ノートパソコンを使うときによくある最も危険なこと



ノートパソコンを使っていて思わぬアクシデントでパソコンを壊してしまうことがあります。大事なデータがなくなってしまうだけでなく、最悪の場合、パソコンを買い替えなくてはならない事態にもなりかねません。危険ですよね。

この危険というのは、何も特別な人に限ったことではなく、だれにでも起こることです。しかも、ついついやってしまいがちなので、とても危険です。では、どのような危険が待っているのでしょうか?そして、その対策法はあるのでしょうか?


ノートパソコンに飲み物をこぼすのが最も怖い


デスクトップパソコンと違ってノートパソコンは机の上で使ったり、外に持ち出して使ったりなど気軽な使い方ができるのが長所ですよね。


気軽に使える分、ついついコーヒーやお茶を飲みながらレポートを書いたり、ネットを見たりといった使い方をすることが増えると思います。私も実際普段はそのような使い方をしています。


しかし、長所は裏返すと短所になることもあります。ノートパソコンの場合、まさに飲み物を飲みながら使ってしまうというところが最大の弱点になってしまいます。


というのも、ノートパソコンはキーボードと本体がつながっているために、キーボードに飲み物をこぼしてしまうと、高い確率で故障してしまいます。これがデスクトップパソコンだと、キーボードを買い替えるだけで済みます。せいぜい2000円程度の損害で済みますが、ノートパソコンだと一台丸々修理するか最悪買い替えです。数万円の出費です。


幸運なことに私はまだノートパソコンに飲み物をかけてしまって壊したことはないのですが、私の回りにはノートパソコンを修理工場送りにしている人が何人もいます。


なぜ私がこれまで一度もパソコンを壊したことがないかというと、それはノートパソコンのキーボードにカバーをかけているからです。


カバーをかけていると水分がキーボード上にかかっても、パソコン内部に入っていくのを確実に防いでくれます。


そんなことをしなくても絶対に大丈夫だと自信のある人やカバーをかけるのが嫌いな人は特に買う必要はないのですが、もしカバーをつけないということであれば、少なくともノートパソコンを使いながら飲み物を飲むのは控えるか、飲み物は確実にパソコンから離しておくように習慣づけておきましょうね。


私の経験だと、家でレポートを書いていると絶対に食べ物がほしくなったり何か飲みたくなったりして、ついついパソコンの近くに置いてしまいます。そして、作業を続けていると眠たくなってついうとうとした拍子にコップが倒れてそのままパソコンにかかってしまう、といったことが起こります。


他にも、こたつでパソコンを使用中ににこたつ布団を持ち上げたときや、こたつを引き寄せたときにコップが倒れてそのままパソコンがお亡くなりになるということもあります。


いずれにしても、飲み物は厳重警戒ですよ。自信がない場合は、キーボードカバーをおすすめします。



関連記事    

1. Amazonなどネット通販で購入したノートPCに延長保証をつけるには?
2. パソコンメーカー各社の延長保証サービスを比較
3.レポートや卒論作成中に故障しても泣かないために
4.自転車やバイクでノートPCを運ぶときに注意すること
5.ノートパソコンの寿命~パソコンは何年使える?


このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る