HP ProBook 445 G10レビュー ネット接続が便利な持ち運べるノートパソコン

更新日:2024年3月22日

HP ProBook 445 G10は、コンパクトで軽量な持ち運ぶことができるノートパソコンです。

性能が良くてサクサク使うことができます。ディスプレイは見やすくてキーボードも使いやすく、作業がしやすいです。また、Wi-Fi、LANケーブル、SIMカード/eSIMを使ってインターネットへ接続することができる柔軟さがあります。

HP ProBook 445 G10は法人向けノートPCですが、個人でも購入することができます。法人向けPCなのでセキュリティ機能が大きく強化されていて、ウイルスやマルウェアに感染しづらくなっています。また、ボディの耐久性もアップしていて衝撃にも強くなっています。

実際にHP ProBook 445 G10を使ってみましたので、レビューをご紹介します。



HP ProBook 445 G10。【PR】貸出機材提供:株式会社日本HP



当サイト限定クーポンを利用すると4%OFFとなります(2024/4/30まで)。価格が77,000円(税込)以上の場合が対象となります。

株式会社日本HPよりクーポンを提供していただきましたので、下のリンクをクリックしてご利用ください。法人向けPCでも個人で購入することが可能です。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン法人向けPC用限定クーポン

【PR】【提供:株式会社日本HP】



詳細はこちら → HP Probook 445 G10 icon(直販サイト)






HP Probook 445 G10は何ができて、どんな大学生に最適?


学業にもプライベートにもしっかり使える快適な性能と機能


HP Probook 445 G10は高速に動作するAMD製のCPUと、8GBまたは16GBのメモリを搭載していて、とても快適に使うことができます。

実際、パソコンの起動や終了、アプリの動作もテキパキとしていてストレスなく使うことができました。

インターネットやメール、動画視聴、Officeソフトを使ったレポート作成や卒論の作成、そして就職活動など、学業にもプライベートにもしっかり使える性能です。

また、下でも解説していますが、ディスプレイは見やすく、キーボードも入力しやすいです。長時間作業していても疲れにくい仕様になっています。

さらに、周辺機器との接続に必要なポート類も充実しています。複数のUSBポートはもちろんのこと、プレゼンに使えるHDMIポートや、LANケーブルを接続できる有線LANポートなども搭載されていて、周辺機器との接続も安心です。




大学にも持ち運びやすいサイズと軽さ


HP Probook 445 G10は14インチのサイズのノートパソコンです。A4ノートを本体の上に重ねてみると、下の写真のように、横幅が数センチ大きいだけでした。A4とあまり変わらないサイズなので使いやすいです。




重さは約1.39kgでした。




実際にリュックに入れてみました。本体がA4サイズでスリムなのでスッキリ入ります。これくらいの重さだと持ち運ぶことも簡単です。大学に持っていくことも大丈夫でしょう。


HP ProBook 445 G10をリュックに入れたところ。




普通のノートパソコンよりセキュリティがしっかりしていて、ボディも丈夫にできている


HP Probook 445 G10は法人向けノートPCとして販売されていますが、個人でも購入することができますのでご安心ください。

法人向けの製品は個人向けのノートパソコンよりもセキュリティが強化されています。

たとえば、HP Probook 445 G10ではHP Sure Clickと呼ばれるセキュリティ機能が搭載されています。インターネットをしていて、万が一怪しいリンクをクリックしたり変なファイルをダウンロードしてしまってウイルスやマルウェアに感染しても、それらを自動的に削除するようにできています。

また、HP Sure Senseと呼ばれるAIを使った機能も搭載されていて、市販のセキュリティソフトでは未対応のマルウェアやウイルスも検知できるようになっています。

ウイルスやマルウェアに感染してしまうと、最悪の場合そのパソコンを使うことができなくなってしまいますが、強固なセキュリティ機能が搭載されていると安心して使うことができます。


さらに、耐久性のテストも十分に行われていて、本体が丈夫に作られています。ノートパソコンを大学に持っていく場合には、振動や衝撃が心配になると思いますが、本体が丈夫なので持ち運びも問題ないでしょう。




インターネットへの接続方法が豊富


インターネットには、Wi-Fi、LANケーブル、そしてLTE(SIMカード、eSIM)が使えます。特にLTEが使えるノートパソコンはとても少ないので貴重です。

普段は、インターネットにはWi-Fiで接続すれば大丈夫です。最新の通信規格であるWi-Fi 6Eにも対応しているので、高速な通信が可能です。もちろん、従来の規格であるWi-Fi 5(11ac)や11nにも対応しているので、現在使っているルーターをそのまま使い続けることが可能です。





また、有線LANポートがあるので、LANケーブルを挿してネットに接続することもできます。一般的に、Wi-Fiは電波干渉などで通信状態が悪くなることもあるので、LANケーブルが使えると安心です。

LANケーブルだとより安定した通信が可能になりますので、就活でのオンライン説明会を受けるときなど、通信を途切れさせたくない場合に使うと良いでしょう。


さらに、自宅で光回線などを契約しないという人や、外出先でインターネットに接続することが多いという人には、SIMカードやeSIMを使ったLTEでの通信が便利です。スマホでネットに接続するような感覚でインターネットを使えます。

LTEに対応したモデルは限られていますので、LTE対応の製品を希望する場合は、下の写真のような「LTE対応」と書かれたモデルを選択してください。






HP Probook 445 G10はこんな大学生におすすめ


HP Probook 445 G10は、以下のような大学生にとって最適です。

・大学に持ち運ぶことを考えている人
・本体が丈夫な製品が良い人
・セキュリティがしっかりした製品を探している人
・LTEでの接続が可能な製品を探している人


HP Probook 445 G10は上述したような特徴があります。性能も良く、見やすさや操作性も十分に良いです。

インターネットへの接続も便利です。特にLTEに対応した製品は少ないので、良い選択肢になるでしょう。

また、持ち運びにも便利なサイズと軽さです。自宅で使うだけでなく、大学に持っていくのにも良いでしょう。本体の耐久性は十分で、持ち運ぶ際の振動や衝撃にも丈夫にできています。

価格は、最安で9万円台からとなっています。


詳細はこちら → HP Probook 445 G10 icon(直販サイト)







どんな場所にもなじみやすく、爽やかに使えるデザイン


HP Probook 445 G10はシルバーのボディが美しく、爽やかに使えるデザインになっています。





自宅で使うのも大学で使うのもOKです。場所を選ばず、どんなところでも使いやすいデザインだと思います。













レポートや書類作成に必要なOfficeの選択が可能


大学の講義で必要になるレポート作成には、Microsoft Officeソフトが必要になります。そして、その中に含まれるWord、Excel、PowerPointというソフトがよく使われます

HP ProBook 445 G10を購入するときには、Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。それぞれのバージョンに含まれるアプリは以下の表のようになっています。

 Office Personal Word、Excel、Outlook
 Office Home and Business Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote
 Office Professional Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote、
Publisher、Access


レポートの本文を書くにはWord、グラフや表の作成、数値計算にはExcel、プレゼン発表の資料の作成などにはPowerPointというような使い分けがされます。


レポートや書類を作成するためには、Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはPowerPointはありませんが、Word、Excelが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。






キーボード


キーボードは下の写真のようになっています。スタンダードな日本語配列のキーボードです。14インチのサイズなのでテンキーはありませんが、快適に入力することが可能です。




各キーの大きさや間隔など、特に気になる点はありません。しっかりと指を載せることができ、入力しやすいです。




EnterキーやBackspaceキーがとても大きいです。使用頻度のとても高いキーで、小指を使うことが多いなので、これくらい大きいと打ち間違いがないです。




タッチパッドの周辺部は光の当たる角度によって、キラッと光ります。細かなデザインもしっかりと作りこまれています。








ディスプレイ


ディスプレイは一般的な解像度となっていて、視野角も広く見やすいです。文字情報を見るだけでなく、画像や動画を見るのも問題ないです。





映り方


ディスプレイの表面は非光沢処理がされていて、蛍光灯などが反射しにくくなっています。ディスプレイに蛍光灯や自分の姿が映りこまないので、画面に表示される内容に集中しやすいです。




上や横からなど、角度を変えてみても色合いが変わるということもなく、見やすいディスプレイです。




sRGBカバー率は61.3%となっていて、色域はそれほど広くはないです。色味は若干赤が強く表示されるかなと思いましたが、問題ない範囲だと思います。

文字を書いたり読んだりするのには問題ないですが、色表現が重要になるような写真や動画の編集作業をする場合は、外付けのモニターを用意したほうが良いかもしれません。

sRGBカバー率 61.3%
Adobe RGBカバー率 45.6%



解像度など


解像度は1920×1080 (フルHD)です。一般的な解像度で、問題なく使えます。







周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器との接続に必要になるインターフェースは、よく使われるものがしっかり搭載されています。








USBポート


USBポートはUSB Type-A×2と、USB Type-C×1となっていて、十分な内容になっています。USBメモリや外付けハードディスクなど、複数のUSB機器を同時に接続するのも問題ありません。。



HDMI、USB Type-Cポートを使ってプレゼンもOK


HP ProBook 445 G10にはHDMIポートが標準で搭載されているので、HDMIケーブルを直接PCに挿し、モニターやプロジェクターと接続するだけですぐにPCの画面を映してプレゼンを行うことができます。

非常に多くのモニターやプロジェクターがHDMIに対応しているので、安心して使用することができます。

実際に、HDMIケーブルを使ってPCとモニターを接続してみると、PCの画面と同じものを表示することができました。プレゼンにもしっかり対応できます。




また、PCの画面を拡張し、モニターとの2画面で作業することも可能です。画面が2つ使えて、それぞれ別の作業を行うことができるので作業効率がアップします。




また、USB Type-Cポートもモニター出力に対応しています。最近はUSB Type-Cポートを搭載したモニターも増えていますので、HDMIとUSB Type-Cの両方が使えるのは安心です。








指紋センサーを搭載し、ワンタッチログイン&高いセキュリティを実現


HP ProBook 445 G10には指紋センサーが搭載されています。ワンタッチでログインが可能になるので、パスワードが不要になります。パソコンを楽に使い始めることができます。




また、他人の指紋では認証が通らないので、セキュリティが高くなります。大事な情報や人に見られたくないデータをしっかり守ることができます。







カメラとスピーカー、マイクを搭載


ディスプレイの上部にはカメラとマイクが搭載されています。また、スピーカーはキーボードの上部に搭載されています。コロナ禍によって、ZoomやTeamsといったビデオ通話ソフトを使ってオンラインでのイベントが増えましたが、HP Probook 445 G10は特に問題なく対応することが可能です。

たとえば、就職活動時にはオンラインでの説明会やセミナーが開催されることがありますが、しっかりと対応することが可能です。

また、最近は大学では対面授業に切り替わっていますが、もしオンライン授業が行われるという場合でも、安心して使うことができます。


カメラ


カメラレンズの上側にはスライドレバーがついていて、これを左右に動かすことでレンズにカバーをかけることができます。

絶対にカメラに映りたくないというときには、このカバーをかけておくと安心です。ソフトウェアの設定からでも撮影をOFFにできますが、設定を間違っているのに気がつかないこともあるので、カバーをかけておくと確実です。





スピーカー


スピーカーはキーボードの上部に搭載されています。キーボードの端から端まである大きなスピーカーで、しっかりとしたサウンドを聞くことができます。実際、音質もクリアでした。音楽を聴いたり、動画を見るのも楽しめるでしょう。




キーボードにはボリュームの調整やマイクのミュート切り替え、ディスプレイの明るさを調整するキーがあり、ワンタッチで簡単に操作することができます。ZoomやTeamsを使っていると、音量を調整したり、マイクのON/OFFを切り替えたりということが頻繁に発生するので、とても使いやすい仕様になっています。








静かに使うことはできる?


PCを使っているときの動作音の大きさを計測しました。

ネットをしたり動画を見ているときなど、軽めの作業をしているときはもちろんのこと、CPUに高い負荷がかかっても一般的なノートパソコンよりも静かでした。とても快適に使えると思います。


測定項目 測定値 
パソコンOFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db
YouTube閲覧時 28~29db
CPU100%使用時
(CINEBENCH R23実行時)
34~35db






HP ProBook 445 G10の性能と仕様


HP ProBook 450 G10のスペックをご紹介します。

 OS Windows 11 Pro 
 CPU Ryzen 5 7530U
Ryzen 7 7730U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
 光学ドライブ -
SDカード
スロット 
-
USBポート USB Type-A × 2
USB Type-C × 1
 HDMIポート
有線LAN
無線LAN
 サイズ 14インチ
 液晶 Full HD 非光沢
(解像度:1920×1080)
 タブレット変形 -
 Office 選択可 
Office Home and Business
Office Personal
Office Professional
 重量 約1.38kg  
 保証期間 1年(有償:3年)  


今回のレビューで使用したものは以下の仕様になります。

OS: Windows 11 Pro
CPU: Ryzen 5 7530U
メモリー: 16GB
ストレージ: SSD 512GB


OSはWindows 11 Proが搭載されています。Windows 11 Proではbitlockerという機能を使うことができ、SSD全体を暗号化することができます。万が一、ノートパソコンを置き忘れたり紛失したりした場合にSSDを抜き取られても、中に保存されたデータを見ることができなくなります。とても高いセキュリティを実現することができるので、大事なデータをしっかり守ることができます。


CPUはAMD製のRyzen 5 / Ryzen 7から選択できます。性能はRyzen 5 < Ryzen 7となりますが、どちらも良い性能なのでしっかり使うことができます。

メモリは最小8GB、最大16GBまで搭載することが可能です。

ストレージはSSDが搭載されます。

文系も理系も、CPUにRyzen 5、メモリ8GBを選択するとスタンダードな性能になります。余裕があれば、メモリを16GBに増やしたり、CPUをRyzen 7にしたりするとより快適さがアップします。

レポートの作成に必要なOfficeも選択可能です。OfficeはOffiece Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。Word、Excel、PowerPointが入ったMicorosoft Office Home and Business がおすすめです。Office PersonalにはPowerPointが入っていませんのでご注意ください。


以下は、CPUとストレージ、グラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUの性能


CPUの性能をCINEBENCH R23 / R20の各ソフトで計測しました。スコアは前者が8139pts、後者が3160ptsとなりました。いずれもとても良い性能です。とても快適に使うことができるでしょう。










ストレージの性能


SSDの読み書きの速度を計測しました。読み書きともに高速です。パソコンの起動や終了、アプリの動作など高速に使えます。






グラフィックスの性能


グラフィックスの性能を計測しました。CPU内蔵のグラフィックスとして良い性能です。ネットや動画鑑賞、Officeソフトを使ったレポート作成などの一般的な作業を行うのに全く問題ありません。







ベンチマーク 評価対象 スコア
Fire Strike DirectX 11 3232
Night Raid DirectX 12 13937






外観の確認


HP ProBook 450 G10の外観を確認してみましょう。

まず、天板部分です。ボディカラーはシルバーで、とてもさわやかにできています。




厚みが抑えられていてスリムにできています。





背面部には製品名であるPROBOOKのロゴが控えめに刻印されています。フォントや文字色がよく合っています。




























底面です。




ACアダプターと電源ケーブルです。コンパクトで軽いので使い勝手が良いです。




右側面です。




左側面です。




手前側です。




背面側です。






まとめ



最後にHP ProBook 445 G10についてまとめたいと思います。

良いところ


・良い性能で快適に使える
・強固なセキュリティと丈夫なボディで安心して使える
・スリムで軽く、持ち運びにも便利
・爽やかなデザイン
・ディスプレイが見やすい
・ポート類が充実していて、周辺機器の接続も安心
・インターネットへの接続方法が豊富(Wi-Fi、LANケーブル、SIMカード/eSIM)


注意するところ


・SDカードスロットはない




HP ProBook 445 G10は、AMD製のCPUを搭載していて快適に使うことができるノートパソコンです。セキュリティがしっかりしていて、ボディも丈夫にできているので、大学に安心して持ち運ぶことができます。

ディスプレイは見やすくて、作業もしやすいです。SDカードスロットはないのですが、比較的短所の少ないノートPCだと思います。

定価が他のノートパソコンと比べて少し安くなっています。また、下の割引クーポンを使うことでさらにお得に購入できますので、是非ご利用ください。



当サイト限定クーポンを利用すると4%OFFとなります(2024/4/30まで)。価格が77,000円(税込)以上の場合が対象となります。

株式会社日本HPよりクーポンを提供していただきましたので、下のリンクをクリックしてご利用ください。法人向けPCでも個人で購入することが可能です。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン法人向けPC用限定クーポン

【PR】【提供:株式会社日本HP】



詳細はこちら → HP Probook 445 G10 icon(直販サイト)





この記事を書いた人

  石川
ITエンジニア。2014年から2024年現在まで10年間、約450台以上のノートパソコンのレビューを実施。プログラマー兼SEとして、システムやアプリの開発に携わっています。保持資格:応用情報技術者、基本情報技術者、英検準1級等 
著者の詳細はこちら





関連記事    

1.大学生向けのHPのノートパソコン デザインが良いから若者が使いやすい
2.HP直販サイトHP DirectplusでノートPCをカスタマイズして購入する方法
3.HP Pavilion 15-eg(インテル)レビュー 快適に使えて爽やかなデザインの高性能ノートPC
4.HP Pavilion Aero 13-beレビュー スリムで美しいデザインの軽量ノートパソコン
5.HP Pavilion 15-eh(AMD)レビュー さわやかなデザインで大学生が快適に使える高性能ノートパソコン
6.HP ENVY x360 13-bfレビュー 美しいディスプレイを搭載した爽やかなデザインの軽量ノートPC
7.大学生におすすめのノートパソコン







▲ このページの上部へ戻る