[レビュー]Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は高速に動作するコスパに優れたノートパソコン


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は、AMD製の最新CPUであるRyzenシリーズを搭載したノートパソコンです。非常に性能が高く、高速な動作が可能です。

14インチのサイズで実測で約1.56kgとなっていて、作業のしやすさと持ち運びのしやすさのバランスが良いです。

Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は7万円台から購入できるモデルがラインナップされていて、非常にコストパフォーマンスが良いです。

今回、Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)を実際に使用してみましたので、レビューをご紹介します。






詳細はこちら → Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)(直販サイト)





CPUに最新のRyzenを搭載し、10万円以下で購入できる


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は、AMD製の最新世代のRyzenシリーズを搭載したノートパソコンです。CPUの性能が非常に高く、高速にサクサク動きます。



実際、CPUの性能を測定するベンチマークは高いスコアが得られました。また、パソコンの起動やアプリの動作も機敏で、すごく快適に動作しました。

インターネットやメールの送受信、Officeソフトを使ったレポート作成などがとても快適に動作する性能です。

しかも、Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は7万円台の価格からラインナップされていて、とてもお得感があります。性能が高く、しかもお手頃なのでコストパフォーマンスに優れた製品と言えます。





普段は自宅で使い、時々持ち運ぶこともできるサイズと軽さ


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は14インチのサイズのノートパソコンです。下の写真のように、A4サイズよりも少し大きいくらいの大きさになっているので、大きすぎて邪魔になるということもなく、取り扱いがしやすいです。また、14インチの画面サイズがあるのでより広く使え、作業がしやすくなっています。




重さは実測で約1.56kgでした。13.3インチのモバイルノートPCと比べると少し重たいのですが、十分に持ち運ぶことができます。




実際にリュックに入れてみたところです。カバンに入れてもスッキリと収まりました。




13インチだと持ち運びには便利だけど少し画面が小さい、15.6インチだと作業はしやすいけど重たいと考える人もいるでしょう。その点、Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は14インチのサイズで約1.56kgという重さなので、作業のしやすさと持ち運びのしやすさのバランスが良くとれています。

自宅内で気軽に場所を変えて使ったりするのが簡単にできます。外に持ち運ぶ際は、約1.56kgの重さということを考えると、移動時間が比較的短い場合であれば大丈夫でしょう。大学に持って行く場合には、自宅から大学までの距離が近い人に向いていると言えます。





黒を基調とした落ち着いたデザイン


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は、黒を基調としたとても落ち着いたデザインのノートパソコンです。




しっかりと作業ができる安定感があります。










WordやExcelなど、レポート作成に必要なOfficeソフトの選択が可能


大学ではWordやExcelを使って講義のレポートを作成する機会が非常に多くあります。また、卒論やゼミの発表ではPowerPointを使ってプレゼン資料を作成する必要もあります。

Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)を購入する際には、Word、Excel、PowerPointが含まれたMicrosoft Office Home and Businessを選択することができます。

もし、PowerPointが必要なければ、WordとExcelのみが含まれたMicrosoft Office Personalを選択することもできます。その場合はカスタマイズ可能なモデルから、Office Personalを選択してみてください。

Officeが使えると、購入してすぐにレポート作成やプレゼン資料の作成ができます。





プライバシーを守るカメラを搭載


カメラはディスプレイの上部に搭載されています。カメラのレンズにはカバーをかけられるようになっていて、すぐ上側にあるレバーを左右に動かすことによって、カバーの開閉ができます(プライバシーシャッター機能)。




オンライン授業などでカメラを使うことが多いですが、今はカメラに映りたくないというような場合にこのカバー機能を使うと安心です。カバーをかけておけば、ソフトウェアの設定を間違っていたとしても確実に撮影を防止できます。プライバシーを守ることができるので安心です。


なお、このプライバシーシャッター機能が搭載されているモデルと、非搭載のモデルがラインナップされていますのでご注意ください。この機能が必要な方は、内蔵カメラの項目をご確認ください。








作業のしやすさに定評のあるキーボード


キーボードは下の写真のようになっています。スタンダードな日本語配列のキーボードで、ThinkPadシリーズのキーボードは作業のしやすさに定評があります。




中心にある赤い丸はトラックポイントと呼ばれ、指で押すことでマウスカーソルの操作ができます。




また、クリックボタンがタッチパッドの上部にあり、下の写真のような使い方をすることで、手の位置をキーボードに置いたままでキー入力、マウスカーソルの操作、クリック作業ができるようになっています。いちいちタッチパッドに手を移動させる必要はありません。とても作業効率が良いキーボードです。




キーの大きさや間隔等、特に気になる点はありません。問題なく使えるでしょう。






キーの中心が少し湾曲していて、指がしっかりかかるようになっています。打鍵感も良く、とても入力しやすいです。




タッチパッドです。クリックボタンは上側にありますが、タッチパッド自体をクリックしてもクリック操作が可能です。







ディスプレイ


ディスプレイは2種類用意されています。IPS液晶の方がより見やすくなります。3,000円ほど価格は高くなりますが、長時間見続けることも多いので、見やすいディスプレイをおすすめします。







IPS液晶は見る角度が変わっても映り方に変化がなく、見やすいディスプレイです。





sRGBカバー率は62.8%となっていて一般的なディスプレイです。インターネットやメール、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などの一般的な作業をする分には全く問題ありません。

sRGBカバー率 62.8%
Adobe RGBカバー率  47.3%


タッチパネルではないので、指で画面を触って操作することはできません。








周辺機器との接続に必要なインターフェース


周辺機器を接続するために必要になるインターフェース類は、以下のようになっています。






USBポートは標準サイズのUSB3.2とUSB2.0ポートが1つずつ、USB Type-Cポートが1つとなっています。USB3.2ポートの方がUSB2.0ポートよりも高速なので、USBメモリや外付けハードディスクなど高速にデータを転送したい時はUSB3.2ポート、マウスなどの低速でも問題ない機器を取り付ける場合はUSB2.0ポートを使うと良いです。

また、有線LANポートとHDMIポートも搭載されています。ただ、SDカードスロットは搭載されていません。





USB Type-CポートはPower Deliveryに対応しているので、モバイルバッテリーなどの充電機器を使用することが可能です。今回、最大20W出力可能なモバイルバッテリーを使用し、PCの電源がOFFの状態でPCの充電を行うことができました。





インターネットにはWi-FiでもLANケーブルを挿しても接続できる


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は、Wi-Fiでインターネットに接続することができます。

また、有線LANポートも搭載されていますので、下の写真のようにLANケーブルを挿してネットに接続することも可能です。




オンライン授業を受けるときなど、ネットに長時間安定して接続したい時はLANケーブルを使うと安心です。





HDMIポートを搭載し、プレゼンにも対応できる


大学ではプレゼンをする機会も多くあります。Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)にはHDMIポートが搭載されているので、パソコンで作成した資料をモニターやプロジェクターに映すことが簡単にできます。




実際にPCとモニターをHDMIで接続してみました。PCの画面を問題なく映し出すことができました。




また、USB Type-Cポートもディスプレイ出力に対応しています。最近はUSB Type-Cに対応したモニター製品も増えていますので、HDMI、USB Type-Cの両方でモニター出力ができるのは安心です。







カメラとマイク、スピーカーを搭載しオンライン授業にも対応できる


カメラとマイクがディスプレイ上部に搭載されています。カメラは顔認証には対応していません。




スピーカーは本体の底面に搭載されています。音質は良かったです。音楽や動画も楽しめるでしょう。人の声もしっかり聞きとることができます。




HARMAN製のオーディオとなっています。




このように、カメラとマイク、スピーカーが搭載されているので、ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使った大学のオンライン授業を受けることも問題なく対応できます。

また、CPUの性能が高く、メモリ容量も8GB以上あるので、オンライン授業中に出された課題に対応することも問題ありません。




パソコンの性能を調整できる機能を搭載


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)にはCPUのパフォーマンスを制御する機能が備わっています。ディスプレイの右下にある電源アイコンをクリックし、電源モードのバーを動かすことで、CPUのパフォーマンスを簡単に切り替えることができます。3段階の設定が用意されています。





通常は、スライドバーが真ん中に位置していて「高いパフォーマンス」に設定されています。インターネットやメール、SNS、動画鑑賞、Officeを用いたレポートや書類作成など、幅広い作業が快適に行える設定です。

「電源モード(接続):最も高いパフォーマンス」に設定すると、CPUの性能を最大限に引き出すことができます。「高いパフォーマンス」設定よりも、約13%程性能がアップします。時間のかかる処理でも高速に実行でき、完了までの時間を短縮することができます。

一番左に動かすと「より良いバッテリー」モードとなり、CPUのパフォーマンスは一番下がりますが、非常に静かに使うことができます。図書館など、とても静かに使う必要がある場合にはこの設定が良いでしょう。

パソコンを使っていてCPUに負荷がかかると、CPUが発熱して熱くなります。それを冷やすためにファンが高速に回転することで動作音が大きくなるのですが、CPUのパフォーマンスを低下させると、その分ファンの回転量が抑えられるので動作音も小さくなるという仕組みです。

ただ、下の動作音の確認のところでも紹介しているように、最も高いパフォーマンスに設定した場合でも、他のノートパソコンと比較しても静かな動作音で使用することができます。

普段は標準の「高いパフォーマンス」の設定で使い、時間がかかる処理や負荷のかかる処理の時は「最も高いパフォーマンス」で使用し、大学や図書館など、静かさが求められる環境で使用する場合には「より良いバッテリー」モードに切り替えて使うなど、使用状況に応じて使い分けることができます。







静音性の確認


とても静かに使えるノートパソコンです。

動画を見たりネットをするなどライトな作業のときはほぼ無音でした。しかも、CPUに高い負荷をかけた状態でも、動作音は抑えられていました。

上述のCPUのパフォーマンスを制御する機能を使って、最も高いパフォーマンスモードにしても、他のパソコンよりも静かに使うことができました。

静音モードにすると、ほぼ無音で使うことができます。

とても快適に使えるノートパソコンだと思います。


測定項目 高いパフォーマンス
(標準)
最も高いパフォーマンス  より良いバッテリー
(静音)
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db 
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db 
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db 
YouTube動画閲覧時 28~29db 
CPU 100%使用時 29~32db 28~35db 28~29db 





Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)の性能と仕様


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)の仕様は以下の表のようになっています。

 OS Windows 10 Home / Pro
Windows 11 Home / Pro
CPU Ryzen 3 5300U
Ryzen 5 5500U
Ryzen 7 5700U
メモリー 8GB / 16GB
(+ 4GB / 8GB / 16GB)
ストレージ SSD 256GB / 512GB
SSD 1TB
SSD + SSDの組み合わせも可能
無線LAN
有線LAN
光学ドライブ -
SDカードスロット -
 HDMI
USBポート USB3.2 × 1
USB2.0 × 1
USB Type-C × 1  
ディスプレイ Full HD IPS液晶(1920x1080)
Full HD液晶(1920x1080)
非光沢
サイズ 14インチ
重さ 1.64kg
バッテリー持続時間 約14.8時間~約17.7時間

今回のレビューで使用したモデルは以下の仕様になっています(メーカー貸出機)。

OS:Windows 10 Home
CPU: Ryzen 5 5500U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB


OSはWindows 10 またはWindows 11から選択することができます。大学生であれば、Windows 10 HomeやWindows 11 Homeで全く問題ありません。

CPUは最新のRyzen 3 / Ryzen 5 / Ryzen 7から選択できます。性能はRyzen 3 < Ryzen 5 < Ryzen 7となります。

メモリは8GBまたは16GBとなっています。カスタマイズ可能なモデルでは、さらに4GB / 8GB / 16GBのメモリを追加することができます。グラフィックスの性能をしっかり引き出したい場合には、8GB+8GBのようにメモリを追加してメモリ2枚構成にすると良いです。グラフィックスの性能を必要とする作業を行わないのであれば、8GBのメモリで全く問題ありません。

ストレージはSSDとなっていて、標準で256GBまたは512GBの容量となっています。カスタマイズ可能なモデルでは、さらに1TBのSSDを追加することも可能です。多くのデータを保存したい人は検討してみてください。


ディスプレイは2種類用意されていて、両者ともに解像度が1920×1080(フルHD)ですが、IPS液晶かそうでないかの違いがあります。IPS液晶の方が映りが良く見やすいディスプレイなので、作業の疲れや見やすさが気になる人はIPS液晶ディスプレイをおすすめします。

レポート作成に必要なMicorosoft Officeが搭載されたモデルも選択することができます。Office Home and Businessが搭載されていますので、Word、Excel、PowerPointを利用することができます。カスタマイズ可能なモデルでは、Office Personalも選択することができます。Office PersonalではPower Pointがなく、Word、Excel、Outlookのみが含まれています。


以下はCPUとストレージ、グラフィックスの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUのベンチマーク


まず、CPUの性能をCINEBENCH R20とR23という2つのソフトを用いて測定しました。スコアはそれぞれ2684 pts、6828 ptsとなりました。Intel製のCore i5-1135G7だと2000 ptsくらい(CINEBENCH R20の場合)になるので、それと比較すると約30%程度性能が高いです。とても性能の良いノートパソコンです。






上述のPCのパフォーマンスを変えることができる機能を使って、CPUの性能を測定しました。まとめると下の表のようになります。ご参考までご覧ください。


最も高いパフォーマンスにすると、標準設定よりも13%程度パフォーマンスがアップします。より良いバッテリーモードにすると、パフォーマンスは標準状態よりも約20%程度下がりますが、非常に静かに使うことができるようになります。この状態でもとても高速な動作が可能です。

設定  スコア
(CINEBENCH R20) 
スコア
(CINEBENCH R23)  
マルチコア シングルコア  マルチコア  シングルコア 
最も高いパフォーマンス 2684 443  6828 1171
高いパフォーマンス(標準) 3057 457  7754 1179
より良いバッテリー(静音) 2137 435 5566 1175




ストレージのベンチマーク


ストレージの速度を測定しました。SSDなので高速な動作が可能です。問題なく使えるでしょう。





グラフィックスのベンチマーク


メモリ容量が8GBなのでスコアは本来の性能の半分程度となりましたが、一般的な用途には問題なく使える性能です。グラフィックスの性能を最大限発揮したい場合は、8GB+8GBのようにメモリ2枚の構成にすると良いです。











外観の確認


それでは、Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)の外観を確認してみましょう。

天板を閉じると、下の写真のようになっています。左上と右下にロゴがあります。落ち着いたカラーです。








キーボードとフレームのカラーもブラックで統一されています。キーボード中央の赤いトラックポイントが良いアクセントになっています。
























本体底面です。




ACアダプターです。小型で使いやすいです。





本体左側面です。USB Type-Cポート、HDMI、USB 3.2、マイク・ヘッドフォンジャックが搭載されています。





本体右側面です。USB2.0ポート、有線LANポートが搭載されています。




本体背面部です。




本体の手前部分です。







まとめ


Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)は、AMD製の最新のRyzenシリーズを搭載し、とても高速な動作が可能です。サクサクと快適に作業ができるでしょう。

しかも、価格は7万円台からとなっていて、とてもコストパフォーマンスが良いです。

手頃な価格で高性能なノートパソコンを探している方は、是非検討してみてください。


詳細はこちら → Lenovo ThinkPad E14 Gen 3 (AMD)(直販サイト)





関連記事    

1.Lenovo直販ストアでノートPCをカスタマイズして購入するコツ
2.大学生が使いやすいLenovoのノートパソコン
3.Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 9レビュー 性能や携帯性など非常に優れたノートパソコン
4.Lenovo Ideapad Flex 550 / 550i (14) レビュー 高性能でコスパ抜群のノートPC
5.Lenovo Yoga Slim 750i Carbonレビュー 1kg未満でスタイリッシュな高性能ノートパソコン
6..10万円以内で購入できるノートパソコン







▲ このページの上部へ戻る