NEC Lavie Direct NEXTレビュー 超高速で高性能なノートPC


NEC Lavie Direct NEXTは15.6インチの大きさで非常に高性能なノートパソコンです。最新のCPUと最大で32GBものメモリ、そしてSSDとハードディスクの両方をを搭載することができるので、たっぷりとデータを保存しながらも非常に高速に動作します。実際にLavie Direct NEXTを使ってみましたので、レビューをご紹介します。





ただいま学割キャンペーン中です。無料会員登録すると、通常6%OFFのところが7%OFFとなるクーポンを利用することができて非常にお得です。大学のメールアドレスがなくても、通常のメールアドレスと大学名のみで登録が可能です。

学割キャンペーン詳細 → 学生優待キャンペーン(直販サイト)

PCの詳細はこちら → Lavie Direct NEXT(直販サイト)





非常に高い性能を持ったノートPCで、レポート作成、インターネット、メール、動画編集など、どんな処理も楽々!





Lavie Direct NEXTは最近のノートパソコンの中でも非常に高性能なものです。というのも、最新のCPU(Core i5またはCore i7)を搭載した上に、メモリを最大で32GB搭載(4GB / 8GB / 16GB / 32GBから選択)でき、さらにデータを保存するストレージにSSDまたはハードディスク、もしくはSSDとハードディスクの両方を選択できるからです。


[Lavie Direct NEXTの仕様の一部]

 CPU Core i7
Core i5
メモリ 4GB / 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ
SSD 
SSD 256GB / 512GB
HDD 1TB / 2TB
SSDとHDDの両方を搭載可能



一般的なノートパソコンでは、メモリは最大で8GBのものが多く、ときどき12GBや16GBのものが見かけられる程度でしたので、32GBという大容量のメモリを搭載できるノートパソコンというのはとても貴重です。しかも、データの保存先としてSSDとハードディスクの両方を選択できるというのも大きいです。SSDにすると、パソコンの起動やアプリケーションの起動、データの読み書きが高速化されます。しかし、容量が少ないのでハードディスクも合わせて搭載しておけば、外付けハードディスクを使用しなくても、パソコン1台の中にあらゆるデータを保存することができるようになります。


非常に高速に動作し、しかもデータの保存容量も気にする必要がなくなるので、どんな状況でもストレスなく使うことができます。


大学で提出しなければならないレポートや卒論の作成は楽々こなせますし、インターネットでホームページや動画、写真を見るのも快適です。メールももちろん問題ありません。


理系の研究のような重い処理を必要とする場合でも、最新のCPUとメモリを搭載しているために、軽々とこなせます。





広々と快適に使えて作業がしやすい


Lavie Direct NEXTは15.6インチサイズのノートパソコンです。これくらいの大きさがあると、画面が広々としているので、文字も見やすく作業がしやすいです。


ディスプレイの縁(ベゼル)は下の写真のように、一般的なものより狭くなっています。そのため、通常の15.6インチタイプのノートパソコンと比べると、ボディがややコンパクトになっていてすっきりしています。






縁が細くなってはいますが、カメラはしっかりと搭載されていますので安心してください。このカメラを使えば、オンライン英会話を受講したり、友達とビデオ会話を楽しむことができます。




実際の作業をするキーボードは下の写真のようになっています。





キーボードの左半分になります。数字、アルファベットキーは一般的な大きさですし、半角/全角切り替えキーやタブ、シフトキー、スペースキーなども問題のない大きさです。しっかりとタイピングできます。





キーボードの右半分です。バックスペースキーやEnterキー、シフトキーは問題のない大きさです。Enterキーの左横の特殊文字キーも他のアルファベットキーと同じ大きさがあり、入力しやすいです。上下の矢印キーやDelete、Insertキーがやや小さめです。テンキーがついているので、実験で得られた数値データや家計簿の金額をExcelに入力するときなどに便利ですね。




キーボードの拡大写真です。キーとキーの間隔(キーピッチ)は18.7mmで一般的なキーボードとほぼ同じです。キーを押したときの深さ(キーストローク)は1.7mmで、打鍵感をしっかり感じながら快適に入力できます。とても使いやすいキーボードでした。





タッチパッドです。マウスポインターの操作もクリック操作もやりやすかったです。




大きさの確認をしてみます。15.6インチの大きさがあるので、下の写真のようにA4ノートよりは大きくなります。持ち運びにはあまり向いていませんので、自宅などでしっかりと使うのが良いでしょう。ただ、上でも紹介したように、ディスプレイ周りの額縁が細くなっているので、一般的な15.6インチタイプのノートPCより少しコンパクト化されています。










光学ドライブ、SDカード、HDMI、USBポート搭載で、拡張性もOK


パソコンで作業をしていると、様々な周辺機器をつないだり、外部メディアを取り込まなければならない時が出てきます。Lavie Direct NEXTには、それらの機能もしっかりと搭載されています。


まず、光学ドライブです。DVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイディスクドライブを選択することができます。ソフトウェアのインストールはもちろんのこと、DVDをレンタルしてきて見たり、CDから音楽を取り込むこともできます。逆に、データをCDやDVDに保存することもできます。





左側面にはHDMIポート、USB Type-Cポート、SDカードスロット、ヘッドホン・マイク端子が搭載されています。




パソコンの画面をテレビやプロジェクターにつないで大画面に出力する場合には、HDMIポートを使用します。大学で行うプレゼンの練習などに活用したり、YouTubeの画面をテレビで見たりできるようになります。


フルサイズのSDカードスロットが搭載されているので、デジカメの写真やスマホのデータの管理をパソコンで行うことができます。パソコンでこれらのデータを管理すると、とても楽に行えます。


USB Type-Cは最新のUSBで、USB3.0よりも約2倍高速にデータを転送できます。対応する外付けハードディスクなどを接続すると、USB3.0を用いた場合よりも2倍も速く処理できることになります。


本体の右側面には、USB3.0ポートが2つと、電源ボタンが搭載されています。電源ボタンは指紋認証センサーも兼ねています。詳細は下で説明しています。
USB3.0ポートはUSB Type-Cよりも転送速度が少し遅いと上で説明しましたが、普及度の点で言うとUSB3.0が圧倒的です。周辺機器ではUSB3.0に対応しているものの方が圧倒的に多いので、こちらのポートを利用する機会の方が多いでしょう。2つポートがあるので、通常使う分には全く問題ありません。








指紋認証でセキュリティを強化


電源ボタンは指紋センサーも兼ねています。このボタンに触れて指紋認証を行うことで、ログインが簡単になります。また、自分だけしかパソコンを操作できなくなりますので、セキュリティが高まり、大事なデータを他人に盗み見られる可能性が低くなります。








レポート作成に必要なOfficeを選択可能


大学の講義ではレポートの提出が必ずあります。パソコンでレポートを作成するためには、MicrosoftのOfficeというソフトが必要になります。特にWord、Excel、PowerPointは外すことができません。

Lavie Direct NEXTでは、Word、Excel、PowerPointが入ったOffice Home & Business Premiumを選択することができるようになっていますので安心です。PowerPointが入っていないOffice Personal Premiumも選択可能なので、もし、PowerPointが必要ないという場合はOffice Personalを選択してみてください。





安心のマニュアル


Lavie Direct NEXTのマニュアルは充実しています。セットアップマニュアルや安全に使うためのマニュアルなどが付属していて安心できます。






性能と仕様


Lavie Direct NEXTのスペックをご紹介します。

 OS Windows 10 Home / Pro
 CPU Core i7 /
Core i5
メモリ 4GB / 8GB / 16GB / 32GB
ストレージ SSD 256GB / 512GB
HDD 1TB / 2TB
SSDとHDDの両方を搭載可能
 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ/
ブルーレイディスクドライブ
有線LAN
無線LAN ○ 
 HDMI 〇 
USB USB3.0×2
USB Type-C × 1 
SDカード
スロット
〇 
 サイズ 15.6インチ   
 液晶 LED液晶(光沢)IPS Full HD
 タッチパネル+
タブレット変形
-
 Office 選択可 
Office Home and Business Premium
Office Personal  
 カラー グレイスホワイト
グレイスブラックシルバー
グレイスレッド
グレイスゴールド
 重量 約2.3kg
 保証期間 1年(有償:3年~5年)


Lavie Direct NEXTは非常に高性能なノートパソコンで、高速に動作させるようにCPUやメモリなどを選択することができます。もちろん、スタンダードな構成にすることも可能です。


文系の場合はそれほど重い処理が必要ないため、CPUはCore i5、メモリ4GBでも大丈夫です。スタンダードな構成となります。

理系の場合は重い処理を行うことがあるので、CPUはCore i5でメモリ8GB、もしくはCore i7とメモリ8GBの組み合わせがおすすめです。前者の方が価格は安くなります。


もし余裕があれば、メモリを16GB以上にしてみると良いでしょう。非常に快適に動作しますし、とても長く使い続けられます。


ストレージは何を重視するかで決めると良いです。容量の大きさと価格を重視するのであれば、ハードディスク1TBがおすすめです。速度を重視するのであればSSD 256GBがおすすめです。速度も速くして容量も大きいほうがいいという場合には、SSD 256GB+ハードディスク1TBの組み合わせが良いでしょう。高速に動作し、たっぷりとデータを保存することができます。





外観の確認


それでは、Lavie Direct NEXTの外観をチェックしてみましょう。今回はカラーがグレイスホワイトのものをNECよりお借りしました。


まず、天板を閉じたところです。触った感じはツルツルとはしておらず、指紋がつきにくい感じでした。シンプルなデザインです。




上の写真ではわかりにくいですが、天板にはちゃんとLAVIEの名前が刻印されています。




天板を開いて前から見たところです。




ディスプレイは下の写真の角度まで開くことができます。




後ろ側から見たところです。






本体の左側面です。電源コネクタ、HDMIポート、USB Type-Cポート、SDカードスロット、ヘッドホン・マイク端子が搭載されています。




本体右側面です。電源ボタン(指紋センサーを兼ねる)、USB3.0ポート×2が搭載されています。




手前部分です。




背面部です。







まとめ


Lavie Direct NEXTは非常に高性能なノートパソコンです。最新のCPUとメモリを最大で32GBも搭載できる性能を持っています。しかも、SSDとハードディスクの両方を選択することができ、高速に動作させながら、しかもたっぷりとデータを保存できるという便利さも兼ね備えています。

どんな状況でも困ることはない性能を持っていますので、性能を重視する方は検討されてみてはいかがでしょうか?


下の限定クーポン利用で特別割引になりますのでご利用ください。

限定優待クーポン限定優待クーポン


PC詳細はこちら → Lavie Direct NEXT(直販サイト)


ただいま学割キャンペーン中です。無料会員登録すると、通常6%OFFのところが7%OFFとなるクーポンを利用することができて非常にお得です。大学のメールアドレスがなくても、通常のメールアドレスと大学名のみで登録が可能です。

学割キャンペーン詳細 → 学生優待キャンペーン(直販サイト)



同じNECからコンパクトな12.5インチの大きさで1kgを切り、より性能の良いCPUを搭載し、ファンの音がせず静音性が非常に高いノートPCが販売されています。コンパクトさと性能のバランスがとれたノートPCを探している方は検討してみてください。

レビュー → Lavie Direct NM



同じくNECからより高性能なCPUを搭載し、13.3インチの大きさで1kgを切る世界最軽量のノートパソコンLavie Direct HZも発売されています。12.5インチはちょっと小さくて心配だなという方はそちらを検討してみてください。

レビュー → Lavie Direct HZ 13.3インチモデル





関連記事    

1.NEC Lavie NS(H)レビュー:音楽や映像が楽しめる本格ノートパソコン
2.LIFEBOOK WS1/Wレビュー:文系から理系まで幅広く使えるおすすめノートパソコン
3.大学生のおすすめのノートパソコン
4.大学生の使用用途で比較するノートパソコンの性能



このエントリーをはてなブックマークに追加


▲ このページの上部へ戻る