ノートパソコンの寿命~パソコンは何年使える?


ノートパソコンを購入するとき、何年くらい使えるんだろうというのが気にならないでしょうか?いいパソコンを買ったとしても、すぐに使えなくなるのではないかと心配になるかもしれませんね。


パソコンは何万円もするので、できることなら長く使い続けたいものです。このページでは、ノートパソコンの寿命はどれくらいなのかということについてご紹介したいと思います。



寿命の定義は2つ~パーツの故障と性能に不満が出ること


まずパソコンの寿命について考えてみます。寿命というと、パソコンが壊れてしまって動かなくなることが最初に思い浮かびますが、それだけではありません。したいと思うことに対してパソコンの処理が追いつかなくなるなど、性能に不満が出てくることも該当します。このような状態になった時が、古いパソコンを捨てて新しいパソコンを買い替えるタイミングになります。



長く使い続けるとパーツの故障確率が上がる


パソコンが物理的に壊れてしまうことというのは避けて通ることができません。長期間にわたって使っていると経年劣化はどうしても起きてしまいますので、ハードディスクなどのパーツの故障に遭遇する確率が上がります。パーツの故障で多いものは、主に以下のようなものがあります。

・ハードディスクが壊れる
・ファンが壊れる
・メモリが壊れる
・電源が壊れる
・バッテリーの故障
・モニターの故障


故障の原因で一番多いのはハードディスクです。ハードディスクは内部で記録ディスクが回転していますので、経年による劣化などによって故障しやすくなります。


ハードディスクが壊れると、最悪の場合、保存したデータが飛んでしまいます。修理に出すと当然工場出荷時の状態に戻されますので、データは消えてしまいます。普段からこまめにデータのバックアップを取っておくことが重要です。特にレポートや卒論作成中に故障しても泣かないようにしておきたいものです。


故障したパーツによっては交換や修理に出すことで使い続けることができます。保証期間内であれば無料で修理してくれますので費用は発生しませんが、長く使い続けていると保証期間も切れ、実費が発生するようになります。修理代だけで数万円ということもあります。修理したうえで使い続けることもありますが、修理に数万円もするのであれば、新しいパソコンを買った方が早い、ということもあります。その場合には故障したパソコンは使われなくなり、寿命を迎えることになります。


パソコンのパーツが故障するのは、初期不良の場合だと購入から1年以内、経年劣化による故障の場合は5年を過ぎたあたりから徐々に確率が上がってきます。実際、1年目の故障率は高く、2年目や3年目でも数%は故障するという統計データがあります。購入から1年以内であれば保証期間による対応がききますので、データのバックアップさえ気を付けていれば、無料で修理してもらえることが多いです。ただ、メーカー保証が切れると修理費用が発生してしまいます。そのため、できればメーカー保証は長い方が理想的です。万が一故障が発生しても追加費用なしで修理してもらえます。


通常パソコンのメーカー保証というのは1年のことが多いのですが、メーカーによっては3年保証があったり、5年保証があったりします。たとえば、富士通LIFEBOOK WS1/B1VAIO S13などは直販サイトで購入すると、追加料金なしで標準のメーカー保証が3年もあります。2年目以降に故障が発生しても無償で修理してもらえるので非常に安心です。ほかにも東芝のdynabook RZ83dynabook AZ45、NECのLavie Direct HZなどは追加料金が必要ですが、直販サイトで購入すると3年または5年の延長保証をつけることができます。5年も保証してくれるのはとても心強いです。


しかし、経年劣化による故障は避けて通れませんので、購入から5年を過ぎたパソコンは故障に注意するようにしましょう。もちろん、5年を過ぎても故障することなく長期間にわたって使い続けられることも多いですので安心してください。仮に故障したとしても、パーツにもよりますが、修理によって10年以上使い続けることも可能です。


実際、私の手元には2003年に購入したノートパソコンが今でも動いています。ただ、後で詳しく書きますが、このパソコンはメイン・マシンとしては使っているわけではなく、別の用途でサブマシンとして使っています。このパソコンは2006年にハードディスクが故障しました。購入から3年目で故障したということになります。修理に出しましたが、延長保証に入っていなかったので修理代に1万3千円程かかりました。これは少し残念でした。ハードディスクの故障なので、データは完全消去されてしまいましたが、幸いにもデータのバックアップをとっていたので無事復旧させることができました。一度故障はしてしまいましたが、修理によって使い続けることができている例の1つだと思ってもらえればと思います。


また、しばらくしてからバッテリーも故障しました。充電が正常に行われなくなってしまったのです。バッテリーは自分で購入して交換したらすぐに直りました。部品交換で済みましたが、3000円ほどかかりました。バッテリーは市販で買えるものなので、故障しても被害がほとんどありません。


このパソコンは修理に出して復活させたのですが、それからしばらくして「このパソコンは遅くなってきたな」と感じるようになりました。修理に出して直したのに、すぐにパソコンの性能に不満を感じるようになっていたのです。



性能劣化による買い替え


パソコンが寿命を迎えるもう一つの要因として、性能の劣化があります。購入時は最新の性能を誇っていても、時代の変化でパソコンの性能が足りなくなってくるということがあります。


たとえば新しいOSが登場すると、高い性能のCPUでないと動かなかったり、多くのメモリを必要とするようになります。ソフトウェアも年々多くのメモリを必要とするようになってきていて、少ないメモリのパソコンだと動作させるのにストレスを感じることもあります。ソフトウェアによっては必要とされるCPUが決まっているものがあり、古いパソコンだとインストールすることさえできないこともあります。


上にも書いたように、私は2003年に当時の最新のノートパソコンを購入したのですが、2003年~2009年という時代はメモリ容量の増大化やCPUの高速化がとても盛んな時代だったため、3年も経つとかなり時代遅れなものになっていました。特にソフトウェアが必要とするメモリが増えていて、1つのソフトを立ち上げただけで処理が遅くなってしまったりという具合に、パソコンを快適に使うことができなくなっていました。


結局、このときに私は壊れたパソコンを修理にも出しましたが、すぐに新しいノートパソコンも購入しました。修理したパソコンは正常に動きますが、それ以来メインのパソコンとしては使わなくなり、サブとして使っています。修理したパソコンは本来の役割を終え、寿命を迎えたことになります。




1年たったらただの箱というのは昔の話 - 最近のパソコンは性能に不満を感じるまでの時間が長くなった


IT環境がどんどん良くなっている限り、パソコンの性能に不満を感じるようになってパソコンを買い替えるということは避けて通ることができないことだと思います。上にも書いた通り、2003年~2009年というのはCPUの高速化やメモリの増大が盛んな時期で、どんどんいいパソコンが登場する時代でした。パソコンは1年経ったらただの箱、と言われたものです。


しかし、2009年を過ぎたあたりからパソコンの性能がかなり成熟してきています。2009年にはWindows 7が登場しています。この辺りから、パソコンの高機能化がひと段落ついた感があります。


特に最近発売されるパソコンは性能が高いものも多く、普通に使う分には十分な性能を発揮するようになっています。


実際、私が2009年に購入したノートパソコンは、今でも現役で使うことができています。2017年の時点で購入から8年経ちますがまだ一度も故障はありませんし、WordやExcel、PowerPointといったOffice製品は快適に使えます。ネットをするにしても特に不満はありません。動画の視聴、画像の閲覧、音楽鑑賞などを楽しんでいます。私はプログラマーですので、プログラミングを行ったりホームページを作成したりなど、少し重たい処理もすることがありますが、まずまず快適です。


2003年に購入したノートパソコンは購入から3年経った時点でかなり動作が遅くなってストレスを感じていましたが、2009年に購入したノートパソコンは同じ年数が経過した時点でもとても快適でした。


最近のパソコンは性能に不満を感じるようになるまでの時間が長くなってきているので、パソコンの寿命も伸びていると思います。パソコンは1年経ったらただの箱、というのは一昔前の話だと思っていいでしょう。




買ってすぐに性能に不満が出ないようにだけ気をつける


最近のパソコンは性能が高くなったといっても、用途によっては性能が不十分と感じることもあります。


一つだけ気を付けたいのは、購入当初に予定していた使い方では十分な性能(スペック)でも、やりたいことが出てきたときに性能が足りないと不満を感じてしまい、結果的にパソコンの買い替えが早まってしまうことがある、ということです。


たとえば、当初はネットとレポート作成だけ対応できればいいやと思って、低い性能のパソコンを購入したとしても、大学入学後、友達と遊んだりサークル活動を通じて撮りためた動画や写真などをパソコンで編集しようとした時にパソコンの性能が足りなくて全然使えない、ということも起こります。他にも、音楽活動やイラスト作成、デザインなど、パソコンを使って何かクリエイティブなことをしたいという場合にも、性能が低いと使い物になりません。普通に使っている場合でも、性能が低いパソコンでは、複数のソフトを同時に使う場合に重いと感じるようになります。


また、学業においてもどのような講義や実習があるかはわかりにくいことが多いです。特に理系の場合には、4年生進級時に所属する研究室によって処理性能の高いパソコンが必要になることもあります。


大学はいろいろな出会いがあるので、パソコンを使ってしたいことが増えるかもしれません。大学生はいろいろな可能性を秘めているので、伸びたい方向に伸びることができるようにしておくのが良いと思います。


パソコンを購入する際は、最低限の性能というよりは少し余裕を持たせた性能にしておくと、新たにしたいことができても買い替えることなく対応でき、パソコンの寿命を伸ばすことができるようになります。





関連記事    

1.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
2.大学生のノートパソコンに最適なCPUは何?
3.大学生のノートパソコンのメモリ容量の選び方
4.大学生のノートパソコンのサイズは何インチが最適?
5.レポートや卒論作成中に故障しても泣かないために
6.ノートPCを使うときによくある最も危険なこと




このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る