズがあるのに重さが約999グラム~となっていて、自宅でじっくり使うのも、大学やカフェに持ち運んで使うのも簡単にできる、とても便利なノートパソコンです。

性能も非常に良く、勉強にもプライベートにも快適に使うことができます。周辺機器との接続に必要となるインターフェースもしっかりと搭載されていて、大学生活をしっかりとサポートしてくれます。

実際にVAIO SX14を使用してみましたので、レビューをご紹介します。




直販サイトのソニーストアでは、構成をカスタマイズできます。LTE通信が不要な方はソニーストアの方が安くなる場合があります。

詳細はこちら → VAIO SX14 icon(ソニーストア)



現在直販サイトのVAIOストアでは、15,000円分の割引クーポンやプリペイドSIMカード(約15,000円分)プレゼントのキャンペーン実施中ですLTE通信を希望する方は、こちらのほうが安くなる場合があります。

詳細はこちら → VAIO SX14 icon(VAIOストア)





作業がしやすい14インチの大きさなのに、わずか1.0kgしかないから自宅でも大学でも使いやすい


VAIO SX14はサイズが14インチのノートパソコンです。一般的な14インチノートPCの重さは約1.4kg~1.8kgのものが多いのですが、VAIO SX14は約1.0kg(カタログ掲載値は999グラム~)となっていて、とても軽いです。片手でも簡単に持ち上げることができました。




今回、筆者が実際に使用したVAIO SX14の重さは1030グラムでした。これだけ軽いと、大学に持っていく場合でも楽々持ち運ぶことができます。




A4ノートと比較すると、A4ノートよりもわずかに大きいだけです。14インチのサイズですが、13インチ型ノートパソコンの大きさと同程度の大きさを実現しています。

下の方でも解説していますが、VAIO SX14はディスプレイを取り囲むフレームの幅がとても細くなっているため、その分本体サイズをコンパクトにすることに成功しています。

ディスプレイが14インチだと画面が広くて作業がしやすくなります。自宅でじっくりと作業に取り組むことができます。しかも、軽くてコンパクトにできているので、大学や図書館などに持ち運んで作業するのにも使えてとても便利です。







本体の厚みは抑えられていて、スリムに仕上がっています。カバンの中に入れてもかさばりません。











インターネットやメール、レポート・卒論作成はもちろん、幅広い用途に快適に使える性能


VAIO SX14は性能の良いCPU(Core i3 / Core i5 / Core i7)ならびに、4GB~16GBのメモリを搭載することができます。ストレージは高速に動作するSSDを選択できます。サクサクと快適に使うことができまます。




インターネットやメール、SNS、動画視聴、Officeソフトを使ったレポートや卒論作成などの作業はもちろんのこと、幅広い用途に用いることができます。






VAIO TruePerformance機能でCPUの性能を高めたり、逆にCPUの性能を抑えて静かに使うことができる


VAIO SX14には他のノートPCにはない、VAIO TruePerformanceという機能が備わっています。この機能をON(パフォーマンス優先モード)にすると、普段のCPUの性能よりも20%程度処理能力がアップします。CPUパワーを使う時にはこの機能をONにすると、より速く処理が完了します。

また、静かさ優先モードにすると、ファンの音がほとんどしなくなります。非常に静かに使うことができます。図書館など、静かな環境で使いたい場合にはこのモードに設定しておくと良いでしょう。

VAIO TruePerformance機能は、電源に接続したときとバッテリーで動かすときの両方に対して設定することができるようになっています。









レポートや卒論の作成に必要なOfficeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Exceが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。






インターネットにはWi-Fiだけでなく、LANケーブルでの接続やSIMカードを使ったLTEでの通信にも対応


インターネットにはWi-Fiだけでなく、LANケーブルをつないで接続することができます。Wi-Fiがあれば大丈夫なことが多いですが、大学のゼミや研究室で使用するときには有線LANしか使えない場合も多いので、両方対応できるとうれしいですね。




また、SIMカードを挿してLTE通信によるネット接続も可能です。SIMフリーに対応していて、docomoなどの大手キャリアのSIMカードだけでなく、格安SIMも使うことができます。SIMカードスロットは本体の底面部に位置していて、micro SIMカードに対応しています。

自宅に光回線を引かなくてもインターネットを使うことができますし、外出先でもWi-Fiスポットを探したりテザリングをしなくてもネットが使えるのがうれしいポイントです。




SIMカードによる通信が必要でない場合は、直販サイトであるソニーストアで購入すると安くなります。ソニーストアでは構成をカスタマイズすることができるので、SIMカードオプションを外すことで購入価格を下げることができます。


逆に、SIMカードによる通信を行いたい場合は、VAIOパソコンの直販サイトであるVAIOストアで購入するのがお得です。新規会員登録で2万円分のクーポンをもらうことができます。





追加料金なしで安心の3年保証


オンライン直販サイトのソニーストア、またはVAIOストアで購入すると、メーカー保証期間が3年となります。


通常は1年間なのですが、追加料金を払うことなく3年の保証となり、とても安心して使うことができます。






快適に入力できるキーボード


キーボードは下の写真のようになっています。14インチのサイズがあるので、窮屈な感じは全くなく、快適に入力することができます。




キーボードの左側を見てみると、アルファベットキーや数字キーは使いやすい大きさになっていますし、半角・全角切り替えキーやShiftキー、スペースキーなども十分な大きさが確保されています。




キーボードの右側です。Enterキーが大きくなっていてとても入力しやすいです。よく使うキーなので、これだけの大きさが確保されているとありがたいです。Enterキー周辺の記号キー(「む」「[」、「\」キーなど)の大きさは、他のアルファベットキーや数字キーと大きさがそろっていて好感が持てます。これらのキーをよく使う人にとって、とても使いやすく感じるでしょう。




キーボードを拡大したところです。




タッチパッドです。クリックボタンが搭載されています。クリックボタンは少しだけ堅かったです。





VAIO SX14ではささやかな工夫が施されていて、ディスプレイを開くとキーボードに角度がつくようになっています。こうなることによって、入力時の疲れが軽減されますので、長時間作業をしていても疲れにくくなります。



ディスプレイを開くと、キーボードの上部がわずかに持ち上がるようになっている。




ディスプレイを開いて真横から見たところ。キーボードに角度がついていることがよくわかる。






ディスプレイ周辺のフレームがスリムで、映りの良いIPS液晶を搭載


VAIO SX14のディスプレイを取り囲むフレームはとても細くなっていて、洗練された印象があります。また、画面に集中できるというメリットもあります。

また、IPS液晶となっていて、前から見ても、上や横から見ても画面の明るさや色調の変化がなく、とても映りが良いです。映像や画像を楽しむことができますし、画質が大事になる作業をするのにも適しています。

ディスプレイはフルHD(解像度:1920×1080)のものと、さらに高精細な表示が可能な4K(解像度:3840×2160)のものを選択することができます。


ディスプレイ周辺のフレームが細くなっていて、すっきりとした印象がある。



角度を変えて見ても、色調や明るさに変化がなく見やすい。










周辺機器との接続はとても安心できる


周辺機器との接続に必要となるインターフェース類は、非常に充実しています。下の写真にあるように、SDカードスロット、有線LANポートが搭載されているだけでなく、プレゼンに必要なHDMIポートとVGAポートの両方を搭載しています。





USBポートは標準サイズのものが3つとUSB Type-Cポートが1つ搭載されています。これだけそろっていれば、複数のUSB機器を接続するのも安心です。





SDカードスロットはフルサイズのものが搭載されています。micro SDカードも使えるので安心です。SDカードは奥までしっかりと入りますので、作業をしていても邪魔になりません。





ディスプレイ上部にはカメラが搭載されています。インターネット上で英語のレッスンが受けられるオンライン英会話に使うことができますし、友達とのテレビ電話などにも使うことができます。





光学ドライブ(DVDドライブ)は搭載されていません。必要であれば、外付けのものを用意してください。






プレゼンに必要なHDMIポートとVGAポートの両方を搭載


インターフェースのところでも紹介しましたが、VAIO SX14はHDMIポートとVGAポートの両方を搭載しています。HDMIポートがあれば大丈夫なことが多いのですが、まだまだVGAポートを搭載した機器も多く使われています。研究室やゼミでVGAしか使えない場合でも、安心してプレゼン発表ができるので便利です。







実際にHDMIケーブルを接続して、モニターにパソコンの画面を出力してみました。ケーブルをつなげるだけで問題なく映し出すことができました。








指紋認証機能で簡単ログインと高いセキュリティを実現


矢印キーの下には指紋センサーが搭載されています。指をかざすだけでログインができるようになります。パスワードを入力する手間が省けてとても便利です。

また、他人が勝手にPCを使うことを防ぐことができるようになりますので、大事なデータを盗み見られたりすることがなく、安心して使うことができます。







バッテリー寿命が長持ちする機能を搭載


VAIO SX14にはバッテリーを長持ちさせる機能が搭載されています。バッテリーをフルに充電した状態で使い続けると、バッテリーの寿命が早く短くなりますが、80%程度の充電量に抑えておくと、バッテリーを長持ちさせることができるようになります。







静音性の確認


上でも紹介した通り、VAIO SX14ではVAIO TruePerformanceという機能を使え、各モードで動作音のチェックを行いました。

通常の状態、つまり標準モードでも、一般的なノートパソコンよりもとても静かな動作音でした。静かさ優先モードにすればほとんど動作音がしない状態で使うことができます。

パフォーマンス優先モードにすると、アイドル状態で多少の音がするようになりました。CPUに負荷がかかると動作音は大きくなるのですが、一般的なノートPCと同等か、少し小さめの動作音となりました。

全体的にとても静かに使えるノートパソコンだと思います。

測定項目 標準 静かさ優先  パフォーマンス優先 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db  28~29db  31~32db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db  28~29db  31~32db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db  28~29db  30~31db
CPU 80%使用時 31~32db  28~29db  39~40db







VAIO SX14の性能と仕様


VAIO SX14の仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Celeron-4205U / Core i3-8145U / Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB / 1TB
 ディスプレイ  IPS液晶 フルHD(解像度:1920×1080)
IPS液晶 4K(解像度:3840×2160)
光学ドライブ -
 サイズ 14インチ 
SDカード
有線LAN
無線LAN
 LTE 選択可(micro SIM) 
指紋認証
USBポート USB3.0 × 2
USB3.1 × 1
USB Type-C × 1
HDMIポート
 VGAポート 〇 
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
カラー ブラック / シルバー / ブラウン
 重さ  約999g~
 保証期間 3年 


今回のレビューで使用したVAIO SX 14の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB (PCIe)


CPUは最新のCeleron / Core i3 / Core i5 / Core i7から選択することができます。メモリは4GB / 8GB / 16GBを搭載することができます。


Celeronは性能は一番低くなりますが、価格面では一番安くなります。


快適な環境にするには、Core i3 / Core i5 / Core i7から選択するのをおすすめします。この3つの中では、Core i3が一番性能が低く、Core i7が一番性能が高くなります。インターネットやメール、レポートや卒論作成などが快適に使えるのはもちろんのこと、幅広い用途にも活用することができます。


ストレージはSSDです。SATAタイプとPCIeタイプのものから選択できるのですが、スピードはPCIeタイプのものが高速です。しかし、SATAタイプのものでもハードディスクに比べれば圧倒的に速いです。少しでも高速なものが良ければPCIeタイプのSSDを、価格を抑えたければSATAタイプのSSDを選択してください。


ディスプレイは通常はフルHD(解像度:1920×1080)で大丈夫です。高精細な表示を楽しみたい方や、画質が重要になる作業をする方は4K(解像度:3840×2160)のものを選択してみてください。


文系の場合は軽めの処理が中心になるので、CPUはCore i3でメモリ4GBでも大丈夫なことが多いです。余裕があれば、CPUはCore i5でメモリを8GBにしておくと長く快適に使い続けられます。


理系はCPUはCore i5、メモリ8GBを選択すれば、スタンダードな構成になります。ただ、理系の場合は負荷がかかる処理が増える傾向にあるので、余裕があればCPUをCore i7にしたり、メモリを16GBに増やしてみても良いでしょう。とても快適に使うことができます。


レポート作成に必要なOfficeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPointが必要であればOffice Home and Businessを、Word、ExcelだけでよければOffice Personalを選択してください。


カラーはブラック、ブラウン、シルバーの3色から選ぶことができます。さらに、ALL BLACK EDITIONというPC全体がブラックで統一されているモデルや、台数限定で勝色特別仕様モデルというものもあります。


SIMカードはmicro SIMに対応しています。SIMカードを使用する場合は、購入時にLTEオプションを選択してください。VAIOストアではVAIOのオリジナルSIMに対応したモデルを販売しています。


以下はCPUとストレージの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。
専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


[CPUのベンチマーク:CINEBENCH R15で測定]

VAIO TruePerformanceの設定で「標準モード」、「パフォーマンス優先モード」、「静かさ優先モード」の3つでCPUの性能を測定しました。結果は以下の通りです。

標準モード:535cb
パフォーマンス優先モード: 675cb
静かさ優先モード: 411cb


標準モードでも535cbとなっていて、十分に高い性能です。一般的な使用には全く問題ありません。

パフォーマンス優先モードにすると、CPUの性能が約26%上昇しました。CPUの性能を高めて使いたい時はパフォーマンス優先モードを使うと良いでしょう。静かさ優先モードにするとCPUの性能は約30%低下しました。ただ、その分パソコンの動作音がほとんどしなくなるので、静かな環境で使いたいときに有効です。


[標準モード]




[パフォーマンス優先モード]




[静かさ優先モード]




[ストレージのベンチマーク:CrystalDiskMarkで測定]

ストレージの速度を測定しました。今回のレビューで使用したのはPCIeタイプのSSDとなっていて、読み書きとも非常に高速でした。これまでレビューした中で、最も高速な部類に入ります。SATAタイプのSSDでは読み書きの速度は半分以下程度に低下すると思われます。








外観の確認


VAIO SX14の外観を確認してみましょう。今回はVAIO SX14のAll Black Editionをご紹介します。

天板部分です。VAIOのロゴが刻印されています。落ち着いたブラックのカラーで非常に洗練されています。




本体の背面部には小さな突起があります。ディスプレイを開いたときに、キーボードに角度をつけたり、本体が痛むのを防ぐのに役立っていると思われます。




本体の厚みは抑えられていて、スリムに仕上がっています。




ディスプレイを開いたところです。












真横から見たところです。ディスプレイ、キーボードともに薄くできています。




後ろ側から見たところです。








キーボードです。




電源ボタンはキーボードの右上部分にあります。電源ボタンと電源ランプを兼ねています。




ACアダプターです。小型ですっきりしています。ACアダプターを持ち運ぶ場合でも邪魔になりません。





本体右側面です。SDカードスロット、USB3.1ポート、USB Type-C、HDMIポート、有線LANポート、VGAポートが搭載されています。




本体左側面です。電源コネクタ、セキュリティロックスロット、USB3.0ポート×2、ヘッドフォン端子が搭載されています。




本体背面部です。




手前側です。







まとめ


VAIO SX14は14インチのサイズがあって広々と作業ができ、しかも重さが約999グラム~となっていて、とても軽量なノートパソコンです。作業のしやすさと持ち運びのしやすさが両立していて、自宅でじっくり作業をするのも、大学の授業や研究室・ゼミで使用するのも適しています。

性能も良いので、普段使いだけでなく、負荷のかかる処理をするのも大丈夫でしょう。幅広く対応できる性能だと思います。

ファンの音を抑えることもできるので、静かな環境で使うのにも適しています。図書館やカフェなどで作業をする場合にも良いでしょう。


VAIO SX14はソニーの直販サイト(ソニーストア)とVAIO直販サイト(VAIOストア)で購入することができます。ソニーストアでは構成を細かくカスタマイズできる点が便利です。VAIOストアではLTE対応モデルが販売されていて、割引サービスが充実しています。


直販サイトのソニーストアでは、構成をカスタマイズできます。LTE通信が不要な方はソニーストアの方が安くなる場合があります。

詳細はこちら → VAIO SX14 icon(ソニーストア)



現在直販サイトのVAIOストアでは、15,000円分の割引クーポンやプリペイドSIMカード(約15,000円分)プレゼントのキャンペーン実施中ですLTE通信を希望する方は、こちらのほうが安くなる場合があります。

詳細はこちら → VAIO SX14 icon(VAIOストア)




関連記事    

1.VAIO S11レビュー 手の小さな大学生が使いやすい小型で1kgを切る軽量ノートPC
2.HP Spectre x360 13レビュー 大学生にぴったりの高性能でおしゃれなノートパソコン
3.大学生におすすめのノートパソコン
4.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る