イラストや絵、マンガをノートパソコンで描くために必要なスペックとおすすめモデル


イラストや絵、マンガを描きたいと思った場合にどのようなパソコンを購入したら良いか迷うことはないでしょうか?CPUやメモリ、グラフィックスなど、高い性能が必要なんじゃないかなと思うかもしれませんね。

しかし、趣味で絵を描きたいだけの場合と、レイヤーなどを多用して本格的にイラスト制作を行ったり、3Dアニメーションを作ったりするというのでは求められるスペックが違います。

このページではイラストやマンガを描くために必要なノートパソコンのスペックについてご紹介しています。また、実際にノートパソコンでイラストを描くための方法と必要な周辺機器についてもご紹介します。そして最後にイラストやマンガを描くのに適したおすすめのノートパソコンをご紹介しています。





このページの内容






イラストやマンガを描くために必要なノートパソコンのスペック


ノートパソコンでイラストやマンガを描きたいと場合には、どれくらいの性能があれば良いのでしょうか。以下では、CPUやメモリなど、イラストやマンガの制作に必要なスペックについて解説しています。


CPU


イラストやマンガなどを描く作業というのは、CPUの性能を必要とする作業です。趣味で簡単な絵を描いたりするのであれば、どのノートパソコンでもできるのですが、しっかり描き込んでいくようになると、低い性能のCPUでは動作が遅くなってしまいます。

特にレイヤーを多く使うようになったり、書き込みが多くなってくるとだんだん重くなってくるので、より高い性能を持ったCPUの方が高速に動作し、ストレスなく作業を進めることができます。


最近のノートパソコンに搭載されているCPUは性能がとても高いです。そのため、普通にイラストを描く分には問題ないことが多いです。Core i5-1135G7やCore i7-1165G7、Ryzen 5 4500UやRyzen 7 4700U以上のCPUを選択しておけば大丈夫です。負荷のかかる処理が多い場合には、クリエイター向けのノートPCに搭載されることが多いCore i7-10750HやCore i7-10850HなどのCPUを搭載すると良いでしょう。


CPUのコア数が多い(マルチコア)と、複数の作業を並列させて進めながらイラストやマンガを描いても、しっかりと使うことができます。

ただ、ClipStudio PaintやPhotoshop、イラストレーターなどのソフトは、コア数の多さよりも1つのコア(シングルコア)の性能が重要と言われることも多いです。

最近のノートPCでは、CPUにインテル製のCore iシリーズとAMD製のRyzenシリーズを搭載した製品があります。最新世代のCPUは両者とも性能がとても高いのですが、マルチコアの性能はRyzenシリーズが、シングルコアの性能はCore iシリーズが高い傾向にあります。そのため、イラストやマンガを描くという点に限って言うと、現時点ではCore iシリーズの方がより快適に動作することが多いでしょう。

イラストやマンガをどの程度描き込むのか、またイラスト制作と同時に並行して行う作業がどの程度あるのかを考えてCPUを選ぶと良いでしょう。




メモリ


ClipStudio PaintやPhotoshop、イラストレーターなどの推奨メモリは、最小で8GBとなっています。そのため、メモリ容量は最低でも8GB搭載するようにしましょう。

ただ、多数のレイヤーを使用するファイルを開いたりする場合など、より多くのメモリを必要とすることもあります。

たとえば、多くのレイヤーを使用した作品の制作や3D、ページ数のあるマンガの制作、高解像度の作業、複数の作業を並行して行うというような場合には16GB以上のメモリを搭載する方が良いです。

趣味程度で凝った描き込みをしない人であれば8GBで大丈夫でしょう。




ディスプレイ


ディスプレイを選ぶ際の主なポイントは4つあります。画面サイズと視野角の広さ、色域の広さ、そして光沢or非光沢です。

まず、画面サイズは作業領域の広さになります。画面が広いほど大きく表示できるので、見やすくなって作業がしやすくなります。特に細かな描き込みを行うような場合などは、画面が大きいと作業がしやすいでしょう。

また、ノートパソコンを自宅で使うだけでなく、外出先に持って行って使うという人もいるでしょう。その場合には、逆に画面サイズが大きいとかさばったり重くなったりして、持ち運びづらくなります。

どのような作業をするか、自宅だけで使うかそれとも外出先に持ち運ぶことがあるかどうかを考えて、画面サイズを選ぶと良いでしょう。


視野角の広さというのは、角度を変えて見ても綺麗に表示されるかどうかということです。視野角が狭いと、見る場所が変わると色合いが変わってしまい、制作する作品に影響が出てしまいます。常に同じ姿勢で作業できるというわけではないので、視野角が広いディスプレイを選択するのが良いです。



視野角が広いディスプレイの例。上や横から見ても綺麗に表示される。角度が変わっても見え方が変わらないので、作業がしやすく作品も作りやすい。



視野角が狭いディスプレイの例。角度を変えて見ると、ディスプレイ見え方が変わる。作品の色の調整が難しく、イラストやマンガの制作には適さない。


色域の広さというのは、正確な色表現が可能かどうかを示す値です。sRGBカバー率やAdobe RGBカバー率などがあります。数値が高いほど、より正確な色表示が可能になります。多くの場合はsRGBカバー率が高いディスプレイを選択すれば大丈夫なことが多いですが、用途によってはAdobe RGBカバー率が重要になることもあります。

ノートパソコンの場合はsRGBカバー率が95%以上となっている製品は比較的多いです。正確な色合い表示が可能なので、作品のクオリティも上がるでしょう。

一方で、Adobe RGBカバー率が100%に近い値になっているディスプレイを持つ製品は数が少ないです。HP Spectre x360 15DELL XPS 15などがありますが、必要であればAdobe RGBカバー率の高いモニターを購入してみてください。


最後に光沢or非光沢ですが、ディスプレイには画面がツヤツヤピカピカしていて、より鮮やかな表示が可能な光沢液晶(グレア液晶)と、ツヤツヤピカピカを抑えた非光沢液晶(ノングレア液晶)の2種類が存在します。

イラストを描くのであれば鮮やかな表示が可能な光沢液晶が良いと思われるかもしれませんが、デメリットとしては画面への映り込みが大きく、室内の蛍光灯が映ったり、作業している自分の姿が映り込んだりするという点が挙げられます。映り込みが気になることもあるでしょう。

一方で、非光沢液晶では鮮やかさは光沢液晶よりも抑えられるものの、映り込みは大きく減ります。作業に集中しやすく、また長時間作業していても目が疲れにくいというメリットがあります。





グラフィックス


グラフィックスとは、簡単に言うと画像処理を行うためのパーツになります。パソコンの仕様を見ると、必ずグラフィックスの項目があります。CPU内蔵型のものと、独立型のものの2種類があり、以下のようなものがあります。

CPU内蔵型 インテルIris Xe
インテルIris Plus
インテルUHD
Radeon Graphics
など
独立型 NVIDIA GeForce GTX 1650
NVIDIA GeForce RTX 2060
など


グラフィックスの性能は、CPU内蔵型 < 独立型となります。独立型の方が高いグラフィックス性能を持っていて、値段も高くなります。


グラフィックスの性能比較
GeForce RTX 2080 Super MaxQ
18458
GeForce RTX 2070 Super MaxQ
17440
GeForce RTX 2080 MaxQ
17216
GeForce RTX 2070 MaxQ
15143
GeForce RTX 2060
14428
GeForce GTX 1660Ti
12867
GeForce GTX 1650
8294
GeForce MX450
6792
インテル Iris Xe
4449
GeForce MX350
3503
GeForce MX250
3184
インテル Iris Plus
2746
インテル UHD
1428
スコア(3DMark FireStrike)
グラフィックスの性能を比較したグラフ。ホームノートPCやモバイルノートPCなどの一般的なノートパソコンに搭載されるインテルUHDやインテルl Iris Xeシリーズのものよりも、NVIDIA GeForce GTX / RTXシリーズの方が性能が高い。



通常のノートパソコンではCPU内蔵型のものが多く販売されています。NVIDIA GeForceシリーズなどの独立型のグラフィックスを搭載したものについては、ゲーミングノートPCやクリエイティブ向けノートPCとして販売されていることが多いです。

どちらのグラフィックスを選択すれば良いかという点についてですが、趣味で描く、3Dは使わない、凝ったアニメ制作はしない、レイヤーを何層にもわたって使わない、というような場合には高いグラフィックス性能は必要ありません。CPU内蔵型のもので十分です。特にインテルIris Xeは、CPU内蔵型の中でも比較的グラフィックス性能が高いですので、このグラフィックスを選択しておけば大丈夫でしょう。また、Ryzen 5 4500UやRyzen 7 4700Uなどに搭載されているグラフィックスも良い性能です。


一方で、大きなサイズや高解像度で作業する場合、3Dでの制作やアニメーション、色の再現度を高くしたいというような場合には高い性能のグラフィックスがあると良いでしょう。これらの作業はグラフィックス性能を要することが多いので、グラフィックスのパワーがあるとサクサク動作します。NVIDIA GeForceシリーズなどの独立型のグラフィックスを搭載したノートPCを検討すると良いでしょう。





ストレージ


ストレージはSSD、またはハードディスクがあります。SSDの方がスピードが速く、データの読み書きが高速なので快適に動作します。最近のPCの多くはSSDを搭載しているので、ほとんど問題はないと思います。SSD + ハードディスクの構成になっているものもありますが、SSD側にアプリケーションをインストールしておけば、高速に動作するので特に問題ないでしょう。






2in1タイプのノートパソコンを使用して描く


ノートパソコンには2in1 PCと呼ばれるノートパソコンがあります。ノートパソコンとしてもタブレットとしても使える便利な製品です。

下の写真のように、ディスプレイを360度回転させることでタブレットとして使えるタイプと、キーボードとディスプレイが分離するタイプの2タイプがあります。


ディスプレイを回転させることでタブレットとしても使えるノートパソコン。



ディスプレイとキーボードが分離するタイプのノートパソコン。


これらの製品ではディスプレイがタッチパネルになっていて指で操作することができるだけでなく、デジタルペンでの入力にも対応しています。そのため、ペンを使って手書きで直接ディスプレイにイラストやマンガを描くことができるようになります。









板タブを使用する


2in1 PCはタブレットに変形することで直接イラストやマンガを描くことができましたが、普通のノートパソコンで作業する際にはどうすれば良いでしょうか?

そのような場合に便利なのが、板タブと呼ばれるものです。単にペンタブレットと呼ばれることもあります。板タブというのは、下の写真のような製品です。板のようなタブレットをペンでなぞって絵を描くように使います。ノートパソコンにUSBで接続することによって使うことができるようになります。




パソコンのディスプレイを見ながら作業することになるので、慣れないうちは描くのに少し時間がかかるかもしれません。でも、一旦慣れてしまうととてもスムーズに描くことができるようになります。実際、板タブを使って作業している人はとても多く、価格も安い製品が多いのでとても便利です。









液タブ(液晶ペンタブレット)を使用して描く


板タブの場合は手元を見て書くのではなく、パソコンのディスプレイを見ながら作業することになります。慣れてしまうと作業がしやすいのですが、やっぱり直接手元を見ながら描きたいという場合も多いでしょう。そのような場合に便利なのが液タブ(液晶ペンタブレット)です。板タブとは違って、液晶画面に直接書き込めるようになります。




液タブであれば、ディスプレイに直接描き込んだものを見ながら作業ができるので、紙に書くのと同じように作業ができて直感的にわかりやすいです。板タブとどうように、USBポートに接続するのにくわえて、HDMIポートにも接続する必要があります。







イラストやマンガを描くのにおすすめのノートパソコン


では最後に、イラストやマンガを描くのにおすすめのノートパソコンをご紹介したいと思います。




1kgを切る軽さで使いやすく、色域の広い液晶とワコム製デジタルペンが付属


dynabook VZ/HP、VZ/HR
1kgを切る超軽量なノートPC
ワコム製のデジタルペンが標準で付属

Dynabook無料会員になると大きく割引

OS : Windows 10 Home / Pro
CPU:Core i5 / Core i7
メモリ:8GB / 16GB
ストレージ:SSD:256GB / 512GB / 1TB
グラフィックス:インテルIris Xe
光学ドライブ:なし
サイズ:13.3インチ 
重さ:979g
保証期間:1年(有償で5年まで延長)
価格:12万円台~(税込) [Dynabook無料会員価格]
Dynabookは、2019年1月から東芝(東芝クライアントソリューション)から社名が変更されてできた企業です。

dynabook VZ/HP、VZ/HRはノートパソコンとしても、タブレットPCとしても使える便利なノートパソコンです。

ディスプレイを360度回転させることで、タブレットとして使用することができます。また、標準でワコム製のデジタルペンが付属していて、手書きで作業ができます

本体の重さは979gというとても軽いノートパソコンです。自宅で使うだけでなく、外出先にも簡単に持ち運ぶことができます。画面サイズは13.3インチで使いやすいのですが、狭いと感じる人もいるかもしれません。それでも、ディスプレイはsRGBカバー率98.5%で色域が広く、視野角の広いIGZO液晶(非光沢)を搭載していてとても映りが良いです。

最新の第11世代のCPUを搭載し性能がアップしています。グラフィックスはインテルIris Xeとなっていて性能も良いです。それほど大きな負荷がかからない制作作業をするのにおすすめです。

Dynabookの直販サイトであるDynabookダイレクトの無料会員(COCORO MEMBERS)に登録すると会員価格で購入できるようになり、表示されている値段より大きく値段が下がります。

ただいま期間限定で、会員価格よりもさらに最大で3,300円安く購入できます(詳しい解説)。


詳細はこちら  dynabook VZ icon(直販サイト)


レビューはこちら → dynabook VZ/HP, HRレビュー






色域が広いディスプレイでコストパフォーマンスが良い


HP ENVY 15 x360
ブラックの美しいボディ
sRGBカバー率99.6%の色域の広いディスプレイ
当サイト限定割引クーポンあり


OS : Windows 10 Home
CPU:Ryzen 5 / Ryzen 7
メモリ:8GB / 16GB
ストレージ:SSD 512GB
グラフィックス:AMD Radeonグラフィックス
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ  
重さ:2.0kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長)
価格:99,800円~(税込) [当サイト限定割引クーポンあり]
深みのあるブラックのボディがとても美しく、スタイリッシュなデザインをしています。ディスプレイを回転させることでタブレットに変形できます。

ディスプレイは15.6インチなので広々と作業ができます。デジタルペンにも対応していて手書き入力もできます。ディスプレイは光沢液晶です。sRGBカバー率99.6%の高い色域で視野角も広く、美しい表示が可能です。

CPUはAMD製のRyzenシリーズ、グラフィックスはRadeonグラフィックスが搭載されています。それほど大きな負荷がかからない制作作業をするのにおすすめです。

ペンは別売りとなっています。HP MPP アクティブペンというものがあり、4096段階の筆圧を検知して使用することができます。

当サイト限定割引クーポンを利用すると、価格が132,000円(税込)以上で7%OFFとなります(2021/10/31まで)。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン


詳細はこちら → HP ENVY x360 15(AMD)(直販サイト)


レビューはこちら → HP ENVY x360 15 (AMD)レビュー






スタイリッシュなデザインで人気の2in1 PC


Microsoft Surface Pro 7
ノートPCにもタブレットにもなる
専用タイプカバープレゼントキャンペーン実施中
最大29,000円 OFFの特別価格あり


OS : Windows 10 Home / Pro 
CPU:Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ:4GB / 8GB / 16GB
ストレージ:SSD 128GB / 256GB / 512 GB / 1TB
グラフィックス:インテルIris Plus(Core i5 / Core i7)
        インテルUHD(Core i3)
光学ドライブ:なし
Office: Office Home and Business
サイズ:12.3インチ  
重さ:775g(Core i3 / Core i5) / 790g(Core i7)
保証期間:1年(有償で最大4年まで延長)
価格:93,280円~ (税込) [特別価格あり]
キーボードを分離するとタブレットとしても使え、1台2役の活躍をしてくれます。非常にスタイリッシュなノートパソコンとしてとても人気があります。

重さは約775g~と、とても軽量です。薄くて軽く、持ち運びにも便利です。

CPUはCore i3 / Core i5 / Core i7から選べ、メモリは4GB / 8GB /16GBとなっていて、性能を抑えたモデルから高い性能のものまで選択できます。

グラフィックスはCPUにCore i5またはCore i7を選択するとインテルIris Plusが、Core i3を選択するとインテルUHDとなります。インテルIris Plusグラフィックスの方が性能が良いので、イラストやマンガを描くのであれば、Core i5またはCore i7を選択するのが良いです。

ディスプレイサイズは12.3インチで少し小さめです。それほど凝ったイラストを描かないのであれば作業しやすいでしょう。視野角は広くて見やすく、sRGBカバー率も96%以上あります。

デジタルペンはSurfaceペンという専用のものが販売されています。別売りなのですが、とても使いやすいのでイラストやマンガを描く際にはあると良いでしょう。

現在、直販サイトではSurface Pro 7が最大22,000円 OFFとなるキャンペーンを実施中です。在庫なくなり次第終了となります。

Microsoftの直販サイトでは、学生(高校生、大学生、予備校生など)とその保護者を対象に最大で約29,000円OFFの特別価格で購入することができます詳しい解説)。


詳細はこちら → Surface Pro 7icon (直販サイト)


レビューはこちら → Surface Pro 7レビュー







専用グラフィックスを搭載し、高い性能でスタイリッシュに使えるノートパソコン


HP ENVY 14
美しいデザイン
自宅だけでなく大学にも持ち運べる

高いグラフィックス性能を搭載したPCとして非常に軽量

OS : Windows 10 Pro 
CPU:Core i7-1165G7
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 512GB / 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q /
NVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Q / インテルIris Xe
光学ドライブ:なし
サイズ:14インチ  
重さ:1.52kg
保証期間:1年(有償で3年に延長)
価格:139,800円~(税込) [当サイト限定クーポンあり]
高性能なグラフィックス(NVIDIA GeForce GTX 1650 Max-Q、またはNVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Q)を搭載するすることができるノートパソコンです。

しかも、A4サイズとあまり変わらない14インチの大きさで、重さが約1.52kgとなっています。高性能グラフィックスを搭載したノートPCとしては、トップクラスの軽さです。自宅で使うのはもちろんのこと、簡単に持ち運ぶこともでき、とても携帯性に優れたハイスペックノートPCです。

高いグラフィックス性能を必要とする作業を行う場合にとても使いやすいノートパソコンです。

sRGBカバー率100%で視野角が広く、非光沢(ノングレア)のディスプレイを搭載しています。

本体カラーは爽やかなナチュラルシルバーとなっていて、デザインも高級感があります。

当サイト限定割引クーポンを利用すると、価格が132,000円(税込)以上で7%OFFとなります(2021/10/31まで)。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン


詳細はこちら → HP ENVY 14 icon (直販サイト)


レビューはこちら → HP ENVY 14レビュー





色域の広いディスプレイを搭載し、携帯性にも優れた高速ノートPC


マウスコンピューター DAIV-5N
高負荷な作業が多い人におすすめ
NVIDIA GeForce RTX 2060搭載
約1.77kgの軽量ハイスペックノート


OS : Windows 10 Home / Pro   
CPU:Core i7-10870H
メモリ:16GB / 32GB / 64GB
ストレージ:SSD 512GB / 1TB
グラフィックス:NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU
光学ドライブ:なし
サイズ:15.6インチ   
重さ:約1.73kg
保証期間:1年(有償で3年まで延長)
価格:208,780円~(税込)
ハイスペックなCPUを搭載し、メモリも最大64GBも搭載することができる、非常にハイパフォーマンスなノートパソコンです。

しかも、グラフィックスにはNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載していて、DirectX、Direct3Dを利用するCGなどのグラフィック系ソフトを快適に使うことができます

ディスプレイのsRGBカバー率は99.6%で色域も広く、豊かな色合いを表現することが可能です。視野角も広く、ノングレア液晶を搭載しています。

本体の重さが約1.77kgとなっていて、ハイスペックノートパソコンとしては非常に軽く、携帯性にも優れています。

DirectX、Direct3Dを利用するグラフィックス系のソフトを使うような場合や、高負荷な作業が多い人におすすめです。

デスクトップPC並みの高い性能のCPUを搭載しているので、その性能をフルに活かすためにもメモリは16GB以上を搭載しておくと良いでしょう。

もちろん、レポート作成に必要なMicrosoft Office製品を選択することができます。Word, Excel, PowerPointが入ったOffice Home and Business Premiumを選択すると良いでしょう。PowerPointが不要であれば、Office Persional Premiumも選択可能です。

現在、直販サイトでは、CPUにCore i7、メモリ32GB、SSD 1TB搭載モデルが20,000円 OFFの208,780円(税込)で購入できるキャンペーンを実施中です。2021年10月27日 10:59まで


詳細はこちら → DAIV 5N(直販サイト)


レビューはこちら → DAIV 5Nレビュー





関連記事    

1.大学生向けの最新の2in1 PC ノートPCにもタブレットにもなる便利なパソコン
2.大学生におすすめのノートパソコン
3.動画編集や理系の研究用途などの高負荷な処理にも使えるハイスペック・ノートPC
4.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能









▲ このページの上部へ戻る