DELL Inspiron 15 3000レビュー 10万以下で購入できる手頃な15.6インチノートパソコン


DELLのInspiron 15 3000は15.6インチのサイズで、自宅などに置いてじっくりと使うのに最適なノートパソコンです。

性能を抑えたものから高い性能のものまで、自分好みに構成を選択できます。性能が高いものでも7万円台から10万円前後で購入できてお手頃です。

10万円程度の予算で性能の良い15.6インチノートパソコンを探している方におすすめです。

実際にDELLのInspiron 15 3000を使用してみましたので、レビューをご紹介します。




DELL Inspiron 15 3000は割引クーポンが利用できます。以下のリンクよりクーポンをご利用ください。

割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → DELL Inspiron 15 3000(直販サイト)





スッキリしていて落ち着いたデザイン


DELL Inspiron 15 3000のカラーバリエーションは、スノーフレーク(ホワイト)、アクセントブラック、クオリーブルーの3色から選択することができます。

今回のレビューでは、スノーフレークのものを使用しています。

天板や底板、側面、キーボードの部分はホワイトで統一されていて清潔感があります。ディスプレイを閉じた状態でも、厚みが抑えられていてスッキリしています。マットな質感で指紋も目立ちにくいです。






横から見ると、厚みが抑えられてスッキリとしていることがわかります。




ディスプレイを開くと、キーとディスプレイのフレームのカラーはブラックとなっていて、天板や側面のホワイトと対照的です。オーソドックスな落ち着いた雰囲気です。














15.6インチのサイズで、自宅でじっくり使うのに向いている


DELL Inspiron 15 3000は15.6インチのサイズで、A4ノートよりも大きいです。
画面が広いのでゆったりと作業ができるのがメリットです。




重さは約1.8kgでした。A4サイズよりも大きいので、どちらかというと自宅に据え置いてじっくり使うのがおすすめです。




ただ、15.6インチのノートパソコンとしては比較的軽めです。1kg前後の軽量なモバイルノートPCと比べると重いですが、持ち運べないことはありません。

大学などの外出先に持って行くときは、A4ノートよりも大きめのものが入るカバンやリュックサックなど、少し大きめのカバンが必要になります。少し重さがありますので頻繁な持ち運びはおすすめしません。持ち運ぶ場合も短時間であれば疲れずに済むでしょう。


DeLL Inspiron 15 3000の上位モデルにあたるInspiron 15 5000は、15.6インチのサイズで約1.5kgとより軽量になっています。もし、持ち運ぶことも考えているのであれば、Inspiron 15 5000の方が疲れにくくて良いでしょう。Inspiron 15 5000はより高級感のあるデザインで、10万円以内で購入できる価格というのも良いポイントです。

レビューはこちら → DELL Inspiron 15 5000レビュー






低価格ながらも、学業やプライベートで困らない充実の性能


DELL Inspiron 15 3000は抑えめの性能のものから高い性能を持つものまで、幅広い構成を選択することができます。

CPU、メモリ、ストレージで選択できる構成は以下のようになっています。ストレージはハードディスクまたはSSDから選択できます。ハードディスクはSSDと比較するとパソコンの動作速度が遅くなりますが、価格が下がり購入しやすくなります。

性能が高くなるほど価格も上がりますが、CPUがCore i5でOfficeがついて7万円~8万円程度、Core i3だと6万~7万程度で購入できるのはリーズナブルだと言えます。

CPU Core i3 / Core i5 / Core i7
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
ハードディスク 1TB








レポート作成に必要なOfficeソフトを選択可能


大学の講義で課されるレポートや卒論・修論の作成に必要な、Officeソフトを選択することができます。

Microsoft Office Personal、Office Home and Business、Office Professionalから選ぶことができます。

Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。

もし、PowerPointが必要なければOffice Personalを選択してください。Office PersonalにはWord、Excelが含まれています。

Office ProfessionalはOffice Home and Businessに、さらにPublisherというDTPソフトとAccessというデータベースが含まれるようになります。より専門的な使い方をしたい人はこちらを選択してください。






インターネットにはWi-FiまたはLANケーブルで接続できる


インターネットにはWi-Fiで接続できるのはもちろんのこと、LANケーブルを挿して接続することもできます。




大学によってはまだ無線LAN化していないゼミや研究室もあるので、LANケーブルが直接挿せるようになっているととても便利です。

また、LANケーブルが挿せると通信が安定します。Zoomなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業を受けるときなど、通信が途切れたり遅延したりすることがとても少なくなるので安心です。





キーボード


キーボードは下の写真のようになっています。15.6インチのサイズなので、広々と使うことができます。テンキーも搭載していて数字の入力に便利です。理系の実験データを入力したり、家計簿をつけたりするのに重宝します。





キーボードの左半分です。特に問題なく使えるでしょう。




キーボードの右半分です。Backspaceキーと「\」キーがくっついています。慣れるまでは目で確認しながら入力した方が良いかもしれません。ほかにもくっついているキーがありますが、各キーに十分な大きさがあるので、こちらは特に問題はないでしょう。





タッチパッドです。








ディスプレイ


ディスプレイはフルHD(解像度:1920×1080)となっています。





sRGBカバー率は63.9%です。色域はそれほど広くはありませんが、インターネットやメール、Officeソフトを使ったレポート作成、動画鑑賞などの一般的な作業であれば問題なく使うことができます。

   カバー率  比
sRGB 63.9% 64.8%
Adobe RGB 48.1% 48.1%



ディスプレイは見やすく、上や横など角度を変えて見ても綺麗に表示されます。




非光沢液晶ということもあり、長い時間作業をしていても疲れにくいでしょう。








指紋センサーを搭載し、簡単ログインとセキュリティを確保できる


キーボードの右上には指紋センサーがあります。このキーは電源ボタンを兼ねています。パスワードの入力が不要になり、ワンタッチでログインができるようになります。しかも、他人によるPCの操作を防ぐことができるので、セキュリティが高まります。




パソコンには人に見られたくないようなデータや大事な情報が増えていきますので、セキュリティを高く保てるのは安心です。





周辺機器との接続に必要なインターフェースはバランスよく搭載


周辺機器との接続に必要なインターフェースは、必要なものがバランスよく搭載されています。

上で紹介した有線LANポートに加え、HDMI、SDカードスロット、標準サイズのUSBポートが3つあります。USB Type-Cポートがないのが残念ではありますが、標準サイズのUSBポートがあれば大丈夫でしょう。











HDMIポートを搭載し、プレゼンに活用したり、YouTubeなどの動画をTV画面に映すことができる


HDMIポートを使ってパソコンの画面をモニターやプロジェクターに映すことができます。大学でのプレゼンに活用することができます。自宅のTVにHDMIポートがあれば、パソコンとつなぐことによってYouTubeなどの動画をテレビの大画面で見ることもできるようになります。





実際にDELL Inspiron 15 3000とモニターをHDMIケーブルでつないで、パソコンの画面を映し出してみました。ケーブルを挿すだけですぐに映り、とても簡単でした。







スマホやデジカメのSDカードを管理できる


SDカードはフルサイズのものに対応しています。デジカメやスマホのSDカードを扱えて便利です。

ただ、SDカードは奥まで入りません。途中までしか入らないので、扱う時には注意しましょう。





カメラとマイク、スピーカーを搭載し、オンライン授業にも活用できる


ディスプレイの上部にはカメラとマイクが搭載されています。また、後述するように、スピーカーも搭載されていますので、このパソコンがあればZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業を受講することが可能になります。








オーディオ


マイク・ヘッドフォンジャックにイヤホンやヘッドセットを挿すと、最適な音響環境で聴くことができるように、自動的にダイアログが立ち上がりました。接続した機材に応じて、一番心地よく聴くことができるように音響を調節してくれるようです。




もちろん、サウンドには好みがあるので、好きなように調整することが可能です。動画向けやピアノ、ハードロックなどの設定があらかじめ用意されていますし、個別に細かくカスタマイズすることもできます。




イヤホンやヘッドセットを通してのサウンドは、意外にもとても良かったです。臨場感もあり、聞きやすいと感じました。


パソコン自体のスピーカーは底面に配置されています。下側にあるので音がこもってしまうかと思ったのですが、しっかりと聞けました。ただ、クオリティとしては、イヤホンやヘッドセットを通したときの方が良いので、より音楽を楽しみたい時はイヤホンやヘッドセットを利用すると良いでしょう。








ノートパソコンの温度が管理でき、CPUのパフォーマンスを調整できる


DELL Power Managerというツールを使うと、パソコンの温度(サーマル)管理を行うことができます。普段は最適化の設定で問題ないのですが、パソコンのパフォーマンスを上げたい時や、逆に静かに使いたい時などには、それぞれ「超高パフォーマンス」、「静音」モードに設定すると良いです。





超高パフォーマンスモードにすると、CPUの処理性能が少しだけ上がります。この後で説明していますが、ベンチマークソフトで計測すると最適化モードよりも約4%程度性能がアップしました。


一方で、静音モードにすると、CPUの性能は最適化モードよりも約35%ダウンしましたが、ほぼ無音で使うことができました。





バッテリーが長持ちする設定


ノートパソコンを自宅でする場合には、ACアダプターを挿しっぱなしで使っている人も多いと思いますが、このような使い方をするとバッテリーがダメになるのが早くなります。




DELL Power Managerというツールを使うと、バッテリーがフル充電になるのを防いでバッテリーが長持ちするようになります。





静音性の確認


比較的静かに使えるパソコンだと思います。今回はSSDを搭載しているモデルを使って確認しています。ハードディスクを搭載しているモデルだと、もう少し音がするのではないかと思います。

上述のサーマル管理で「最適化モード」、「静音モード」、「超高パフォーマンスモード」で動作音を確認しました。

ネットや動画鑑賞など、負荷がかからない処理をしているときはとても静かで、負荷がかかった処理をするときは音が大きくなりますが、他のノートパソコンよりも小さめの動作音でした。

最適化モードでも比較的静かに使うことができます。静音モードにするとほぼ無音で使うことができました。超高パフォーマンスモードにすると、動作音は大きくなるのかと思ったのですが、意外にも最適化モードと同等の大きさの動作音でした。


測定項目 最適化
モード
静音
モード 
超高パフォーマンスモード
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db 
動画閲覧
(フルHD動画視聴)
28~29db
YouTube視聴 28~29db 
CPU 100%使用時 37~38db 28~30db  37~38db
ストレージにSSDを搭載したモデルで確認。






性能と仕様


DELL Inspiron 15 3000の仕様と性能を確認してみましょう。

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i3-1115G4
Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリ 4GB / 8GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
ハードディスク 1TB
 ディスプレイ  フルHD(解像度:1920×1080)
非光沢
光学ドライブ -
 グラフィックス インテルUHD
または
インテルIris Xe
SDカード
有線LAN
無線LAN
指紋認証
USBポート USB3.1 × 2
USB2.0 × 1
HDMIポート
Office 選択可
Microsoft Office Home & Business
Microsoft Office Personal
Microsoft Office Professional
 カラー スノーフレーク
アクセントブラック
クオリーブルー
 重さ  約2.1kg


今回のレビューで使用したDELL Inspiron 15 3000の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Home
CPU: Core i3-1115G4
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB
グラフィックス:インテルUHD

OSはWindows 10 HomeまたはWindows 10 Proから選べます。通常はWindows 10 Homeを選択すれば問題ありません。

CPUはCore i3 / Core i5 / Core i7から選ぶことができます。性能は以下のグラフのように、Core i3 < Core i5 < Core i7となります。グラフのオレンジ色のものはInspiron 15 3000(3501)で選択できるCPUになります。


CPUの性能比較
Core i7-1165G7
2231
Core i5-1135G7
1998
Ryzen 7 3700U
1491
Ryzen 5 3500U
1471
Core i3-1115G4
1152
Ryzen 3 3300U
914
Celeron N4020
290
スコア(CINEBENCH R20)
オレンジ色:Inspiron 15 3000(3501)で選択できるCPU


CPUにCore i3を選択すると、性能は抑えられますが安く購入することができます。ネットやOfficeソフトを使った書類作成など、ライトな作業だけができれば良いのであれば、これらのCPUを搭載したものでも問題なく使うことができます。

CPUにCore i5やCore i7を選択すると、パソコンの動作が速くなって快適性がアップします。この構成でも7万円~10万円程度で購入できます。パソコンを長く快適に使い続けたいのであれば、Core i5やCore i7を選択するのがおすすめです。

グラフィックスに関して、CPUにCore i3を選択するとインテルUHD、Core i5またはCore i7を選択するとインテルIris Xeとなります。性能はインテルIris Xeの方が3倍程度良いです。

ストレージはSSDまたはハードディスクが選択できます。SSDはPCIe NVMe M.2タイプのものが搭載されているので、高速に動作します。快適に使うことができるでしょう。

ハードディスクはSSDと比較すると動作はゆっくりです。パソコンの起動や終了、アプリの動作がが少し遅くなりますが、価格は抑えられます。より安く購入したい方はハードディスクを、快適な方を環境を選びたい方はSSDを選択すると良いでしょう。


カラーは3色(スノーフレーク(ホワイト)、アクセントブラック、クオリーブルー)から選べます。


レポート作成に必要なOfficeソフトも選択できます。Word、Excel、PowerPointが必要であればOffice Home and Businessを、Word、ExcelだけでよければOffice Personalを選択してください。Office ProfessionalはOffice Home and BusinessにデータベースソフトとDTPソフトを加えたものになります。



以下は、CPUとストレージの性能、そしてグラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUのベンチマーク


上述したサーマル管理機能を用いて、最適化モード、超高パフォーマンスモード、静音モードの各モードで計測しています。

CPUはCore i3なのであまり性能は高くありませんが、インターネットやメール、Officeソフトを使ったレポート作成程度のライトな作業であれば問題なく使える性能です。

超高パフォーマンスに設定すると、標準状態の最適化モードよりも若干性能がアップします。一方で静音モードにすると、パフォーマンスは大きく下がりますが、ほぼ無音状態で使うことができます。







ストレージのベンチマーク


ストレージ(SSD)の速度です。読み書きともにとても高速に動作することがわかりました。パソコンの起動や動作が高速化されます。






グラフィックスのベンチマーク


グラフィックスの性能を測定しました。インテルUHDグラフィックスなので、それほど高い性能ではありませんが、ネットやOfficeソフトを使ったレポート作成、動画鑑賞など、一般的な作業には全く問題のない性能です。

カジュアルな画像や動画編集などを行いたい場合は、インテルIris Xeを搭載したモデルを選択すると良いでしょう。











各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。

ベンチマーク 評価対象 スコア
Time Spy DirectX 12 653
Fire Strike DirectX 11 1417
Night Raid DirectX 12 6689




ゲームのベンチマーク


ゲームがどれくらい快適にプレイできるかを調べてみました。

今回のレビューではインテルUHDグラフィックスを搭載したモデルということもあり、ゲームをプレイするのは難しいと思います。


軽量級のゲーム


ファンタシースターオンライン2です。軽めのゲームですが、プレイするのは難しいと思います。




簡易描画設定 解像度  スコア  フレームレート(fps)
3(標準) 1920 × 1080 1562 32.5






外観の確認


DELL Inspiron 15 3000の外観を確認してみましょう。

今回のレビューではスノーフレークのカラーのモデルを使用しています。

まず、天板部分です。少し見えづらいですが、中央にDELLのロゴがあります。




ロゴは同系色になっていて、目立ちにくいです。




本体はスリムです。




前から見たところです。












後ろ側から見たところです。













底面です。




ACアダプターです。小型なのでスッキリ使えるでしょう。




本体右側面です。




本体左側面です。




背面側です。




手前側です。





まとめ


DELL Inspiron 15 3000は15.6インチのサイズで、広い画面で快適に作業ができるノートパソコンです。

性能を抑えたモデルから、高い性能のものまで選択することができ、しかも価格10万円以内になっていて、とても手ごろな価格設定になっているのがうれしいですね。

大きさと重さを考えると、自宅に置いてじっくり使うのに良さそうです。

DELL Inspiron 15 3000は割引クーポンが利用できます。以下のリンクよりクーポンをご利用ください。

一般向け割引クーポン:割引クーポン


詳細はこちら → DELL Inspiron 15 3000(直販サイト)






関連記事    

1.大学生に最適なDELLのノートパソコン 性能が良くて割安に購入できる
2.DELL Inspiron 15 5000レビュー 10万円以内で購入できる軽量な15.6インチノートパソコン
3.[レビュー]DELL Inspiron 14 5000は大学生に必要な機能が搭載され持ち運べる軽量なノートPC
4.DELL New Inspiron 13 7000 2in1レビュー 大学生が使いやすい軽量ノートPC
5.DELL New XPS 13レビュー 大学生がかっこよく使えるフレームレス・ノートパソコン
6.大学生におすすめのノートパソコン
7.大学生におすすめの薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン
8.10万円以内で購入できる高性能ノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る