わかりやすい!CPUの表記の見方


ノートパソコンの性能を決めるのに重要な要素なのがCPUです。しかし、パソコンを購入しようとする際にCPUを見て選ぼうとしても、CPUの表記ってなんだか記号や数字が並んでいて難しそうですよね。「見方がわからない・・。」と思われる方も多いのではないかと思います。


でも、CPUの表記には規則があって、それを覚えてしまえばCPUの表記を見ただけで大体の性能を理解することができるようになります。


このページでは、一見複雑に見えるCPUの見方を解説したいと思います。



CPUの種類


CPUはぱっと見ると難しい英語が並んでいるように見えますが、実は種類は限られています。これらをおおまかに分類すると以下のような表になります。


CPU  特徴
Core i3 / Core i5 / Core i7
Ryzen 3 / Ryzen 5 / Ryzen 7
一般向け、ハイスペック
しっかりした性能
Core m3 / Core m5 / Core m7
Core Y
モバイル用途向け
省電力
Celeron / Pentium 低価格のノートPC向け
低性能


現在のノートPCに搭載されているCPUは、インテル製のCPU、またはAMD製のCPUの2種類があります。

インテル製のCPUには、Core iシリーズ、Core mシリーズ、Core Yシリーズ、そしてCeleron/PentiumといったCPUがあります。

一方で、AMD製のCPUはRyzenシリーズがあります。

それぞれの特徴は上の表のようになります。CeleronやPentiumは廉価版のCPUで性能はあまり高くありません。格安ノートPCによく搭載されています。

Core mシリーズやCore Yシリーズは省電力で動作し、外出先で書類作成やネット、メールなどの軽い処理ができるよう、モバイル用途に最適化されています。性能は低すぎるということはないのですが、ライトな使い方をする場合に快適に動作するようにできているので、重い処理をするのにはあまり向いていません。


そして、Core iシリーズやRyzenシリーズは、一般向けのノートパソコンやハイスペックのノートPCによく搭載されています。安定した性能を持っていて、非常に高い性能を示すものから、性能が抑えらえたものまで様々なバリエーションがあります。このCore iシリーズやRyzenシリーズのCPUを搭載したノートパソコンが、一番種類も多く手に入りやすいです。



CPUの表記を理解すると性能がわかる


上の表を見ていただければ、おおよそCPUの分類が理解できたと思います。「私は普通に使いたいから一般向けのCore iシリーズにしよう」、「家ではレポート書くくらいだし、でも大学やカフェに持っていくこともあるからモバイル向けのCore YシリーズのCPUにしようかな」など、イメージができてきたのではないかと思います。


では、CPUの性能をさらに理解するために、CPUの表記について見ていきましょう。


CPUの表記とは、例えば「Core i5-1135G7」や「Core i7-10510U」というようなものです。番号やアルファベットが並んでいて何やら難しそう、という印象を受けてしまいますが、これが理解できると、パッと見た時におおよその性能を予測できるようになります。


これらのCPUの表記は、以下のように解読することができます。








これらを順番に見ていきましょう。



種類

まず、CPUの種類には以下のようなものがあります。上でも紹介したのと同じ表に、性能の目安を追加しました。

種類  特徴 性能目安
Core i3 / Core i5 / Core i7

Ryzen 3 / Ryzen 5 / Ryzen 7
一般向け、ハイスペック
しっかりした性能
Core i3< Core i5 < Core i7

Ryzen 3 < Ryzen 5 < Ryzen 7
Core m3 / Core m5 / Core m7
Core Y
モバイル用途向け
省電力
Core m3< Core m5 < Core m7

Core i5-7Y54 < Core i7-7Y75
Celeron / Pentium 低価格のノートPC向け
低性能
Celeron < Pentium


Core i3やCore i5などの同じ種類で比較する場合、世代とシリーズ(UやGなど)が同じであれば、数字(i3、i5など)が大きくなるほど性能が高くなる傾向にあります。


たとえば、Core i5-1135G7とCore i7-1165G7を比較した場合(同じGシリーズ、第11世代)には、Core i7-1165G7の方が性能が高くなります。

また、Ryzenシリーズについても同じで、Ryzen 5 4500UとRyzen 7 4700Uでは、Ryzen 7 4700Uの方が高い性能になります。


もちろん、例外はありますので、詳しく確認する場合は下で紹介するCPUの性能比較表や、メーカーのホームページなどで確認してください。




世代


CPUは定期的に新しいものが登場し、その度に性能が向上していきます。新しい世代になると、世代を表す数字が1つずつ大きくなります。








現在のノートパソコンに搭載されているインテル製のCPUでは、第10世代または第11世代のものが多く搭載されています。この例で紹介したCore i5-10210UというCPUは第10世代のCPUで、Core i5-1135G7というのは第11世代のCPUということになります。

また、AMD製のCPUでは第3世代または第4世代のものが多いです。Ryzen 5 3500UやRyzen 5 4500Uが該当します。


世代を意味する数字が大きいほど、新しいCPUということになります。この場合は、Core i5-10210UよりもCore i5-1135G7の方が新しい世代のCPUであることを意味しています。Ryzenの場合は、Ryzen 5 3500UよりもRyzen 5 4500Uの方が新しい世代のCPUです。性能も前世代のものに比べるとアップしています。




番号


CPUのナンバーになります。あまり気にする必要はありませんが、同じ種類、同じ世代で同じシリーズ(以下で説明)のCPUで比較した場合、下2桁の番号が大きいほど性能が高くなる傾向にあります。


たとえば、Core i7-7600UとCore i7-7660Uを比較した場合には、Core i7-7660Uの方が性能が高くなります。



シリーズ


CPUのシリーズを表す記号には主に以下のものがあります。この記号を見ると、どれくらいの性能かを判断するのに役立ちます。


シリーズ記号 特徴
H デスクトップPC並みの性能を持つ
U 一般向け
多くのノートPCに搭載
G Uシリーズと同等以上の性能で、内蔵グラフィックスを強化したもの
一般向け


この中で最もよく目にするのがGシリーズまたはUシリーズのものです。一般向けノートパソコンに多く搭載されますので、この中から選択する人が多いでしょう。


GシリーズはUシリーズのCPUと同等以上の性能を持っていますが、内蔵のグラフィックス性能がUシリーズのCPUよりも良くなっています。一般的な作業に加えて、グラフィックス作業も少し行う予定という場合に検討すると良いでしょう。もちろん、インターネットやメール、Officeソフトを使った書類作成などの一般的な作業も問題なくこなせる性能です。価格的にもUシリーズのCPUとほぼ同じですので、迷ったらGシリーズのCPUを搭載したPCを選択すると、より幅広い作業に対応できるでしょう。


HシリーズのCPUはデスクトップPC並みの性能を持つCPUです。ゲーミングノートPCやクリエーター向けのノートパソコンに搭載されていることが多いです。また、負荷のかかる処理を行う場合には検討してみてください。







CPUの性能を知る


上の項では、CPUの表記からおおよその性能を判断できることが分かったと思います。

では、実際にノートPCに搭載される主なCPUの性能は具体的にどうなっているでしょうか?

たとえば、Core i5-1135G7とRyzen 5 4500Uの性能の違いなど、インテル社のCPU(Coreシリーズ)とAMD社のCPU(Ryzenシリーズ)の性能がどうなっているのかを知っているとパソコンが選びやすくなります。

ノートパソコンのCPUの性能をグラフにしたものを以下のページにまとめていますので、ご確認いただければと思います。


詳細はこちら → ノートパソコンのCPUの性能を判断する





関連記事    

1.大学生のノートパソコンに最適なCPUは何?
2.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
3.大学生のノートパソコンのメモリ容量の選び方
4.大学生のノートパソコンのサイズは何インチが最適?
5.ノートパソコンの寿命~パソコンは何年使える?
6.大学生におすすめのノートパソコン








▲ このページの上部へ戻る