MacBook Air13インチ、11インチの比較レビュー


AppleのMacBook Airは高い性能を持ち、薄くて軽くすっきりした美しいボディのノートパソコンです。MacBook Airを実際に使ってみましたので、レビューをご紹介します。






詳細はこちら → MacBook Air (Apple Store)


詳細はこちら → 学生・教職員向けストア (Apple Store)


学生や教職員の方は学割価格で購入できます。一般の家電量販店ではほとんど割引がありませんので、上のApple Storeの学生・教職員向けストアからの購入がお得です。



このページの内容





MacBook AirはどんなノートPC?性能・仕様の比較


MacBook Airには13インチと11インチのモデルがラインナップされています。11インチも13インチもCPUがCore i5, メモリが4GBの最小構成で使用してみたところ、ネットも快適に見れましたし、アプリを起動するのも速かったです。普通に使う分には問題なく、メインマシンとして十分に使えます


CPUとメモリは同じものなので、処理性能は両者で大きな違いはありません。ただ、以下の表にまとめているように、SDカードスロットの有無など細かな違いがあります。


MacBook Airの13インチモデルは2016年5月より8GBのメモリが標準になりました。価格はメモリが4GBのときと同じです、より高性能なMacBook Airを安く購入できることになり、とてもお得感があります



Macbook Air比較表

サイズ 11インチ 13インチ
厚み 0.3cm 〜 1.7 cm
重さ 1.08kg 1.35kg
バッテリー持続時間 9時間 12時間
ディスプレイ LEDバックライト 
CPU Core i5 / i7
メモリー 4GB / 8GB  8GB
ストレージ SSD 128GB / 256GB / 512GB
無線LAN ○  
有線LAN
光学ドライブ
SDカードスロット  -  
USBポート 2つ 
HDMI端子
Thunderbolt端子   1つ
価格  102,800円~
(学割価格あり)
 112,800円~
(学割価格あり)





薄くて軽く、スリムなノートパソコン


MacBook Airはとても薄くて軽いノートパソコンです。厚みを測ると一番厚い部分でも17mmととても薄いです。重さは13インチが約1.35kg、11インチが1.08kgです。どちらもとても軽いです。部屋を移動して持ち運ぶのはもちろんのこと、カバンの中に入れて持ち運ぶのも全く問題ないです。


大きさは13インチと11インチが用意されています。下の画像のように、13インチはA4サイズのノートより少しだけ大きく、11インチの方はA4サイズよりも小さくなります。


[MacBook Air 13インチ]



[MacBook Air 11インチ]



11インチも13インチも持ち運びに便利で、カバンの中に入れても違和感なくすっきり収まります。


では、11インチと13インチはどのような人にとっておすすめでしょうか?以下にご紹介します。





見やすい画面で快適に作業するなら13インチMacBook Air


13インチの画面は見やすい大きさです。文字が見やすい大きさで表示されますので疲れにくいです。


パソコンでは主にネットで記事を読んだり、WordやExcelで書類を作成することになりますが、書類の作成が長引くなど、長時間パソコンの前に座って作業することはよくあります。その際、11インチのように小さな画面で小さな文字を長時間見続けると、目が疲れてしまいます。


私は現在プログラマーで、パソコンの画面を長時間見続けていますが、長く作業を続けても目が疲れないように広い画面で作業をしています。


また、13インチのMacBook AirにはSDカードスロットが搭載されています。11インチにはありません。SDカードスロットがあると、デジカメで撮った写真や動画を取り込みやすいですし、スマホや携帯電話のデータをパソコンで管理しやすくなります。デジカメやスマホのデータを管理することがある場合は、13インチの方が使い勝手が良いと思います。





とにかく小さくて軽いノートPCがほしい人は11インチMacBook Air


11インチのMacBook Airは上で紹介したようにA4ノートよりも小さくなります。カバンの中に常に入れて持ち運びたいという人にとっては、非常に快適に持ち運べると思います。


ただ、上でも書いた通り、画面サイズが小さくなるので文字も小さく表示されます。パソコンでの作業はネットやメールが中心となる人や、持ち運び中心で移動時間に気軽に使えるノートパソコンということであれば、とても向いているのではないかと思います。






外観はどんな感じ?


外観をチェックしてみましょう。以下で紹介するのは、MacBook Air13インチのものです。違いのある部分について11インチのものもご紹介しています。


天板を閉じたところです。薄くてすっきりしています。




斜めから見たところです。




真横から見たところです。




斜め後ろから見たところです。





右側面です。SDXCカードスロット、USB3ポート、Thunderbolt2ポートがあります。





右側面に搭載されているSDXCカードスロットですが、下の写真のように11インチにはSDカードスロットが搭載されていません。





左側面です。MagSafe2(電源)、USB3ポート、ヘッドフォン、デュアルマイクがあります。





手前部分です。




背面部分です。





キーボードです。MacBook Air 13インチの方がパームレスト部分が広くなります。また、13インチの方が一番上に配置されているキー(ボリュームキーやディスプレイの明るさ調節キーなど)が少し大き目です。それ以外の文字キーやスペース、カーソルキーなどの大きさは変わらないようですが、11インチの方が奥行き、幅ともに短く、その分キーボードの部分がきゅっとまとまった印象を受けます。


MacBook Air13インチ



MacBook Air11インチ






SSD搭載だから静かで高速な処理


MacBook Airでは、データはSSDに保存されます。ハードディスクと違ってカタカタと音を立てることもなく、とても静かです。負荷のかかる処理を行っても、全然音がしません。とても快適でした。


パソコンの起動時間も短く、5秒程度でデスクトップが表示されます。アプリを起動するのも速くてストレスがありません。





Office文書作成にも使え、Windowsとの互換性もOK


Macノートパソコンを購入するときに注意することのページでも紹介しているように、MacでもMicrosoftのOfficeを使うことができます。もちろんWindowsとの互換性もありますので、Macで作成したWordやExcelがWindowsパソコンで開けないというようなことはほとんど起こらないでしょう。


実際、私もよくMacで作成されたOffice文書をWindowsパソコンで開くことが多いですが、これまで一度も開けないというようなことはありませんでした。




写真や音楽、動画の視聴・管理


MacBook Airには写真や音楽のためのアプリや、動画を視聴するためのアプリが最初からインストールされています。購入してすぐに写真や動画、音楽を楽しむことができます。iPhoneに入っているものと同じものですので、iPhoneユーザーの方は使い慣れたソフトをそのまま使えます。


もちろん、iPhoneユーザーでない方でもとても分かりやすいソフトですので、すぐに使うことができるようになるでしょう。





まとめ


MacBook Airは薄くて軽く、とてもおしゃれなデザインを持ったノートパソコンです。持ち運びにも便利で、使うのが楽しくなるのではないかと思います。


性能も高く、メインマシンとして使えます。Officeで作成した書類はWindowsでも開けますし、逆も同様です。11インチと13インチとでCPUの性能の違いはありません。見やすさや持ち運びの頻度、用途などを考慮して大きさを決めると良いと思います。


MacBook Airのメモリの最小構成は11インチモデルが4GB、13インチモデルが8GBです。13インチであれば8GBのメモリがあるのでとても快適に使えると思います。理系の人にも文系の人にもおすすめです。


しかし、11インチモデルを検討している人で、長くしっかり使いたい人や理系の学生は4GBだと足りなくなるかもしれません。できれば8GBあると安心して使うことができます。今後新しいOSにアップデートしたり、色々なソフトを使うにあたって、8GBあると余裕をもって対応できますし、1つのパソコンを長く使うことができます。MacBook Airでメモリ8GBのものはApple Storeからしか購入できないことにご注意ください。



詳細はこちら   MacBook Air (Apple Store)

詳細はこちら → 学生・教職員向けストア (Apple Store)


学生や教職員の方は学割価格で購入できます。一般の家電量販店ではほとんど割引がありませんので、上のApple Storeの学生・教職員向けストアからの購入がお得です。




関連記事    

1.Macノートパソコンを購入するときに注意すること
2.大学生のノートパソコンはWindowsかMacか?両者を徹底比較
3.LIFEBOOK WS1/Wレビュー:大学4年間と就職してからも使えるノートパソコン
4.大学生のおすすめのノートパソコン
5.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る