大学生のノートPCにDVDドライブ(光学ドライブ)は必要か?


ノートパソコンの基本的な装置としてDVDドライブ(光学ドライブ)があります。DVDやCDの読み書きができる便利なもので、搭載しているノートパソコンは多いですが、最近のノートパソコンには光学ドライブを内蔵していないものが増えています。このパソコンいいな!と思っても、光学ドライブがついていないと本当に大丈夫かな?と思ってしまうかもしれませんよね。


だからと言ってあきらめてしまうのはもったいないです。というのも、DVDドライブは人によっては良く使うのですが、使わない人は全くといっていいほど使いません。パソコンを持っている人であれば、「そういえば長いこと光学ドライブを触ってない」、という人もいるかもしれませんね。事前にどの程度DVDドライブを使うことになるかをイメージしておくと、購入するノートパソコンに光学ドライブが必要になるかどうかを判断することができます。


では、大学生にとってDVDドライブが必要になる場面というのはどういったときでしょうか?また、DVDドライブがついていないノートパソコンでも本当に大丈夫なのでしょうか?このページでは、これらの疑問について解説したいと思います。



ソフトウェアのインストール、音楽の編集やDVDを見るために必要


まずはじめに最近のパソコンに内蔵されているDVDドライブ(DVDスーパーマルチドライブ)というのは、DVDを見ることができるだけでなく、DVD-R(RW)などへの書き込みやCDを聞いたり、CD-R(CD-RW)への書き込みへも対応しています。このことを覚えておいてください。


DVDスーパーマルチドライブなどの光学ドライブが必要になる場合というのは、いろいろあります。


まず第一に必要なのが、ソフトウェアのインストールです。最近はダウンロードしてインストールすることも増えましたが、まだまだCDやDVDの形態で販売しているものも多いです。何か欲しいソフトがあったときに、DVDドライブがついていないとインストールすることができません。


趣味で音楽を聴く場合にも必要になります。音楽は専用のステレオセットを持っている人もいると思いますが、スマホやiPodなどの携帯型プレーヤーにCDの楽曲を取り込む場合にはパソコンが必要になります。このときにDVDマルチドライブがないとどうすることもできません。


お店でレンタルしてきたDVDや友達に借りたDVDを見る場合も必要です。最近では、ビデオカメラで撮影した動画をDVDに保存することも増えました。友達と旅行に行ったときに撮った写真や、サークル活動を通して撮影した動画をDVDやCDに焼いて仲間に配るということもあります。自ら編集する立場にあれば絶対に必要になりますし、逆に受け取る側であっても、見ようと思ったときに光学ドライブがないと見れなくて悲しい思いをしてしまいます。


このようにDVDやCDを使うことはよくありますので、大学生にとってDVDドライブはあった方が便利だと思います。DVDスーパーマルチドライブ内蔵型のノートパソコンは多く売られていますので、それを購入すれば普通に使うことができます。


しかし、最近のノートパソコンでは、光学ドライブが内蔵されていないものも増えてきています。



DVDドライブがないノートパソコンは持ち運びに便利


光学ドライブが内蔵されていないとノートパソコンは軽くなります。光学ドライブというパーツがなくなるのですから、当然ですよね。そして、パソコンの厚みも薄くなります。


薄くて軽くなるとどうなるかというと、持ち運びに便利になります。DVDドライブが内蔵されているノートパソコンの重さは2~3kg前後のものが多いですが、DVDドライブがないノートパソコンだと1.5kgを切るものが増え、中には1kgや1kgを切るものもあります。


もちろん、DVDドライブがついて1.5kg前後の持ち運びに便利なノートパソコンというのもありますので、持ち運びにも使いたい、DVDドライブもほしいという場合には、これが良い選択肢になると思います。おすすめのノートパソコンのページにもいくつか紹介していますので、ご参考にしてみてください。


1.5kgを切るようなタイプだと、リュックに入れても全然重くないですし、かさばらなくなります。とても便利ですよね。ノートパソコンを持ち運びしたいと思う人には、とても良い状態だと思います。実際、持ち運びに便利だということを売りにしているノートパソコンは、光学ドライブを内蔵していないものが多いです。


ただ、持ち運びに便利な薄くて軽いノートPCを購入しようと思っても、DVDドライブがついていないとなると、趣味で使えなさそう、したいことができなそう、と思ってしまうかもしれませんよね。でも、安心してください。ちゃんと解決法があります。



必要なときだけ外付けDVDドライブで対応すると便利


使い方にもよりますが、実は光学ドライブを使う頻度は少ないです。ソフトのインストールにしても最初の1回だけCDからインストールしてしまえば、壊れたりパソコンを買い替えたりしない限り同じCDは使いません。音楽の編集にしてもそうです。直接ネットから音楽をダウンロードするというような場合には、CDは必要ありません。


人によってはほとんど光学ドライブを使わないということもあります。


ただ、新しいソフトを買った場合だとか、大学の授業や研究で使うデータをCDやDVDに保存しなければならない、といった場合も出てくることは事実です。DVDやCDを使う頻度は少なくても、どうしてもDVDドライブが必要になるいう場面は出てくるでしょう。


そのような場合に備えて、外付けのDVDドライブを購入しておくと良いです。外付けのDVDドライブというのは、USBでパソコンとつなげれば使うことができるのでとても簡単です。使わない時は引き出しの中にでもしまっておけばいいので、邪魔になりません。


普段は薄くて軽いノートパソコンをすっきりと使って、必要な時だけ外付けドライブで対応するという使い方ができます。


でも、外付けDVDドライブって高いんじゃないの?と思うかもしれませんね。ノートパソコンと外付けDVDドライブを別々に買ったらかえって高くなるんじゃないの?という疑問が出てくると思います。では、外付けDVDドライブはどれくらいの価格で購入できるのでしょうか?




外付けDVDドライブの価格は高くない


アマゾンなどで「外付けDVD」といったキーワードで検索してもらうとわかりますが、3000円前後で購入することができます。パソコン本体の価格と比べて、とても安いのではないかと思います。パソコンと別々に買ったとしても、それほど影響がないのではないかと思いますがいかがでしょうか?




光学ドライブ内蔵型、もしくは光学ドライブなしの薄くて軽いノートPCのどちらがいいか?


ノートパソコンを購入するときに迷うのは、DVDドライブがついているけども少し重たいものにするか、それともDVDドライブついていないけども薄くて軽い持ち運びに便利なものにするか、という点があります。


どちらにしても長所・短所を感じるかと思いますが、もし家に置いておくことが多くて持ち運びすることはあまりないだろうなというような場合であれば、光学ドライブが内蔵されたものを購入してもいいと思います。また、外付けDVDドライブを別に買うのも面倒くさい、というような人も内蔵型の方が便利かもしれませんね。


逆に、持ち運びを考えている人や、薄くて軽い方がなんだかすっきりしていいなと感じるようであれば、光学ドライブがついていない薄くて軽いノートパソコンを購入して、DVDやCDについては必要に応じて外付けで対応すると、無駄を省いてとてもすっきりと使えるのではないかと思います。


どうしても両者を併せ持った良いとこどりのノートパソコンがほしい、という場合には、上にも書いたようにDVDドライブがついて1.5kg前後の持ち運びに便利なノートパソコンというのもありますので、それを選んでみてください。。おすすめのノートパソコンのページにもいくつか紹介しています。



関連記事    

1.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
2.大学生のノートパソコンのメモリ容量の選び方
3.大学生のノートパソコンのサイズは何インチが最適?
4.ノートパソコンの寿命~パソコンは何年使える?
5.大学生のおすすめのノートパソコン



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る