HP Pavilion x360 14レビュー バランスのとれた使いやすいスタンダードノートPC


HP Pavilion x360 14は14インチのサイズで、性能の良いCPUとメモリを搭載したノートパソコンす。とても高速に動作します。


HPのノートパソコンらしく、スッキリとした本体にクールな美しいデザインが特徴的です。ディスプレイを360度回転させ、タブレットとしても使うことができます。

映りの良いIPS液晶ディスプレイ、USBポート(Type-A)が2つ、USB Type-Cポートが1つ、HDMIポート、フルサイズのSDカードスロットを搭載していて非常にバランスが良く、使い勝手が良いです。


これだけの高い品質を備えていて、一番高いモデルでも10万円程度の価格で購入でき、非常にリーズナブルです。


実際にHP Pavilion x360 14を使ってみましたので、レビューをご紹介します。





詳細はこちら → HP Pavilion x360 14(直販サイト)





機能的なデザインが美しい


HP Pavilion x360 14の第一印象は、とても涼やかなデザインのノートパソコンだなということです。

スッキリとしたボディにシルバーのカラーが綺麗に調和しています。









スピーカーの部分も幾何学的なデザインになっています。





背面部にさりげなくモデル名が刻印されています。グレーのフォントで主張しすぎない感じが良いです。




ヒンジ部分も美しい光沢を放っています。





ディスプレイを取り囲む額縁部分は薄い作りになっています。そのため、非常にスッキリした見た目になっています。








インターネットやレポート・書類作成も快適に動作する性能


Pavilion x360 14を実際に使ってみると、とても快適に使うことができました。インターネットはサクサク表示されましたし、動画を見るのも快適ですし、アプリケーションの起動や動作も高速でした。もちろん、Microsoft Officeを用いたレポートや書類の作成も問題なく使える性能です。





今回のレビューで使用したPavilion x360 14の主な仕様は以下のようになっています。ご参考にしてみてください。

CPU: Core i5-8250U
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB






レポート・書類作成に使えるMicrosoft Officeの選択が可能


レポートや書類の作成に使えるMicrosoft Officeソフトを購入の際に選択することができます。


選択できるのは以下の2つです。

種類 入っているソフト 
Office Home and Business Word, Excel, PowerPoint, OneNote, Outlook等
Office Personal Word, Excel, Outlook


大学生の場合はプレゼンでPowePointを使う機会があるので、Office Home and Businessを選択するのが良いでしょう。


もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してみてください。






持ち運ぶこともできるノートパソコン


本体の厚みはそれほどなく、スッキリしています。





サイズは14インチです。小さすぎず大きすぎず、手ごろな大きさです。ディスプレイの額縁部分が薄くできているので、一般的な14インチノートPCよりもコンパクトになっています。


下の写真のように、A4ノートよりも1周り程度大きいくらいです。薄くてサイズもちょうど良い感じなので、カバンの中に入れても違和感なく収まりました。










重さは約1.64kgです。一応片手で持ち上げられますが、1.0kg程度のノートパソコンと比べると重く感じるかもしれません。持ち運べますが、普段は自宅などに置いて使うことが多く、プレゼンなどで必要になるときだけピンポイントで持っていくという使い方が良いのではないかと思います。







タブレットにも変形する


Pavilion x360 14はモデル名にもあるように、ディスプレイを360度くるっと回転させてタブレットとしても使うことができます。ディスプレイはタッチして操作が可能です。




14インチの広さがあるので、電子書籍を読んだり、動画を見たりするのに良さそうです。ただ重さが1.6kgあるので、両手で持って使うのは疲れるかもしれません。


もし手が疲れたら、下の写真のようにディスプレイの回転角度を調整し自立させて使うと良いでしょう。


[ディスプレイを回転させることで4つのモードで使用することが可能]






インターネットにはWi-Fiで接続


インターネットには無線LAN(Wi-Fi)で接続します。


LANケーブルを挿しての接続はできません。必要であれば別途アダプターをご用意ください。






プレゼンに使えるHDMIポート搭載


プレゼンをするために必要になるHDMIポートが搭載されています。ここにHDMIケーブルを挿してモニターやプロジェクターと接続すれば、プレゼンをすることができます。





別画面にも出力するためのキーはF4キーになります。このキーを押せばすぐにモニターやプロジェクターに映し出すことができます。





実際に出力してみたところです。ケーブルをつなぐだけで簡単にできます。







入力しやすいキーボード


キーボードは標準的なキーボードで、とても使いやすいです。






ちょうどよいキーの間隔で入力しやすく、心地よい打鍵感が感じられました。




アルファベットキーや数字キー、記号キーなど、すべて大きさがそろっていてとても使いやすいです。






タッチパッドです。問題なく使えるでしょう。








デジカメやスマホのデータを管理できるフルサイズのSDカードスロット搭載


フルサイズのSDカードに対応したものが搭載されています。デジカメやスマホに挿すSDカードを利用できて便利です。大量の画像や動画をパソコンで管理したいような場合には、SDカードを直接操作できると大変便利です。






指紋センサーを搭載し、セキュリティが高まる


本体の右側面には指紋センサーが搭載されています。サッと指をかざすだけでログインできます。他人が勝手にパソコンを使用することができなくなりますので、セキュリティを高めることができます。人に見られたくないデータがパソコンに入っていても安心ですね。







USBポートは2種類で合計3つ搭載だから周辺機器の接続も安心


搭載されているポート類は以下のようになっています。






USBポートはUSB3.1ポート(Type-A)が2つと、USB Type-Cポートが1つ搭載されています。


まだまだType-AのUSBを使用している機器が圧倒的に多いので、USB3.1ポート(Type-A)が2つ搭載されているのがとても便利です。


周辺機器の接続に困ることはないでしょう。






どの角度から見ても映りの良いディスプレイ


ディスプレイはIPS液晶、フルHD(解像度:1920 × 1080)となっています。どの角度から見てもきれいに表示されて、とても見やすいです。光沢液晶となっていますので、多少の映り込みはあります。





[上から見たところ]



[横から見たところ]






テレビ電話に使えるWEBカメラ搭載


ディスプレイ上部にはカメラが搭載されています。オンラインでの英会話やプログラミングなどのWEB学習に使ったり、友達とテレビ電話するといった使い方ができます。







困ったときに安心の使い方解説書入り


HPのパソコンは困ったときのヘルプがとても充実しています。HPパソコンナビという解説書が入っていて、使い方に困ったらこの本を読むことで解決しそうです。初心者の方でパソコンの使い方に慣れていない人でも、安心して使うことができるのではないかと思います。






動作音の確認


動作音は普通の大きさだと思います。


パソコンを起動してアイドル状態でも少し音はしますが、あまり気になることはないでしょう。他のノートパソコンと同様に、負荷があまりかかっていないときは静かで、高い負荷がかかるとファンの音が大きくなります。


測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
30~32db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
30~32db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
30~32db
CPU 80%使用時 40~42db






性能と仕様


HP Pavilion x360 14のスペックをご紹介します。

モデル名 エントリー ベーシック スタンダード 
OS Windows 10 Home  
CPU Pentium 4415U Core i3-8130U Core i5-8250U
メモリ 4GB 8GB
4GB
8GB
ストレージ SSD 256GB (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ -
SDカード
有線LAN -
無線LAN
指紋認証
USBポート USB3.1(Type-A) × 2
USB Type-C × 1 
HDMIポート ○ 
Office 選択可
 Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
カラー ミネラルシルバー
 重さ  約1.64kg


エントリー、ベーシック、スタンダードの3つのモデルがラインナップされています。

エントリーモデルは性能が抑えられたCPUが搭載されていますので、ベーシックまたはスタンダードモデルから選ぶと良いと思います。


SSDはPCIe NVMe M.2接続のものが搭載されていて、下のベンチマークでも紹介しているように非常に高速なアクセスが可能です。とても快適に使えると思います。


文系の場合はライトな使い方が中心になることが多いので、ベーシックモデルでメモリ4GBで大丈夫でしょう。余裕があればメモリを8GBにしておくと長く快適に使い続けられます。


理系の場合は負荷のかかる使い方をすることもあるので、スタンダードモデルが良いでしょう。


レポートや卒論作成に必要になるOfficeも選択できます。Word、Excel、PowerPointが入ったMicorosoft Office Home and Businessを選択すると良いと思います。PowerPointが必要なければ、Microsoft Office Personalを選択してください。





ベンチマーク


今回のレビューで使用したPavilion x360 14の仕様は以下のようになっています。

CPU: Core i5-8250U
メモリ:8GB
ストレージ:SSD 256GB


CPUのベンチマークを計測しました。525cbとなりました。1世代前のCore i7-7500Uよりも高い性能で、とても快適に使えると思います。






SSDのアクセス速度を計測しました。とても高い数値となり、高速にアクセスしていることがわかります。こちらも快適に使えるでしょう。








外観の確認


HP Pavilion x360 14の外観を確認してみます。


まずディスプレイを閉じところです。グレーの天板にhpのロゴが刻印されています。










ディスプレイを開いて前から見たところです。





ボディは薄くてスッキリしています。





シルバーのキーボードは清涼感があります。





ディスプレイは360度回転するので、下のように180度ペタッと開くこともできます。





後ろ側から見たところです。









ACアダプターを接続したところです。ACアダプターは小型ですので、スッキリ使うことができます。





本体右側面です。指紋センサー、ボリュームボタン、SDカードスロット、USB Type-C、USB3.1(Type-A)ポート、HDMIポートが搭載されています。





本体左側です。USB3.1(Type-A)ポート、マイク・ヘッドフォンジャック、電源ボタンが搭載されています。





本体手前側です。





本体背面部分です。







まとめ


今回実際にHP Pavilion x360 14を使ってみて、性能もデザインも良く、とても使いやすいノートパソコンだなと思いました。

しかも、タブレットとしても使えますし、何よりうれしいのがHDMIポートやUSB3.1(Type-A)ポートが2つ、そしてフルサイズのSDカードスロットが搭載されていて、アダプターなしで周辺機器の接続も問題なく対応できるところです。


性能、デザイン、拡張性のバランスがとても良いと感じました。


重さが約1.64kgなので、毎日持ち運ぶという使い方はしづらいかもしれません。それでも持ち運べなくはないので、普段は自宅などで使って、プレゼンや講義などのときにピンポイントで運ぶという使い方が向いているのではないかと思います。


当サイト限定クーポンを利用すると7%OFFとなります(2018/11/30まで)。12万円以上の製品が対象となります。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン個人向けPC用限定クーポン


詳細はこちら → HP Pavilion x360 14(直販サイト)





関連記事    

1.NEC Lavie Direct HZ(Hybrid Zero)13.3インチレビュー:1kg以下のノートパソコン
2.LIFEBOOK WS1/Wレビュー:文系から理系まで幅広く使えるおすすめノートパソコン
3.Lavie Direct NMレビュー~小型で軽く、性能のバランスもとれたノートPC
4.富士通LIFEBOOK WU2/B1のレビュー 大学生活に便利 軽くて丈夫なノートPC
5.大学生のおすすめのノートパソコン
6.持ち運びに便利な薄くて軽いノートパソコン
7.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る