HP Spectre x360 14-efレビュー 充実の性能と美しいデザインで大学生に良く似合うノートパソコン


HP Spectre x360 14-efは、高い性能と充実の機能が搭載されたノートパソコンです。とても高級感のあるデザインで、持っているとセンスの良さが感じられそうです。

最新のインテル製CPUを搭載し高速な動作が可能です。ディスプレイはIPS液晶とOLED (有機EL)ディスプレイから選択でき、とても美しい表示が可能です。

タブレットPCとしても使うことができます。ディスプレイは13.5インチの広さがあるので、手書きでイラストを描いたり大学の講義ノートをとったりすることもしやすいです。

実際にHP Spectre x360 14-efを使ってみましたので、レビューをご紹介します。



HP Spectre x360 14-ef。【PR】貸出機材提供:株式会社日本HP



当サイト限定割引クーポンを利用すると、価格が132,000円(税込)以上で7%OFFとなります(2024/2/29まで)。株式会社日本HPよりクーポンを提供していただきましたので、下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン

【PR】【提供:株式会社日本HP】


詳細はこちら → HP Spectre x360 14-ef (直販サイト)





高級感のあるスタイリッシュなデザイン


HP Spectre x360 14シリーズはとても高級感のあるデザインのノートパソコンです。前モデルもとてもスタイリッシュなデザインでしたが、最新モデルのHP Spectre x360 14-efでは、その美しいデザインにさらに磨きがかかっています。

まず、本体はアッシュブラックと呼ばれる上質な黒色となっていて、天板にあるHPのロゴや側面のカラーにはゴールドが採用されています。上質さと気品が感じられる非常に美しいデザインに仕上がっています。




角が少し削られていて、そこにUSB Type-Cポートなどのインターフェースが搭載されています。一般的なノートパソコンでは見られません。デザイン性と機能性がうまく融合されています。






キーボードとディスプレイをつなぐヒンジも美しいです。




もちろん、キーボードのデザインにも妥協はありません。




このようにHP Spectre x360 14-efは、とても高級感のあるスタイリッシュなデザインのノートパソコンで、大学生にとても良く似合います。使っているだけでとても楽しくなりそうですし、持っているととてもセンスの良い人に見えそうです。





最新のCPUを搭載し、学業からプライベートまでしっかり対応できる性能


HP Spectre x360 14-efは、高速で高いパフォーマンスを発揮するという証明である、インテルevoプラットフォーム認証を取得しています。




インテル製の最新第12世代のCPUを搭載していて、とても高速な動作が可能です。実際にCPUの性能を計測してみると、一つ前の世代のCPUであるCore i7-1165G7より約30%以上(ベンチマークソフトCINBENCH R20の場合)も性能がアップしていました。

パソコンの起動や終了などは高速ですし、アプリの動作もとても快適です。インターネット、メール、Officeソフトを使ったレポート作成、ZoomやTeamsを使ったオンライン授業、プログラミングなど、学業にしっかり対応することができます。

また、この下でも解説しているようにディスプレイの品質がとても良いので、画像や動画鑑賞、イラスト制作やデザインなども快適に実行することが可能です。

学業もプライベートもしっかりこなせる高い性能を持ったノートパソコンです。






美しい表示が可能なディスプレイ OLED (有機EL)ディスプレイ搭載モデルもあり


ディスプレイはIPS液晶とOLED (有機EL)ディスプレイを搭載したモデルがラインナップされていて、とても美しい表示が可能です。テキスト情報はもちろんのこと、画像や動画などを見るのもしっかり楽しめるでしょう。また、豊かな色表現が可能なので、画像・動画編集、イラストやデザインなどの作品制作に活用するのも良いと思います。

なお、今回のレビューで使用したモデルのディスプレイの仕様は以下の通りです。

ディスプレイ:3K2K OLED(有機ELディスプレイ) (3000 x 2000)






サイズと解像度


ディスプレイのサイズは13.5インチになります。

下の表のように、解像度とプライバシーモード搭載の有無によって、3種類のディスプレイが用意されています。

種類 解像度 プライバシーモード
OLED(有機EL)ディスプレイ) 3K2K(3000 x 2000)   -
IPS液晶 WUXGA+(1920 x 1280)  -
 〇


IPS液晶とOLED (有機EL)ディスプレイが用意されています。OLED (有機EL)ディスプレイの解像度はとても高く、鮮やかで高精細な表示が可能です。

IPS液晶も同様に映りの良いディスプレイです。OLED(有機EL)ディスプレイと比べて価格も安くなります。通常はこちらのIPS液晶を選択すれば良いでしょう。

IPS液晶を搭載したモデルのうち、パフォーマンスモデルにはプライバシーモードと呼ばれるのぞき見防止機能が搭載されています。外出先で使うことが多く、画面を覗かれたくない場合はプライバシーモードを搭載したモデルを検討してみると良いと思いますが、通常はプライバシーモードなしのディスプレイを選択してみてください。目に優しい明るさで見やすいと思います。




映り方と色の表示


とても鮮明で美しい表示が可能なディスプレイです。自然な発色で綺麗に表示されます。基本的には光沢ありのディスプレイですが、アンチリフレクションコーティング仕様となっていて、鮮やかな表示を実現しつつも映り込みが抑えられています。とても見やすいディスプレイです。




視野角は広く、正面からだけでなく異なる角度から見ても綺麗に表示されます。





ディスプレイは豊かな色表現が可能です。sRGBカバー率ならびにDCI-P3カバー率はともに100%、Adobe RGBカバー率は96.2%となっていてとても広い色域です。

画像や動画、イラスト、デザインなどの作品制作にもしっかり対応することができます。




sRGBカバー率 100%
 DCI-P3カバー率 100%
Adobe RGBカバー率  96.2%


HP Display Controlという標準でインストールされているソフトウェアを使って、下の画像のようにsRGBやAdobe RGBのモードを簡単に切り替えることが可能です。






指で操作したりデジタルペンでの書き込みに対応


ディスプレイはタッチパネルとなっていて、指で触って操作したりアクティブペンでの手書き入力にも対応しています。下でも解説しているように、タブレットPCとしても使うことができるので、イラストを描いたり電子書籍を読んだりなど、幅広い使い方ができるようになります。





タブレットPCとしても使うことができ、イラストを描いたり大学の講義ノートをとったりできる


HP Spectre x360 14-efは、ディスプレイを360度回転させることができ、回転角度によって下の写真のような4つのモードで使用することができます。

ノートパソコンとして使うことが一番多いと思いますが、その中でも、360度クルっとディスプレイを回転させてタブレットPCとして使うととても便利です。





アクティブペンが標準で付属


HP Spectre x360 14-efには、標準でHP MPP アクティブペンが付属しています。ディスプレイをタッチして操作できるだけでなく、実際に手書きで字や線を書いたりすることができます。

ディスプレイはツルツルしているので、実際にこのペンを使って書くと少し滑るような感覚がありましたが、4096段階の筆圧検知にも対応しているので、とても自然で滑らかに書くことができました。





イラストを描いたり、画像や動画の編集、デザインにも便利


ディスプレイサイズが13.5インチあり、8インチや10インチのタブレットPCよりも広い画面なので、とても作業がしやすいです。

手書きでのイラスト制作や、ペンを使って画像や動画を細やかに編集するなど、快適に作業することができます。





大学の講義ノートもとれる


大学の講義ノートを撮るのにも便利です。色や線の太さを変えるのは簡単ですし、写真やURLを貼り付けたりすることも問題ありません。

科目ごとにノートを変える必要がなく、全ての講義ノートをPCにまとめることができます。








大学にも持っていきやすいサイズと軽さ


ノートパソコンは自宅で使うことが多いと思いますが、大学生の場合は大学の講義や演習、ゼミや研究室に持って行って使用することもあります。

HP Spectre x360 14-efは13.5インチのサイズがありながらも、A4サイズで軽量なノートPCなので、外に持ち運ぶことが簡単にできます。


実際に、本体の大きさを確認するために、PCの上にA4ノートを置いてみました。奥行きはA4よりもわずかに大きかったですが、横幅はA4ノートよりも少し小さくなっていました。




重さは約1.34kgでした。片手でも持ちあげることができます。カバンにスッキリ入って、楽に持ち歩くことができるのはとても便利です。










レポートや卒論の作成に使えるMicrosoft Officeを選択可能


大学では講義のレポートを作成するのにWordやExcel、PowerPointを使って提出することがとてもよくあります。

また、卒論の作成にもこれらのソフトは必須になります。そして、これらのソフトが入っているのがOfficeと呼ばれる製品になります。

OfficeソフトとしてOffice Home and Businessを選択することができます。含まれるソフトは以下の表のようになっています。

 Officeの種類  含まれるソフト
Office Home and Business Word, Excel, PowerPoint, OneNote, Outlook


レポートの本文作成や表計算、プレゼン資料の作成などに必要なソフトがしっかり含まれていますので、問題なく使うことができます。

セットで購入すると、Officeソフト単体で購入するよりも1万円以上も割安になります。





インターネットにはWi-Fiで接続する


インターネットにはWi-Fiで接続します。最近はWi-Fiがとても普及していますので、特に問題なく使えるでしょう。従来からの通信規格であるWi-Fi 5 (11ac)や11nなどだけでなく、最新のWi-Fi 6 (11ax)にも対応していて、通信速度もまったく問題ありません。





キーボード


スタンダードな日本語配列のキーボードです。キーの並び方や大きさ等、特に気になる点はありません。快適に入力できると思います。




文字がキーの中央に配置されていて視認性が良いです。フォントも上品でデザイン的にも良いです。




Enterキー周りの記号キーの大きさが、他のアルファベットや数字キーと揃っていてスッキリしています。




キーの間隔は約19.0×19.0mm、キーを押したときの深さは約1.3mmとなっていて標準的です。打鍵感も良いです。快適に入力できるでしょう。




タッチパッドです。ゴールドの金属で縁どられていて、良いアクセントになっています。パームレスト(手を置く場所)も広く、手が痛くならずに作業できます。








周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器との接続に必要になるインターフェースは以下のようになっています。良く使われるものが搭載されているのですが、HDMIポートがないのが少し残念です。ただ、HDMIポートがなくても下で解説するような方法で対応することが可能です。








USBポート


USBポートはUSB Type-Cポート(Thuderbolt 4)が2つ、USB Type-Aポートが1つ搭載されています。Type-Aポートは入口がコンパクトなタイプになっています。指で開くことができますが、USBを入口に軽く引っ掛けるようなイメージで挿すとスムーズにできます。





また、USB Type-CポートはPower Deliveryに対応しています。Power Deliveryに対応したモバイルバッテリーや充電器を使うと、USB Type-CポートからPCの充電を行うことができます。PCの電源がOFFの場合は20W以上であれば充電が可能ですが、PCの電源がONの場合は45W以上で充電することが可能でした。

   PC 電源ON PC 電源OFF 
モバイルバッテリー
(20W)
×
充電器
(45W)
PCの充電は行えるが、「製品に付属のHP製電源アダプターを使用することをおすすめします」の表示がされる。






プレゼンに対応したり、マルチディスプレイで作業するために


ほとんどのモニター製品にはHDMIポートが搭載されていて、HDMIがあるととても簡単にプレゼンに対応できるのですが、上述のように、HP Spectre x360 14-efにはHDMIポートがありません。そのため、USB Type-CポートをHDMIに変換することができるアダプターを使用すると、プレゼンにも対応することができるようになります。

アダプターはAmazonなどで2~3,000円程度で購入できます。とても小さくて軽いので、1つ持っておくと良いでしょう。

詳細はこちら →  USB-C HDMI変換アダプター





実際このアダプターを使って、PCの画面をモニターに映し出すことができました。プレゼン発表があってもしっかり対応できます。




また、PCのディスプレイとモニターの2画面で作業することも可能です(マルチディスプレイ)。画面を2つ使えるようになるので作業効率がアップします。




USB Type-Cポート自体がディスプレイ出力に対応しているので、USB Type-Cポートから直接モニターに接続することも可能です。その場合は、モニターがUSB Type-Cポートを搭載しているか、もしくはUSB Type-CをHDMIに変換するケーブルを使用する必要があります。

USB Type-Cポートを搭載したモニターはそれほど多くはありません。また、USB Type-CをHDMIに変換するケーブルはかさばって持ち運びには不便だと思うので、大学でプレゼンを行うような場合は、確実に使える上述のアダプターが便利だと思います。






SDカードスロット


SDカードスロットはmicro SDカードに対応しています。









カメラとマイク、オーディオ


カメラとマイク、スピーカーが搭載されているので、ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業を受けることが可能です。また、オンライン英会話などのサービスも受けることができるので、在学中に英語の勉強などの自己啓発にも活用することができます。


カメラとマイク


カメラとマイクはディスプレイ上部に搭載されています。カメラはコンパクトですが、問題なく使えます。





スピーカー


北欧のサウンドメーカーであるBANG & OLUFSEN社製のスピーカーが、底面に左右1つずつ搭載されています。スピーカーの音質は良かったです。オンライン授業を聴講するのはもちろんのこと、動画を見たり音楽を聴いたりするのにも良いでしょう。










充実のセキュリティ


セキュリティ機能はとても充実しています。指紋センサーと顔認証のどちらでも使用できます。パソコンには大事なデータがたくさん保存されていきますが、安心して使うことができます。


指紋センサー



キーボードには指紋センサーが搭載されています。指紋のマークがあるのでわかりやすいです。自分以外の指紋ではログインできなくなるので、他人が勝手にPCを使うのを防止できます。

コロナ禍でマスクをしていることも多いので、顔認証だけでなく指紋認証が使えると便利です。



顔認証機能





カメラはとてもコンパクトですが、顔認証機能がしっかり使えます。こちらも自分の顔以外では認証できなくなるので、パソコンのセキュリティを高く保つことができます。




プライバシーの映り込みを防ぐカメラシャッター搭載


カメラレンズを隠すことができる機能が搭載されています。キーボードからワンタッチでON/OFFを切り替えられます。カメラに映りたくないときや使わないときはOFFにしておくと良いでしょう。

ZoomやTeamsを使っていて、気が付かないうちにカメラに映ってしまって恥ずかしい思いをするというようなことを防ぐことができます。プライバシーを守ることができる便利な機能です。







PCの性能をコントロールできる機能を搭載


PCのパフォーマンスを制御できる機能が搭載されています。通常はスマートセンスというモードに設定されています。CPUの性能をアップできるパフォーマンスモードや、より静かに使うことができる静音モードなども利用することが可能です。




より高速に処理を実行したい場合はパフォーマンスモード、図書館などの静かな環境で使いたいようなときは静音モードを使うと良いでしょう。







静音性の確認


上述のPCのパフォーマンスを制御できる機能を使って、各設定時のパソコンの動作音を計測しました。

インターネットをしたりYouTube動画を見たりするなどの軽めの作業をする場合、標準のスマートセンスモードや静音モードでは静かに使うことができました。パフォーマンスモードではCPUを冷却するファンが回転し、少し動作音がしました。

CPUに大きな負荷がかかると動作音は大きくなりますが、標準のスマートセンスモードでは、一般的なノートパソコンの動作音よりも抑えめでした。そして、静音モードにすると、さらに静かに使うことができました。

一方でパフォーマンスモードにすると、動作音は一般的なノートパソコンよりも若干大きめの音になりました。

通常は標準のスマートセンスモードで大丈夫でしょう。もし、より静かに使いたい場合には静音モードに設定すれば大丈夫です。

測定項目  測定値   
スマートセンス
(標準) 
静音 パフォーマンス  
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db  
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db  
YouTube鑑賞時 28~30db   28~29db  29~30db 
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~31db   28~29db   32~34db
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R20実行時)
35~36db  30~31db 42~43db 







HP Spectre x360 14-efの仕様と性能


HP Spectre x360 14-efのスペックをご紹介します。


[全部表示されていない場合、横にスクロールできます]
 モデル スタンダード スタンダードプラス パフォーマンス パフォーマンスプラス 
 OS Windows 11 Pro 
 CPU Core i5-1235U  Core i7-1255U
メモリ 8GB   16GB   
ストレージ   SSD 512GB   SSD 1TB 
グラフィックス Iris Xe
 光学ドライブ   なし 
有線LAN  - 
無線LAN  ○ 
 HDMI  - 
 SDカード   micro SD 
 USB  USB Type-A × 1
USB Type-C × 2 
 サイズ  13.5インチ      
 液晶  WUXGA+
IPS液晶
1920×1280
400nit
WUXGA+
IPS液晶
1920×1280
1000nit
 3K2K
OLED
3000×2000
400nit
 プライバシーモード
 タッチパネル+
タブレット変形
 ○   
 Office  選択可 
Office Home and Business
 カラー  アッシュブラック  
 バッテリー 16時間 14時間  11時間30分 
 重量 約1.39kg   
 保証期間  1年(有償:3年)   
  

今回のレビューで使用したモデルの主な仕様は以下の通りです。

パフォーマンスプラスモデル

OS:Windows 11 Pro
CPU:Core i7-1255U
メモリ:16GB
ストレージ:SSD 1TB
ディスプレイ:3K2K OLED (有機EL)ディスプレイ 解像度:3000×2000


最新の第12世代インテル製CPUが搭載されています。Core i5-1235UまたはCore i7-1255Uから選択することができます。両者ともにしっかり使える性能ですが、性能的にはCore i5-1235U < Core i7-1255Uとなります。

メモリは8GBまたは16GBとなります。

ディスプレイはIPS液晶で解像度が1920×1280のものを搭載したモデル、OLED (有機EL)ディスプレイで解像度が3000×2000のものを搭載したモデルから選択できます。

一般的にはIPS液晶を搭載したモデルで問題ありません。より鮮やかで高精細なディスプレイを希望する場合は、有機ELディスプレイを搭載したモデルを選択してみてください。

IPS液晶は2種類から選べます。1つはプライバシーモードと呼ばれるのぞき見防止機能が搭載されています(パフォーマンスモデル)。もし、外出先などで使うことが多く、ディスプレイを覗かれるのが心配な人は検討してみてください。それ以外の場合は、プライバシーモードを搭載していないモデルでまったく問題ありません。プライバシーモード非搭載の方が一般的な明るさで、目にも優しいと思います。

文系も理系も、CPUにCore i5、メモリ8GBを選択するとスタンダードな性能になります。幅広い作業に使うことができます。余裕があれば、Core i7、メモリ16GBのスタンダードプラスモデル以上の製品を選択してみても良いでしょう。

レポートや卒論作成に必要になるMicorosoft Office Home and Businessも選択できます。Word、Excel、PowerPointが入っています。



以下はCPUとストレージ、グラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


CPUの性能


CPUの性能をCINEBENCH R20とR23というソフトウェアを使って計測しました。
それぞれ、2485ptsと6641ptsというスコアになりました。

前モデルに搭載されていたCore i7-1165G7というCPUよりも約30%以上(CINBENCH R20の場合)も性能がアップしていて、とても高速な処理が可能です。快適に使うことができるでしょう。







また、上述のパソコンのパフォーマンスをコントロールできる機能を使って、CPUのベンチマークを計測した結果をまとめています。参考までにご覧ください。

パフォーマンスモードにするとスコアは20%以上アップし、より高速な処理が可能です。

静音モードにすると、それほど大きくスコアは下がらなかったのですが、より静かに使うことができました。

[全部表示されていない場合、横にスクロールできます]
設定  スコア
(CINEBENCH R20) 
スコア
(CINEBENCH R23)  
マルチコア シングルコア  マルチコア  シングルコア 
スマートセンス(標準) 2485 636 6641 1649
パフォーマンス 3150 639 8207 1654
静音 2358 598 6169 1464




ストレージの性能


SSDの読み書きの速度を測定しました。第4世代のPCIe SSDなので、読み書きともに非常に高速な動作でした。パソコンの起動や終了、アプリなどが快適に動作します。






グラフィックスの性能


グラフィックスの性能もしっかり発揮されています。こちらも前モデルよりも性能がアップしています。また、上述のパソコンの性能を制御する機能を使うと、グラフィックスの性能も変化させることができます。







[全部表示されていない場合、横にスクロールできます]
ベンチマーク  スコア  
スマートセンス(標準)  パフォーマンス 静音 
Fire Strike
(対象:Direct X11)
4065  4704  3490
Night Raid
(対象:Direct X12)
13880  16021  11745






外観の確認


それではHP Spectre x360 14-efの外観を確認してみましょう。

アッシュブラックのカラーは上品でとても深みのある色合いです。中央にあるHPのロゴと側面がゴールドになっていて、高級感のある仕上がりになっています。




背面側の角がカットされていて、良いデザインになっています。








ディスプレイ側から見たところです。縦横比が3:2のディスプレイとなっていて、縦方向の情報量が増えます。




本体はスリムでとても高級感があります。









ディスプレイを360度回転させてタブレットに変形することが可能です。




もちろん、このように180度フラットにすることも可能です。





後ろ側から見たところです。













底面です。




ACアダプターとケーブル類です。ACアダプターに接続するためにケーブルとプラグが入っています。コンセントとの距離が短くて済む場合や、持ち運びの時などはプラグだけを使うとスッキリします。






(左)ACアダプターとケーブルを接続したところ。
(右)ACアダプターとコンセントプラグを接続したところ。


右側面です。




左側面です。




手前側です。




背面側です。







まとめ


HP Spectre x360 14-efを実際に使ってみて、高い性能を発揮できて多くの用途に使える実用性と、美しいデザインを兼ね備えた才色兼備なノートパソコンだと感じました。

高速に動作するCPU、美しい表示が可能なディスプレイ、タブレットPCとしても使える利便性、そして持ち運ぶこともできる携帯性が備わっています。

大学生が持っていると勉強もプライベートも充実しそうな感じがして、とてもかっこよく使えるでしょう。是非検討してみてください。



当サイト限定割引クーポンを利用すると、価格が132,000円(税込)以上で7%OFFとなります(2024/2/29まで)。株式会社日本HPよりクーポンを提供していただきましたので、下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン

【PR】【提供:株式会社日本HP】


詳細はこちら → HP Spectre x360 14-ef (直販サイト)





この記事を書いた人

  石川
ITエンジニア。2014年から2024年現在まで10年間、約450台以上のノートパソコンのレビューを実施。プログラマー兼SEとして、システムやアプリの開発に携わっています。保持資格:応用情報技術者、基本情報技術者、英検準1級等 
著者の詳細はこちら





関連記事    

1.大学生向けのHPのノートパソコン デザインが良いから若者が使いやすい
2.HP製パソコン特別割引クーポン
3.HP ENVY x360 13-bfレビュー 美しいディスプレイを搭載した爽やかなデザインの軽量ノートPC
4.HP Pavilion Aero 13レビュー スリムで美しいデザインの軽量ノートパソコン
5.HP Pavilion 15-eg(インテル)レビュー 快適に使え10万以内で購入できる高性能ノートPC
6.大学生におすすめのノートパソコン
7.大学生向けの最新の2in1 PC ノートPCにもタブレットにもなる便利なパソコン
8.HP Spectreマウス700レビュー おしゃれなデザインで操作性も良い








▲ このページの上部へ戻る