初心者でも迷わないメーカー直販サイトでのノートパソコンの買い方


メーカー直販サイトでノートパソコンを購入する場合、パソコンの構成をカスタマイズできたり、スペックを選べたり、割引が適用されたりするのが大きな魅力ですが、一方でどのようにカスタマイズしたらいいのか、どれを選べばいいのかわかりにくいこともあるかもしれません。このページでは各パソコンメーカーの直販サイトでのカスタマイズの方法や、選択のポイント、購入の流れなどについてご紹介したいと思います。





東芝ダイレクトでの見方と購入の仕方


1.直販サイトの製品ページを開くと、製品画像とスペックが記載された製品の情報が表示されます。希望する製品名をご確認ください。


2.Officeありとなし、ストレージの種類や容量、CPUなどの違いによって値段が変わってきます。希望するものや興味があるものを選択します。


3.パソコンの詳細情報が表示されます。モデルによっては下の画像のように、カラーが選べたり、光学ドライブの種類が選べたり、CPUが選べたりできます。






3.Officeのバージョンは、「ハードウェア仕様」のリンクをクリックすると確認できます。

Officeのバージョンによって含まれるソフトが次のように異なります。PowerPointが必要ならProfessionalかHome and Businessを選びます。Officeは通常3万円近くする製品で、アカデミック価格で購入できるOffice Professionalの実勢価格が23,000円前後です。Office製品の違いについてのページにも詳しく書いていますので、ご不明な場合はご参照ください。

Office ProfessionalWord, Excel, PowerPoint, Outlook,OneNote,
Publisher, Access
Office Home and BusinessWord, Excel, PowerPoint, Outlook,OneNote
Office PersonalWord, Excel, Outlook



4.会員価格が見たいときや会員価格で購入したい場合は、会員登録を行ってください。会員価格は元々表示されている価格よりも大きく値引きされます。登録が終わると、会員価格が表示され、その価格で購入できるようになります。会員登録は無料です。希望すれば製品情報等のメールが送られてきますが、希望しなければ重要なお知らせや東芝からのお知らせメール以外は送られてきません。


5.製品のスペックを確認し、購入する場合は、「カートに入れる」ボタンをクリックします。


5.確認ページの画面が表示されます。パソコンの延長保証サービスを選択することができます。内容は以下の通りです。必要でなければ何もしなくて大丈夫です。


東芝PCあんしん延長保証
通常のメーカー無償保証(1年)を延長し、合計3年または5年間まで保証を延長する。自然故障が対象。

PCプレミアム保証
あんしん延長保証の内容に加えて、破損・液損・災害による損傷および盗難にも対応。落としたりお茶をかけてしまって故障した場合にも保証。

東芝の延長保証サービスについてはこちらのページにも詳しく書いています。


6.購入者の情報を入力します。


7.支払方法について入力します。


8.注文完了です。






NEC Directでの選び方とカスタマイズ・購入の方法


1.直販サイトの製品ページが開き、製品一覧が表示されます。いくつかのモデルが表示されますので、希望するものを見つけてください。


2.「クーポンで○○%OFF!」と書かれている場合はクリックしてください。別ウィンドウが開き、クーポンコードが表示されます。購入するときに、このクーポンコードを入力すると、割引価格で購入することができます。また、無料メルマガ会員登録 iconを行うと、割引率が大きいスペシャルクーポンが利用できるようになります。


3.希望するモデルの「カスタマイズ・ご購入」ボタンをクリックすると、パソコンンの構成をカスタマイズする画面が開きます。


CPUはCeleron、Core i3, i5, i7がありますが、CeleronよりもCore i3が、i3よりもi5が、i5よりもi7の方が性能が高くなります。メモリも同様に4GBよりも8GBの方が、8GBよりも16GBの方が性能が高くなります。

メモリが多い方が同じCPUだとしてもより快適に動作します。おすすめの組み合わせとして、いろいろなことに幅広く対応できるようにするのであれば、Core i5+4GBより快適に使いたい人や理系の研究などに使用したい場合はCore i5+8GB、またはCore i7+8GBが良いと思います。

使用用途で比較するノートパソコンの性能のページで使用用途別に必要な性能を紹介していますので、ご参考にしてみてください。


ハードディスクやSSDなどの容量を変更できる場合は検討してみてください。動画や画像などをたくさん保存する場合は容量の大きいものを選んでみましょう。


ボディカラーが選べる場合は好みの色を選んでみてください。


他の項目は基本的には変更する必要はありませんが、念のために確認して、ほしいものがあれば選択すれば良いです。わからなければそのままで問題ありません。


通常はそのままでOKな項目
変更したい場合はチェック
OS、ディスプレイ、ワイヤレス機能、NFCポート、HDMI-VGA変換アダプタ、ソフトウェアパック、WEBカメラ、周辺機器



なくても良いがあると便利な項目
持っているのなら必要はない
マウス:操作に必要です。

DVD/CDドライブ:DVD/CDドライブがない機種があります。ソフトのインストールや音楽CDを取り込んだり、DVD鑑賞、DVDやCDへのデータの書き込みをする時に必要になります。

USB-LAN変換アダプタ:有線LANケーブルを直接接続できない機種は必要になります。無線LANしか使わないのであれば必要ありません。


・オフィスアプリ

Office Professional Word, Excel, PowerPoint, Outlook,OneNote,
Publisher, Access
Office Home and Business Word, Excel, PowerPoint, Outlook,OneNote
Office Personal Word, Excel, Outlook

Officeのバージョンによって含まれるソフトが上の表のように異なります。PowerPointが必要ならProfessionalかHome and Businessを選びます。Officeは通常3万円近くする製品で、アカデミック価格で購入できるOffice Professionalの実勢価格が23,000円前後です。Office製品の違いについてのページにも詳しく書いていますので、ご不明な場合はご参照ください。


・保証

1年間保証
通常のメーカー保証です。

メーカー保証サービスパック
メーカー保証の期間を3~5年間に延長するサービスです(特別保証はありません)。

安心保証サービスパック
メーカー保証期間の延長に加え、メーカー保証サービスでは対象にならない、落下や水こぼし等の取扱い不注意や天災による損傷にも対応しています。3~5年間の延長が可能です。




4.ページの一番下にある「内容確認へ進む」ボタンをクリックします。


5.内容を確認し、「カートへ進む」ボタンを押します。


6.品名、型番、数量等が表示されます。クーポンコードを入力する欄がありますので、2.のクーポンコードを入力し「クーポンを利用する」ボタンを押すと、割引価格が表示されます。


7.「購入手続き」ボタンを押します。ログイン画面が表示されます。ユーザー登録を行ってください。


8.支払方法を選択します。

9.住所、氏名等の情報を入力します。

10.内容を確認し、注文完了となります。






富士通 Web Martでの選び方、カスタマイズ・購入方法


1.クーポンコードの確認

製品の詳細とカスタマイズ画面の上部に、以下の画像のような「★割引クーポン****で○%OFF★」という表示があるものは、***の部分をメモしておいてください。この画像の場合だと、SP55PRとなります。クーポン番号は、注文情報を確認するときに必要になります。




2.スペック構成の確認と変更

スペック構成で確認したい項目は以下のものです。

CPU、メモリ、ストレージ、光学ドライブ、Office、マウス、カラー、セキュリティ、ハードウェア保証、電話サポート、@nifty 接続サービスお申し込み


(1)CPU、メモリ、ストレージ
いろいろなことに使えるような標準的な構成だとCPUはCore i5、メモリは4GBを選択してみてください。余裕があればメモリは8GBを検討してみるとよいです。より快適に動作するようになります。高性能でハイスペックな構成ならCore i7と8GBメモリ、ネットやレポート中心のライトユーザーならCore i3やCeleronでメモリは4GBを目安にしてみてください。HDD/SSD(ハードディスク/SSD)は最初に設定されているもので基本的には問題ありません。より性能の高いものや容量の多いものを希望する場合は、構成を変更してみてください。


(2)光学ドライブ
DVDドライブなどの光学ドライブがついていないものは、外付けのものが選択できます。希望する場合は選択してください。もともとついている場合は、特に変更しなくても問題はありません。


(3)マウス
なくても操作できますが、希望する場合は選択してください。


(4)カラー
色が選択できる場合は、希望するものを選んでみましょう。


(5)セキュリティ
セキュリティソフトが必要な場合は選択してみてください。もちろん、後から別途購入することも可能です。


(6)Office
Officeが必要な場合は、選択してみてください。Officeのバージョンによって含まれるソフトが下の表のように異なります。PowerPointが必要ならProfessionalかHome and Businessを選びます。Officeは通常3万円近くする製品で、アカデミック価格で購入できるOffice Professionalの実勢価格が23,000円前後です。
Office製品の違いについてのページにも詳しく書いていますので、ご不明な場合はご参照ください。
Office Professional Word, Excel, PowerPoint, Outlook,OneNote,
Publisher, Access
Office Home and Business Word, Excel, PowerPoint, Outlook,OneNote
Office Personal Word, Excel, Outlook


(7)ハードウェア保証
延長保証を希望する場合は変更してみてください。カスタムモデルの場合は、3年間の延長保証が無料になります。


(8)電話サポート
1年間のサポートが無料でついています。必要ないということであればミニマムサポート(電話お問い合わせ初回より有料)に変更すると5,000円割引になります。


(9)@nifty 接続サービスお申し込み
引っ越しなどで新規にプロバイダー契約を考えている場合など、フレッツ光コースに同時に申し込むと最大20,000円のキャッシュバックが受けられます。必要でなければ変更する必要はありません。


上記以外のものは特に変更しなくても特に影響はありません。念のために確認して、希望するものがあれば変更してみてください。わからなければそのままで問題ありません。



3.カートに入れる・見積作成ボタンをクリック
追加オプションのページが開きます。基本的には何もチェックしなくても問題ありません。念のため確認して、必要であれば選択してみてください。わからなければ何も変更しなくても問題ありません。



4.「お見積書作成&購入手続きへ」ボタンをクリック
クーポンコードを入力する箇所がありますので、2.で取得したクーポンコードがある場合は入力して「適用」ボタンをクリックします。割引価格で購入できるようになります。


5.「購入手続きへ」ボタンをクリック


6.支払方法を選択


7.注文者情報を入力


8.最終確認して、注文が完了






ソニーストアでの選び方、カスタマイズ・購入の方法


1.CPUとメモリの組み合わせ

一番重要なのが、CPUとメモリの組み合わせです。1つに固定されている場合もありますが、いくつかの種類から選択できる場合も多くあります。

CPUはCore i3, i5, i7がありますが、i3よりもi5がi5よりもi7の方が性能が高くなります。メモリも同様に4GBよりも8GBの方が、8GBよりも16GBの方が性能が高くなります。

メモリが多い方が同じCPUだとしてもより快適に動作します。おすすめの組み合わせはいろいろなことに幅広く対応できるようにするのであれば、Core i5+4GB、より快適に使いたい人や理系の研究などに使用したい場合はCore i7+8GBが良いと思います。

使用用途で比較するノートパソコンの性能のページで使用用途別に必要な性能を紹介していますので、ご参考にしてみてください。


2.ストレージ
 ハードディスクやSSDなどの容量を変更できる場合は検討してみてください。動画や画像などをたくさん保存する場合は容量の大きいものを選んでみましょう。


その他の確認したほうが良い箇所
 
・カラー
本体の色を選べる場合は、選択してみてください。
           
・ワープロ・表計算ソフトウェア
必要であれば選択してください。

Office Premiumは購入したパソコンだけにしか、インストールすることができませんが、自動で最新バージョンにアップデートされます。

Office 2016はOfficeのCDが付属します。パソコンを買い替えてもインストールすることができますが、Office Premiumのように自動で最新版にアップデートはされません。

Office 2016もOffice Premiumも同じバージョン(Profesional同士、Home and Business同士)ならWord, Excelなどのソフトは同じものが入っています。Officeは通常3万円近くする製品で、アカデミック価格で購入できるOffice Professionalの実勢価格が23,000円前後です。詳細はOffice製品の違いについてのページでも紹介しています。


・長期保証サービス
追加料金なしで3年間保証を受けられますが、水寝れや破損などの万が一の事故にも対応したい場合には3年ワイドを選択してください。特に必要なければ変更する必要はありません。


・インターネット取り次ぎサービス
So-netの回線を申し込む場合には最大4万円のキャッシュバックがあります。特に必要なければ変更する必要はありません。

  
上記の箇所以外は特に変更する必要はありませんが、念のため問題ないか確認しておくと良いです。
  


4.画面右の「カートに入れる」ボタンをクリックします。関連商品を選ぶページが開きます。マウスも必要な場合はこのページで選ぶことができます。

DVDドライブや有線LANを接続するためのポートがないモデルがあります。必要であれば有線LANアダプタ(USBポートに挿して有線LANケーブルを接続するためのもの)やポータブルDVDドライブを選択してみてください。もちろんここでは買わずに別途購入することも可能です。

それ以外のものは基本的には必要ありません。


5.「カートに入れる」ボタンをクリックします。

カートの中身を表示する画面になり、合計金額が表示されます。問題なければ「カートに進む」ボタンをクリックします。


6.注文手続きに進みます。
Sony Storeに登録してMy Sony IDを取得するとさらに5%の割引になります。VAIOの購入には登録が必須になりますので、登録してみてください。


7.発送先や支払い方法を入力します。


8.注文情報を最後に確認してボタンを押せば、購入完了です。




関連記事    

1.パソコンメーカー各社の延長保証サービスを比較
2.メーカー直販サイトでのノートパソコンの買い方
3.Amazonなどネット通販で購入したノートPCに延長保証をつけるには?
4.大学生におすすめのノートパソコン





このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る