直販サイトソニーストアでVAIOをカスタマイズして購入する方法


ソニーの直販サイトであるソニーストアでは、ノートパソコンVAIOの構成をカスタマイズして購入することができます。自分にあった一台を選ぶことができるようになります。



カスタマイズの概要


ソニーストアでは、ノートパソコンのカスタマイズ画面は下の画像のようになっています。




ソニーストアでVAIOのノートパソコンの購入画面では、画面上部にノートパソコンの外観画像、そして製品名と金額が表示されています。


その下では、CPUやメモリ、ストレージなどの構成をカスタマイズすることができるようになります。





カスタマイズするときに知っておきたいこと


[OS] 



大学生や一般の方などはWindows 10 Homeで全く問題ありません。ビジネスで使用したり、セキュリティを強化したい場合はWindows 10 Proを選択すると良いです。Winows 10 Proを選択すると価格が少し上がります。




[プロセッサー]



CPUを選択します。

グレー表示になっているところは選べないように思うかもしれませんが、別の項目を選択することによって選べるようになります。

たとえば、上の画像ではCore i7が選べませんが、まずは「Core i5 (VAIO TruePerformance)」を選択し、 メモリー「4GB」以外を選択してから「Core i7 (VAIO TruePerformance) 」を選択すると選べるようになります。

すぐ下に注意書きがありますので、希望するCPUが選べないときはご確認ください。

操作が少しわかりにくいかなと思うのですが、ちゃんと希望するCPUが選べるようになっています。

どんなCPUを選べばよいかというCPUの選び方については、以下の記事にまとめていますのでご確認ください。

最適なCPUの選び方




[メモリ]



メモリの選択を行います。グレーになっている部分は選ぶことができませんが、選択するプロセッサー(CPU)を変えると選べるようになります。希望するメモリが選べない場合は、違うプロセッサーを選択してみてください。

メモリ容量は多ければ多いほどたくさんの作業を同時に実行できたり、快適さが増しますが、その分価格は上がります。

どれくらいのメモリが最適かということについては、以下の記事をご参照ください。

メモリ容量はどれくらいがおすすめ?




[ストレージ]




ストレージの種類や容量を選択することができます。選択するプロセッサー(CPU)によっては、選べないものもあります。希望するストレージが選べない場合は、違うプロセッサーを選択してみてください。


SSDとハードディスクの違いは何?




[Office]



Officeソフトも同時に購入するかどうかを選ぶことができます。Officeソフトは複数のバージョンから選ぶことができます。


Office 2016(デスクトップ版)は法人向けが対象になります。個人の方は選択する必要はありません。


Office ProfessionalはWordやExcelなど、すべてのアプリが含まれていますが、使わないものも多いです。使い勝手の面で一番のおすすめはOffice Home and Business、もしくはOffice Personalです。各バージョンに含まれるソフトウェアの種類などは以下のページにまとめておりますのでご参照ください。

Officeソフトの違いについて


キングソフト社製のWPS OfficeはMicrosoft社のOfficeソフトによく似たソフトです。格安で購入することができるのがメリットです。ただ、Microsoft社製のOfficeを使用している人が圧倒的に多く、互換性によってはキングソフト社製のOfficeで作成したファイルをMicrosoft Officeで開けないこともあります。


レポートや書類を作成し、ファイルを相手に送信することがあるような場合には、トラブルを避けるためにも、Microsoft社製のOfficeで作成するのが良いです。




[LTE]



パソコンにSIMカードを直接挿してインターネットができるようにするためのオプションです。自宅で光回線を利用してインターネットをする場合や、Wi-Fiを使ってネット通信をする場合には必要ありません。

SIMカードを使ったLTEでのネット接続の場合は、引っ越しに伴う光回線の工事や解約などの作業が不要になるというメリットがあります。





[TPMセキュリティチップ]



TPMセキュリティチップを搭載すると、暗号鍵や認証情報、電子証明書などのプライバシーに関する情報を保護する役目があります。

自宅で使う分には必要性はあまり高くはありませんが、外に持ち運んで使うような場合にはTPMが搭載されていると安心です。






延長保証のつけ方





カスタマイズのページでは、延長保証をつけることが可能になります。

ソニーストアでノートパソコンVAIOを購入するメリットとして、無償のメーカー保証が3年間もつくということが挙げられます。通常は1年間しかメーカー保証がありませんので、3年間もあるととても安心です。

この保証に加えて、水濡れや破損などによる故障にも対応したい場合は、3年ワイド保証などを選択してください。



詳細はこちら → VAIO (直販サイト)






関連記事    

1.VAIOのノートパソコンは大学生に最適
2.大学生のおすすめのノートパソコン
3.薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン






このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る