大学生のノートパソコンのサイズは何インチがおすすめ?


ノートパソコンの液晶サイズは大きく分けて、12インチ以下と13インチから15インチ、そして15インチ以上の3つに分けることができます。ノートパソコンは色々な大きさのものが販売されていますが、いったいどれを購入すればよいのでしょうか?



ノートパソコンのサイズが変わると何に影響が出る?


ノートパソコンの大きさ(サイズ)は、以下の3つに大きく関係します。

1)見やすさ(作業のしやすさ)
2)持ち運びのしやすさ
3)性能



1)の見やすさ(作業のしやすさ)は、画面サイズが大きくなるとその分、文字も大きく表示されます。パソコンでレポートを書いたり、ネットの記事を読むときに小さな文字を長時間見続けるととても目が疲れてしまいますが、文字サイズが大きくなるとその分目の疲れも軽減します。


特に、大学生の場合はレポートを書いたり、ネットで記事を読んだりすることが多いと思います。卒論作成の時も長時間パソコンを見続けることになるでしょう。レポート作成などでは長時間作業することも多いので、目が疲れやすくなって作業がはかどらないかもしれませんね。


また、12インチを切るような小さいサイズのノートパソコンでは、全体のサイズが小さくなる分、キーボードの大きさも小さくなります。手や指が大きい人はタッチしにくいということも出てくるかもしれません。



2)の持ち運びのしやすさですが、 液晶サイズが大きいノートPCだとカバンに入れるのも面倒で、持ち運びが不便だと感じることが多いと思います。そして何よりサイズが大きいノートパソコンは重いものが多く、リュックに入れていても肩が凝ってきてしまいます。


実際私が昔持っていたノートパソコンは15.5インチのサイズだったのですが、カバンに入れて運ぶのがとても苦痛でした。リュックに入れてもずっしりと重く感じ、ほんの数キロ離れた場所に移動するだけでも億劫に感じたものでした。


大学生であれば家と大学との間でパソコンを持って移動することもあると思います。あまりに大きくて、持ち運びが苦痛になるようだと大学に行くのも嫌になってしまいますよね。もし、パソコンを持って移動することが多いようであれば、なるべく負担を減らすためにも、15インチよりも小さいサイズのものを購入すると良いと思います。


3)の性能についてですが、ノートパソコンの傾向として、サイズが大きなパソコンほど高性能な機種が多くなり、サイズが小さくなると性能が下がる傾向にあります


ここでいう性能というのはCPUの性能ことを言います。ノートPCはデスクトップよりも小さい作りですので、サイズが小さくなるとそれに応じて他の機能を犠牲にしなければならなくなってきます。


持ち運びも考えているけど、しっかり使えるものがいいということであれば、あまりに小さいと性能不足になってしまって作業が全然進まないということも起こり得ます。性能が下がるとできることも限られてきます。理系でバリバリ使いたいのにCPUの性能が足りないために全然使えない、ということも起こりえます。






13インチから15インチの間のものは性能と携帯性をバランスよく満たす


13インチから15インチの間で現在販売されているノートパソコンとしては、13インチ、13.3インチ、14インチのものが該当します。



このサイズのノートパソコンは性能面でも優れたものが多いです。CPUの性能を見ても理系の研究にも使えるくらいハイスペックなものを搭載しているものもあります。


このサイズのノートパソコンは、下の写真のようにA4ノートと同程度またはA4ノートを少し大きくしたサイズのものになります。A4ノートと大きさを比較していますが、どれもA4サイズ程度の大きさであることがお分かりいただけると思います。ノートと一緒にカバンに入れてもそれほど違和感なく収まります。


[14インチ ノートパソコン Lenovo ThinkPad X1 Carbon]



[13.3インチのノートパソコン 富士通 LIFEBOOK WS1/B1]




[13インチのノートパソコン Apple MacBook Air]



特に13.3インチのパソコンは各社から販売されていて、人気のものが多いです。
中でも富士通LIFEBOOK WS1/B1東芝dynabook RZ83/TBNEC Lavie HZApple MacBook Airなどは性能も高いですし、薄くて軽く持ち運びにも優れています。文系・理系を問わずいろいろなことに幅広く使えるノートパソコンです。


見やすさや作業のしやすさという面でも、十分な大きさがあります。ストレスなく作業を行うためには、やはり12インチ以上の大きさは欲しいところです。13インチから15インチの間のパソコンであれば、携帯性と機能性の両方をバランスよく満たしてくれると思います。





持ち運びには不向きだが、画面の大きさと性能を重視するなら15インチ以上


15インチ以上のパソコンについてですが、画面サイズが15インチ以上になると、デスクトップパソコンと同じくらいの見やすさで作業をすることができるようになります。サイズが大きいと性能の高い機種も多く、快適なコンピューター環境が手に入ると思います。


実際の大きさは、以下の写真のようにA4ノートと比べると大きくなることがわかります。

[15.6インチノートパソコン 富士通 LIFEBOOK WA2/B1]



[15インチノートパソコン Apple MacBook Pro]



私が以前使っていたノートパソコンは15.5インチのもので、主に自宅で使用していました。これくらい大きいと安定して使うことができます。ただ、持ち運びにはぎりぎりの大きさで、たまに外に持っていくことがありましたがかさばる上に重く、苦痛を感じていました。持って出るにしても毎日は大変です。1か月に1、2回程度なら我慢できるかなという感じです。


ですので、15インチ以上のパソコンは、持ち運びが多い人にはあまりお勧めしません。ただ、画面はとても見やすいです。作業もしやすいですし、目が疲れることもあまりありませんもちろん性能もしっかりしています。


自宅や大学でしっかり使いたい人であったり、大きな画面で作業したい人であれば15インチ以上のものでも良いと思います。


人気のある機種は、東芝dynabook AZ35富士通LIFEBOOK WA2/B1,WA2/A3Apple MacBook Proなどがあります。


4年生になったときに、卒論のために大学と家とでパソコンを持って行き来するようになるかも、と心配する人がいるかもしれません。確かに、家と大学とでパソコンを持ち運びする人もいます。その一方で、大学の研究室にパソコンを置きっぱなしで、家ではスマホやタブレットで済ませている人も多いです。実際のところ、研究室から帰ってきて家でさらにパソコンを使って作業をすることはあまりないかもしれません。研究室である程度作業を済ませてしまえば、家に持ち帰ってパソコンでしなければならない仕事というのはあまりありません。


このような理由があるため、15インチ以上のものを購入したとしても、大学に置いておけば移動回数を抑えることが可能です。研究室に所属するようになると、1人1つの机が与えられることが多いので、自分のデスクの上にパソコンを置いておくことができます。卒論などでしっかり使えるものがほしいけど移動が心配という方でも大丈夫でしょう。




ライトな使い方や持ち運びが多いなら12インチ以下でも良い


12インチよりも小さなパソコンの画面サイズというのが実際にどれくらいの大きさかというと、A4ノートよりも小さいサイズになります。とても小さくて疲れそうと感じる人もいれば、コンパクトでいいなと思う人もいるでしょう。


下の写真は11インチのノートパソコンLavie Direct HZ(D)です。ノートパソコンの下にA4ノートを置いて大きさを比べています。少しわかりにくいですが、A4ノートよりも小さくなっています。


[11インチノートパソコン Lavie Direct HZ(D)]



ストレスなく作業を行うためには12インチ以上はほしいと上で書きましたが、実際どのようにパソコンを使用するかによっては12インチ以下でも問題ない場合があります。


小さな画面で作業するのが気にならないような人や、パソコンで作業するのがそれほど疲れないというような人は大丈夫だと思います。ネット・メールがメインのような人であったり、それほど負荷のかかる処理をしないような場合であれば、12インチ以下でも問題ないと思います。


12インチ以下のノートパソコンの魅力はとてもコンパクトで軽く、携帯性に非常に優れていることが挙げられます。



上でも書いたように、一般的にはサイズが小さくなると性能も下がる傾向にあります。パソコンの用途を考えたときに、それほどヘビーに使うことが少なく、小さくても気にならないようであれば12インチ以下のパソコンはとても便利なものになるでしょう。





関連記事    

1.大学生のノートパソコンはWindowsかMacか?両者を徹底比較
2.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能
3.大学生のノートパソコンに最適なCPUは何?
4.大学生のノートパソコンのメモリ容量の選び方
5.SSDとハードディスクの違い~長所と短所
6.薄くて軽い持ち運びに便利なノートパソコン




このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る