ノートパソコンの故障を防ぐための方法




せっかく高価なノートパソコンを買ったのに、故障してしまうと悲しいものですよね。さらに大事なデータが取り出せなくなったら、本当につらいものです。

内部製品の不良など、防ぐことができない原因で壊れてしまうのは仕方がないにしても、普段のちょっとした使い方を変えるだけで何年も故障知らずで使い続けることが可能になります。では、いったいどのような使い方をすれば、故障を防ぐことができるのでしょうか?また、故障してしまったとしても、慌てることがないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか?

レポートや卒論作成中にパソコンが故障して泣かないために


パソコンが壊れたときに、パソコンが全く起動できなくなってしまったら最悪です。保存されたデータを取り出すことができなくなってしまうからです。もし単位がかかったレポートや卒論作成中にパソコンが故障してしまったらどうなってしまうでしょう?考えただけでも恐ろしいです。

詳細はこちら:レポートや卒論作成中にパソコンが故障して泣かないために


自転車やバイクでノートパソコンを運ぶときに注意すること


大学生は大学と下宿(自宅)とをノートパソコンを持って移動することが増えると思います。自転車やバイク(原付)などに乗って持ち運ぶことが多いと思いますが、このとき誤った運び方をしてしまうと故障の原因になります。

詳細はこちら:自転車やバイクでノートパソコンを運ぶときに注意すること


ノートパソコンを使うときによくある最も危険なこと


自宅や大学などでノートパソコンを使っていると、当たり前のようにやってしまうことがあります。多くの場合は大丈夫なのですが、これが原因でトラブルが起こってしまうとノートパソコンはほぼ100%の確率で故障して動かなくなってしまいます。

詳細はこちら:ノートパソコンを使うときによくある最も危険なこと








このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る