NEC Lavie NEXTREME Carbonレビュー 作業がしやすい超軽量ノートPC


NEC Lavie NEXTREME Carbonは14インチの広めの画面を搭載していて作業がしやすく、しかも1kgを切る超軽量でとても使いやすいノートパソコンです。

自宅でしっかり使えるだけでなく、大学やカフェなどの外出先にも簡単に持ち運ぶことができます。スタイリッシュなデザインで、男性も女性も爽やかに使うことができます。

実際にLavie NEXTREME Carbonを使ってみましたので、レビューをご紹介します。




以下の限定クーポンを使うと割引価格で購入することができますクーポンの使い方)。

限定クーポン限定優待クーポン (直販サイト)


詳細はこちら → Lavie NEXTREME Carbon (直販サイト)






ネットやメール、動画鑑賞、Officeソフトを使ったレポート作成など、サクサク快適に動作する


今回実際にNEC Lavie NEXTREME Carbonを使ってみて、パソコンの起動から終了まで、とてもサクサクと動いて快適に作業することができました。

インターネットや動画鑑賞、メールの送受信など、ストレスなく使えました。もちろん、Officeソフトを使ったレポートや書類作成などの作業も快適に行える性能です。

パソコンの起動や終了も速く、スムーズにパソコンを使うことができました。

実際、インテル製の高性能なCPUを搭載し、メモリは8GBまたは16GB、そして非常に高速に動作するSSDを搭載しているので、幅広い用途に使うことができます。





14インチで1kgを切る超軽量ノートパソコンだから、自宅でも外出先でも快適に使える


NEC Lavie NEXTREME Carbonは14の重さは、カタログに記載された値は870gということでしたが、実際に計ってみるとたったの857gでした。1kgを切っていて非常に軽いです。




片手でも楽々持ち上げることができます。




この軽さは標準バッテリー搭載時なのですが、大容量バッテリーを選択すると50gほど重たくなります。それでも1kgを切っていて十分に軽いので、バッテリーの駆動時間を少しでも長くしたい場合は、大容量バッテリーを選択してみてください。


サイズは14インチになります。わかりやすいように、A4ノートと大きさを比較してみると、A4ノートよりも横幅が少しだけ大きいだけでした。




これまで1kg以下のノートパソコンは13.3インチのものがほとんどだったのですが、14インチで1kg以下になると、より広い画面で見やすく作業ができ、しかも持ち運びにも便利になるので、非常に使い勝手が良いです。

自宅で使うのはもちろんのこと、カバンに入れて大学やカフェなどに持っていくこともとても簡単です。とても使いやすいノートパソコンです。





スタイリッシュなデザインで爽やかに使える


NEC Lavie NEXTREME Carbonは1kgを切る超軽量ノートパソコンということもあり、とてもスタイリッシュなデザインをしています。

カラーはペールゴールドとメテオグレーの2種類がラインナップされています。今回のレビューではペールゴールドのカラーモデルを使用しています。

ゴールドという名前が入っていますが、キラキラした感じではなく、落ち着いたさわやかさのある色合いに仕上がっています。男性も女性も使いやすい色合いだと思います。




天板にはLavieのロゴが刻印されています。三角形を2つ組み合わせた幾何学模様のデザインなのも良い感じです。




真横から見るととてもスリムなことがよくわかります。







レポート作成に必要なOfficeの選択が可能


NECの直販サイトでは、レポートの作成に必要なOfficeの有無を選択することができます。

OfficeソフトはMicrosoft Office Personal、Office Home and Businessから選ぶことができます。それぞれのバージョンに含まれるアプリは以下の表のようになっています。

 Office Personal Word、Excel、Outlook
 Office Home and Business Word、Excel、Outlook、PowerPoint、OneNote


Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home and Businessがおすすめです。レポートの本文はWordで、数値計算や集計、グラフ作成はExcelで、プレゼン資料の作成はPowerPointで行うことができます。これらの3つのソフトを大学ではよく使うでしょう。

Outlookはメールソフト、OneNoteはデジタルノートになります。

Officeソフトを単体で購入するよりも1万円以上安く購入できます。Officeソフトを使用する予定がある場合は、是非セット購入を検討してみてください。






インターネットへの接続はWi-Fi、またはオプションでSIMカードやeSIMが使える


インターネットへはWi-Fiを使って接続します。Wi-Fiは広く使われていますので、特に問題ないでしょう。

LANケーブルを挿すための有線LANポートは搭載されていません。




オプションになりますが、SIMカードを使ったインターネット接続も行うことができます。SIMカードを使うと、光回線を契約しなくても、いつでもどこでもインターネットに接続することができるようになります。自宅に光回線を導入しない人や、外出先でネットに接続することが多い人は検討してみてください。


また、SIMカードではなく、eSIMにも対応しています。SIMカードは契約してから手元に届くまで時間がかかったり、紛失したりするリスクがありますが、eSIMの場合は契約後すぐに使え、紛失する心配もありません。





見やすいIPS液晶ディスプレイ


ディスプレイはIPS液晶が搭載されていることもあり、とても見やすいです。テキスト情報を表示するだけでなく、画像や動画なども綺麗に表示することが可能です。問題なく使うことができるでしょう。


映り方


正面からはもちろんのこと、異なる角度から見ても綺麗に表示されます。とても見やすいディスプレイです。ノングレア(非光沢)液晶なので、画面への映り込みが少なくて見やすいです。







色の表示


色の表示がどれくらい正確にできるかを表すsRGBカバー率は98.8%となっていて、とても高いです。色表現がしっかりとできるディスプレイなので、文字情報だけでなく、画像や動画などのコンテンツもしっかりと楽しむことができるでしょう。

sRGBカバー率 98.8%
Adobe RGBカバー率  74.7%



サイズ、解像度


ディスプレイサイズは14インチです。ディスプレイのフレームがスリムになっていて、画面いっぱいに使うことができます。

解像度は1920×1200 (WUXGA)となっています。一般的なフルHD(1920×1080)の画面より、縦方向に表示できる量が多くなります。一度に表示できる情報量が増えるので、スクロールする回数が減り、作業効率がアップします。










キーボード


キーボードはテンキーは搭載されていませんが、個々のキーの大きさがしっかりと確保されています。




キーボードの左半分です。一般的なキーボードと比べると、左下にあるFnキーとCtrlキーの位置が左右逆になっています。通常のキーボードに慣れていると、最初は違和感を感じるかもしれません。必要であれば、キーボードのレイアウトを変更したり、無料のキー配置変更ソフトを使ったりして対応すると良いでしょう。

それ以外について、半角・全角切り替えキーやタブキーなど、端に位置するキーが大きく作られていて、入力しやすいです。アルファベットや数字キー、スペースキーなど、特に問題はありません。





キーボードの右半分です。EnterキーとBackspaceキーが大きくなっていて、入力しやすいです。とてもよく使うキーなので安心して入力できます。

上矢印キーがShiftキーの左隣に来ているのが少し気になりました。Shiftキーはよく使われるので、打ち間違えに気を付けた方が良いかと思いました。




アルファベットや数字キーなどの大きさや間隔、配置は特に問題ありません。一般的なキーボードと同じ仕様になっています。打鍵感も良いので、入力しやすいでしょう。




タッチパッドです。










周辺機器との接続に使うインターフェース


周辺機器との接続に必要になるインターフェースは、よく使われるものがバランスよく搭載されています。個人的には標準サイズのUSB3.2ポートがもう一つあるとうれしかったですが、基本的には問題なく使えるでしょう。








HDMIポートを搭載し、プレゼンに対応したりモニターを使ったりすることが可能


HDMIポートが搭載されているので、プレゼンを行ったり、モニターを使って2画面で作業したりすることが可能です。




実際にHDMIケーブルを使ってモニターと接続してみたところ、問題なくPCの画面を映し出すことができました。




解像度が1920×1200なので、一般的なフルHD(1920×1080)のモニターに映し出すと画面の左右に余白ができます。もし気になるようであれば、解像度を1920×1080に変えれば、モニターいっぱいに綺麗に表示させることが可能です。






また、ディスプレイの領域を拡張して、PCの画面とモニターの2画面で作業することも可能です。ディスプレイが2つになるので、作業効率がアップします。




また、USB Type-Cポートもディスプレイ出力に対応しています。USB Type-Cポートを搭載したモニターを利用するときに便利です。





USBポート


USBポートは標準サイズのUSBポートが1つと、USB Type-Cポートが2個搭載されています。USB Type-Cポートの1つは電源を接続するために使われますが、USBメモリや外付けハードディスクなどのUSB機器を複数同時に接続することができます。

また、USB Type-Cポートを使うと、Power Deliveryに対応したモバイルバッテリーや電源アダプターを使ってパソコンの充電を行うことができます。普段から、スマホの充電用にモバイルバッテリーなどを使用している場合は、NEC Lavie NEXTREME carbonの充電も行うことができるようになります。ACアダプターは軽くて使い勝手が良いものですが、外出先に持ち運ぶときに荷物を減らすことが可能になるので便利になるでしょう。

PCの電源がON、OFFの場合ともに、20W以上であれば充電が可能でした。

   PC 電源ON PC 電源OFF 
モバイルバッテリー
(20W)
充電器
(45W)
PCの充電は行えるが、「低速の充電ケーブル」の表示がされる。





SDカードスロット


SDカードスロットはmicro SDカードに対応しています。







カメラとマイク、スピーカーについて


カメラとマイク、スピーカーが搭載されていますので、ZoomやTeamsなどのビデオ通話ソフトを使ったオンライン授業などにもしっかり対応することができます。

また、オンライン英会話や資格取得など、ネット上で双方向に学習できるサービスもしっかり受講できるので、自己啓発にも使うことができます。


カメラとマイク


カメラとマイクはディスプレイ上部に搭載されています。カメラの画質やマイクの音質は特に問題ないと思います。

カメラは顔認証に対応しています。パソコンを起動した際に、顔パスでログインできるので、とても簡単にパソコンを使うことができます。他人の顔ではログインできなくなるので、セキュリティを高めることにもつながります。

また、プライバシーシャッター機能にも対応しています。レンズのすぐ横にあるレバーを手動で動かすことで、カメラのレンズにカバーをかけることができます。カバーをかけておくと、気が付かないうちにカメラに映ってしまうことを防げます。ZoomやTeamsを使うときだけカメラをONにし、それ以外の時はOFFにしておくと安心です。






スピーカー


スピーカーは本体の底面の左右2か所に配置されています。音質は普通だと思います。動画を見たり、ビデオ通話ソフトで会話したりするのは特に問題ないでしょう。より良い音質で聞きたい場合は、ヘッドホンやイヤホンを使うと良いです。








指紋認証を搭載


キーボードには指紋センサーが搭載されています。電源ボタンと兼用になっていて、ワンタッチでログインすることができるようになります。また、他人の指では認証が通らなくなるので、他人が勝手にPCを使うことを防止することができるようになります。セキュリティを高く保つことができます。








静音性の確認


インターネットや動画鑑賞など、負荷のかからない作業をしているときは静かに使うことができます。ただ、インターネットをしていて複数のタブを連続して開くと、動作音が一時的に動作音が少し大きくなることがありました。

CPUに負荷のかかる作業をすると動作音は大きくなりますが、他のノートパソコンよりも静かに使うことができました。

問題なく使うことができるでしょう。

測定項目  測定値   
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
YouTube閲覧時 28~30db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~31db
CPU 100%使用時
(CINEBENCH R20実行)
37~38db





NEC Lavie NEXTREME Carbonの仕様と性能


Lavie NEXTREME Carbonのスペックをご紹介します。

 OS Windows 11 Home / Pro
 CPU Core i5-1155G7
Core i7-1195G7
メモリ 8GB / 16GB 
(デュアルチャネル)
ストレージ
SSD 
SSD 256GB / 512GB / 1TB / 2TB
 グラフィックス  インテルIris Xe
 光学ドライブ  なし 
有線LAN -  
無線LAN ○  
 HDMI 〇  
USB USB3.2×1
USB Type-C (Thunderbolt 4) ×2
SDカード
スロット
〇 
(micro SD) 
 サイズ 14インチ    
 液晶 LED IPS液晶 (非光沢)
WUXGA (1920×1200) 
 Office 選択可 
Office Home and Business
Office Personal   
 重量 約870g~
 保証期間 1年(有償:3年~5年) 


今回のレビューで使用したNEC Lavie NEXTREME Carbonの仕様は以下の通りです(メーカー貸出機)。

OS: Windows 11 Home
CPU: Core i7-1155G7
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB


OSはWindows 11 Home / Proから選べます。通常はWindows 11 Homeを選択すれば問題ありません。

CPUはCore i5またはCore i7から選択することができます。どちらもしっかり使うことができますが、性能的にはCore i5 < Core i7となります。

また、メモリは8GBまたは16GBとなっています。少し専門的な話になりますが、デュアルチャネルのメモリとなっているため、しっかりとグラフィックスの性能も発揮することが可能です。

ストレージは非常に高速に動作するSSDが搭載されています。SSDの中でもトップクラスの速さなので、とても快適に使えるでしょう。

今回のレビューではCore i5、メモリ8GBを搭載したモデルを使用しました。実際に操作してみて、動作速度等に問題は特に感じませんでした。

文系も理系も、CPUにCore i5、メモリ8GBを選択すればスタンダードな構成になります。理系の場合は負荷のかかる処理を行う場合もあるので、余裕があればCore i7にしたり、メモリを16GBにしてみたりすると良いでしょう。

レポートの作成に使用するOfficeを選ぶ場合は、Word, Excel, PowerPointが必要ならOffice Home and Businessを、Word, Excelのみで大丈夫ならOffice Personalがおすすめです。



以下はCPUとストレージの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。



CPUのベンチマーク


CPUの性能を計測しました。スコアは1579 ptsとなっています(CINEBENCH R20の場合)。Core i5-1155G7としてはやや抑えめの性能になっていますが、快適に使用することができます。







ストレージのベンチマーク


ストレージであるSSDの読み書きの速度を計測しました。読み込み速度が5000MB/sを超えていて非常に高速です。





グラフィックスのベンチマーク


メモリがデュアルチャネルということもあり、グラフィックスの性能もしっかり発揮されています。問題なく快適に使うことができるでしょう。






各ベンチマークテストの評価対象とスコアを表にすると以下のようになります。


ベンチマーク 評価対象 スコア
Fire Strike DirectX 11 3768
Sky Diver DirectX 12 13276






外観の確認


Lavie NEXTREME Carbonの外観やデザインを確認してみましょう。
今回はペールゴールドのカラーモデルを使用しています。

本体はとても爽やかな色合いです。中央にLavieのロゴがあります。




1kgを切る軽量ノートパソコンということもあり、とてもスリムです。




本体の背面には、製品名であるNEXTREMEの文字が刻印されています。




正面から見たところです。ディスプレイのフレームがスリムになっていて、とても洗練された印象があります。
























底面です。




ACアダプターです。手のひらサイズでとても軽いです。




左側面です。




右側面です。




背面です。



正面です。








まとめ


今回、実際にLavie NEXTREME Carbonを使ってみて、14インチという広めのディスプレイで快適に作業ができ、しかも1kgを切る軽いノートパソコンでとても使いやすいなと感じました。自宅で使うのはもちろんのこと、大学やカフェなどの外出先にも楽に持ち運ぶことができます。

スタイリッシュなデザインなのも良いなと思いました。性能も良くて、大学での学業からプライベートまでいろいろな作業がはかどりそうです。

作業がしやすくて、軽いノートパソコンを探している方は是非検討してみてください。


以下の限定クーポンを使うと割引価格で購入することができますクーポンの使い方)。学割キャンペーンでは、無料会員登録すると、より割引率の大きい学割クーポンが利用できるようになります。

限定クーポン限定優待クーポン (直販サイト)

学割キャンペーン学生優待キャンペーン(直販サイト)


詳細はこちら → Lavie NEXTREME Carbon (直販サイト)





関連記事    

1.大学生が活用しやすいNECのノートパソコン
2.NEC Lavie Direct PM(Pro Mobile)レビュー 大学生が使いやすい1kg以下の軽くて高性能なノートパソコン
3.NEC Lavie Direct N12概要レビュー 12.5インチのコンパクトで1kg以下の軽量ノートパソコン
4.NEC Lavie Direct PM(X)レビュー バランスがとれて使いやすい軽量なノートパソコン
5.持ち運びに便利な軽量なノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る