DELL New Inspiron 13 7000レビュー 大学生活に必要な性能と機能を持つノートパソコン


DELL New Inspiron 13 7000は、大学生が学業からプライベートでの使用に至るまで、幅広く対応できる性能を持ったノートパソコンです。インターネットやメール、レポート作成だけでなく、プレゼンやSNS、動画・画像鑑賞なども問題なくこなせます。

薄型で軽量なので、大学の授業に持っていくのも簡単です。シルバーとピンクシャンパンのカラーバリエーションが用意されていて、男子大学生にも女子大学生にもピッタリのデザインをしています。

実際にDELLのDELL New Inspiron 13 7000を使用してみましたので、レビューをご紹介します。




DELL New Inspiron 13 7000は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


詳細はこちら → New Inspiron 13 7000(直販サイト)





大学生に似合うスタイリッシュなデザイン


Inspiron 13 7000は薄型でスッキリとしたフォルムをしたノートパソコンです。やはり、薄い作りのノートパソコンはかっこよく見えますし、使っていると楽しいですね。なんでもできるような気分になってくるから不思議です。若さと元気のある大学生にピッタリのデザインをしています。





全体的にシンプルなデザインもとても好感が持てます。長く使えそうです。




このレビューではピンクシャンパンの色のものをレビューしていますが、シルバーのカラーバリエーションもラインナップされています。男性であればシルバーで、女性はシルバーでもピンクでも選択できるのがうれしいところですね。









コンパクトで軽量だから大学にも持っていきやすい


Inspiron 13 7000は13インチのサイズで、重さは約1.40kgです。A4ノートとほぼ同じ大きさで、楽々持ち運べるノートパソコンとなっています。

大学の授業で使う教科書やノート、資料と一緒に入れてもかさばることなく持ち運ぶことができます。

大学の授業で個人所有のノートパソコンを活用するところが増えていますので、自宅でも大学でも使いたいという場合には良い選択肢になります。













インターネットやメール、レポート作成など、幅広い用途に快適に使える性能


搭載されているCPUは最新のCore i5またはCore i7となっています。メモリーは8GBまたは16GBを選択することができます。処理性能が高く、快適に使うことができます。




インターネットやメール送受信はもちろんのこと、レポート作成やプレゼン、SNS、動画・画像鑑賞など、幅広い用途に使うことができます。





講義のレポート作成に必要なOfficeソフト


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPoint、OneNoteが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。OneNoteを使うと、大学の授業ノートをパソコンで作れるようになります。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Exceが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。

Officeソフトを単体で購入するよりも、セットで購入する方が安くなります。





インターネットへの接続


インターネットにはWi-Fi(無線)を用いて接続します。Wi-Fiは普及していますので、特に問題はないと思います。

必要となる機会は少ないかもしれませんが、もしLANケーブルを用いてネット接続したい場合は、USBポートを有線LANポートに変換するアダプターをご購入ください。







プレゼンにもしっかり対応


大学ではパソコンの習熟度を学ぶ講義も多くあり、その中でプレゼンのスキルを磨く講座も用意されているところが増えています。また、ゼミに入ったり、研究室に所属するようになると、資料を作ってメンバーの前でプレゼンをする機会も増えます。

ノートパソコンをモニターやプロジェクターにつないでプレゼンを行う場合は、HDMIケーブルを使います。

Inspiron 13 7000にはHDMIポートが搭載されていますので、ケーブルを直接挿すことですぐにプレゼンが行えるようになります。




実際にモニターに接続してノートPCの画面を映し出してみました。スライドの切り替えも問題なく行えました。









SDカードはデジカメもスマホもOK


SDカードスロットはフルサイズのものに対応しています。デジカメで使うSDカードやスマホで使うmicro SDカードを読み書きすることが可能になります。




撮りためた写真や動画を管理するときに、スマホやデジカメで1つずつするよりも効率的に作業ができます。





指紋センサー搭載でセキュリティを高められる


キーボードの右上部分には指紋センサーが搭載されています。指紋のマークがついているのでわかりやすいですね。このセンサーは電源ボタンを兼ねています。




指紋でログインすることで、他人が勝手にノートパソコンを使うことを防ぐことができます。

特に大学にPCを持っていく場合には、離席時にしっかりとロックしておくことが大事です。指紋認証を備えていると、ロックが強固に守られるので安心です。





キーボード


キーボード全体は下の写真のようになっています。

一部気になる点はあるものの、問題なく入力できました。





キーボードの左半分です。アルファベットキーや数字キー、Shiftキー、半角・全角切り替えキー等、問題ありません。スペースキーの大きさは問題ありませんが、両隣の無変換キーと変換キーがくっついているのが少し気になりました。ただ、実際試してみたところ、打ち間違えることはありませんでした。





キーボード右半分です。EnterキーとBackSpaceキー、Shiftキーの左隣のキーがそれぞれくっついています。気になる人がいるかもしれませんが、実際に入力してみると打ち間違えることはありませんでした。ただ、Backspaceキーが少し小さいので、最初は見ながら入力した方が良いと思います。









タッチパッドです。ダイヤモンド加工されたエッジが光沢を放っていて美しいです。







鮮やかに表示されるディスプレイ


IPS液晶が搭載されていて、角度を変えて見ても色調やコントラストが変わらず綺麗に表示されます。動画や画像が美しく表示されます。

液晶を取り囲むフレームは細くなっているので、スッキリとして見えます。見た目的にも良いです。











周辺機器との接続がしやすいインタフェース


周辺機器との接続に必要になるインターフェースはバランスよく搭載されています。

各インターフェースの役割は以下のようになります。

HDMI: モニターやプロジェクターへの出力。プレゼンに利用。
SDカードスロット:デジカメやスマホのSDカードの読み書きが可能。
USB3.0:USB機器の接続に必要。多くの機器が対応。
USB Type-C:最新のUSB規格。
マイク・ヘッドフォン:マイクまたはヘッドフォン端子を挿すことができる。
セキュリティワイヤーロック:ワイヤーを取りつけることで盗難防止。








特にUSB3.0が2つ搭載されているのが安心です。フルサイズのUSBポートに対応している機器は非常に多いので、このポートがあれば多くの機器と接続できます。同時に2つの機器と接続できるのも安心ポイントです。

また、USBポートは給電にも対応しているので、スマホの充電もあわせて行えるので便利です。


ディスプレイ上部にはカメラも搭載されています。ネットで学習できるオンライン英会話が流行っていますが、このカメラがあればすぐに受講することができます。







Inspiron 13 7000 2-in-1との比較


Inspiron 13 7000には、タブレットにもなるInspiron 13 7000 2-in-1というモデルもあります。両方とも13.3インチで同じように見えるかもしれませんが、若干違いがありますのでご紹介します。

[Insprion 13 7000 2-in-1]



以下に主な違いをまとめています。


 項目 Inspiron 13 7000
(本レビューでの紹介PC)
Inspiron 13 7000 2-in-1 
タブレット変形 ×
タッチパネル ×
デジタルペン対応 ×
USBポート USB3.0 × 2
USB Type-C × 1
USB3.0 × 1
USB Type-C × 1
SDカードスロット フルサイズ micro SD
カラー シルバー
ピンクシャンパン 
シルバー 
重さ 約1.33kg  約1.45kg


一番の違いはタブレットに変形するかどうかです。2-in-1モデルの方ではタッチパネルなので画面に指で触れて操作することができますし、デジタルペンでの書き込みにも対応しています。

目立たない違いとしては、インターフェースの種類が少し違います。2-in-1モデルの方はUSB3.0ポートが1つとmicro SDカードスロットが搭載されるのに対して、本レビューで紹介しているモデルはUSB3.0ポートが2つとフルサイズのSDカードスロットとなります。複数のUSB機器を同時に接続することが多い人はご注意ください。

重さは本レビューで紹介しているモデルの方が若干軽いです。少しでも軽いほうが良い場合には、こちらを選択してください。

また、価格もCPUとメモリ、ストレージの容量を全く同じにすると、2-in-1モデルの方が若干高くなります。

2-in-1モデルのレビューもご紹介していますので興味のある方はご覧ください。


レビューはこちら → Inspiron 13 7000 2-in-1レビュー




静音性の確認


負荷がかからない処理をしているときは、ほぼ無音です。とても静かです。

CPUに負荷がかかる処理をすると動作音は大きくなりますが、他のノートパソコンと比較してもやや静かでした。快適に使うことができると思います。

測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db
CPU 80%使用時 35~37db






性能と仕様


DELL New Inspiron 13 7000の仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8265U / Core i7-8565U
メモリ 8GB / 16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
 ディスプレイ  IPS液晶 フルHD(解像度:1920×1080)
 サイズ 13.3インチ 
 タブレット変形 -
光学ドライブ -
SDカード フルサイズ SDカードスロット
有線LAN -
無線LAN
指紋認証
USBポート USB3.0×2
USB Type-C × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
 重さ  約1.33kg


今回のレビューで使用したDELL New Inspiron 13 7000の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8565U
メモリ: 16GB
ストレージ: SSD 512GB


CPUは最新のCore i5とCore i7が選択できます。メモリは8GBまたは16GBとなっていて、快適に動作する性能です。

ストレージはSSDとなっていて、しかもPCIe NVMe M.2接続のものなので高速な読み書きが可能です。パソコンがサクサク動いて使いやすいでしょう。

文系の学生も理系の学生も、CPUはCore i5、メモリは8GBを選択するとスタンダードな性能となります。

理系の場合は負荷のかかる処理も行うことがあるので、余裕があればメモリを16GBにあげてみたり、CPUをCore i7にしてみたりしてください。

Officeソフトも選択可能です。レポート作成にはMicrosoft Office Home and Businessがおすすめです。Word、Excel、PowerPoint、OneNoteを利用することができます。


以下はCPUとストレージの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。
専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


[CPUのベンチマーク:CINEBENCH R15で測定]

CPUの性能は550cbとなりました。高い性能で、問題なく使えると思います。





[ストレージのベンチマーク:CrystalDiskMarkで測定]

ストレージの速度を測定しました。高速な読み書きが可能です。






外観の確認


DELL New Inspiron 13 7000の外観を確認してみましょう。カラーはピンクシャンパンのものになります。

天板部分になります。中央にDELLのロゴが刻印されていて、落ち着いたデザインに仕上がっています。





横から見たところです。薄くできています。




前から見たところです。




キーボードの部分です。









後ろ側から見たところです。








ACアダプターを取り付けたところです。小型のものですっきりと使えます。





本体左側です。電源コネクタ、USB Type-Cポート、HDMIポート、USB3.0ポート、マイク・ヘッドフォンジャックが搭載されています。




SDカードスロット、USB3.1ポート、セキュリティワイヤーロックスロットが搭載されています。




本体手前側です。




本体後ろ側です。






まとめ


DELL New Inspiron 13 7000は高い性能を持っていて、しかも周辺機器との接続に必要なインターフェースも使い勝手の良いものがそろっています。シンプルなデザインで飽きが来ないのも良いですね。

大学の授業で必要になったときにも持っていきやすいですし、プレゼンがある場合でもすぐに対応できます。

とても使いやすいノートパソコンだと思います。

DELL New Inspiron 13 7000は学割価格で購入することができます。以下のリンクにある、割引クーポンの申し込みフォームを使うのが一番早くて便利ですので、是非ご利用ください。

学割クーポンはこちら:デル学割専用オンラインサイト


一般向け割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → New Inspiron 13 7000(直販サイト)





関連記事    

1.DELL New XPS 13レビュー 大学生がかっこよく使えるフレームレス・ノートパソコン
2.[レビュー]DELL Inspiron 14 5000は大学生に必要な機能が搭載され持ち運べる軽量なノートPC
3.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る