MacBook Pro Late2016最新モデルのレビュー


AppleのMacBook Pro Late 2016モデルは新しい機能が搭載されました。これまでよりもさらに高い性能を持ち、薄くてすっきりした美しいボディと鮮やかなディスプレイが特徴のノートパソコンです。MacBook Pro Late 2016最新モデルを実際に使ってみましたので、レビューをご紹介します。






詳細はこちら → MacBook Pro(Apple Store)


詳細はこちら → 学生・教職員向けストア (Apple Store)


学生や教職員の方は学割価格で購入できます。一般の家電量販店ではほとんど割引がありませんので、上のApple公式サイトの学生・教職員向けストアからの購入がお得です。




初心者でもわかりやすいナビゲーション


Macのノートパソコンでは、画面の一番下に下の写真のようなナビゲーション(ドック)が表示されます。マウスカーソルを当てるとどんなアプリかというのがポップアップ表示され、とてもわかりやすいです。また、このナビゲーションは常に表示されているので、使いたいアプリにアクセスしやすいです。


特にiPhoneを使っている人であれば、なじみのアイコンが表示されているのですぐに使い始めることができると思います。





また、最新のMacbook Proではファンクションキーが廃止されて、Touch Barというものが搭載されました。これは下の写真のように、従来のファンクションキーがあった場所に位置しているのですが、使っているアプリケーションなどの使用状況によって表示が変わります。ここを見ると何ができるのかがわかりますし、したいことが簡単に実行できます。


たとえば、下の写真ではインターネットをしているときにTouch Barの様子です。ヤフーやフェイスブック、Twitterなどのよく使われるようなアイコンが表示されていて、ボタンを押すだけでアクセスできます。




下の写真のように画面の明るさの調整やボリューム調整なども行うことができます。







指紋認証が搭載され高いセキュリティと利便性を実現


パソコンを使っているときに大事なのがセキュリティです。Macbook Proの最新モデルからはTouch IDという指紋認証機能が搭載されました。


この指紋認証機能を使うとロック解除やソフトのインストール、ネットショッピングでApple Payを使ったお金の支払いなどに使えます。また、これまでパスワードでアクセスしていたところを指紋認証で行えるようになるので、ワンタッチで簡単にアクセスできるようになります。


たとえば、離席時に家族や友人に画面を見られたくないような時には画面をロックすることができます。そして、それを解除するために指紋認証を使うことができます。パスワードだと解除されてしまう可能性が残りますが、指紋であれば本人しか解除できず、強固なセキュリティが実現できます。また、いちいちパスワードを入力する面倒もなくなり、とても簡単にロックの解除ができます。




また、パソコンにソフトをインストールする場合にも指紋認証で許可することができます。他人におかしなソフトをインストールされる危険性がなくなります。




またApple Payなどのお金の支払いにも対応しています。ネット上でお金の支払いをする場合に、安全かつ簡単に支払いができるようになります。




薄くてスッキリ軽い


Macbook Proの最新モデルは前モデルよりもさらに薄くなり、そして重量も軽くなりました。気軽に室内や部屋間を移動するのにも便利ですし、外に持ち運んで使うのも楽になりました。


13インチのモデルで厚さ1.49cm、重さ1.37kgです。15インチモデルでも厚さ1.55cm、重さ1.83kgです。どちらも薄くてスッキリと軽いパソコンです。特に、15インチで2kgを切るノートPCはWindowsパソコンを含めてもほとんどありません。




高性能なノートPC


Macbook Proの最新モデルはとても性能が高いノートパソコンです。ネットやメールはサクサク軽快に動作しますし、WordやExcelを使ったレポート作成なども問題なく行えます。メモリが標準で8GB搭載されているので、どんな作業でもストレスなく行えるでしょう。


15インチモデルはRadeon Proが搭載されていてグラフィック機能が強化されています。動画や画像の処理、グラフィック系の作業を行うのであれば、15インチモデルがおすすめです。





USB-Cポートを変換するアダプターがあると便利


Macbook Proの最新モデルからはインターフェースが一新されました。新しいタイプのUSB-C(Thunderbolt)ポートが4つ搭載されています。一般的なUSB3ポートは搭載されていません。


このUSB-C(Thunderbolt)ポート1つで、USB機器の接続や充電、Displayportとして外部出力にも対応しています。小さなポートで様々な機能に対応しているのでとても便利です。


ただ、一般的なUSB3と比べるとUSB-Cに対応した機器というのは、まだそれほど多くないのが現状です。そのため、必要な周辺機器を接続したい場合に対応できないことがあるかもしれません。


そのため、USB-CとUSBを変換するアダプターがあると便利です。以下の写真はUSB-Cポートに挿すことによってUSB3ポート3つと有線LANが使えるようになる便利なアダプターです。手のひらに収まるくらいの小ささで使い勝手が良いです。


詳細はこちら→Anker USB-C 3ポート USB3.0イーサネットアダプター付ハブ







性能・仕様の比較


Macbook Pro 比較表

サイズ 13インチ 15インチ
Touch Bar
Touch ID
○ / -  ○
 CPU Core i5 / i7   Core i7 
メモリー 8GB / 16GB  16GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB SSD 256GB / 512GB /
1TB / 2TB
無線LAN
有線LAN -
光学ドライブ -
グラフィックス  Intel Iris Graphics Radeon Pro 
厚み 1.49cm 1.55cm
重さ 1.37kg 1.83kg
ディスプレイ Retina
SDカードスロット  -
USB-C(Thunderbolt)
ポート
4つ
HDMI端子 -
カラー スペースグレー
シルバー 
価格  148,800円~
(学割価格あり)
 238,800円~
(学割価格あり)



以下にそれぞれの特徴をご紹介します。

13インチモデルにはTouch Bar/ Touch ID搭載モデルと非搭載モデルがあります。非搭載モデルの方は、Touch Barなどの代わりに通常のファンクションキーが搭載されています。そして、非搭載モデルの方が価格が安くなります。


13インチモデルと15インチモデルでは、15インチモデルの方が搭載するCPUやグラフィックス機能が高性能なものになります。また、ストレージに1TB/2TBの大容量SSDを選べます。


文系の方であれば13インチモデルでCPUがCore i5、メモリ8GB、256GB SSDのもので大丈夫です。十分な性能があります。


理系の方でも13インチモデルでCPUがCore i5、メモリ8GB、256GB SSDのもので大丈夫なことが多いですが、卒業研究で重い処理をすることもありますので、CPUをCore i7、512GB SSDのものにしておくと幅広く対応できます。


また、デザインやCG、画像・動画処理などのためにグラフィック処理を使用するような場合には、グラフィック機能が強化された15インチモデルがおすすめです。





外観の確認


それでは、外観のチェックをしてみましょう。ここで紹介しているのは、13インチのTouch Bar / Touch ID搭載モデルで、色はスペースグレーのものになります。


まず、天板を閉じたところです。




天板を開いて、斜めから見たところです。








真横から見たところです。薄くてスッキリしています。







キーボードです。





キーボードを拡大してみたところです。表面からの高さはあまりないのですが、しっかりと打鍵感があります。





タッチパッドです。広くて使いやすいです。1本指で操作するとマウスカーソルの移動などができ、二本指で操作するとスクロールができ、三本指で操作するとドラッグ操作ができます。慣れると非常に便利な操作性があります。





左側面です。USB-C(Thunderbolt)端子が2つ搭載されています。




右側面です。USB-C(Thunderbolt)端子が2つとヘッドホン端子が1つ搭載されています。




手前部分です。




背面側です。






まとめ


MacBook Proは性能がとても高く、且つとても素敵なデザインを持つノートパソコンです。


メインマシンとしてしっかり使え、持ち運びにも便利な軽さと薄さがあります。Apple製品ですので、iPhoneなどとの親和性も高く、日頃からiPhoneを使っている人であれば、直感的に操作できるのではないかと思います。


学生や教職員の方は学割価格で購入できます。一般の家電量販店ではほとんど割引がありませんが、Apple公式サイトでは学割価格で購入することができます。購入を検討されている方はApple公式サイト(学生・教職員向けストア)からの購入がお得です。


詳細はこちら → 学生・教職員向けストア (Apple公式サイト)


詳細はこちら   MacBook Pro(Apple公式サイト)






関連記事    

1.Macノートパソコンを購入するときに注意すること
2.大学生のノートパソコンはWindowsかMacか?両者を徹底比較
3.LIFEBOOK WS1/Wレビュー:大学4年間と就職してからも使えるノートパソコン
4.大学生のおすすめのノートパソコン
5.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
6.Macbook Pro 2015年モデルのレビュー


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る