NEC Lavie Direct HZ(Hybrid Zero)13.3インチレビュー:1kg以下のノートパソコン


NEC Lavie Direct HZ(Hybrid Zero)は非常に薄くて軽く、大学生活で必要な作業を快適にこなすことができる性能と機能を搭載したノートパソコンです。実際にLavie Direct HZを使ってみましたので、レビューをご紹介します。





下の限定クーポン利用で割引になりますのでご利用ください。


詳細はこちら → Lavie Direct HZ icon(直販サイト)


限定優待クーポン NECパソコン 今だけおトクなクーポン発行中





1kg以下のとても軽くて薄いボディ~持ち運びも楽々


NEC Lavie Direct HZはとても薄くて軽いノートパソコンです。下の写真のようにボディが非常に薄く、ディスプレイ部分もすっきりとしています。天板を閉じた状態の厚みは約17mm(ゴム足部分を含む)で、2センチを切ります。初めてこのパソコンを見たときは思わず「薄っ!」と声が出てしまったほどです。すっきりしていて非常にスリムです。





Lavie Direct HZにはタッチパネル対応の光沢液晶搭載モデルと、タッチ非対応のノングレア液晶モデル(WQHD 液晶モデル)があります。両者ともに1kg以下の軽量なノートパソコンですが、重さが若干違います。


タッチ非対応のノングレア液晶モデルの重さを計測すると781gでした。非常に軽いです。それに対して光沢液晶モデルは926gと若干重くなります。その差は140gほどですが、どちらのモデルも1kgを切っています。1kgを切るととても軽く感じます。これならカバンに入れて持ち運ぶときも楽々です。カバンに入れたパソコンが重くて肩が凝るなんてことはないでしょう。部屋を移動して使ったり、一つの部屋の中でも場所を移動したりするというのも非常に楽に行えます。





片手でも簡単にひょいと持ち上げることができます。





大きさは両者とも13.3インチで、A4ノートとほぼ同じサイズです。カバンにノートや教科書と一緒に入れても全く違和感なく収まるサイズです。かさばらないのがうれしいですね。部屋に置いても圧迫感がなく、すっきりとしています。








画面の違い~光沢液晶とノングレア液晶


ノングレア液晶と光沢液晶の違いですが、まず光沢液晶は画面がツヤツヤ・ピカピカで、とても鮮やかな色彩の表示が可能です。静止画や映像がとてもきれいに見えるのが特徴で、多くのメーカー製のパソコンに採用されています。その反面、室内の蛍光灯の光などを反射しやすかったり、映り込みが見えやすいという側面もあります。下の画像のように、光沢液晶では画面の映り込みがはっきりと見えることがわかります。





一方でノングレア液晶は、画面がツヤツヤ・ピカピカしておらず、光沢液晶と比べて鮮やかさは少し劣りますが、光沢液晶のような映り込みが少なく、長時間使用しても目が疲れにくいという特徴があります。下の画像のように、画面への映り込みが少ないことがわかります。




液晶で選ぶ場合には、鮮やかな映像や画像など、美しい画面を楽しみたいのであれば光沢液晶モデル、画質にそれほどこだわりがなく、なるべく目の負担を軽減したいのであればノングレア液晶モデルを選ぶと良いと思います。





タッチパネル搭載モデルはタブレットとしても使える2 in 1 PC


Lavie Direct HZのタッチパネル対応の光沢液晶搭載モデルは、下の写真のようにキーボードとディスプレイがつながっている部分を360度回転させることができ、ノートパソコンとしてもタブレットパソコンとしても使うことができます

一方で、タッチ非対応のノングレア液晶モデルは、液晶ディスプレイを180度まで回転させることができます。




ディスプレイはタッチパネルですので、ノートパソコンの状態でも、タブレットの状態でも画面にタッチして操作することができます。






もちろん、画面の向きを変えると画面の大きさに合わせて適切に表示が切り替わります。


(画面の向きを変えると、横画面表示から縦画面表示に切り替わる)



360度回転できるので、下の写真のような使い方もできます。iPadなどでは、タブレットを持つのに疲れてタブレットを立たせようとするとうまくいかなくて困ることがよくありますが、このようなタイプであれば簡単にモニタだけを立たせることができます。





長い時間パソコンを使っていると、寝転がって使いたかったりなど、姿勢を変えたくなります。そのようなときに、タブレットとしても使うことで横になってインターネットをしたりメールを見たりといった使い方ができるようになります。ノートパソコンの使い方の幅を広げてくれます。




SSD搭載だから高速に動作する


Lavie Direct HZはどのモデルもすべてSSDを搭載しています。ハードディスクと違って、SSDはデータの読み書きが高速なのが大きな特徴です。


実際パソコンを起動して、デスクトップ画面が表示されるまで4秒程度でした。非常に速いです。ソフトウェアを起動してもサクサクと動いてくれますので、非常に快適に作業することができます。


さらに、SSDは衝撃や振動にも強いので持ち運びにも向いています。





インターネット、メール、レポート作成などストレスなく快適に使える


Lavie Direct HZは基本性能が高いノートパソコンです。CPUはIntel Core i5もしくはi7、メモリも4GBまたは8GB、そして無線LANでインターネットにアクセスすることができます。インターネットやメールはもちろんのこと、大学の講義で必要となるレポートや卒論の作成にも十分に使用することができます。


動画閲覧や画像管理などもストレスなく行えます。一般的な使用については全く問題ないと言っていいです。




レポート作成に必要なOfficeの選択が可能


NECの直販サイトでは、レポートの作成に必要なOfficeの有無を選択することができます。Word, Excel, PowerPointが必要ならOffice Home and Business Premium、Word, Excelのみで大丈夫ならOffice Personal Premiumがおすすめです。





DVDやCDは外付けドライブ、有線LANはコネクタで対応


Lavie Direct HZは軽量化のため、光学ドライブが搭載されていません。そのため、パソコンでDVDやCDを使用するのであれば、外付けDVDドライブなどを準備する必要があります。ただ、光学ドライブはたまにしか使わないものなので、使用するときだけ外付けで対応すれば十分ともいえます。普段使うときは、光学ドライブがないスリムで軽量な状態が使い勝手が良いです。


また、有線LANポートが搭載されていませんので、有線でネットワークに接続する場合は、下の写真のようなUSBポートに接続するタイプのコネクタを使う必要があります。長さは10cmほどで小さく、ほとんど気になりません。ずっと挿しっぱなしでも問題ないでしょう。無線LANでインターネットをする場合にはこのようなコネクタを使う必要はありません。




NECの直販サイトでは、パソコン購入時にこれらの製品を一緒に購入するかどうかを選択することができます。





ポート、その他の機能


Lavie Direct HZで搭載されているポートや出力端子などを見ていきましょう。


USBポートは2つ




USBポートは2つついています。マウスや外付けハードディスク、外付けDVDドライブなどのUSB機器を接続できます。2つあれば通常の使用には全く問題ないでしょう。USBのマウスを挿して、外付けのハードディスクやDVDドライブを挿すというような使い方ができます。USB3.0対応ですので高速にデータのやり取りができます。




HDMI出力でプレゼンにも対応


上の画像にあるようにHDMI出力端子が搭載されています。大学の講義やゼミ、そして卒業論文の発表の際には大勢の前でプレゼン発表を行うことになります。その際に、作成したレポートや卒論をパソコンからプロジェクターに映し出すのにこのHDMI出力が必要になります。




SDカード対応だからデジカメやスマホのデータ移動も簡単




スマホやデジカメでたくさんの写真や動画を撮ると思いますが、撮りためたものを管理するにはやはりパソコンが便利です。また、ダウンロードした音楽をスマホなどに移すときにもSDカードを使うと簡単に行えます。
SDカードスロットがついていますので、スマホやデジカメのデータ管理が簡単に行えます。




自己啓発にも使えるWebカメラ搭載





天板を開いたときに顔の正面に位置するところにWEBカメラが搭載されています。
家族や友達と顔を見ながら話をするTV電話などに使えたり、さらにはインターネットを利用して英会話を学習するオンライン英会話などを受講する場合などにこのWEBカメラが活躍してくれます。



安心の説明書



Lavie HZは説明書が充実しています。初めてWindows 10に触れる人でも安心して使えるようなマニュアルや、長く安全に使うためのマニュアルなどが入っています。初心者でも簡単に使い始めることができます。





性能


Lavie Direct HZは、タッチパネル機能がある液晶モデル(光沢液晶)とそうでないモデル(ノングレア液晶)という2種類のモデルがあります。以下に、各モデルのスペックを記載します。赤字は特徴的な部分を示しています。

  軽量モバイルノート 
(WQHD 液晶モデル) 
タッチパネル液晶
モデル
(2in1 ノートPC)  
 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Celeron / Core i5 / Core i7  Core i5 / Core i7  
メモリ 4GB / 8GB 
ストレージ
SSD 
SSD 128GB / 256GB / 512GB
 光学ドライブ  なし
 サイズ 13.3インチ   
 液晶 WQHD
(非光沢:ノングレア
Full HD(光沢
WQHD光沢
 タッチパネル+
タブレット変形
×
 Office 選択可 
Office Home and Business Premium
Office Personal  
 カラー  ストームブラック ムーンシルバー / ストームブラック
 重量  約780g 約926g 
 保証期間 1年(有償:5年)


購入する際はこれらのものを選択して組み合わせますが、今回実際に使用したLavie Direct HZのモデルは、タッチパネル液晶モデル(2in1 ノートPC)で、CPUがCore i7、メモリ8GB、ストレージは512GBのものです。WQHD 液晶モデル(タッチ非対応、ノングレア液晶)はCPUがCore i7、メモリ8GB、ストレージは512GBのものです。両者ともNECよりお借りしたものです。


選び方は、まずタッチパネル機能とタブレット機能(2 in 1 PC)が必要かどうかを検討するのが良いと思います。タッチパネル機能とは画面にタッチして操作できるという機能です。これが必要であればタッチパネル液晶モデル(2in1 ノートPC)、必要なければ軽量モバイルノート(WQHD 液晶モデル)を選択すると良いでしょう。


他の選び方としては、鮮やかなディスプレイで映像や画像を楽しみたいのであれば、タッチパネル液晶モデル(2in1 ノートPC)、それほど画質にこだわりがなく、目の疲れを軽減したいのであれば軽量モバイルノート(WQHD 液晶モデル)を選択すれば良いでしょう。


そして、必要な性能を考えます。文系の人はゲームをしたり高速な処理が必要でなければCore i5、メモリ4GBで大丈夫です。ストレージも128GBくらいあれば十分なことが多いです。データが増えてきた場合は、外付けハードディスクで対応すれば大丈夫でしょう。


理系の人はCore i5、メモリ4GBで性能的に十分なことが多いです。快適に処理してくれるでしょう。ただ、4年生に進級し研究室に配属されたときにしっかり使いたいのであればCore i7、メモリ8GBにしてみても良いです。理系の研究で使用するソフトは重い処理が含まれることが多いので、時間がかかる処理をしたとしてもより短い時間で完了するでしょう。


レポートの作成に使用するOfficeを選ぶ場合は、Word, Excel, PowerPointが必要ならOffice Home and Business Premium、Word, Excelのみで大丈夫ならOffice Personal Premiumがおすすめです。




Lavie Direct HZの外観


Lavie Direct HZの外観やデザインを確認してみましょう。以下で紹介するものは軽量モバイルノート (WQHD 液晶モデル) のものですが、タッチパネル液晶モデル(2in1 ノートPC)とほとんど変わりません。異なる部分は比較してご紹介したいと思います。


まず、天板を閉じたところです。





真正面から見たところです。






斜めから見たところです。











ディスプレイを180度開いたところです。





キーボードとタッチパッドの部分です。
上が軽量モバイルノート (WQHD 液晶モデル) のもので、下がタッチパネル液晶モデル(2in1 ノートPC)です。ほとんど変わりませんが、わずかな違いとして、タッチパネル液晶モデルには左下部分にNECのロゴがありますが、軽量モバイルノートモデルにはありません。








また、タッチパネル液晶モデルのパームレスト部分は、タブレットモードにしたときに電波の通りを良くするために、強化プラスチックとなっているようです。



キーボードの拡大写真です。軽いタッチで打ちやすいです。タッチの感覚はタッチパネル液晶モデルでも軽量モバイルノートモデルでも変わりません。





左側面です。



右側面です。


背面です。


正面です。





まとめ


Lavie Direct HZは薄くて軽いノートパソコンで、軽さは13.3型ノートでは最も軽い部類に入ります。光学ドライブや有線LANは外付けDVDドライブやコネクタで対応しなければなりませんが、その分スリム化・軽量化されています。ノートパソコンが軽くてスリムだと、気軽に使えますし、使うのも楽しく感じられます。


Lavie Direct HZは性能も高く、SSD搭載で高速に動作しますので快適に使えるでしょう。レポート作成や卒論の作成などにも十分にその性能を発揮してくれます。


そしてNECは安心の日本メーカーです。信頼性やサポートにも定評がありますので、安心して使うことができるのではないかと思います。



詳細はこちら   Lavie Direct HZ icon(直販サイト)


下のリンクから限定優待クーポンコードをご利用ください。さらに価格が下がります

限定優待クーポン NECパソコン 今だけおトクなクーポン発行中




関連記事    

1.Lavie HZ(D) 11.6インチモデルレビュー:世界最軽量のWindowsタブレット
2.NEC Lavie NS(H)レビュー:音楽や映像が楽しめる本格ノートパソコン
3.LIFEBOOK WS1/Wレビュー:文系から理系まで幅広く使えるおすすめノートパソコン
4.大学生のおすすめのノートパソコン
5.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る