大学生のノートパソコンに最適なCPUは何?



CPUの種類をまずは知っておこう


パソコンを購入するときに見ておく必要があるものの1つとしてCPUがあります。ぱっと見ると難しい英語が並んでいるように見えますが、実は種類は限られています。これらを分類すると以下のような表になります。


 クラス CPU   説明
 ハイスペック Core i7 高機能、高価格 
 スタンダード Core i5 標準的、一般向け
 エントリー Core i3 Core i5よりも価格、性能を抑えたもの
 エントリー Celeron  かなり機能を抑えた廉価版


高性能なCPUから順番にハイスペック、スタンダード、エントリーというクラス分けになります。




ハイスペックCPUは高性能だが価格は高くなる


ハイスペッククラスに分類されるCPUはCore i7です。このクラスのCPUは現在の最先端なので、高速に動作し高い性能を発揮してくれます。速い処理スピードが必要であったり、動作が重くなるような処理を行うのであればこのCPUを選択した方が良いでしょう。しかし、その分価格も高くなります。


ただ、ハイスペックCPUは高性能ですので、一度購入すれば長く使い続けられるでしょう。大学の4年間だけでなく就職してからもしっかりと使い続けられると思います。


画像や動画の処理、ゲームなどの負荷がかかるような処理をしたい人であれば、このクラスのCPUを選択しておけば快適に使い続けることができるでしょう。


デザイン系の人や工学・理学系の人で動画や画像処理を行うことが考えられるような場合であったり、数値解析や情報処理、シミュレーションといったCPUに負荷がかかるような作業を行うような人、さらに家でゲームを楽しみたいような人におすすめのCPUと言えます。


また、パソコンは高い買い物ですので、高い性能のものを買って長く使い続けると、購入時は高くても長い目で見ると割安になると思います。




スタンダードクラスであれば性能も十分でバランス良く対応できる


スタンダードクラスに分類されるCPUはCore i5になります。このCPUはCore i7よりは性能面では劣りますが、最近のパソコンは十分に高性能になっていますので、ストレスを感じることなく使うことができます。


ただ、上にも書いたように画像や動画の編集作業、ゲームなどパソコンに高い負荷がかかるような場合であれば、スタンダードクラスのCPUでは動作が遅くなったり、処理がなかなか終わらなかったりしてストレスを感じてしまうかもしれません。


普通にレポートを書いたり、ネットやメールを楽しみたい人、だけど今後どんな使い方をするかもわからないから、いざという場面でも対応できるようにしておきたい、というような場合にはスタンダードクラスのCPUを選択しておけば無難にこなすことができるでしょう。日常生活においても、卒論作成時においても快適に使うことができるのではないかと思います。


スタンダードクラスであれば、ハイスペックよりも安価に購入することができます。


実際、私も大学の時に購入したのはこのスタンダードクラスのパソコンでした。卒業研究の時はたくさんのデータを採取してそれを統計解析ソフトに入れて分析し、グラフを書いたり分析したりしました。最終的にそのグラフや分析結果をWordに張り付けて卒論を書き、研究室内でPowerPointを使ってプレゼンをするといったことをやりましたが、ストレスを感じることなく使うことができました。


一般的な使い方が想定される場合は、このクラスのCPUが無難な選択になると思います。




安さで選ぶならエントリークラス


エントリークラスのCPUはCore i3、Celeronなどになります。ハイスペックやスタンダードクラスのものに比べて価格は下がりますので、安さ重視で選ぶならこのクラスが良いでしょう。


負荷のかかる処理をしないといった場合や、文系の人でそれほどパソコンを使うことがないというような場合にはこのクラスのCPUでも問題ないと思います。




CPUはどうやって選ぶ?


今販売されているノートパソコンの多くはインテル社製のCPUが搭載されています。そのため、選択肢としてCore i7, i5, i3, Celeronの中から選ぶことになります。


CPUの選び方はまず、どんな使い方をするかを考えます。レポートを書いてネットとメールぐらいの使い方なのか、それともレポートも書いて趣味でも使えて、さらに他にもいろいろ幅広く使えるものなのか、というようにパソコンの使い道を考えてみます。


大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能のページで、大学の学業用途ならびにプライベートでの使用場面ごとに必要なスペックを紹介していますのでそれを参考にしてみてください。使い方が決まれば、CPUの型は自然と決まってきます。

上にもご紹介しましたが、たとえば、レポートを書いてネットとメールぐらいの使い方なのであればCore i3もしくはCeleronになります。無難な選択肢はCore i3です。予算が少ない方がいいのであればCeleronになりますが、Celeronはi3よりも機能が抑えられていますので、何かしたいことが出てきても対応ができなかったり、1台のパソコンを長く使い続けることは難しいかもしれません。


レポートも書いて趣味でも使えて、さらに他にもいろいろ幅広く使えるというものであればCore i5が有力な選択肢になります。理系の人であれば通常の研究用途であれば無難にこなせますし、文系の人でも趣味でいろいろ使ってみたいというような場合には最適です。どんな使い方をするかわからないというような場合にも、幅広く対応できる性能がありますので良い選択肢になると思います。


どんな処理も高速に快適に行いたい、理系の研究をバリバリこなしたいといった方や動画編集やゲーム、イラスト作成などのグラフィック周りをがっちりやりたい、というような場合にはCore i7がおすすめです。Core i7は高性能なCPUですのでどんな重い処理でもこなせるでしょう。長く使い続けるという点で見ても十分に期待に応えてくれると思います。




理系のCPUはCore i5以上がおすすめである理由


理系では4年生進級時や修士課程で研究生活を送ることになります。研究室に所属しテーマに沿って研究活動を行います。研究室のテーマによりますが、理系の研究ではコンピューターのパワーを必要とする処理が多いです。


たとえば、プログラムを書いて演算処理やシミュレーションを行ったり、実験で得られた画像を解析したり、専用のソフトで解析を行ったりします。


これらはWordでレポートを書いたり、ネットを見たりするという作業よりも負荷がかかります。負荷がかかると性能が低いCPUだとそれだけ時間がかかってしまうことになります。では、具体的にはどれくらいなのでしょうか。


たとえばクロック数(処理能力の指標)が似ているCore i7とi5,i3でそれぞれ処理速度を比べてみましょう。ここで紹介している性能目安の値は、CPUの性能比較のページを参考にしています。値が大きいほど高性能になり、処理速度も上がります。

 CPU 性能目安
 Core i7-4790
(3.60GHz)
916
 Core i5-4590
(3.30GHz)
652
 Core i3-4160
(3.60GHz)
456

この表に基づくと、Core i3の性能を1とすると、Core i5は1.4倍、Core i7は2倍の処理速度を発揮することになります。Core i3とCore i7の性能の差は2倍ですので、とても大きいですね。一方Core i5とi3の差は1.4倍とわずかな差にしか思えないかもしれません。


この1.4倍という差はブラウザ(インターネットを見るときに使うソフト)を開いてネットを見たり、メールソフトを使ったりといった簡単な処理では体感できるほどの差はほとんどないと思います。ブラウザを開いたり、メールを送るといった処理は一瞬で終わるので、なかなかその違いは体感できないでしょう。


しかし、理系で必要となる処理はプログラムを実行したり、画像の処理を行ったりなど比較的重く、1つの処理に時間がかかることがあります。たとえばプログラムを書いてシミュレーションや数値解析を行った場合、結果が出るまでに30分や1時間、時には1日以上かかることもよくあります。


このような完了までに長い時間を必要とする処理を実行した場合、CPUの差が効いてきます。単純に計算すると、Core i3のCPUで完了するまでに24時間かかるような処理の場合、Core i5だとその1.4倍の速さで処理ができることになり、17時間で処理が終わることになります。その差は7時間です。随分時間が短縮されますよね。


研究ではこのような処理を何度も行うことになります。うまくいかなければ条件を再設定してやり直します。そうすると、繰り返し実行するたびにこの1.4倍の差が効いてきます。Core i3で10回処理を行っている間に、Core i5だと同じ処理が14回も実行できるのです。これがCore i7だと20回処理を実行できます。


できればCore i7を搭載したノートパソコンが一番いいのですが、Core i7を搭載したものは価格が高くなる傾向にあります。なかなか手が出ないこともあるでしょう。しかし、Core i5であればバランスのとれた性能でCore i3よりも速く処理できます。予算に余裕があればCore i7、ちょっと厳しいかなという場合にはCore i5が良い選択肢だと思います。


4年生の研究の場合は1年間、修士課程だと2年間あります。このような長期の研究生活で貴重な時間を無駄にせず効率的に研究するためにも、Core i5以上の高性能なCPUを選択するのがおすすめです。




文系のCPUがCore i3またはCeleronで十分な理由


理系のCPUはCore i5以上がおすすめである理由のところでも書きましたが、クロック数(処理能力の指標)が似ているCore i7とi5,i3でそれぞれ処理速度を比べてみると、Core i3の性能を1とした場合、Core i5は1.4倍、Core i7は2倍の処理速度を発揮することになります。


Core i3とCore i7の性能の差は2倍ですので、大きいと感じるかもしれません。しかし、文系の場合はレポート書いたり、ネットで調べ物をしたり、メールを書いたりという具合に基本的にはパソコンにそれほど負荷がかからない処理をすることが多いです。


たとえば、ブラウザ(インターネットを見るときに使うソフト)を立ち上げてホームページを見ることを考えてみましょう。ブラウザを起動するのにCore i3で0.5秒かかったとします。単純計算でCore i7だと1/2の0.25秒になります。Core i5だと0.35秒です。0.5秒も0.35秒も0.25秒も体感的にはそれほど違わないと感じるのではないかと思います。全く影響がないといってもいいでしょう。瞬時に終わるような処理に対しては高性能なCPUの恩恵は受けられないかもしれません。


この処理速度の差が効いてくるのは、処理に時間がかかるような場合です。たとえば、プログラムを実行して処理が終わるまでにCore i3で1時間かかるような場合だと、Core i5が42分、Core i7で30分です。この差は大きいですよね。


もし、文系の人でこのような時間がかかるような処理をするのであればCore i5やCore i7を選択すると良いのですが、レポート作成やネット、メール、動画鑑賞程度の使い方であれば、Core i3で十分ですし、価格を抑えたいのであればCeleronでも問題ありません。


自分がどのような使い方をするのかを考えて、CPUを選んでみてください。




スタンダード、ハイスペック、エントリー・ノートパソコンのおすすめは何?


このサイトでは、上記のスタンダード、ハイスペック、エントリーに対応したお勧めのノートパソコンを紹介していますので、ご参考にしてみてください。
 
スタンダード レポート作成や動画鑑賞など大学からプライベートまで幅広く使える標準ノートPC
ハイスペック 動画編集や理系の研究用途などの高負荷な処理にも使えるハイスペック・ノートPC
エントリー レポート作成、インターネット、メールが中心のライト・ユーザー向けノートPC





関連記事    

1.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
2.大学生のノートパソコンのメモリ容量の選び方
3.大学生のノートパソコンのサイズは何インチが最適?
4.ノートパソコンの寿命~パソコンは何年使える?
5.大学生のおすすめのノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る