LIFEBOOK WA3/B3,WA2/B3レビュー:初心者に優しくバランスのとれたノートPC


富士通のLIFEBOOKカスタムメイドモデルWA3/B3,WA2/B3は15.6インチの広い画面で快適に作業ができ、大学生活に幅広く対応できる性能を持つノートパソコンです。パソコン初心者にも親切な機能も搭載されていて、どのソフトを使ったらいいかわからなかったり、トラブルがあった時にわかりやすくナビゲートしてくれる機能がついています。実際に使ってみましたので、レビューをご紹介します。






当サイト特別クーポンを利用すると28% OFFになります。

特別クーポンコード: UAZ217LSJ (CPUにCore i7,Core i5選択時)

特別クーポンコード: DAG217LSJ (CPUにCore i3選択時)


詳細はこちらLIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon





写真に音楽、映像もOK!


大学生は勉強だけでなく、プライベートでもいろいろ楽しいことが増えると思います。パソコンで音楽や映像を楽しみたいということも多いでしょう。WA2/B3、WA3/B3にはそのような機能がちゃんと搭載されています。


デジカメやスマホなどで撮りためた写真の管理は、やはりパソコンが便利です。SDカードを挿入することができますので、写真データの移動や管理は簡単にできます。写真管理用のソフトや写真編集用のソフトもインストールされていて、すぐに使うことが可能になっています。




光学ドライブが内蔵されていて、購入時にDVDドライブかブルーレイドライブを選択できます。専用ソフトがインストールされていますので、音楽CDを再生することもできますし、映画のDVDを再生することもできます。もちろん、データの書き込みにも対応しているので、標準でインストールされているソフトを使って、必要なデータをCDやDVDに焼くということもできます。






スピーカーはONKYO製です。ハイレゾ音源にも対応していて、高品質な音源を楽しむことができます。ヘッドフォン端子もハイレゾ音源に対応しているので、静かさを求められる場所でも良いサウンドを楽しめます。実際に聞いてみると、とてもいい音でした。







インターネットはサクサク快適。有線、無線LANの両方が使える


Windows10からはインターネットをするためのソフト(ブラウザ)が強化されています。セキュリティも向上し、動作速度も速くなっていてとても快適に使うことができます。


ノートパソコンの中には無線LANしか使えないものもありますが、このノートPCは有線LANも無線LANも両方搭載しています。どちらでもインターネットに接続することができますので、環境に応じて使い分けられます。





レポートや書類の作成はOffice Home and Businessを選択


レポートの作成はWord、Excel、PowerPointがあれば大丈夫です。講義のレポートもこれらがあればカバーできますし、卒論の作成はWordとExcelで、卒論発表はPowerPointで行うことがほとんどです。


OfficeにはOffice PersonalとOffice Home and Businessがあり、上記3つのソフトが含まれているのはOffice Home and Businessになります。Office PersonalにはPowerPointが含まれていません。


富士通の直販サイトではノートPCとあわせてOffice Home and Businessも購入することができます。





15インチの画面で広くて見やすく、快適に作業できる


実際にパソコンを使うときに気になるのが、作業がしやすいかということです。特に画面の大きさは重要です。あまりに小さいと表示される文字が小さくなって見にくくなりますし、キーボードも小さくなって打ちにくくなります。


WA2/B3, WA3/B3は15.6インチの大きさがあり、ゆったりとした画面で作業ができます。下の写真のように、A4ノートよりも大きいサイズになります。
文字は見やすい大きさです。ネットの記事を読んでも、WordやExcelで書類を書くにしても、目が疲れにくいと思います。





ディスプレイは下の写真のように、縁の部分(ベゼル)が左右約7.8mm幅となっていて、広々と使えるようになっています。一般的な15.6インチモデルよりもさらに広く画面を使用できます。





ベゼル部分が狭くなっても、カメラはもちろんついていますので安心してください。Skypeを使ったチャットやオンライン英会話の受講などにも使えます。





キーボードは以下のような感じになっています。キーボードの右側にはテンキーもついています。理系の場合は実験で取得したデータをExcelなどにたくさん入力することがあります。家計簿などをつけてお金を管理することもあるでしょう。テンキーがあると、数字が素早く入力できるので便利です。

なお、CPUの選択の仕方によって、キーボードが若干変わります。詳しくはこの下の外観の確認のところで詳しく説明していますが、ここではCPUにCore i3を選択したとき(WA2/B3)のものをご紹介します。


[キーボード全体]



キーの間隔もちょうど良く打ちやすいです。長時間作業しても疲れにくいです。


[キーボード拡大]




キーを押したときの深さ(キーストローク)は約2.5mmあります。心地よい打鍵感を感じることができるので、しっかりと快適に入力できます。


キーボードの左半分です。半角・全角切り替えやファンクションキーは一般的で問題のない大きさです。アルファベットキーや数字キーもすべて同一の大きさでそろっています。




キーボードの右半分です。Enterキーはしっかりとした大きさがあり、打ちやすいです。Enterキーのすぐ左側に位置する使用頻度の低いキーの大きさもアルファベットキーと変わらず、とても入力しやすいです。





また、ノートパソコンを開いた際にキーボード部分が少し持ち上がり、角度がつくようになっています。作業がしやすい工夫として、うれしい配慮です。








外部出力ポート搭載でプレゼンの練習もOK


大学生になると、プレゼンをする機会が必ずあります。4年生の卒論発表や理系での研究ミーティング、文系のゼミでの発表などです。教授や先輩、同級生たちの前で、パソコンで作成したPowerPointやWordなどの資料をプロジェクターに映し出して発表します。


卒論発表は私も経験がありますが、自分より詳しい人たちの前で発表するので、どんな難しい質問が来るのだろう、ちゃんとできるだろうか?、などと不安でいっぱいでした。成績にも影響するということもあり、とても緊張するものです。できれば前もって練習をしておくと良い感じで乗り切ることができるでしょう。


WA2/B3、WA3/B3にはHDMIポートというテレビやプロジェクターに映しだすことができる端子を持っています。これと自宅のTVをつなげば、パソコンの画面をTVに映し出して、プレゼンの練習をすることができます。プレゼンは会社に入っても必要になりますので、練習を積んでおくのは悪くありません。








持ち運びはあまりせず、自宅で使用する人におすすめ


15.6インチの大きさはとても見やすくて作業がしやすいのですが、広い画面になると、パソコン自体の重さは少々重くなります。WA2/B3, WA3/B3の重さは約2.3kgです。


たまに持っていく分には大丈夫だと思いますが、A4ノートよりも大きく重さも2.3kgなので、カバンに入れて長い距離を持ち運ぶというよりも、自宅に置いて使うという方におすすめです。


もちろん、家の中の移動など短い距離は楽々持ち運べます。いつもは自分の部屋でパソコンを使うけど、たまにはリビングでパソコンしたいなというときにもサッと持ち運んで使うことができます。





パソコン初心者に優しい機能


パソコンでこんなことがしたいんだけど、どのソフトを使えばいいかわからない、というようなことがあると思います。WA2/B3, WA3/B3にはキーボード上部に下の写真のようなMENUボタンがあり、これを押すとメニュー画面が開いて、目的別に探せるようになります。





ネットを使いたいときにはこのソフト、写真を取り込んだり編集したいときはこれ、といったように目的別に探せるようになっていて、初心者でも使いやすい設計になっています。



(アプリ・サービスを探す画面。写真や動画の取り込み、CDの作成など目的別に探すことができるようになっています。)



また、パソコンを使っていると、時々ネットにつながらなくなったりといったトラブルが起こることがあります。


パソコンに詳しい人であれば、原因を1つずつ調べて解決することができるのですが、そうでない場合には困ってしまうことも多々あります。


こんなときも、MENUボタンを押せばパソコンやネットワークの状態を診断してくれる項目がありますので、何が悪いのかを簡単に知ることができます。夜中にレポートを書いていてネットにつながらなくなっても、自力で解決できそうです。


(トラブル診断メニューの画面。ネットワークの状態を確認してくれたり、パソコンの状態を診断してくれたりします。)







エントリーモデルからハイスペックまで選べる性能


WA2/B3、WA3/B3はエントリーモデルからハイスペックモデルまで選べる機種です。仕様は以下のようになっています。


 OS  Windows 10 Home
 CPU Core i3 / i5 / i7
メモリ 4GB / 8GB / 16GB
 ストレージ ハードディスク :約500GB / 約1TB
SSD : 約128GB / 約256GB / 約512GB
 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ /
ブルーレイドライブ 
 有線LAN
 無線LAN
 HDMI
 USB USB 3.0 ×2
USB 2.0 × 1
USB Type-C × 1 
 SDカード 〇 
 サイズ 15.6インチ 
 指紋センサー CPUにCore i7選択時で
メタリックブルーのカラーの場合のみ搭載 
 セキュリティ マカフィーリブセーフ 3年 
 カラー ブライトブラック
プレミアムホワイト
ガーネットレッド
メタリックブルー(CPU:Core i7選択時のみ)
 保証期間 3年 




選択するCPUによって以下のようにモデル名が変わります。それ以外の部分については関係はありません。名前とCPUの対応は以下のようになります。

 名前 対象CPU 対応範囲
 WA2/B3 Core i3 メール、ネット、書類作成中心のライトユーザー
 WA3/B3 Core i5,Core i7 バランスよく幅広く対応できる~負荷のかかる作業もこなせる


CPUにCore i3を選ぶとWA2/B3になります。これらのCPUは負荷のかかる作業にはあまり向いていませんので、メールやネット、WordやExcelでの書類作成が中心となる場合に選択すると良いです。大学生の場合は、文系の方が主に選択すると良いと思います。


CPUにCore i5もしくはCore i7を選択するとWA3/B3になります。Core i5はバランスのとれた標準的な性能を持ちます。いろいろなことに幅広く対応できるでしょう。書類作成やネット、メール以外に加えて、少し重たい作業でも軽快にこなしてくれます。文系にも理系にもおすすめです。よくわからなければ、このCPUを選択しておくとまず間違いはありません


Core i7はさらに性能がアップします。いわゆるハイスペックなCPUです。理系の研究用途などに最適です。高速に処理をしたい人や、理系に進む方は検討してみるといいと思います。


購入する際はこれらのものを選択して組み合わせますが、今回実際に使用したノートPCのスペックはCPU:Core i3、メモリ:4GB、ストレージ:500GB ハードディスクになります。エントリーモデルの構成です。


ライトな使い方が多い文系の人であれば、最小構成のCore i3、メモリ4GB、ストレージ500GB ハードディスクがおすすめです。


Core i5、メモリ4GB、ストレージ500GB ハードディスクの構成にすると、スタンダードな性能になります。メモリを8GBに増やしておくと、長く快適に使い続けることができ、より安心です。色々な用途に使っても快適に処理してくれるでしょう。

理系の人で、4年生に進級し研究室に配属されたときにしっかり使いたいのであればCore i7、メモリ8GB以上がおすすめです。理系の研究で使用するソフトは重い処理が含まれることが多いので、時間がかかる処理をしたとしてもより短い時間で完了するでしょう。


カラーは4色から選べます。ただ、ブルーはCPUにCore i7を選択したときのみになります。




安心の3年間のメーカー保証とセキュリティソフト


パソコンを購入するとメーカー保証は通常は1年間で、この間に故障した場合は無償でのサポートとなります。しかし、WA2/B3、WA3/B3の場合は富士通の直販サイトWEB MARTで購入すると3年間のメーカー保証となり、サポート期間が長くなります。


また、セキュリティソフトも最初から3年間使い続けられるものがインストールされています


大学生活は4年間ありますので、その内の3年間を追加料金なしでメーカー保証が受けられるのはとても安心できます。




外観


WA2/B3のブライトブラックカラーの外観やデザインを確認してみましょう。その次に、WA3/B3のメタリックブルーの外観を紹介しています。WA3/B3、WA2/B3の外観は、キーボード部分が少し変わります。


まず、天板を閉じたところです。




正面から見たところです。










天板を少し閉じたところです。




キーボード全体です。




タッチパッド部分です。クリックボタンは独立しています。




左側面です。有線LANポート、HDMI、USB3.0ポート×2、USB Type-Cポート、ヘッドホン端子が搭載されています。




右側面です。SDカードスロット、USB2.0ポート、光学ドライブが搭載されています。




手前部分です。




背面部分です。







続いて、WA3/B3(CPU:Core i7)のメタリックブルーの外観です。ポート(インターフェース)やその位置、ボディの形状は同じですが、キーボード部分に違いが見られます。


まず、天板を閉じたところです。落ち着いた感じのブルーです。WA2/B3のブライトブラックカラーのものと同様に光沢感があります。




正面から見たところです。




後ろ側から見たところです。





キーボード部分です。





キーボードの全体です。キーの大きさや配置はWA2/B3のものと変わりませんが、細かい部分で違いが見られます。





まず、メタリックブルーのものには、指紋センサーが搭載されています。他のカラーのものにはありません。






キーを拡大したところを見てみましょう。

WA3/B3(Core i7選択時)のキーは「プリズムクリア& 天面同一塗装 キーキャップ」という仕様になっているようで、表面がツルッとした感触です。

[WA3/B3(Core i7選択時)のキー]




一方で、WA2/B3(Core i3選択時)とWA3/B3(Core i5選択時)の場合には単色キャップという仕様で、表面が少しザラっとした感じがあります。

[WA2/B3(Core i3選択時)とWA3/B3(Core i5選択時)のキー]



両者の間では、指でタッチしたときの感触に少し違いがあります。どちらのキーボードでも、キーの大きさやキー同士の間隔、キーを押したときの深さに違いはありません。


私個人の感想としては、キー表面の違いはあまり気になりませんでした。指のかかり方が少し変わりましたが、問題になるような差ではなく、どちらも入力しやすいと感じました。


次にパームレスト部分です。WA3/B3(Core i7選択時)のものはヘアライン仕上げになっていて、細い筋が入っているように見えます。WA2/B3(Core i3選択時)とWA3/B3(Core i5選択時)の場合はマット塗装になっていて、細い筋は入っていません。

[WA3/B3(Core i7選択時):ヘアライン仕上げのパームレスト]





最後にスピーカーの部分です。WA3/B3(Core i7/ Core i5選択時)には、素材がアルミ製となります。一方で、WA2/B3(Core i3選択時)には樹脂製となります。

[WA3/B3(Core i7/ Core i5選択時)]




[WA2/B3(Core i3選択時)]



アルミ製のものの方が、少し上質な感じが出てくるかなという印象がありました。



他社の製品を見ても、ボディカラーがブルーのノートパソコンというのは珍しいです。上品な色合いと質感に仕上がっていて、使っていてなかなか楽しいものでした
。CPUをCore i7にしないとブルーを選択できませんが、余裕があるようでしたら検討してみてください。




まとめ


LIFEBOOK WA2/B3、WA3/B3は15.6インチのゆったり広い画面で快適に作業ができるノートパソコンです。頻繁に持ち運びはせず、自宅など1か所でじっくり使うことを考えている人におすすめです。性能も十分ですので、しっかり使うことができます。


インターネットをしたり動画を見るなども快適にゆったりとした気分でできると思います。メーカー保証期間も3年あります。さらに初心者にも安心の機能が搭載されているので、困ったときに役立つでしょう。


当サイト特別クーポンを利用すると28% OFFになります。

特別クーポンコード: UAZ217LSJ (CPUにCore i7,Core i5選択時)

特別クーポンコード: DAG217LSJ (CPUにCore i3選択時)


詳細はこちらLIFEBOOK WA3/B3、WA2/B3 icon





関連記事    

1.LIFEBOOK WS1/Wレビュー:大学4年間と就職してからも使えるノートパソコン
2.大学生のおすすめのノートパソコン
3.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
4.LIFEBOOK WA1/B2レビュー


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る