HP EliteBook 850 G5レビュー セキュリティ機能が強化されたノートパソコン


HP EliteBook 850 G5は2kg未満の軽量な15.6インチのノートパソコンで、とてもスッキリと使うことができます。

他のノートパソコンには見られないほどセキュリティ面が強化されていて、安心して使用することができます。

ディスプレイも良質のものが搭載されていて、IPS液晶でフルHD、4K対応のモデルがラインナップされています。

実際にHP EliteBook 850 G5を使ってみましたので、レビューをご紹介します。





当サイト限定クーポンを利用すると4%OFFとなります(2019/7/31まで)。合計価格が7万円以上の場合が対象となります。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン法人向けPC用限定クーポン



詳細はこちら → HP EliteBook 850 G5(直販サイト)





軽くて薄い15インチサイズのノートPC


EliteBook 850 G5は15インチのサイズのノートパソコンです。通常、15インチの大きさになると、重さが2.4kg前後で少し厚みが出てくるのですが、このノートPCはとても薄くてスッキリとした作りになっています。








しかも、重さは公称値で1.75kg~となっていて、2kgを切る軽さです。今回筆者が使用したモデルは約1.89kgとなっていましたが、モデルによってはこれよりも軽くなると思います。2kgを超えるとPCの持ち運びはきついものがあるのですが、1.75kg前後の重さであれば、がんばって持ち運ぶこともできそうです。




ボディはアルミニウムを削り出して作られているようで、軽量化しながらも、米軍調達基準(MIL-STD 810G)をクリアしているので、耐久性もかなり高いようです。PCを持ち運ぶ際は衝撃や振動による影響が心配になりますが、それも大丈夫そうですね。


最後に、実際の大きさを確認しておきましょう。15.6インチなのでA4ノートよりも大きくなります。画面が広くて見やすいですし、キーボードにも余裕があり、快適に作業ができます。








さわやかに使えるデザイン


本体はアルミニウム製で、シルバーの色合いが美しいです。男性でも女性でも爽やかに使うことができそうです。もちろん、若い大学生にもぴったりの色合いです。




天板はシルバー一色というわけではなく、ライトグレーとなっている部分もあって、良いアクセントになっています。




背面部分には製品名であるELITEBOOKの文字が刻印されています。控えめですが、品のあるデザインだと感じました。











ネットやメール、書類・レポート作成はもちろんのこと、様々な作業が快適に行える性能


EliteBook 850 G5には最新のIntel製Core iシリーズのCPUが搭載され、メモリ容量は最小でも8GB、最大で32GBまで選択できるようになっていて、非常に快適な環境となっています。

データを保存するためのストレージは高速に動作するタイプのSSD(PCIe M.2接続)ですので、パソコンの起動やアプリの動作、データの読み書きがさらに快適になります。





インターネットやメール、SNSなどの普段よく行う作業にくわえ、Officeソフトを使った書類や大学の講義のレポート作成などが快適に行えます。もちろん、性能がとても良いので、理系の研究やプログラミングなどの負荷のかかる処理にも対応できます。





インターネットへの接続方法は3種類


パソコンを使う時に必ず必要になるネット接続の方法は3種類も用意されています。

1つはWi-Fiを用いた無線接続です。もう一つはLANケーブルを挿して使用する有線LAN接続です。




最後の1つは、SIMカードを挿してLTE通信による接続です。LTE通信対応モデルがラインナップされています。LTE通信に非対応のモデルもありますので、購入される場合はご注意ください。


SIMカードのサイズはmicro SIMです。SIMフリーに対応しているので、格安の通信業者を選ぶことができます。

SIMカードが使えると、場所を選ばずどこでもつながりますし、ネットの固定回線を引かなくても、格安でネット接続ができるというのも大きなメリットになります。








セキュリティ機能が非常に充実


EliteBook 850 G5はセキュリティ機能が非常に充実しています。一般的なノートパソコンよりも多くのセキュリティ対策が施されています。

まず、指紋センサーが搭載されています。他人が勝手にPCを操作することを防ぐことができます。




カメラにはカバーがついています。カメラを使うアプリを閉じ忘れていて、うっかり誰かに見られているということを防ぐことができますので、使わないときはカバーをしておくと安心できます。




のぞき見防止のプライバシースクリーン機能が搭載されています。キーを押すだけで、簡単にスクリーンを見にくくすることができるようになります。PCの真正面で作業している本人は画面がよく見えますが、周囲にいる人からはどんな画面なのかを判別するのが難しくなります。下の写真はHPの別製品になりますが、プライバシー機能のイメージとして参考にしてみてください。

大学でパソコンを使う場合、周りから画面をのぞかれて恥ずかしい思いをしたり、人に見られたくないデータを盗み見られるということもありますので、この機能があると安心して使うことができます。

プライバシースクリーン機能はフルHDのディスプレイを搭載したモデルで利用することができます。4K対応のモデルでは利用できませんのでご注意ください。





さらに、パソコンを使っていると心配なのがウイルスの感染です。EliteBook 850 G5には、万が一マルウエア感染しても「なかったことに」できるセキュリティ機能が搭載されていて、かなり安全にできています。ウイルスセキュリティソフトが不要になるわけではないのですが、より安全にパソコンを使うことができるようになっています。





SuicaやEdyのチャージや残額確認などが行えるNFC機能を搭載


最近はキャッシュレス決済が広がっていて、SuicaやEdy、WAONなどの電子マネーを使う機会が増えてきています。

これらのカードにチャージしたい場合や、残高がどれくらいかなと知りたい時などに、パソコンを使えばわざわざコンビニやスーパーなどに出向かなくても簡単に対応することができます。特にEliteBook 850 G5にはNFC機能がタッチパッド部分に搭載されていて、電子マネーのカードやマイナンバーカードなどを読むことができます。








使いやすいキーボード


実際に入力してみると、キータッチが優しく、疲れにくいキーボードだと感じました。キーとキーの間隔もスタンダードですし、打鍵感も程よいです。入力しやすいと思います。





最初に気がつくのは、キーボードの中心にあるポイントスティックではないでしょうか。指で押すとクニュクニュとマウスカーソルを動かすことができます。タッチパッドを使えばいいんじゃない?と思うかもしれませんが、キーボードに手を置いたままマウス操作ができるのが大きな魅力です。いちいちタッチパッドに手を移動させる必要がなくなります。





キーボードの上部には、北欧のサウンドメーカーであるBANG & OLUFSEN社製のスピーカーが搭載されています。




キーボードの左半分です。




キーボードの右半分です。テンキーつきなので、実験で取得した数値データを連続して入力したり、家計簿をつけるときなどに重宝します。




キーの拡大写真です。





タッチパッドです。クリックボタンは上側についています。ボタンは柔らかく、軽い力で押すことができました。

タッチパッドには上で紹介したNFC機能が搭載されています。








映りの良いディスプレイ 4K対応モデルもあり


IPS液晶が搭載されていて、どの角度から見ても色や映りの変化がなく、品質の良いディスプレイです。画質が良いので、YouTubeで動画を見たり、撮影した写真を見たりするのも楽しめます。





[上側から見たところ:映りに変化がなく見やすいです。]







今回のレビューで使用したものは、解像度が1920×1080のフルHDとなっていますが、4Kに対応したモデルもラインナップされています。画像や動画編集、イラスト制作など画質にこだわった作業を行いたいような場合は、そちらを検討してみると良いでしょう。





周辺機器の接続に必要になるインターフェース


搭載されているインターフェースは以下の通りです。






USBポートは2種類で合計3つ搭載されています。標準サイズのUSBポートが2つ搭載されていて、複数のUSB機器を同時に接続することができます。

HP Ultra Slim Dockコネクターは、HPの専用ドックを接続するときに必要となります。普通に使う分には特に必要ないでしょう。

SDカードスロットは搭載されていません。SDカードの管理をパソコンを使って行いたい場合には、USBに接続してSDカードが使えるようになるアダプターをご用意ください。


HDMIポートを利用すれば、PCの画面をモニターやプロジェクターに映し出すことができます。プレゼンを行いたい場合でも簡単にできます。別モニターに映して、作業画面を増やすという使い方もできます。

[HDMIポートにケーブルを挿すところ]






静音性の確認


とても静かに使えるパソコンです。

ネットを見たり動画を見ても、ほとんど無音状態でした。CPUに負荷がかかる処理をしても、他のノートパソコンよりも静かな動作音でした。とても快適に使うことができると思います。

測定項目 測定値 
PCの電源OFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db
CPU 80%使用時 33~36db






性能と仕様


HP EliteBook 850 G5のスペックをご紹介します。

 OS Windows 10 Pro
 CPU Core i5-8250U / Core i5-8350U / Core i7-8650U
メモリ 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ
SSD 
SSD 256GB / 512GB / 1TB (PCIe NVMe)
 光学ドライブ  なし
有線LAN
無線LAN
 HDMI
 SIMカードスロット micro SIMカード対応
 SDカード
スロット
-
USB USB 3.1 × 2
USB Type-C × 1 
 サイズ 15.6インチ     
 液晶 フルHD(1920×1080)
4K(3840×2160)
非光沢
IPS
 Office 選択可 
Office Home and Business  
Office Personal
 カラー ナチュラルシルバー  
 重量 約1.78kg~ 
 保証期間 1年(有償:3年)  


今回のレビューで使用したEliteBook 850 G5の主な仕様は以下の通りです。

OS: Windows 10 Pro
CPU: Core i7-8650U
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 256GB


HP EliteBook 850 G5に搭載されているCPUはCore i5-8250U / Core i5-8350U / Core i7-8650Uとなります。Core i7が一番性能が高くなります。Core i5のものが2つありますが、Core i5-8350Uの方が若干性能は良いということになっていますが、どちらもそれほど大きな性能の違いはありません。

メモリは8GB~32GBまで搭載することができます。8GBにしておけばスタンダードな構成になりますし、16GBや32GBのメモリを搭載しておけば、負荷のかかる作業をするような場合にもパソコンが重くならずに使うことができます。

SIMカードスロット搭載モデルと非搭載のモデルがあります。SIMカードを使いたい方はご注意ください。

ディスプレイは、一般的なフルHDモデルと高解像度の4K対応モデルがあります。通常はフルHDモデルで十分綺麗な画面で作業することができます。画質にこだわった使い方をしたい人は4K対応モデルを選択してみてください。

のぞき見を防止するためのプライバシースクリーン機能は、フルHDのディスプレイを搭載したモデルで利用することができます。4K対応のモデルでは利用できませんのでご注意ください。

文系も理系も、CPUはCore i5、メモリは8GBを選択しておくとスタンダードな構成になります。理系の場合は負荷のかかる作業をする場合もありますので、余裕があればCPUをCore i7にしたり、メモリ容量を16GB以上にしておくと良いでしょう。

レポートや卒論作成に必要になるMicorosoft Office Home and Businessも選択できます。Word、Excel、PowerPointが入っています。PowerPointが入っていないMicorosoft Office Personalも選択可能です。PowerPointが入っていない分、価格は下がります。


以下はCPUとストレージの性能を専用のソフトウェアを用いて測定したものです。
専門的な内容になりますので、読み飛ばしてもらって構いません。


[CPUのベンチマーク:CINEBENCH R15で測定]

CPUの性能は519cbとなりました。高い性能で、問題なく使えると思います。





[ストレージのベンチマーク:CrystalDiskMarkで測定]

ストレージの速度を測定しました。PCIe NVMe接続タイプのSSDなので、非常に高速な読み書きが可能です。こちらも快適に使えるでしょう。








外観の確認


それではHP EliteBook 850 G5の外観を確認してみましょう。

まず天板を閉じたところです。







正面から見たところです。







後ろ側から見たところです。








ACアダプターです。とても小型で軽いので、邪魔にならずに使えます。




本体右側面です。




本体左側面です。




背面部です。




手前側です。






まとめ


HP EliteBook 850 G5は一般的な15.6インチのノートパソコンよりも軽くできていて、スッキリと使えるノートパソコンです。デザインも妥協がなく、シルバーの色合いが爽やかで使いやすいです。

セキュリティ面がとても強化されているので安心して使うことができます。ウィルス感染が心配であったり、他の人から盗み見られるのを防ぐこともできます。パソコンを使っていると大事なデータや秘密にしておきたいデータが増えていきますので、このような機能があると安心ですね。

HP EliteBook 850 G5は法人モデルですが、個人でも購入することができます。

当サイト限定クーポンを利用すると4%OFFとなります(2019/7/31まで)。合計価格が7万円以上の場合が対象となります。下のリンクをクリックしてご利用ください。購入画面の構成価格のところに、特別値引きされた金額が表示されます(詳しい解説)。

当サイト限定クーポン法人向けPC用限定クーポン


詳細はこちら → HP EliteBook 850 G5(直販サイト)





関連記事    

1.大学生向けのHPのノートパソコン デザインが良いから若者が使いやすい
2.HP直販サイトHP DirectplusでノートPCをカスタマイズして購入する方法


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る