LIFEBOOK WS1/C2レビュー:大学4年間と就職してからも使い続けられるノートPC


富士通のLIFEBOOK WS1/C2は軽量で使いやすいノートパソコンで、且つ、最新のOSとCPU、そして必要な機能がすべて搭載されていて非常に使い勝手の良いパソコンです。ここでは、LIFEBOOK WS1/C2についてレビューをご紹介します。




当サイト特別クーポンを利用すると28% OFFになります。

特別クーポンコード: PGG25LSJ


詳細はこちらLIFEBOOK WS1/C2(直販サイト)





最新のCPU、充実のインターフェースを搭載し、あらゆる場面に対応できる


LIFEBOOK WS1/C2は最新のOSであるWindows 10と、最新の第8世代CPUを搭載しています。CPUはCore i5またはCore i7、メモリは最小で4GB、最大で20GBも搭載することができます。とても性能の高い構成にすることが可能です。


実際、LIFEBOOK WS1/C2を使用してみたところ、動作はとても軽快でした。パソコンの起動はとても速く、インターネットもサクサク動きましたし、動画も快適に見ることができました。もちろんOfficeを用いたレポート・書類作成もストレスなく行える性能を持っています。




プレゼンに必要なVGAポートやHDMIポートが両方とも搭載されています。インターネットにはWi-Fiでも有線でも接続することが可能です。DVDドライブも搭載されていて、ソフトウェアのインストールはもちろんのこと、データをCDやDVDに焼くことも可能です。しかもこのDVDドライブは取り外しができるので、必要がないときは外して、より軽量化させることもできます。


これ1台で必要な機能がすべて入っているといっても過言ではありません。大学生として学業にもプライベートにも幅広く使えるノートパソコンで、さらに就職して社会人になってからも使い続けることができます。


また、WS1/C2は持ち運びにも便利な軽量なパソコンです。自宅で置いておくだけでなく、大学や図書館に持って行ったり、カフェで使ったりする場合にも便利です。部屋に置いてもすっきりとなじむでしょう。



(最新OS Windows10になって使いやすくなったメニュー画面)


今回のレビューで使用したLIFEBOOK WS1/C2の主な仕様は以下のようになっていますので、ご参考にしてください。


OS: Windows 10 Home
CPU: Core i7-8550U
メモリ: 20GB
ストレージ: SSD 512GB(PCIe接続)
ディスプレイ:フルHD ノングレア液晶 解像度:1920×1080
  





スリムですっきり!軽くて持ち運びにも便利


LIFEBOOK WS1/C2のサイズは13.3インチです。下の写真のようにA4サイズのノートとほぼ同じ大きさです。大学の講義で配布される資料はほとんどがA4サイズになりますので、カバンの中に一緒にしまっても違和感なく収まります。





パソコンの奥から手前にかけてだんだん薄くなり、すっきりした印象になっています。






重さは約1.25kg(スーパーマルチドライブ装着時の重さ)です。とてもすっきりと軽いです。下で紹介しているように、光学ドライブは取り外し可能で、付属のカバーにつけかえればさらに軽くなります。

WS1/C2のストレージはSSDですので振動や衝撃にも強く、鞄に入れて持ち運ぶのも簡単ですね。もちろん、自宅で使用する場合にも、ちょっと気分を変えて部屋を移動して使うということも気軽にできます。







無線LAN、有線LANの両方が使え、インターネットやメールが快適に使える


WS1/C2はWindows 10と最新のCPUを搭載しています。そのため、インターネットやメールは非常に快適に使えます。もちろんネットで動画を見るのも問題ありません。


インターネットには、無線LANもしくは有線LANに接続する必要がありますが、WS1/C2には両方とも搭載されていますので、どちらであってもすぐに使用することが可能です。




無線LANがとても普及していますが、大学ではまだまだ有線LANしか使えないところも少なくありません。そのような場合でも標準でインターネットにつなぐことができます。





レポート作成に必要なOfficeも快適に動作


大学では講義でレポートの提出が頻繁に行われますが、レポートの作成にはOfficeソフトを使って作成することが多いです。卒業論文も最近ではほぼ100%パソコンを使って作成するようになっています。


OfficeソフトではWord、Excel、PowerPointがよく使われます。WS1/C2ではこれら3つを含んでいるOffice Home and Business 2016を選択することができます。


WS1/C2はCPUもメモリも高性能ですので、Officeが軽快に動きます。快適にレポートを作成することができるでしょう。





動画や音楽も楽しめる


WS1/C2にはDVDドライブが搭載されています。購入時に選択すればブルーレイドライブを搭載させることも可能です。音楽CDやDVDを楽しむことが可能になります。

もちろん、このドライブは読み書き可能ですので、データをCDやDVDに書き込むことが可能です。初期状態で音楽やDVDを再生するソフトがインストールされていますので、買ってすぐに使うことができます。




音楽を聞く場合はイヤホンを使って聞くのがおすすめです。ハイレゾ音源にも対応しているようで、高品質な音声を楽しむことができます。実際にCDを入れて聞いてみたところ、とてもクリアな音を楽しむことができました。




快適に入力できるキーボード


キーボードは標準的でとても入力しやすいものとなっています。
まず、キーボード部分の全体になります。キーボードとタッチパッド、右下部分に指紋認証センサー、右上部分に電源ボタンがあります。




キーボードの左半分です。アルファベットキーも数字キーも大きさがそろっています。半角・全角切り替えキーも十分な大きさがあり、Shiftきーやスペースキー、Ctrlキーなども使いやすいです。




キーボードの右半分です。Enterキーは十分な大きさがあり、入力しやすいです。Enterキーの左隣に並ぶ記号キーもアルファベットキーと大きさがそろっていて使いやすいです。矢印キーもすべて大きさがそろっているので操作がしやすいです。





キーボードの拡大写真です。打ちやすく作業がしやすいです。キーとキーの間隔は19mmで標準的です。快適に入力できる間隔となっています。キーを押したときの深さは公称値では1.2mmとなっていますが、実際入力してみるともう少しあるのではないかなと感じました。それくらいしっかりと打鍵感が感じられるキーボードとなっています。とても打ちやすいと思います。







タッチパッドとクリックボタンです。クリックボタンは独立していて操作しやすいです。







学業に役立つ広辞苑、英和・和英辞書を標準搭載


WS1/C2には標準で広辞苑や漢字辞典、英和・和英辞書がインストールされています。大学の講義のレポートや卒業論文を書く場合にわからない言葉が出てきても、すぐに調べることができるところがうれしいところです。






辞書は書籍として購入するととても分厚くかさばります。1人暮らしの部屋はそれほど広くないので、置いておくと部屋が狭くなりますが、パソコンの中に入っていると置き場所をとらずに便利です。





鮮やかで見やすいディスプレイ


WS1/C2には下の写真のようにとてもきれいに表示されるディスプレイが搭載されています。非光沢液晶で、映り込みが抑えられていて目にもやさしいです。解像度は1920×1080です。

視野角も広く、上下左右どの角度から見ても、綺麗に表示されます。

[真正面から見たところ]





[上から見たところ]



[横から見たところ]




WS1/C2では、さらに解像度が2560×1440となるディスプレイも選択することができ、より鮮明な表示も可能になります。動画や写真をより高精細な画面で見たいという場合などには選択してみる良いでしょう。


さらに、WS1/C2にはディスプレイに触れて操作することができるタッチ対応ディスプレイも選択することができます。スマホやタブレットのように指で直感的に操作できます。


ノートPCを持ち運んで使いたいけどマウスを持っていくのが面倒だというようなときや、電車内で膝の上にのせて使いたいけどマウスが使えないというような場合、タッチパネルがマウスの代わりになって便利な状況が多くあります。





スマホやデジカメのデータをパソコンで保存・管理できる


大学生活が始まると友達と旅行や遊びに出かけてスマホやデジカメでたくさんの写真や動画を撮ると思います。また、音楽をスマホに入れて聞くことも多いでしょう。スマホやデジカメではSDカードでデータを保存・管理していますが、このSDカードをパソコンから操作すると、とても簡単にデータの管理を行うことがきます。


WS1/C2にはSD(SDXC)カードスロットが搭載されていて、データの管理がとても簡単にできます。友達と一緒に撮った写真をパソコンに取り込んで、上記のDVDドライブを使ってCDに焼いて友達に配布するという使い方もできます。たくさんの思い出ができるといいですね。







ゼミや研究室で必要なプレゼンのための機能を搭載


4年生になると研究室やゼミに所属するようになります。研究内容や調査したことを発表する際に、PowerPointやWordなどで作成した資料をプロジェクターに映すこともよくあります。


その際に必要なのがモニターやプロジェクターなどに出力するためのインターフェースです。WS1/C2にはVGAポートとHDMIポートの両方が搭載されています。どちらもよく使われますが、機器によってはどちらか片方しか対応していないことも多いです。WS1/C2には両方あるので、別途アダプターなどを購入する必要もなく対応することができます。






また、USB Type-Cポートも搭載されるようになりました。最近この新しいタイプのUSBが増えていて、対応する機器が増加中です。このポートがあれば、新しいタイプの周辺機器とも接続することができるようになります。





プライベートをサポートする充実のインターフェース


WS1/C2は学業で使う機能だけでなく、プライベートでも使えるインターフェースも充実しています。


電源供給USB

WS1/C2には電源がOFFの状態でもUSBから充電ができるように専用のUSBポートが用意されています。専用の充電器に接続しなくてもUSB経由で簡単に充電できるので、とても簡単です。スマホなど、USB充電に対応した機器を接続することができるので重宝しそうです。


WEBカメラ

WEBカメラを使うとテレビ電話をすることができるようになります。
遠く離れた友達や家族と顔を見ながら話をしたり、オンライン英会話で英語の勉強をすることができるようになります。








標準で3年間の長期保証とセキュリティソフト付属だから安心


通常パソコンのメーカー保証は1年ですが、WS1/C2は3年のメーカー保証が標準でついてきます。故障などのアクシデントがあっても安心ですね。


ウィルスなどからパソコンを守ってくれるセキュリティソフトも、最初から3年間使い続けられるものがインストールされています。


大学生活は4年間あるので、そのうちの3年をサポートしてもらえるのは非常にありがたいです。





安心のセキュリティ機能


WS1/C2には指紋認証機能が標準で搭載されています。自分の指紋を登録しておくと、自分だけしかログインできないようにすることが可能になります。見られたくない情報をパソコンの中に保存しておくこともあると思いますので、この機能が役に立つと思います。




また、外に持ち出して使用する場合には、指紋認証機能はとても大事になります。大学生の場合は4年生の時に研究室やゼミに所属したときに、自分のパソコンを大学に持っていくこともあると思います。居室にパソコンを置いて実験室で実験をするなど、パソコンから離れることもよくありますので、セキュリティが心配な場合はこの機能を使うと良いでしょう。






持ち運びに便利なモバイル・マルチベイ機能


WS1/C2はDVDドライブを取り外すことができます。DVDドライブを外すとさらに軽くなりますので持ち運びに便利になります。外したDVDドライブの代わりに、バッテリーやハードディスクを差し込んで使うことができます。モバイル環境で電源なしで長時間使用したい場合やハードディスクを増設したい場合に、非常に簡単に機能追加できるようになります。








カバーも増設バッテリーも、光学ドライブの入っていた場所にすっきりと収まります。光学ドライブを外してカバーをつけた場合は光学ドライブ分だけ軽くなりました。

ノートパソコンを持ち運ぶ際には光学ドライブを使わないことが多いと思いますので、取り外しておくとより楽に持ち運べて便利です。





就職してからも使い続けられる


WS1/C2は最新のOSと最新のCPUを搭載しています。以下にも記載しているとおり、とても性能の高い機種で今後も快適に長く使い続けられるでしょう。


仕事で必要な書類の作成を行ったりすることも全く問題ありませんし、VGAやHDMIなど、ビジネス用ノートパソコンで需要の多いインターフェースはほぼすべて搭載されています。軽量で頑丈な作りになっていますので、カバンの中に入れて持ち運ぶのも問題ありません。



性能


LIFEBOOK WS1/C2はCPUやメモリを選択して購入することができます。以下に、スペックを記載します。

項目  内容
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i5-8250U
Core i7-8550U
メモリ 4GB / 8GB / 12GB /20GB
ストレージ SSD: 約128GB / 約256GB / 約512GB
 光学ドライブ  DVDスーパーマルチドライブ
ブルーレイドライブ
 サイズ 13.3インチ   
 液晶 フルHD液晶(1920x1080 ノングレア)
WQHD液晶(2560x1440 ノングレア)
WQHD液晶(2560x1440 フラットファインパネル、タッチパネル)
 Office 選択可 
Office Home and Business 2016
(PowerPointあり)
 有線LAN ○ 
 無線LAN ○ 
 重量  約1.18~1.65kg
 保証期間 3年


購入する際はこれらのものを選択して組み合わせますが、今回実際に使用したWS1/C2のスペックは、Windows 10 Home、CPUがCore i7、メモリ20GB、ストレージは512GB SSD、フルHD液晶(1920x1080 ノングレア)のものです。


文系の人も理系の人もCPUはCore i5、メモリは8GBが標準的な構成になり、長く快適に使い続けることができます。


理系の人はCPUをより高性能なCore i7にしたり、メモリを12GB以上にしてみても良いです。理系の研究で使用するソフトは重い処理が含まれることが多いので、時間がかかる処理をしたとしてもより短い時間で完了するでしょう。4年生に進級し研究室に配属されたときにも実験や解析などの研究生活にしっかり対応できます。


ストレージは256GBあれば大丈夫なことが多いです。予算が足りない場合には、SSD 128GBにして必要なものだけをパソコンに保存し、残りは外付けのハードディスクに保存するというやり方もあります。


SSDは振動や衝撃に強く持ち運びに適しています。そして、ハードディスクよりも高速にアクセスできますので処理速度が速くなります。


液晶はフルHD液晶(1920x1080 ノングレア)でほとんどの場合問題ないと思います。高精細なものを希望する人であったり、写真編集などで画質が大事な場合、デスクトップ領域を広く使いたい場合にはWQHD液晶を選ぶと良いと思います。


レポートの作成に使用するOfficeを選ぶ場合は、Word, Excel, PowerPointが入っているOffice Home and Business 2016を選ぶことができます。レポート作成にはこれがあれば全く問題ないです。





ベンチマーク


以下は専用のソフトで計測したベンチマークになります。

LIFEBOOK WS1/C2のスペック

CPU: Core i7-8550U
メモリ: 20GB
ストレージ: SSD 512GB(PCIe接続)


まず、CPUの性能を測定しました。CPUの性能は500cbとなり、とても高い値となりました。少し前に主流だったCore i7-7500UというCPUを搭載したノートパソコンの測定値が353cbなので、約1.4倍高速なCPUを搭載していることになります。





ストレージへの書き込みと読み込み速度を測定しました。読み込みが3337.1MB/s、書き込みが1494.8MB/sとなり、非常に高速な値が得られました。パソコンの起動が速いだけでなく、アプリケーションの起動やファイルの読み書きなどがとても高速になり、ストレスなくとても快適に使えます。






静音性の確認


パソコンがどれだけ静かに使えるかを音量を測定することで確認しました。

パソコンを起動してもほぼ音がしません。また、インターネットをしても動画を見ていても、全くと言っていいほど音がしませんでした。とても快適に使えるのではないかと思います。CPUの使用率が上がるとファンの回転音がし始めますが、他のノートパソコンと同程度の大きさなので、問題ないといえます。

測定項目 測定値 
パソコンOFF時の室内の音量
(できるだけ無音の状態)
28~29db
アイドル状態
(PCを起動し何もしていないとき)
28~29db
インターネットをしているとき
(タブを10個開いた状態)
28~29db
動画閲覧時
(フルHD動画視聴)
28~29db
CPU約80%使用時 40~41db





LIFEBOOK WS1/C2の外観


LIFEBOOK WS1/C2の外観やデザインを確認してみましょう。

天板を閉じたところです。スパークリングブラックの背景に富士通のロゴが綺麗に調和しているように見えます。





前から見たところです。









エッジ部分にはキラリと光る加工が施されています。細かい部分にも配慮が行き届いています。





横から見たところです。スッキリとしています。





キーボード全体です。





電源ボタンです。














右側面です。USB3.0ポートが2つ、光学ドライブが搭載されています。





左側面です。電源アダプタ、有線LANポート、VGAポート、HDMIポート、USB Type-Cポート、マイク・ヘッドフォン端子が搭載されています。





手前部分です。SDカードスロットが搭載されています。





背面部分です。






まとめ


富士通のLIFEBOOK WS1/C2は大学生に必要な機能がすべて搭載されたノートパソコンです。しかも軽量で気軽に持ち運べるのもうれしいポイントです。


持ち運びに使えるノートパソコンの多くは、光学ドライブがなかったりVGAポートなどのインターフェースが非搭載だったりしますが、WS1/C2にはすべて搭載されていますので、どんな場面にも対応できると言っていいでしょう。


理系の人も文系の人もとても快適に使えるパソコンだと思います。


当サイト特別クーポンを利用すると28% OFFになります。

特別クーポンコード: PGG25LSJ


詳細はこちら → LIFEBOOK WS1/C2 (直販サイト)




当サイト限定モデル

大学生に人気の構成で、セキュリティソフト3年、保証3年がついて、レポート作成に便利なOfficeセットで通常価格より30%割引(216,644円 → 150,980円)で購入できます。もし、電話サポートが不要であれば、ミニマムサポートを選択するとさらに5,000円割引になります。

■大学生の全部入りスタンダードモデル(理系・文系)

詳細: LIFEBOOK WS1/C2 大学生の全部入りスタンダードモデル(理系・文系) (直販サイト)





関連記事    

1.LIFEBOOK WS1/Tレビュー:文系から理系まで幅広く使えるおすすめノートパソコン
2.NEC Lavie NS(H)レビュー:音楽や映像が楽しめる本格ノートパソコン
3.Floral Kissレビュー:かわいいデザインで女子大学生に最適なノートPC
4.大学生のおすすめのノートパソコン
5.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る